バーバスカム・ビオレッタ

2013.5.11(土)   曇り時々雨
 昨日の雨は小さくて、今朝見ると、木の下など乾いている所があるくらい。今日の午後はまずまず降ってくれました。とは言え、午後遅くには庭仕事をしていたのですから、雨量的には大したことはないのでしょう。
 写真は昨日の朝のものですが・・・・薄紫の小ぶりの花いっぱいのカンパニュラの横で、バーバスカム・ビオレッタが美しい花姿を見せています。奥の紫は宿根チェイランサス。
e0181373_21411870.jpg
e0181373_21411752.jpg
e0181373_2142894.jpg
e0181373_2141533.jpg

 何と美しい花色立ち姿と、惚れ惚れします。これまでは雑誌やカタログなどでいいなと思っても、私には育てるのが難しいだろうと尻込みしていたものを、物は試しとあれこれ買ってみました。これもその一つ。
 買うのは宿根草か球根にしています。近い将来、庭の手入れがしんどくなった時に、季節がくれば花が咲き上がってくれる状態にしておきたいのです。雑草にも負けず育ってくれる、この庭に合った植物を増やしていきたいと思います。
e0181373_21424752.jpg

 ここに移植していた臙脂のオダマキに合わせて、ワインカラーの個性的な花色のリシマキア・ボジョレを。昨年は枯らしてしまったのですが、誘惑に負けてしまいました(笑)
e0181373_21422360.jpg

 徳島のTさんからいただいたアルゲモネ。棘ある斑入り葉が他を圧倒しているような。
e0181373_21435031.jpg

 昨日の朝には3輪あった黄色いチューリップが、夕方には散っていました。思えば長い間楽しませてもらいました。新しく咲いたのは、チューリップの前の黄色い小花。メラスフェルラ ラモーサというのを、押し花によいというので、購入。ここでは見映えがしませんね。
e0181373_21432531.jpg

by kochira703 | 2013-05-11 22:33 | Comments(4)
Commented by 夕菅 at 2013-05-12 00:00 x
まだまだ百花繚乱が続いていますね。
覚えられそうにないカタカナ名の宿根草達、毎年咲くといいですね。
もうこれでいいやと思いつつも、私も耐寒性・耐暑性ありの宿根草を見つけるとつい衝動買いしてしまいます。
オダマキは何種にも振られてあきらめました(笑)。
Commented by small-talk at 2013-05-12 20:34
綺麗ですね、バーバスカム・ビオレッタ。
一瞬、クリンソウの仲間かと思いましたが、花弁の形が全然違うので、別の科の花なのでしょうね。
Commented by kochira703 at 2013-05-12 21:48
夕菅さん、こんばんは。
私も買う時に一番気にするのが、耐暑性。耐寒性はまず問題ないのですが、夏を越せるものをと考えます。
夕菅さんの所より暑さ寒さがマシなので、オダマキは大丈夫です。
このオダマキはずい分になります。どれかが生き残ってくれるようにと、あちこち分けて植えています。
この冬たくさん植えた中で、来年も花咲くのはどれか、まずは様子見です。
Commented by kochira703 at 2013-05-12 21:53
small-talkさん、こんばんは。
バーバスカムをちょうどいい時に写したものです!
昨日の風雨で倒れかかっていたのを起こしたら、後から見ると、茎が歪んでる!(汗)
昨年、北海道ガーデンで見かけて、ほしくなったものです。
<< メラスフェルラ・ラモーサ ジギタリスが見頃に >>