カテゴリ:宿根草・球根植物( 79 )

セントーレア・ギムノカルパ開花

2017.5.18(木) 晴れ
e0181373_21280131.jpg
 
 今日は外の用がいくつかあり、あまり庭仕事はできませんでした。出来るところまでして、後は「手が回りませんでした」と言い訳することにします(笑)
 ゴクラクチョウカの咲く花壇に、奥の方でセントーレアが咲いて、ここもほぼ出揃いました。ここに見えているもので、昨冬に植えたのは、奥のシルバーリーフのセントーレアだけ。マーガレット、ゼラニウム、ジギタリス、シャスターデイジー、どれも宿根草です。ジギタリスは種が落ちて、葉の状態で夏を越したら、翌年に開花します。2年草から多年草で、順に枯れますが、次のが待機しています。
e0181373_21283936.jpg
 
 違う角度から写すと、ホタルブクロのつぼみが見えます。月見草は今日の開花は無いようです。一番奥の白はこぼれ種発芽のオルラヤ。
e0181373_21285810.jpg
 
 セントーレア・ギムノカルパ。3株を密植しすぎました。高温多湿に弱いそうなので、ダメかもしれない(涙)どんな花かも確かめずに植えたけれど、こぼれ種のシレネ・ディオイカやジギタリスと色合わせをしたみたいです。
e0181373_21290962.jpg
 こちらのパーゴラは、反対側からのツルハナナスが咲いてきています。小花が仲良く集まって、今年はいい具合になりました。     
e0181373_21292537.jpg
  
 もう一つのパーゴラにしなだれかかっているのが、超ミニのバラ。オープンガーデンに合わせて咲いてくれました。
e0181373_21274306.jpg
e0181373_21273217.jpg
 同じミニバラはアンズの木にも誘引しています。クレマチス・ジョセフィーヌを誘引している木です。少し花期がずれて残念。でも緑の中に淡いピンクが点在して、好きなシーンです。     
e0181373_21293122.jpg
 そしてセッコクも同じ木の北向きに掛けることにしました。ここならオープンガーデンの来られた方にも見てもらえそうです。2年前にいただいた時のままです。どうしたらいいのだか分からない(汗)昨日見たK庭のセッコクのような大株になるには、何年かかるのでしょうね?
e0181373_21300900.jpg
 下で白い小花が咲いているのは、ハクチョウゲ。満開なので、ビュンと伸びた新枝を切って、花がよく見えるようにしました。
e0181373_21293887.jpg
 アジサイなど、ぐったりとうなだれているのが目についたので、今日は庭の右半分にさっと水やりをしました。



by kochira703 | 2017-05-18 22:46 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

アリマノウマノスズクサ見頃

2017.5.17(水) 晴れのち曇り
e0181373_20440007.jpg
 アリマノウマノスズクサが見頃です。3年前に初めて咲いたのを見て、「可愛いいて、一番好きよ」と言う、ウマノスズクサを知っていたNaさんに対して、「美しくはないわなあ」と首を傾げていたのですが、オープンガーデンで「変っているでしょう?!」と言い続けているうちに、ユニークな形が何とも愛らしく見えてきました。姫路のAさんからいただいて約10年。うちの看板娘です(笑)
e0181373_20441278.jpg
 綴じ合わせた3辺が外に開いて開花です。3,4日咲いているように思います。
e0181373_20442031.jpg
 和の花ではホタルブクロやユキノシタ、ヤナギバチョウジソウも咲きました。
e0181373_20462489.jpg
e0181373_20471907.jpg
e0181373_20470367.jpg
 今日は友人たちとランチの後、一緒に花友だちのお宅を訪問。全てをご主人と二人で創り上げられたという、ガーデニング雑誌に載るような素敵なお庭です。昨年もお邪魔したのですが、木が大きくなり、植物はしっとりと落ち着いて、一段と素晴らしい空間になっていました。
e0181373_20445450.jpg
e0181373_20443992.jpg
e0181373_20451552.jpg
e0181373_20450605.jpg
以上の写真は家の裏の庭ですが、お母さんのエリアだった表の庭をバトンタッチしたので、これからそちらをリメイクしていかれるそうです。早くオープンガーデンに参加して、花好きさんたちを喜ばせてほしいですよね。
 表の庭のバベの木に吊り下げられたセッコクが見事でした。
e0181373_20453715.jpg
 
 その後、Nさんが庭仕事を手伝ってくれて、夕方にはハーブクッキーを焼いてくれる友人が、ローズマリーを取りに来て、また近くの花友だちも、当日来られないからと寄ってくれたりして、いよいよオープンガーデン。中2日です。がんばらなくっちゃ!!




