<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ジュズサンゴ

7月31日(金)

姫路のAさんから、昨年末にいただきました。その時、赤い実が残っていました。
名前のとおり、珊瑚の色をした3、4mmの小さい実です。
それが6月頃から咲き始め、また艶やかな赤い実をつけました。
花が咲くとすぐに実になるので、花と実が共存しています。
e0181373_1945234.jpg

e0181373_19454766.jpg

by kochira703 | 2009-07-31 19:51 | Comments(4)

夏の花 1

7月30日(木)

瑠璃色の虫
26日の写真の虫の名が分かりました。 「ルリクチブトカメムシ」
今日、理科のK先生が、ブログを見て「これは形からしてカメムシやなあ」と。
あとで「カメムシ 瑠璃色」で検索すると、出ました。写真を見ても同じだし、農村の道端などにいるという説明にも合うし、間違いないと納得。K先生のおかげで一件落着。

ノウゼンカズラ
我が家の夏の花の筆頭はこれ。
6月に、長く伸びた茎の半分だけ、剪定しました。それが咲き始めて、これは2回目の花盛りです。
e0181373_20202373.jpg

e0181373_202607.jpg

だいだい色の花の色が、夏の強い光をはね返しています。

ノカンゾウ
e0181373_2029587.jpg

マリーゴールド
よくある花ですが、花弁の形と色合いが、何とも芸術的です。何年も前から畑で勝手に命をつないでいます。
本などには虫よけになるとありますが、その効用を感じることはありません。
e0181373_2034858.jpg

e0181373_20355659.jpg

アスクレピアス・レッドバタフライ
e0181373_20454710.jpg

花が終わると綿毛を飛ばして、あちこちから生えてきます。赤と黄色は元気が出る色だし、強いし、気に入っています。
by kochira703 | 2009-07-30 20:24 | Comments(5)

庭の生き物たち

7月29日(水)

アゲハ蝶が2匹ひらひらしていると見ていたら、去年枯れたブルーベリーの枝に止まった途端に交尾。カメラのシャッター音に驚いたのか、私が角度を変えようと動いたのに反応したのか、そのまま飛び立ちました。
決定的瞬間の「スクープ写真」を撮ろうと「パパラッチ」。3メートルくらい離れたブルーベリーの木に止まったのを1枚撮りましたが、また結ばれたまま隣の畑に飛び去りました。
いい写真にならなかったのが残念です。難しいものです。
e0181373_19561660.jpg

e0181373_19565558.jpg

赤とんぼも飛んできました。蝉はギャンギャンギャンギャン、天地を揺るがせんばかりに鳴いています。いろいろな生き物たちが、懸命に夏を生きています。

イラガ
イラガの写真を載せてという声があったので
e0181373_20262037.jpg

e0181373_20265737.jpg

e0181373_20272971.jpg
中央の木はサカキです。左の写真のように、葉の裏にいるので、気付かずに触れてしまうのです。ピリッとしたら、まず枝を裏返して確認。ハサミでもぎ取って、地面に落とし、足で踏みにじっています。




ブルーベリーが好きなハチ
ハチは一つの実を食べてしまいます。ちょっとかじるだけの行儀の悪い虫もいます。
カナブンやアブもよくいます。
鳥は黒い糸で防ぐことができますが、小さな虫は防ぎようがありません。
e0181373_20363268.jpg

e0181373_20365525.jpg

以上、みんな今日出会った昆虫たちです。
最後にきれいな花を見てもらって、今日はおしまい。

スプリット
野菜の産地直売所で50円で売っていたと、Nさんが持ってきてくれました。
見たことのないきれいな花が咲きました。大きさは4センチくらい。つる性で、花も朝顔のように昼過ぎにはしぼんでいます。
何とも美しいピンクの花の色や、他にはない花の形が見えて、価値ある50円です。
e0181373_20475128.jpg

by kochira703 | 2009-07-29 20:53 | Comments(3)

