カテゴリ:花木( 319 )

嬉しい週末に!

2017.11.17(金) 晴れ
e0181373_22054599.jpg
 今日は実家まで母を迎えに行って、トンボ返り。3時半に到着し、家に入るより先に庭を一巡り。母が「まあ綺麗に咲いとるないで」と言ったノボタンとサルビア・コクシネアを。
 サルビア・コクシネアは淡いピンクの時もいいですが、寒さが増して、アプリコットカラーになってくるこの時季も好もしいですね。
e0181373_22055412.jpg
 なぜ実家の母を呼んだかというと、明日は川崎からWちゃんが来るのです。それで、今が可愛い盛りの、ひ孫3人が揃うんだから、こんなチャンスは又とないよと口説いたのです。母と娘夫婦とWちゃんの4人が泊まることになって、おまけに寒波までやってくるので、準備も大変になりました。
 湖東三山から帰ってきてからの初め2日間は、日頃のツケを全部支払う勢いで、張り切って、掃除やら布団干しやら暖房器具の準備やら。でも3日目の昨日には飽きて、来客と言っても自分の親と娘じゃないか、取り繕うこともあるまいと居直り、半日庭仕事(笑)
 カリアンドラ・エマルギナタを、お隣でもらった藁束で囲って、ナイロン袋を被せて、不格好ですが、一丁上がり(笑)植えて2年目のジャカランダにも同じように防寒対策。ジャカランダは島内でも四国でも地植えしているのを見ましたが、もう1年ぐらい手厚くしてやろうかと。
e0181373_22062519.jpg
 アニソドンティアも寒そうな様子。一緒にカレーの木を植えているので、丸ごとナイロン袋を被せようかと思っています。チユウキンレンカやゴクラクチョウカはどうするか、迷っているところ。まあ今回は様子を見て。
e0181373_21220180.jpg

by kochira703 | 2017-11-17 23:14 | 花木 | Comments(2)

クラリンドウ初開花

2017.11.16(木)  晴れ
e0181373_21194049.jpg
 花友だちのKさんに挿し木苗をいただいて、多分4年目。遂に待望の花が咲きました。クラリンドウと検索したら、クレロデンドルムとあるではありませんか! そう言えば、クレロデンドルム・ウガンデンセと花の形が似ています。こちらクラリンドウは、クレロデンドルム・ウォリキー。ウガンデンセはウガンダで、ウォリキーはヒマラヤ辺りの原産のようです。
 いただいてから枯らしてしまったかと思った時もあったり、花が咲く気配もなかったりで、けっこう気を揉んで眺めてきました。それだけに嬉しさ倍増。
 Kさんが栽培者に似て寸足らずと、ご自分のブログにアップされていた花は、花房の長いのが7,8段、短いのが3,4段はあるようでしたが、うちのは2,3段。もっと寸足らずですから、本当に栽培者に似たのでしょう(笑)
e0181373_21195121.jpg
 耐寒気温0℃だそうだから、来年は地植えにしてみようかと思います。一緒に写っているヒコウキソウは15℃以上ないと無理だとか。ユニークな植物も、これが見納めですね。細いのは飛行機に見えなくもないけれど、葉が色づくと余計に蛾に見えてしまいます(笑)
e0181373_21200241.jpg
e0181373_21201185.jpg
 寒くなると言うので、先日から少しずつガーデンルームに鉢を取り入れてきました。ふっくらと可愛い色と形の蕾が見えたクラリンドウなど、一番乗りでしたが、そう慌てることもなかったかと、ブログを書くに当たってようやく調べる、正に泥縄栽培法です(笑)
 ガーデンルームから見るヤマボウシの紅葉。一段と色濃くなりました。
e0181373_21211976.jpg
 サルスベリの大きい方は早くに落葉したのですが、小さい方の木が綺麗な色になりました。この紅葉は初めて見た気がします。
e0181373_21213772.jpg
 レンギョウもいい色です。
e0181373_21205572.jpg
 ノボタンの紫が紅葉に浮かんで見えたのを写していたら、ハマボウにスポットライトが当たりました。       
e0181373_21210505.jpg









by kochira703 | 2017-11-16 22:05 | 花木 | Comments(5)