by kochira703 | 2017-05-17 21:43 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

ロクベンシモツケの花

2017.5.16(火)  晴れのち曇り
e0181373_21114021.jpg
 ロクベンシモツケ。もう10年近く前に、山梨県のミヨシ種苗のお店で、店員さんに聞いても名前が分からず、値段が安いから強いだろうと買ってきました。その時は葉だけで、咲いたら白い小花が集まってふわーっと綺麗で、驚いたものです。
e0181373_21114851.jpg
 株分けして2ヵ所にありますが、昨年は咲かずに終わりました。増えもせず、消えもせずで約10年経過。改めて検索したら、隔年ぐらいに植え替えしなければいけないのだとか。今度は場所を考えなければ、ここでは違和感があります。
e0181373_21115987.jpg
 同じ花壇で咲くクナウティア。昨秋に植えたので、夏越しが課題。山で見たマツムシソウのイメージがあって、こんな野の花の感じが好きです。
e0181373_21123264.jpg
e0181373_21123929.jpg
 これも同じ花壇で咲く、実家の母の好みのゼラニウム(笑)挿しては綺麗だろ、綺麗だろとくれるので、けっこう増えてきました。これは白と赤と2株。花びらの形が面白くて、最初にもらってきたものだから、数年間植えっぱなし。
e0181373_21125371.jpg
 奥の花壇では、ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストが冬越し。切り戻してナイロン袋を被せておきました。
e0181373_21124539.jpg
 ペンステモンもここで4年目。これも定着してくれて嬉しい花。まあ、どれも嬉しいことは嬉しい、嬉しくないものは無いのですが(笑)
e0181373_21120894.jpg
 昨年は花付きが悪かったムラサキセンダイハギですが、今年は花が見えてきました。その代わりではないのでしょうが、黄色い花の咲くセンダイハギが、1茎しか開花しませんでした。何故だか分かりません。
e0181373_21121673.jpg
 ムラサキセンダイハギの向こうに写っているシレネ・ユニフローラ。
e0181373_21122478.jpg
 今日は植木屋さんに来てもらって、横を歩く度にああしたい、こうしたいと思いながらできていないこと・・・歩く邪魔になる蔓や枝を切る、アブラムシがついて見苦しい枝や混み合った枝を切る、花後の剪定などをしてもらいました。
 途中で、前を通りかかったからと友人が来てくれて「こんな趣味の庭の剪定は困るわのう。好みが違うし、こだわりがあるからなあ」と、植木屋さんに話しかけていましたが、確かに「高さを残して」だの「間を透かすだけ」だの、注文は多いし、どこをどう切ればいいのか分からない蔓植物まで任されて、日本庭園のセオリーのとおりではないから、植木屋さんも大変です。でも快く頼まれてくれて、私の日頃のストレスを一気に解消してくれます(笑)




by kochira703 | 2017-05-16 22:06 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

ストレリチアの地植え

2017.5.15(月) 晴れ
e0181373_21083566.jpg
 ストレリチア(ゴクラクチョウカ)の2本目が開花。雌伏十年、臥薪嘗胆の時を経て、遂に5月のオープンガーデンの主役に躍り出ました(笑)肥料をやった途端に、こんなに咲いたのですから、然るべき育て方をしてもらえば、疾うに主役だったはず。植えっぱなしで放置し、咲かないと文句を言っていた私が悪いのです。
 10年余り前に植えたのが、ソラナムの木の近く。固い地面に根を張って、大きくなったものだと、写真を見て改めて思います。これはもうずっとここに居座ってもらうしかないですね。
e0181373_21084483.jpg
 目にも鮮やかなオレンジ色はガクで、青が花びらなのだとか。花びらの妖しく美しい色は1日で色褪せ、日ごとに変色します。先日、友だちと話をしながら触っていたら、1つ折れてしまったので、12日間で4花が咲いたことになります。
e0181373_21085090.jpg
 これまで5月のオープンガーデンはブルーベリー畑のジギタリスが主役だと、私は思ってきたのですが、今年はストレリチアが衆目を集めることになりそう。
e0181373_21091517.jpg
e0181373_21092229.jpg
e0181373_21093384.jpg
 ブルーベリー畑が中心にあるから、こちら側をブルーベリーガーデンと称しています。ここに多いのが、ジギタリス、オルラヤ、ムラサキツユクサ。そして本の少しのバラとクレマチス。
e0181373_21090581.jpg
 駐車場の白いバラも満開になりました。クリーム色の蕾の時が一番いい。
e0181373_21085831.jpg
 今日はHちゃんが熱を出し、ママが仕事の日だったので、夕方まで預かりました。こんなことは滅多にない、というか、病院に連れて行ったなんて初めてのこと。薬をもらって来て、お昼を食べさせて、昼から約4時間寝てくれました。その間、私も昼寝。ゆっくり休んだら、却って体がダルイ。夕方庭の掃き掃除をして元に戻りました(笑)



by kochira703 | 2017-05-15 22:01 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