庭の実態

7月28日(火)

今日は朝から神戸に行って、観劇とショッピング。
独身時代から「神戸労演」に入っていて、月1回劇を観に行くというのを結婚の条件にしました。
今は「労演」の名も変わって、公演回数もほぼ半減してしまいましたが、Nさんと一緒に続けています。

という訳で、今日は写真を撮っていないので、先日ボツにした分をアップします。
荒れた庭の風景です。
これまできれいな花ばかりを紹介しているので、イメージと実際がだんだんとかけ離れていっているのじゃないかと、最近若干の罪の意識が生じているからです。

「風の通る庭」とかっこよく称しているのは、木や花を中心にした、居間から見える部分。その右手に畑や実のなる木のエリア。左手がブルーベリー畑。約300坪あります。手が回らなくて、悲惨な所がたくさんあります。
がんばってきれいな所、きれいな草花を増やします!

野菜畑方向
e0181373_2153937.jpg

右側はシマサルナシの棚があって、ジャングル状態。アンズ、スモモ、リンゴ、ナシ、ヤマモモ、ナツメ、クルミ、アーモンド、イチジクなどがあります。
でもどの木も消毒しないので、ひどい状態です。収穫もほとんどしていません。熟する前に落ちます。
アンズとイチジクは口に入ります。
今年初めて大きなリンゴができつつあります。袋をかぶせてみました。何個か落ちましたが、あと3個残っています。初収穫かと楽しみにしています。
左が畑。今年のタマネギはベト病にかかって、ほぼ全滅状態。ジャガイモも小さかったです。天候のせいもあるようです。
キュウリも枯れ、トマトも病気。野菜畑はNさんが手伝ってくれて、なんとか維持できています。Nさんにはいくら感謝しても感謝しきれないほどです。

ブルーベリー畑方向
e0181373_21172786.jpg

木が重なってどれがどれか分かりませんが、一番高いのがアンズやサクランボ。
ブルーベリーは大きいのは背丈以上あります。小さいのは50センチくらいから。同じ時に植えても、種類や環境でずい分違うものです。
育てて8、9年です。なるがままにしていましたが、木の形を整える必要を感じています。木と木の間もくっついてしまったので、この冬は剪定しなければと思っています。

e0181373_22352278.jpg
小道の左手がブルーベリー畑です。右手に家があります。大きな木はアンズ、ナシなど。
by kochira703 | 2009-07-28 21:21 | Comments(0)

野の花の風情

7月27日(月)

今日は、ブログをするように勧めてくれたNくんが、奥さんと2人の息子さんと一緒に来てくれました。
もうイラガは取り尽くしたと思っていたのに、若い目はあちこちで見つけていました。
Nくんの所から来た花もいくつかあり、今日も物々交換しました。
姫路のAさんと私が彼の上司だった時に、感化を受けたそうで、家を建てて庭ができたのを機に、ガーデニング趣味に走りました!?
仕事にも趣味にも熱中するタイプなので、上手にたくさんの花を育てています。

今日は野に咲く(ような)花を紹介します。

水引草
e0181373_213234.jpg


白花たで
e0181373_2152789.jpg


嫁菜
e0181373_2185369.jpg


段菊
e0181373_21273861.jpg


水引草 が好きなのですが、写真に撮るのは難しいとつくづく思いました。これと段菊は
 他の草花と違って、家の北側の、玄関脇の小さな日蔭の庭にあります。
白花たで が庭に広がっています。友達が雑草だろうと言うのですが・・・・
嫁菜 山の畑の雑草を引き抜いてきて植えました。
段菊 だともらいました。節々から次々と薄紫の花が咲きます。カタログなどで見るダンギク
とは違う気がしますが、上品でいい花です。
by kochira703 | 2009-07-27 21:25 | Comments(7)

虫たち

7月26日(日)

