2015年 10月 31日 ( 1 )

軽井沢旅行2~風の丘しいある

2015.10.31(土)  晴れ
e0181373_2145158.jpg

 「風の丘しいある」のシンボルのタワーには、ツルバラが3階まで伸びてきて、今年は地元の商工会だったかが、ワイヤーを設置してくれたとか。バラの衣装をまとった塔が、たくさんの観光客を呼び寄せてくれるようにと願いつつ、高い塔を見上げました。
 「風の丘しいある」の元は「メアリーローズガーデン」と言い、イギリスで最も美しいと世界中から観光客が集まる「シシングハースト・キャッスル・ガーデン」をモデルにして、バブル期に造られ、バブルがはじけるとともに閉園したのです。今、そのことを書こうとして、シシングハースト城を検索したら、何だか因縁話のよう。廃墟と化した中世のお城を、1930年代に購入してガーデンを再生させたご夫婦がいたのだとか。
 そのことを知らなかったから、雑誌にあった「鈴木美津子さんが紡ぐ 軽井沢の シシングハーストガーデン物語」というタイトルの意味も、正しくは理解できていなかったと思い至り、(好きな花の世界にさえ、知らないことばかり!)と、軽いショックを覚えたことです。 
e0181373_2284661.jpg

 鈴木さんは環境保護の活動もしておられて、園内に山野草の栽培地を作り、将来的には軽井沢や長野の自生種を増やしていくとのこと。アサマフウロの花が一輪だけ咲き残っていました。この花の種をみんなでいただいてきました。まるでゲラニウムのように、花が大きくて華やかです。ウメバチソウにイワシャジン。
e0181373_2253616.jpg

e0181373_2244236.jpg

 ヤマアジサイがいい色をしています。
e0181373_2245459.jpg

 鈴木さんは、大木が伐採されるのを見るに見かねて、移植するボランティア活動もしておられます。大木を移植するには300万円以上の経費がかかるそうです。「しいある」には都庁からやってきたイチョウがあるとか。(窓から見えているのが、そう?) 植物の命を救う、鈴木さんの活動の根幹にあるお話をうかがったのは、浅間山の噴煙も見えるレストランででした。
e0181373_2251486.jpg

 「メアリーローズガーデン」は娘さんがよく連れて来てくれた思い出のガーデン。それを救おうと、鬼気迫るほどの戦いを続けてきたのは、医療事故で亡くなった娘さんに、母は遺された日々を精一杯生きたと言えるように、との思いから。「しいある」の由来を質問したことがきっかけで、事故とその後の壮絶な話をお聞きして、娘さんの愛称を冠したガーデン「風の丘しいある」再生への思いの強さ、深さを知りました。
 
by kochira703 | 2015-10-31 22:52 | Comments(6)