カテゴリ:宿根草・球根植物( 123 )

秋咲きスノーフレーク

2017.9.22(金) 曇りのち雨
e0181373_21234816.jpg
 気づけば、細い茎だけがひょろっと伸びた先から、1㎝ほどの儚げな花がうつむいて咲いていました。秋咲きスノーフレークです。丸亀のHさんからいただいて、2回目の開花です。何もない所に目立たずに咲くから、もう1ヵ所は終わっていました。場所替えしなきゃ、いち早く気づくように! ヒガンバナ科だから、花後に細い葉が出ます。
e0181373_21235874.jpg
 干からびそうだったツリガネニンジンにも、新しい花が少しふっくらと。
e0181373_21240774.jpg
 ジュズサンゴの実が赤く、その下で極小の白い花も咲いています。今年もまた気づいた時には株元の土が流れて、根が露出。あわや枯れるところでした。反省!
e0181373_21241605.jpg
e0181373_21242419.jpg
 エリゲロンも秋は花が小さくなるような気がします。
e0181373_21243729.jpg
 勝手に出てきたシロタエヒマワリも超ミニ。手前のグラスはもう4年ぐらい前に、花友だちKさんが、オープンガーデンに来てくれた時に持ってきてくれたもの。植えてから半年や1年は枯らしたと思っていたのですが、いいサイズに生長してくれました。
e0181373_21250538.jpg
 午後からNさんが来て、おしゃべりタイム。来年の花巡りの旅計画も(笑)
 



by kochira703 | 2017-09-22 22:07 | 宿根草・球根植物 | Comments(3)

ガウラと黄花コスモスと

2017.9.21(木) 晴れ
e0181373_22062001.jpg
 ブルーベリーガーデンは勝手に咲いてくれるガウラと黄花コスモスとで賑やかになってきました。
e0181373_22142087.jpg
 ブルーベリー畑の中に作った花壇では、ダンギクも咲いていますが、これもこぼれ種で増えてくれます。何年か前に1株植えた花がこぼれ種で広がって、こんな強い花に助けられて、庭を維持しています。
       
e0181373_22064910.jpg
e0181373_22134067.jpg
 ブルーベリー畑の花壇とは、この辺りのこと。端の方では、花とブルーベリーの木が混在。
e0181373_22081179.jpg
 白と紫の花で賑やかな花木の方向。
e0181373_22075950.jpg
e0181373_22072497.jpg
 今日はボランティア関係の用で出かけて、あまり庭仕事はできませんでしたが、昨日アップしたシュウメイギクの横に種を蒔きました。こぼれ種でも発芽するのだから、大丈夫だろうと思っているのですが・・・。
 


by kochira703 | 2017-09-21 22:33 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

哀れメインガーデン

2017.9.20(水) 曇り
e0181373_21172034.jpg
 オカトラノオ(訂正:カクトラノオ)の花に少しは気持ちも和みますが、枯葉や何もない地面を見るのが辛いメインガーデンです。
e0181373_21184111.jpg
 オカトラノオ(訂正:カクトラノオ)はアーチをくぐった辺りにも出てきていて、優しい花色が好き。瓦の小道の突き当たりに、ノボタン・コートダジュールが咲いているのですが、写真では見えませんね。(幹が大きくカーブした木はハマボウで、その向こうがノボタンです)
e0181373_21174416.jpg
 一見ヤマボウシが紅葉し始めたように見えますが、枯葉です。
          
e0181373_21180805.jpg
 左半分を写すと・・・ここにシュウメイギク、斑入り葉のツワブキ、ホトトギスなどがあったのですが、例の・・・(涙) でも端の方で3本ぐらいシュウメイギクの花茎が残ったので、白い花が見られそう。よかった! 来春はここは1年草。今のうちに種をばらまいてでもおこうかな?
e0181373_21182187.jpg
 ここのアガパンサスの花がらは台風でも無事でしたが、後から咲いた方がほとんど折れていたのが、不思議な現象。風当たりは変わらない気がするのに。
e0181373_21185162.jpg
 今日も相変わらず草引きやら夏の片付けやら。こぼれ種発芽もぼちぼち見えてきたので、被さっている雑草や枯葉枯れ枝を取り除いています。
 メインガーデン脇のメダカの鉢が藻でいっぱい。水替えをしたら、メダカが9匹に減っていました。夏に増えるはずが、今年は赤ちゃんメダカを見ていない。



by kochira703 | 2017-09-20 21:46 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