昨日のアゲハ蝶がひらひらと飛んで行ったので、カメラを持って出たのですが、撮らせてくれませんでした。代わりにあまり動かないのを撮りました。
艶のある瑠璃色の1センチもない、この虫は何?
e0181373_15545129.jpg

e0181373_15552810.jpg

オリヅルランの先にじっとしていました。きれいだから「補殺」しませんでしたが・・・・

バッタも葉を食べて困ります。
e0181373_1612583.jpg

e0181373_1614897.jpg


虫の写真を撮りながら、葉っぱの色と模様に、造化の妙を感じました。
e0181373_1645982.jpg
















e0181373_1653056.jpg
















e0181373_166282.jpg
















e0181373_16145289.jpg 以上、コリウスです。コリウスは、NAさんが冬場は温室で管理して、毎年苗をくれるのです。我が家の花の大部分はNAさん宅より嫁入りしています。有難いことと感謝しています。
by kochira703 | 2009-07-26 16:10 | Comments(8)

団子虫の食害

7月25日(土)

奈良からのお客を、西淡のバス停に迎えにいく頃は土砂降りの雨。
友人Nさんとお母さんがせっかく来てくれるのに困ったことと、
激しい雨脚をうらめしく眺めながら、バスの到着を待ちました。
ゆっくりお昼を食べてもやむ気配がなく、淡路の南西海岸をドライブして、3時に我が家に到着。
傘をさして庭を見てもらったり、ブルーベリーを摘んだりしていると、雨が上がりました。

ブルーベリーの若い実が花のようできれいだと感激してくれました。

証拠写真
e0181373_17501226.jpg
Nさんを送って帰宅した頃には、曇り空も少し明るくなっていました。
庭に下りると、いましたよ、団子虫。花を食べている証拠写真です!





お目直しにきれいな写真を・・・
一番上はメランポジウム。団子虫の食害を逃れたのは大きく育っています。夏を彩ってくれる強い花です。
次は今朝のうちに撮った熱帯睡蓮。紫が咲きました。
4枚目がペンステモンです。咲き終わったのを切ると次のが伸びて、長い間咲きます。
e0181373_1825984.jpg
e0181373_1831996.jpg

e0181373_1835460.jpg
e0181373_1842774.jpg


今日撮った写真を二つ追加。家に入ろうとしていたら、黒アゲハが飛んできました。ランタナはけっこう好きなようで、よく飛んできます。
最後のはゼフィランサス。レインリリーという名があるように、雨上がりによく咲きます。子供のころは白いタマスダレの花がどの家にもよく咲いていた記憶があります。同じ仲間です。
e0181373_19362556.jpg

e0181373_1943924.jpg

by kochira703 | 2009-07-25 18:15 | Comments(5)

「風の通る庭」

7月24日(金)
山口県が豪雨被害で大変です。追い打ちをかけるように、また雨が激しくなっているようです。
今、TVニュースから九州北部の豪雨の映像が流されています。
5年前の当地の豪雨被害を思い出します。
被害が少ないようにと祈らずにはいられません。

当地、今日は強い風が時折吹きぬけていきますが、雨はありません。
ブルーベリーには雨が必要なので、軽く水やりしました。

居間からの「風の通る庭」
e0181373_2027191.jpg

中央が、涙を呑んで小さくしたケヤキ。下にユキヤナギがあって、春はきれいです。その下の赤いポストは郵便局が退職記念にくれた貯金箱。どこで使おうかと考えていた時、以前から置いていた子ウサギを思い出しました。

庭ができて間もない頃、西神そごうにたまたま立ち寄って、エスカレーターで上がっていたら、ウサギと目が合ってしまったのです。かわいくて、重いのを下げて帰りました。
横に置くと、手紙を待っている図になって、気にいってます。
奥にあるのがタイサンボク。右にハマボウやアンズやネコヤナギが見えています。

e0181373_20392563.jpg

反対側から見ました。右手の木はヤマボウシ。水気のない土地なので、かつかつ生きています。昨年ぐらいからやっと花がそれらしく咲き始めました。研究せずに、ここに植えたのはかわいそうでした。
グランドカバーになっているのは、イブキジャコウソウ。春には一面薄紫になります。
オレンジ色のはランタナです。ピンクと黄のは種が飛んで飛んで困りものですが、これはおとなしく毎年いい程度に咲いてくれます。
左奥、イチの小屋の横がチユウキンレンカ。
by kochira703 | 2009-07-24 21:12 | Comments(0)