クレマチス

2017.5.13(土) 雨のち曇り
e0181373_20511613.jpg
 昨夜の雨は、我が"バケツ雨量計”では30ミリ程度(笑)けっこう降りました。風は大したことはなかったようで、倒れかかっていたアグロステンマやサポナリアを起こしたら、元に戻ってくれました。
 杏の木に這わせていたクレマチスは、昨日のうちにシュロ縄で結わえていたので大丈夫でした。いい感じになりましたが、もう花びらが散り始めました(涙)
e0181373_20511068.jpg
 昨秋に植えたばかりのキリ・テ・カナワが開花し始めました。八重の大輪ということですが、面白い開き方をしています。初めて見る花は、特別に楽しみ。
e0181373_20583824.jpg
 名前は分からないけど好きなクレマチスで、いつも数10㎝の草丈で生存していたのが、昨冬は全部枯れて大ショック。春に新芽が出たのを見つけた時の感動!一喜一憂しています(笑)クリスマスローズの葉に埋もれて一花だけ咲いていました。
e0181373_20584596.jpg
 これも以前からあったクレマチス。
e0181373_20590610.jpg
 シャクヤクが咲きました。
e0181373_20593928.jpg
 最後に咲いてきた、一番古くからあるジャーマンアイリス。
e0181373_20592599.jpg
 日本蜜蜂が好むというキンリョウヘン。丸亀のHさんにいただいたもの。
e0181373_21003593.jpg
 少し前の写真ですが、夫が植えたキンリョウヘン。2カ所にキンリョウヘンが咲いたのに、蜜蜂は一向に来ません。いつもなら洋種イブキジャコウソウの上を飛び交うのですが、今年はたまに見るだけ。何の加減かな?
e0181373_21012328.jpg
セッコクが今年も咲きました。よかった~♪
e0181373_21012859.jpg
 これも少し前の写真。アップ出来ないまま時が過ぎてしまうほどに、まだまだ百花繚乱の時季です。
e0181373_21013638.jpg
 雨上がりでいい具合と、雑草を引いたり、コキアを植え替えたり。
 花友だちがご主人と一緒に、前を通りかかったからと、庭に来てくれました。花の好きな方と一緒に庭を見て歩くのは、とても楽しい時間です。



by kochira703 | 2017-05-13 21:54 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

ブルーベリー畑のジギタリス

2017.5.7(日) 晴れ
e0181373_21410566.jpg
 今朝のささやかな感動は、アグロステンマ。まだ何とか倒れずに、か細く長い茎が大きな花を支えています。これまでに風で何本か折れました。今日辺りが見頃かな? オオデマリの小道に入っていくと、突き当たりが・・・
e0181373_21411291.jpg
 突き当たりがこの花壇。奥の細いヤブツバキにはヤマイモの蔓を這い上らせている、ちょっとアブナイ場所(笑)ほったらかしなのです。でもこれからこの辺りに手を加えたいと、隠し球を仕込んだのですが・・・
e0181373_21431043.jpg
 ジギタリスの間にジャカランダの小さな木が潜んでいるのです。昨秋、ホームセンターで198円で買ってきた苗木を植え、枯れかけているブルーベリーに取って代わってもらおうという算段。ナイロン袋を被せていたら、葉が落ちてしまいました。やっぱりアカンかったか、夢を買うには198円は安すぎるわなあと、諦めていたら、何の何の、葉がいっぱい出てきたのです。これには感動。
e0181373_21412661.jpg
 ブルーベリーの木の間に咲くジギタリスが好きです。こぼれ種で増えて、適当な場所で大きくなってくれるので、手間も掛からず、ナチュラル感があります。
e0181373_21414198.jpg
e0181373_21415011.jpg
e0181373_21420084.jpg
 庭のあちこちで咲いていますが、今年は特に花数の少ない貧弱なのばかりが目立ちます。放っておくと、経年劣化のようなもので、そうなっていくのでしょうか?
e0181373_21420793.jpg
 花友だちから電話があって、昼から訪問。古民家の庭に咲く和の植物を見てきました。アヤメが見頃。風格ある古民家にはアヤメが似合います。
 私が「アヤメって長年経つと白花が生まれる?」と質問。うちでも白が混じって咲いているのです。「私は紫しか植えてないんだけどね」という返事。アマやエキウムなどでも白花が出現するから、同じようなことなんでしょうね。
e0181373_21424258.jpg
e0181373_21423022.jpg
e0181373_21425027.jpg
 茎に角があるから、アマドコロだと思いますが、緑の葉は初めて見ました。斑入り葉しか今は見ませんが、昔はこんな花だったのかなと想像しました。
e0181373_21423620.jpg
 今日は洋種イブキジャコウソウをカット。通路に被さっていい感じだったのを、思い切って切り込み、歩きやすくしました。ブルーベリーの株元のも抜いていきました。片付けておかないと、またテッポウムシがやってきます。今日は蚊がワンワン飛び交いました。快適な時節は短いですねえ!