ツルボやヤブランや

2017.9.19(火) 晴れ
e0181373_20500648.jpg
 葉のない所から咲くので、ツルボにはいつもささやかな感動をもらいます。
e0181373_20501627.jpg
 斑入りヤブランにも同じような花穂が上がってきました。正真正銘の野生種のヤブランにはもう実が生っていました。
       
e0181373_20502981.jpg
 こぼれ種でニラもあちこちで花開いて、ウツボ、ヤブラン、ニラと、ヒガンバナまで、野のような、道端のような庭です(笑)
e0181373_20504299.jpg
 フウセントウワタ、ダンギクもマクロレンズで。
e0181373_20505592.jpg
        
e0181373_20511289.jpg
e0181373_20512394.jpg
※ ヤブランの実の下の文で、ツルボをウツボと書き間違えていました! 友人がメールをくれて、笑った笑った! 時々お隣さんが釣ったサワラやサゴシが、Mさ~んと庭を泳いで来ることはあるのですが、ウツボが出てくるとは(笑)
 こっそり書き換えようと思いましたが、みなさんのお笑いの種に、そして注意力検査のために、そのままにしておきます。結果はいかがでしたか?(笑) 


by kochira703 | 2017-09-19 21:08 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

白花ヒガンバナ

2017.9.18(月) 晴れ
e0181373_21185001.jpg
 白花ヒガンバナが2,3日前に開花。(写真は台風前に写したもの)今年は花茎が11本もあってびっくり。昨年は?、とブログを遡れば、3本。その前年は0本。植えて10年ぐらいになりますが、咲かない年もあったりして、昨年は「もっと増えるように、肥料を大量に投入しようかしらん」と書いているから、きっとここにも牛糞堆肥をばらまいたんでしょうね。
       
e0181373_21190997.jpg
e0181373_21193109.jpg
 ヒガンバナの周りはユーパトリウム。後ろはシチダンカ。
e0181373_21192035.jpg
 シチダンカに引っかけていたルリスズカケソウにも花が咲いていました。
   
e0181373_21193967.jpg
 台風18号は日本列島を縦断して、各地に大きな被害が出ました。淡路島のすぐ近くを通ったのに、無事に過ぎて幸い。
 今朝のメインガーデン。昨日は芝生にたくさんの落ち葉がありましたが、それも隅に吹き寄せられて目立たず、いつもと変わりないのに驚いた程です。シロタエヒマワリに支柱をして起こして、花壇の中の落ち葉を拾い出して、植木鉢を元に戻して、台風の片付けは終わり。
  
e0181373_21183275.jpg

by kochira703 | 2017-09-18 22:01 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

レオノチスまでも

2017.9.17(日) 曇りのち雨
e0181373_19344154.jpg
 台風18号が秋雨前線を刺激して今日は雨という予報だったけれど、起きてみれば時に日が差すほど。午後も庭仕事をして、この辺りの雑草引きと片付けを。
 2mを超えるレオノチスは挿し木してから5年目。こんな強靱な植物でさえ、白絹病には勝てません。葉が青いまま枯れていきます。
e0181373_19345355.jpg
 レオノチスの下でサルビア・アズレアが咲いています。根が1mくらい離れているので、今のところはセーフ。
e0181373_19350495.jpg
 アズレアの横の、名前の分からない紫のサルビアを写そうとしたら、後ろでカリアンドラ・エマルギナタがまたまた開花。色の鮮やかさにハッとしました。
e0181373_19351988.jpg
 地植えの効果か、半月に1回の開花です。すごい!
e0181373_19353329.jpg
 同じくこのエリアの赤い花、チェリーセージも満開。
e0181373_19361098.jpg
 レオノチスのまだ青い茎を挿し木しました。やり直しが出来ると良いけど。
e0181373_19362511.jpg
 午後4時過ぎから台風らしい雨風になって、だんだん吹き荒れています。真上を通っていきそうです。明日の朝がちょっと恐い。停電にならないうちに・・。


by kochira703 | 2017-09-17 20:26 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

雨に濡れたコリウス

2017.9.16(土) 雨
e0181373_20383301.jpg
 コリウスと瓦が雨に濡れて色鮮やかです。このところ日に何回か、コリウスの前に足を運んでいます。小雨の今朝も、まずはコリウス。というのも先日見つけたのです、穴が空いた葉とバッタとを! 葉が命のコリウスをバッタの餌食にしてはならじと、こっそりと捕殺に励んでいます(笑)
 コリウスは、Naさんにいただいたのをここには4本、ベゴニアとアゲラタムも一緒に植えたのですが、八重の可愛いベゴニアは何故か全滅。アゲラタムも十分には育っていません。その空いた所に、2週間前に知り合いの方からいただいたコリウスを差し込んだので、何とか花壇らしくなりました。
e0181373_20384304.jpg
 逆サイドから。
e0181373_20385963.jpg
 カイヅカイブキとハクモクレンの下で、家の陰になって西日も当たらないから、山野草を植えたいと思っている所に、昨年スズムシバナを植えたのでした。(それを忘れていた!)
e0181373_20391510.jpg
 一段下がった花壇に、ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストとコリウス。
e0181373_20392727.jpg
e0181373_20394112.jpg
 今日は秋の淡路花祭のオープニングで、吉谷桂子さんの講演会がありました。本場のイングリッシュガーデンや日本で手がけているガーデンの、たくさんの写真を見せてもらいながらの、分かりやすく参考になるお話でした。


by kochira703 | 2017-09-16 21:28 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

