2017年 04月 10日 ( 1 )

高知へ花見ドライブ

2017.4.10(月) 雨
e0181373_21041759.jpg
 今年最初の花見は雨の中。早朝6時半に出発して、遙々と高知県仁淀川町へ。まずはひょうたん桜から。樹齢約500年というエドヒガン。蕾が瓢箪の形をしているから、ひょうたん桜と呼ばれているそうです。一帯は公園になっていて、古木を見上げてから、階段を下りて、再び戻ってくるように園路があります。
e0181373_21042672.jpg
e0181373_21052180.jpg
 対向車が来たらどうしようと心配するような細い山道を上がってきました。霧と桜に包まれた集落は、ここもまた「桃源郷」のようでした。
e0181373_21043880.jpg
 もともとは墓地だったのかもしれません。所々にお墓が並んでいます。花に囲まれて眠るなんて幸せ。
e0181373_21082170.jpg
e0181373_21053303.jpg
 ひょうたん桜の種は平成20年に宇宙へ行ったのだとか。戻ってきた種が発芽した幼木も植わっていました。老木が更に樹齢を重ね、幼木と並び立つ日が来ますように!
e0181373_21054460.jpg
 この辺りは愛媛県との県境。高知県の「桃源郷」に行きたいと言い出したのはNさん。TVで見たのだそうです。初めは遠いから乗り気では無かったのですが、たっての希望を尊重しない訳にはいかない私は、渋々コースを立案したのです(笑)
 一緒に行ったNaさん夫妻に、車中でいきさつを話すと、「そりゃあNさんの貢献度を考えると当然やわ」「はい、その通りです」と、大笑い。
 その「桃源郷」がこちら。花桃に囲まれたお宅の、今は亡きご主人が、茶畑に植樹をしていったのだとか。花桃は色あでやかで綺麗です。でも「今年は花が咲かないうちに蕾のまま腐ってしまって、全然ダメで。せっかく来てもらったのに」と、ちょうど帰宅してこられた老婦人が気の毒がってくれました。十分に見事ではありますが・・・。
     
e0181373_21080035.jpg
e0181373_21060582.jpg
 ひょうたん桜と花桃は、仁淀川町の中心部から、右と左に山道を上がって行った所にあります。そこから更に愛媛との県境に行って、昔の庄屋さんのお屋敷にある、樹齢約200年というしだれ桜を見て来ました。
     
e0181373_21061889.jpg
e0181373_21062612.jpg
 片道4時間半の長道中、花見を楽しんできました。川やダム湖の土手には桜並木があり、集落には花見の名所が必ずあり、山桜は至る所に咲き、そしてどこも満開。この時季は出歩くべし、ですね!



by kochira703 | 2017-04-10 22:26 | 花巡り | Comments(6)