by kochira703 | 2017-05-07 22:36 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

多肉植物

2017.5.6(土) 曇り
e0181373_21241066.jpg
 庭に入っていく通路は狭くて、プロパンガスのボンベが置いてあったりして、味気ないのですが、家がいっぱいいっぱいに建っていて、人一人通れるだけ。どうにもできない場所です。ホームセンターで買ってきた、実に薄い石を並べて、横に多肉植物を地植えしていましたが、今年はそこにタツナミソウが広がっていました。奥の方から何年かかけて、進んできたのです。
 軒下だから何かを植えれば水やりが必要です。そんなことは出来ないから、試しに多肉を植えてみたら、成功。そこに割り込むタツナミソウも、強者ですね(笑)
e0181373_21241979.jpg
 庭に入ると左に花壇。マーガレットとアリッサム。この辺りは4年前に業者に造り直してもらいました。
e0181373_21244663.jpg
 マーガレットの反対側。オルラヤがこぼれ種で。何でも許してしまう私(笑)
e0181373_21243549.jpg
e0181373_21250204.jpg
 物置の入り口の両脇に半円の小さな花壇。こぼれ種で咲くワスレナグサ、
e0181373_21245445.jpg
e0181373_21254961.jpg
 アーチ前を右に曲がると野菜畑。アーチをくぐると、鮮やかな色が。ピンクがタニウツギ。赤と黄色のヒューケラ。アプリコットカラーがトリトニア。
e0181373_21255918.jpg
 地植えして数年の多肉のアプローチは、なかなかいいアイデアであったと思うのですが、暖かい地なればこそ出来ることですね。
 ついでに庭の多肉植物をアップします。土に置けば根が出る多肉植物なので、面白く遊べます。と言いながら、年に一度するかしないか、なんですけどね(笑)昨年のオープンガーデン時、ほったらかしの汚いままで内心恥ずかしい思いをしていたので、今年は手入れをして、アケビの蔓の下に並べてみました。 
e0181373_21263503.jpg
e0181373_21264263.jpg
 石垣島でNさんが買ってきたセイロンベンケイソウの葉。その子株をもらったのが、蛇口の右の赤い葉。使わなくなったガラスの水槽を逆さにして、冬の間入れておいたけど、葉が赤くなったのは、やはり寒かったのでしょうね。
e0181373_21262897.jpg




by kochira703 | 2017-05-06 22:27 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

ヨウラクツツアナナス

2017.5.5(金) 晴れ
e0181373_20285012.jpg
 ヨウラクツツアナナス。ブラジル原産のパイナップル科だから、昨日のエクメア・ガモセパラと同じ。ストレリチアから始まって、熱帯植物第3弾(笑)
 4,5年前に徳島のTさんの庭で初めて見て、ピンクの茎の先から、黄色・ピンク・青紫のボーダーの耳飾りのような花が下がっている不思議な花なので、変わってますねと言ったら、大きな鉢ごとくださったのでした。ヨウラクは漢字で「瓔珞」。仏像や寺院で使われている飾りのこと。ツツは筒。花が筒状だから。
 地植にはしていないのですが、ずっとハクモクレンの下に置きっぱなし。
e0181373_20260387.jpg
e0181373_20290314.jpg
 5月の花と言えばアヤメ。よく増えるし、好きなので植え広げています。       
e0181373_20580331.jpg
e0181373_20270598.jpg
 子どもの頃にアイリスと覚えていたのはダッチアイリスでした。昔ながらの紫に、今年は白と黄色のツートンカラーを加えました。
e0181373_20264045.jpg
 サーモンピンクのジャーマンアイリスはもらって植えた最初が一番綺麗でした。花が小さく縮かんでいる気がします。葉はいっぱいあるのに、花も今年は1本。(あら、白のアイリスがある!いつ植えたのかな?) 
e0181373_21093843.jpg
 実家の母が花友だちにもらったピンクのジャーマンアイリス。花のふわーっとした感じが撮れません。
e0181373_20582677.jpg
e0181373_20581887.jpg
 今日はバラも咲いていました。クレマチスも咲いて、5月の庭になりました。
e0181373_20273753.jpg