フェイジョアの落果

2017.11.11(土)  曇りのち晴れ
e0181373_21353785.jpg
 昨日の夕暮れ、フェイジョアの実がたくさん落ちているのに気づいて、こんな時季に何故だろうと不思議で、今日は朝から地域の福祉祭りのお手伝いに行ったので、帰って来てすぐに確かめに行きました。見上げたら、枝には全く実が残っていません。
e0181373_21360569.jpg
 一時は時折思いつきで摘果していたほどなのに、周辺の落果の量は少なすぎると、白いフェンスの下をのぞき込んだら、溝にびっくりするほどの落果。フェンスを越えていた枝の実は摘果もしていなかったのです。変色しているのもあるし、だいぶ前から落ちていたようです。いつもは12月に拾っていました。今年は早く寒くなったし、木枯らしも1号2号と吹いたから、早々と実を落としたのでしょうか。
 拾ってきて1つ食べてみましたが、食べられることは食べられます。       
e0181373_21354787.jpg

 六甲高山植物園でNさんが買って来てくれた白花深山らっきょう。調べたら2010年のことでした。2012年にはこの小さな植木鉢に植えているので、6年間植えっぱなしでも元気です。
e0181373_21345654.jpg
e0181373_21351018.jpg
 キヨスミシラヤマギクを好きな、小さな黒い虫がいて、夏に葉を食べてしまいます。素早く飛び立って、駆除できないので、茎だけの哀れな姿になります。それでもこうして清楚な花を咲かせてくれるので、何とも健気。
e0181373_21352405.jpg
e0181373_22375870.jpg


by kochira703 | 2017-11-11 22:38 | 花木 | Comments(2)

庭の紅葉

2017.11.9(木) 晴れ
e0181373_21011941.jpg
 秋色になった今朝の庭。中央の木がカイ。右隅で黄色が見えるのはハマボウ。奥がブルーベリー畑で、日ごとに紅葉が進んでいます。
 赤い花はランタナ。黄色と白は小菊。ひょろひょろと草丈数10㎝もになって、景色の中に疎らに色が点在しているのは、多分、根が広げられないし、栄養もないから。でもこんなのもいいじゃないかと思えるから、幸せなヒトです(笑)奥の紅葉はヤマボウシ。
e0181373_21014874.jpg
e0181373_21020014.jpg
 肉眼だとノボタン・コートダジュールとシコンノボタンの色の違いも見て取れたのですが・・。
e0181373_21021215.jpg
 ブルーベリー畑の手前のアジサイの横で、ボケが開花。春の満開の時より今の時季の方が、花数が疎らで、かたちがくっきりとシャープなので、好みです。
e0181373_21025983.jpg
 大株になった屋久島ススキの株分けを頑張りました。オルラヤを拾い上げてあちこちに植え広げたり、ガーデンルームに植木鉢を移動したりしているうちに夕暮れて、庭仕事も終わり。


by kochira703 | 2017-11-09 22:21 | 花木 | Comments(2)

ジャスミン・ホワイトプリンセスの壁

2017.11.2(木) 晴れ
e0181373_21482106.jpg
 お隣さんが来ていた時、風がさーっと流れ、「わーいい匂い。どれやろか?」 それはジャスミン・ホワイトプリンセスでした。
 この一角、8月から花が咲いていますが、今はホワイトプリンセスが満開です。昨年、支柱をし替えたら、ますます高い壁になって、勢いを増しています。これから先、どうなるのやら?(笑)
e0181373_21483268.jpg
 ノボタン・コートダジュールが花壇の中央辺り。その右にニシキギやナツユキカズラのパーゴラがあります。そこで咲いているダリアと小菊とバーバスカム。
e0181373_21491099.jpg
e0181373_21492147.jpg
 アニソドンティアの花がいい感じで咲いています。写真だとどうもゴチャゴチャで、後ろのソラナムやホワイトプリンセスなどもそうですが、小花が綺麗に写せなくて、残念です。
e0181373_21493698.jpg
 今日も草を引いたり、枯葉を集めたり、こぼれ種の苗を植え込んだりの、とりとめのない庭仕事に明け暮れました。よく晴れて気持ちのいい一日でした。





by kochira703 | 2017-11-02 22:10 | 花木 | Comments(2)