ヒガンバナとヒマワリと

2017.9.13(水) 晴れ
e0181373_21232818.jpg
 昨日2、3輪咲き出していたヒガンバナが、今朝は満開でした。見事な大輪かと思いきや、よく見ると4本の花が一体化していたのです。
e0181373_21235415.jpg
 西洋ニンジンボクの下、マユミとエクメア・ガモセパラの奥にぽつんと咲いています。手前のエクメアの萼の色が、今は色褪せていますが、花よりむしろ綺麗な、本当にいい色をしていました。
e0181373_21234514.jpg
 昨日はシロタエヒマワリも開花。こぼれ種で3本。今年は少なくて、残念!
e0181373_21240658.jpg
e0181373_21241765.jpg
 シロタエヒマワリも咲いたので、今日はこの辺りを片付け。枯葉、枯れ枝、雑草を取り除いて、パーゴラの右側を上らせていた冬咲きクレマチスが、夏前にとうとう力尽きたので、ナツユキカズラを引っ張っていきました。
 脚立に上がって観察したら、花は新しく伸びた蔓の節々から咲き、終わったのは茶色く枯れています。近くで見るとそれが荒れた感じを抱かせますが、また次の開花があって、カバーしてくれることと思います。
e0181373_21242650.jpg
 もう少し手入れをして、通路を掃いたら、明日からここが私のお休み処(笑)



by kochira703 | 2017-09-13 21:53 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

シオンさえも

2017.9.12(火)  雨のち曇り
e0181373_20572246.jpg
 見上げる高さでシオンが咲いています。愛犬イチのお墓(石を置いただけ)に、思い草シオンを移植してきたのが広がりました。地下茎を伸ばした先から新しい葉がどんどん出てくる、強靱なシオンですが、これさえも白絹病は倒すのです。青枯れた茎を10数本は抜きました。
 花の咲いているのさえ、新しく葉が出た若い株さえ、おかしいと思えば、根元に白いのが見えています。どうしようもない広がりです。でももう諦め気分。残った花に慰めてもらいます(笑)
e0181373_20573319.jpg
 ニラに白い花が咲きましたが、今日は雨で倒れかかっていたので、一昨日の写真です。倒れたところから咲くルドベキアとフロックス。
e0181373_20590687.jpg
 サルビア・ガラニチカも白絹病で枯れるのですが、それでも生き残った根が周辺から芽吹きます。
e0181373_20574875.jpg
 アメジストセージも咲いてきました。サルビアの季節ですね。
e0181373_20582433.jpg
 サルビアの感じがしますが、そうではないオルトシフォン。耐寒性がないと言いますが、ここに植えっぱなしで、特別のこともせず数年。(冬前に切り戻しはするけれど)
e0181373_20583973.jpg
 雨の合間には植え替えをして、雨が降ってくると、足の踏み場もなかった物置の、片付けをして、久しぶりに一日中庭仕事に励みました。
 
 


by kochira703 | 2017-09-12 21:50 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

ピンクの花も

2017.9.11(月) 曇り時々晴れ
e0181373_21064390.jpg
 昨日はピンクのツクシンボウ(笑)がニョキニョキ。今日は庭のあちこちでゼフィランサスの開花です。レインリリーの名があるように、先日の雨が花を呼び出してくれたのですね。
e0181373_21065346.jpg
 こんなにあちこちに植えた覚えはないのだけれど・・・増えてくれるから大歓迎です。
 ハイビスカス・ロバツスとのツーショット。でも(なんで~?)なんですけどね。ロバツスが出てきているのは、コウホネの鉢。コウホネだから、けっこう水はやっていたつもりなのです。どこから種が来たのか、腐りはしなかったのか、発芽した途端に開花したような草丈も他には見ないし、と不思議な気がします。
e0181373_21070926.jpg
 ロバツスの本体はこちら。咲きそろいました。
e0181373_21071897.jpg
 ピンクのつながりで。ブルーベリーの木の下で、オキザリスが咲き始めました。
e0181373_21073093.jpg
 ようやくオカトラノオ(訂正:カクトラノオ)が開花。
e0181373_21073960.jpg
 旅行に行くと自分用の記念品に花苗を買います。夏の信州では何故かピンクのアナベル。道の駅の山野草コーナーを眺めても、心動くものが他に見当たらず、小父さんに「どの株がいいかなあ?」「店のオヤジの勧めるものは買わんこと。早く手放したいのを勧める」と言われ、「夏に植え替えは出来んしねえ」「掘って植えるのではなし、ポット苗はいつでもいい」と、上手く乗せられた気もする買い物でした(笑)
 それを今日やっと植えました。地面を掘ったら、スイセンの球根に白い根が伸びていました。地面の下でも次の季節が進んでいました。


by kochira703 | 2017-09-11 21:44 | 宿根草・球根植物 | Comments(11)