真夏の日差し

7月23日(木)

昨日は皆既日食をTVで何度も見ました。
実際に見た感動はいかばかりかと思います。いつか見に行きたいなあ!
淡路島でも雲の切れ目から部分日食が見えたそうですが、
全然気づきませんでした。

蝉の抜け殻
e0181373_20411577.jpg
こんな所にと可笑しくなって撮りました。シランの葉です。
今年はまだすさまじい蝉しぐれには見舞われていませんが、まもなくでしょうね。
手前のはメランポジウムですが、団子虫が花や葉を食べて困ります。植木鉢などをどけると、わらわらと這い出る、さわると丸くなる、庭には付き物の団子虫が、こんなに悪さをするとは、これまで思ってもいませんでした。マリーゴールドの苗を植えた時にも、丸坊主にして枯らしてしまいました。その時も犯人は夜盗虫だと思って、団子虫が付いていても、気にしていませんでした。
でも他の虫がいるようにないし、おかしいと思って、「団子虫・食害」で調べて、犯人が分かりました!許せないと、もう千数百匹は補殺しました!!

e0181373_20502753.jpg


e0181373_20511024.jpg
熱帯睡蓮
初めて咲きました。感動! 先日、NAさんのご主人が「持って帰って咲かせるか?」と下さったものです。
火鉢に水を張って植木鉢を沈めています。花の大きさは直径5㎝くらいです。
by kochira703 | 2009-07-23 20:49 | Comments(3)

珍しい植物

7月22日(水)

今日は宝塚の友人Aさんがきました。
Aさんの趣味は押し花制作です。繊細で上品な作風です。
そのうち我が家の庭の花も、額の中に納まることでしょう。
格別に小さな花が希望で、これから植えていくものが変わるかもしれません。
もっとも私も野の花の風情が好きなので問題はありません。

今日は珍しい植物を紹介します。

シマサルナシ
e0181373_21332980.jpg

これはキーウィの原種(の仲間)だそうです。
12月に熟し、手触りも中身も全くキーウィです。追熟させるところも一緒。
キーウィは、昔、ニュージーランドの調査隊が、中国雲南省に入り、
これと同種のものを持ち帰って、品種改良したものだとか。

日本では紀伊半島以西から南西諸島にかけて分布。
我が家のは夫が植えました。つる性で、伸びて伸びて!いったいなんなんやと、
白い目で見ていたのですが、
数年前より実がなりだして、おいしいのが分かり、また希少植物だとかで、
ジャングル状態も許せるようになりました。我ながら現金なものです!

春には花をびっしり付けていたのですが、実に残ったのは数少なく、
並びに植えていた雄株を、冬にばっさり切ったからなのか、
問題になっているミツバチの減少が、我が家でも起こっていたのか、
よく分かりませんが、でもまあ数が少なければ実が大きくなっておいしくなることでしょう!
(大きいと言っても、せいぜい直径2.5㎝くらいですけどね。)



e0181373_2255215.jpg
ヤーコン
畑の隅から見たことのない葉が出てきました。それも2か所から。
ただの雑草ではない雰囲気だったので、残しておきました。どんどん大きくなります。全然思い出せません。

それが、先日、姫路のAさんが来たとき、「お、ヤーコンやないか」
思い出しました!昨年の冬、元同僚のSさんがイモをくれたのでした。
植えたのを全く忘れていました。見たこともないはずです。

黄色い花が咲くそうです。楽しみです。
by kochira703 | 2009-07-22 21:41 | シマサルナシ | Comments(4)