アニソドンティア

2017.10.15(日) 雨
e0181373_20135535.jpg
 地植えで大きくなっていたアニソドンティアが、理由も分らないまま夏に枯れ、残るは挿し木をしておいた植木鉢の株だけになりました。大きくなりすぎないようにと、先を切っておいたので、遅い開花になりました。
e0181373_20140675.jpg
 10月のカリアンドラはさすがに数が少ないですね。タカサゴフヨウは何ヶ所かにあるのですが、どれも花がまとまって咲いてくれません。
e0181373_20141672.jpg
 小雨がぱらついていた朝の9時過ぎに、カメラを持って出たのですが、雨脚がひどくなりそうだったので中に入ったら、もうそのままで、よく降って、庭には出られない一日になりました。
 昨日写していたアマリネ。ひとりぼっちで可哀想(笑)花の後に葉が伸びて、わさわさ茂るのですが、今は何もないところにひょろっと伸びて、何だか間抜けています(笑)
e0181373_20150910.jpg
e0181373_20151981.jpg
 こぼれ種で勝手に咲いてくれる、スイートアリッサムやサルビア・コクシネアを、雨が上がったら球根の脇に移植しておこうと思ったり、畑のコキアを近づけて植えたらいいんだと思ったり。あるもので済ませようと。
 コキアは大半が既に枯れて、今年はひどいことになっています。息子によれば、水不足なんだそうです。コキアの後はタマネギ畑になります。花も野菜も共生です(笑)
e0181373_20153329.jpg
 今日は一人暮らしの高齢者宅の訪問活動。担当が30人。延べ36回訪問して、まだ4人に会えていません。2ヶ月に1回のことですが、いつも3、4日かかります。でも雨のおかげで(笑)、明日には終了しそうです。



by kochira703 | 2017-10-15 20:43 | 花木 | Comments(6)

ハクモクレン剪定

2017.10.11(水) 晴れ
e0181373_20470302.jpg
 川崎に行く前に頼んでいた植木屋さんから、昨夜電話があって、土日を予定していたのだが、ずっと雨のようだから、いま行っているお宅を途中にして、明日の昼から行くとのこと。ハクモクレンとカイヅカイブキの剪定を16日までに済ませたいと、強く要望していたのです。
 で、夕方には来春の形ができあがりました。ぼうぼうだったのがスッキリして、これから落ちる葉の量も半減しました。やれやれ! 
 地面に落ちた剪定枝の葉裏に1匹、大きくなったイラガを見つけた時、木の上から「イラガがよう付いとるなあ」という植木屋さんの声。今年は大発生なので、来年も大変なことになるのは必定。やれやれ!
e0181373_20471492.jpg
 実は今日はNさんに協力してもらって、畑仕事を予定していました。そこに植木屋さんもとなったのですが、同時進行で、というより畑はほとんどNさんがしてくれました。
 昨日見つけて、一緒に食べようと思っていたアケビ。すっかり忘れて、今もこのまま(笑)受粉させたら、今年は実がたくさん生っています。面白半分に1つ2つ食べるだけだから、いつまでもこのままで、そのうち落果するのですけどね。
e0181373_20473244.jpg
 ついでに食べられる実の、シマサルナシ。キウイをそのまま小型化したようです。これは美味しい。
e0181373_20475356.jpg
 フェイジョアは実が重くなってきたので、大きく枝垂れています。小さい実は枝ごと切り落としました。数多く要らないし、数が少ない方が実も大きくなるだろうから。
e0181373_20480269.jpg
 木は大きくなったけれど、パラパラとしか花が咲かないビバーナムティナス(ティヌス)。写真より実物の方がメタリックな輝きを発して、不思議な色合いをしています。
e0181373_20482714.jpg
 クサボケもパラパラ咲いています。カシワバアジサイの葉が色づき始めました。
e0181373_20485145.jpg
 クサボケの横はアメジストセージとアンソニーパーカー。銅葉ヒマも何とか少し大きくなってくれました。
e0181373_20490213.jpg


by kochira703 | 2017-10-11 21:31 | 花木 | Comments(4)

