ランタナ

2014.8.31(日)   曇りのち晴れ
e0181373_2113799.jpg
e0181373_21134259.jpg

 「世界の侵略的外来種ワースト100」の中に入っているのが、熱帯アメリカ原産のランタナ。ちなみに日本のイタドリやクズもその中に入っています。色が変化していくので七変化とも言うそうです。庭には2種類あり、冬には短く切り込んでいるのですが、夏にはこの状態。咲きながらどんどん実になっていくので、そりゃあ繁殖するでしょう!おまけに棘があって痛い。厄介者になること必定。
e0181373_22282190.jpg

 カリアンドラ・エマルギナタ。種が出来ています。下の紫色はアキメネス。
e0181373_22281487.jpg

 花が咲かないのかと思うほどだった、立性のローズマリー。今年はよく開花。
e0181373_22335320.jpg

 半ほふく性のローズマリーはしょっちゅう花を咲かせているのですが。 
e0181373_22323484.jpg

by kochira703 | 2014-08-31 22:56 | 花木 | Comments(2)
Commented by cynchia at 2014-09-01 08:14
おはようございます!はじめまして。
ランタナは、嫌われものなんですね、確かに大きく育った木が多いですね。
Commented by kochira703 at 2014-09-01 22:18
ようこそcynchiaさん。コメントをありがとうございます。
ランタナを初めて見た時は可愛くて、植えて初めて、困りものの理由が分かりました。
他を押しのけて勢力を拡大する厚かましいのは、何だって嫌われますよね。
<< 石けんに、花! ギャルリBANYA >>