by kochira703 | 2017-05-05 21:28 | 宿根草・球根植物 | Comments(10)

今朝の感動~極楽鳥花

2017.5.3(水) 曇り
e0181373_21254761.jpg
 庭に出た途端に目に飛び込んできたオレンジ色。"極楽鳥”の首の辺りが、だんだんと朱に染まってきていたので、いつ開花かと心待ちにしていたのです。
 10年以上前に、オープンガーデンを見に来てくれた職場の方が、チユウキンレンカとストレリチア(極楽鳥花)を持ってきてくれました。その時は咲いていたのに、地植えにして以来、花が咲くことがなかったのです。昨秋に肥料が要ると聞いて、牛糞堆肥、マグアンプを放り込んだら、効果てきめん。雌伏10余年、ストレリチアがついに立ち上がりました! 力がみなぎっています。
 花茎が5本あるので長く楽しめそうです。場所はソラナムのパーゴラの横。
e0181373_21262175.jpg
e0181373_21262940.jpg
 ソラナムの紫の花も満開ですが、その下のゼラニウムも開花してきました。
e0181373_21265125.jpg
 パーゴラの反対側で、イキシアとバビアナが見頃。     
e0181373_21265883.jpg
   
 奥のオオデマリの横でアグロステンマも開花。
e0181373_21270959.jpg
e0181373_21271698.jpg
e0181373_21280764.jpg
 ゲラニウムは日当たりに移植したら、驚くほどの花付き。洋種イブキジャコウソウはもう終わり。後ろでヘリオフィラの青も見えています。
e0181373_21272311.jpg
 今日はカモミールを抜いたり、タマネギを抜いたり。何しろカモミールはタマネギ畑で我が物顔なのです(笑)畑仕事をしていたら、タマネギにベト病が急激に広がっていると広報車が走っていきました。防災無線の戸別受信機も日に何回も防除を呼びかけています。
 無農薬で育てている私は、オープンガーデン前に早生を収穫。晩生は昨年に懲りて、植え付けを大幅に減らしていましたが、先日から少しずつ片付けていて、今日で終了。これで私の農繁期が終わりました。

 




by kochira703 | 2017-05-03 22:27 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

イキシア見頃

2017.5.2(火)  晴れ
e0181373_20183853.jpg
 庭ができて間もなくからここに植えっぱなしだから、15年くらい経つイキシア。細い茎がすっと伸びた立ち姿が、軽やかでいいですね。綺麗な色もありますが、卵色の花が素朴で好み。咲き始めの、蕾が愛らしい。
e0181373_20185485.jpg
e0181373_20182414.jpg
 イキシアを反対側から。今日はこの辺りのアリウムを片付けました。その途中で気づいたのが、芝生の中の雑草。スズメノカタビラの花穂を見つけ、よく見ればあちこちに! 4年目ともなると、既に雑草に根付かれたよう。カタバミも結構あって、先が思いやられます。
 奥のツツジの咲いている花壇でも、アリウムが一面。それも片付けました。メインガーデンのアリウムはほぼ終了しましたが、芝生の雑草で横道にそれたから、カモミール畑まで行き着きませんでした(笑)
e0181373_21001587.jpg
 ピンクのタニウツギも今が盛り。花語に思い切ったすかし剪定をするつもり。グランドカバーの役割をしているヒメウツギが2種類。1つはピンクなのですが、写真では分かりにくい。
 風致草はやはり綺麗ですね。
e0181373_20372207.jpg
e0181373_20372801.jpg
e0181373_21002479.jpg
e0181373_20192010.jpg
 優しい色のトリトニアがスパラキシスの茶色の残骸に負けていたので、それも除去。この辺りのスパラキシスは、グランドカバー代わりにわざと残したのも多いのですが。ほぼ除去。黄色はセンダイハギ。
e0181373_20192853.jpg




by kochira703 | 2017-05-02 21:25 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)