ナツユキカズラの下

2017.9.15(金)  晴れのち曇り
e0181373_21064633.jpg
 ナツユキカズラの下を片付けて、私のお休み処を作ったと書きましたが、どうやらみなさん誤解なさったよう。そんないい所じゃありません。ハーブティーもコーヒーもありません(笑)
 地面を這いずり回って作業していた私が、この白い陶器の腰掛け(これはお下がりで、以前は観葉植物の植木鉢を置く台に使われていました)に、どっこいしょと座り込んで、庭の花を眺めるだけ。私の庭仕事は、優雅とはほど遠い、野良仕事のようなものです(笑)
 昨日掃いた後に夏雪が降りかかっています。右端の縞模様が先日いただいたヒコウキソウ。飛行機というよりは洋凧・カイトのようですね。
e0181373_21073438.jpg
e0181373_21072318.jpg
e0181373_21071085.jpg
 フェンスに結わえている緑の枝垂れた枝の木は、ウンナンオウバイです。肥大した本体は、パーゴラの設置時に捨てましたが、枝が接地したところから根を下ろしているのを見つけ、それだけを深さ5㎝もないような土に埋めたのでした。フェンス沿いはずっと40㎝幅くらいで、セメントを塗っているので、ウンナンオウバイはセメントの上に根を下ろしているのです。きっと横に這って、中の方に伸びているのでしょう。何も植えられないので、とりあえず今ある植木鉢を並べましたが、どうにかしたい場所ではあります。
e0181373_21091111.jpg
 ブルーベリー畑でダンギクがいい色に咲いてきました。
e0181373_21083290.jpg

by kochira703 | 2017-09-15 22:23 | 花木 | Comments(6)

ほったらかし花壇にも花が咲く

2017.9.14(木) 晴れ
e0181373_20445097.jpg
 枯れ枯れの庭で、今は一番ここがマシ。というわけで、昨日は枯れたのを片付け、今朝はジニアの花柄摘みと掃き掃除をして、休憩場所が出来上がり。腰掛けて庭を眺めると、ヒマワリ3人娘が満面の笑みで万歳をしてくれているようでした(笑)
 でも落ち着いて考えれば、この花景色は、時季がくれば咲いてくれるソラナム・ジャスミン・ノボタンの3本の花木のおかげ。そこにこぼれ種のシロタエヒマワリが勝手に咲いてくれたのだから、ほったらかし花壇の極みです。オープンガーデンが終わって以降、ジニアの苗を植えて、初め何日か水やりしただけ。夏場の水やりもそこそこでした。
       
e0181373_20451181.jpg
 一番奥にルドベキア・タカオが見えます。これもこぼれ種。一度満開になって、台風で傾いたのを切り戻したら、また満開に。嫌みのない、いい花ですよね。
e0181373_20452624.jpg
 逆サイドから写すのが気に入り。
e0181373_20454383.jpg
 ノボタン・コートダジュールにジャスミン・ホワイトプリンセスが勢いよく枝を伸ばしました。紫の花の間に白い小花が点在する花景色は、今年が初めて。満足、満足(笑)
e0181373_20460470.jpg
 通路の反対側はブルーベリー畑で、こちらはまだまだひどい状態。黄花コスモスが彩って、カバーしてくれています。これから夏は、こんな強い花に任せることにしましょう。
e0181373_20462087.jpg
 Nさんが来てくれて、お休み処を作ったから初めてのお客さんにと案内したら、日陰がなくて、座れたものじゃありません。これは朝のうちか、曇りでないとダメだねえと大笑い。






by kochira703 | 2017-09-14 21:30 | 花木 | Comments(8)

今朝の感動~ナツユキカズラ

2017.9.9(土) 晴れ
e0181373_21050697.jpg
 台所から庭に出る時、まず目に入るのがナツユキカズラ。今朝は真っ白で、思わず感嘆の声が上がりそうなほど、心が弾みました。花が満開になったのと、山から日が差しこむグッドタイミングとで、一段と白く輝いていたのでしょう。
 ナツユキカズラを前に見ながら進み、右に折れると、家とフェンスの間に、ジャスミン・ホワイトプリンセスのトンネルが出来ていて、甘い香りが漂っています。
e0181373_21052335.jpg
 突き当たりに満開のノシラン。ここで左に折れて、庭に出ます。
e0181373_21053369.jpg
 ジャスミン・ホワイトプリンセスの“トンネル”の表側というか、南側。
e0181373_21054505.jpg
 しばしば写してきた通路からの1枚。
e0181373_21060309.jpg
 シロシキブの実も真っ白になりました。
       
e0181373_21061515.jpg
 ナツユキカズラは、「管理できる腕と時間」のある人でないと無理、「イメージだけで導入」すると「そのうち収拾が付かなくなる」と書いてあるサイトがあって、胸にぐさっときましたよ(笑)うちも「そのうち」の段階に、限りなく近づいています!



by kochira703 | 2017-09-09 21:39 | 花木 | Comments(4)