甘木リンドウ “心美”

2011.10.4(火)   晴れ
 庭に目新しい花がないので、先日宝塚の友人が持って来てくれた甘木リンドウをアップします。ラベルに十分光線の当たる窓辺に置くとあったため、地植えにしようかどうしようか迷いましたが、結局は鉢植えに。でも鉢の管理が下手なので、来年まで持つかどうか自信なく、ブログに載せる植物は自分で育てたものという、自分で決めたラインを時に無視します。
e0181373_19531296.jpg
e0181373_1953246.jpg
e0181373_19533468.jpg

 福岡県の甘木でつくられた品種で、牡丹色のリンドウはまだしも、白と紫の染め分け(?)には驚きました。おまけに花びらの裏は黄緑で、まるで作りもののような精妙さ。牡丹色のは “心美”シリーズの“舞”、白と紫のは“白寿”と命名されています。育成者は和佐野さんと、ラベルにありますが、どのようにしてこんな品種を作り出すのでしょうね?!
 庭のリンドウは葉がきたなくなっていたので心配していましたが、紫の蕾が見えています。
 夏を越したアゲラタムの青紫色が濃くなって、綺麗です。写真の右奥はプレランサ。
e0181373_19534455.jpg
e0181373_1953524.jpg

 “心美(ここみ)”シリーズで、同じ名前のお店を思い出します。偶然行き合わせたのですが、退職したばかりの幼稚園の園長先生が、料理上手を活かして開いたばかりのお好み焼屋さん。お餅やチーズ、トマトの入った“心美焼き”が美味しくて、徳島県のその地に用事があったその頃、何度か足を運びました。
 ところが1年ぐらい後に久しぶりに訪ねたら、店名が変っていました。消息を聞きましたが、分かりません。同じ時に退職していた私は、名前も何も知らないその方の新しい人生への挑戦を、心ひそかに応援していたのです。体を壊したりしてなければいいのだけれど・・・・徳島自動車道でその辺りを走る時、今も時々そのことが心に浮かびます。
by kochira703 | 2011-10-04 21:24 | Comments(4)
Commented by kochira703 at 2011-10-05 21:00
広島からの風さんへ
私もリンドウにこんなのがあるとは知りませんでした。友人の住む宝塚はガーデニングの先進地みたいで、私なんかには珍しいものいっぱいの園芸店があります。そこからいろいろ持ち込んでくれるのです。
リンドウは日が当たらないと開かないそうですが、この品種はその難点もクリアしているとか。
Commented by 広島からの風 at 2011-10-07 21:03 x
いろんな品種があるものですね。しかも、日進月歩ですね。
ノボタンも、私の知ってるスタンダードな品種とは、全くかけはなれてます。ふーん。言われないと、ノボタンとは気づきませんね~。
Commented by kochira703 at 2011-10-07 21:56
私もいわゆるノボタンのように大きく育つのだと思っていましたよ。
いろいろな品種があって、それらを楽しめる平和な日常に感謝しなければ、なんてよく思います。
Commented by 広島からの風 at 2011-10-08 19:58 x
オキザリスは写真でみると、かなり広がっているようですね。く、花の絨毯といいますが、ちいさな花でもたくさんになると圧巻だから、嬉しいですね。
<< ステビアの花 色づき始めた木々!! >>