<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

イチよけネット

8月31日(月)

 昨日、JR元町駅から大丸に行こうと、信号待ちの人波の後につきました。前に立つ若い女性のジーンズの尻ポケット、黄色の糸でジグザグに刺繍がしてあるのを見て、イラガがいると思ってしまいました。
 そんな自分に苦笑しながら、その朝の同じような場面を思い出したのでした。テラスに立って、ハーブ畑のチェリーセージの赤い花を見たとき、クロモンシャチホコに見えてしまったことを。老眼と乱視で、モノがはっきりくっきりとは見えないのですが、花まで毛虫と見たり、刺繍糸まで毛虫に見えたりするとは、もうほとんど毛虫ノイローゼです。

チェリーセージ
e0181373_2030648.jpg


 今日もNさんが種まきに来てくれましたが、その前にと毛虫捕りを始めたら、キリがありませんでした。Nさん、初めは「そこそこ」と、脚立の上の私に指示するだけでしたが、やがて足で踏みにじれるようになりました。慣れはこわい?!

 26日に蒔いた大根の両隣に人参と蕪を蒔き、「イチよけネット」を早々に張り巡らしました。畝の上にウンチをする悪いクセガあるのです。
e0181373_21294139.jpg

e0181373_212610100.jpg


スプリット
 以前のスプリットはつぼみだったので、開いたのを紹介します。朝顔のようです。葉っぱは別のものです。
e0181373_21341352.jpg


ガウラ
e0181373_21473171.jpg

夏の暑さにはさすがのガウラもぐったりしていましたが、一息ついてまた元気に咲き始めました。
by kochira703 | 2009-08-31 22:09 | Comments(4)

初秋を告げる花

8月30日(日)

 神戸に劇を観に行って、帰宅したら夜9時過ぎ。TVは、国民が自民党政権にNOを突き付けた「歴史的な日」を報じています。

 今日観てきた演劇は、井上ひさし作『兄おとうと』で、重たい内容を、ピアノ演奏や歌や踊りを入れ、コミカルに熱演した、こまつ座の公演でした。
 兄は大正デモクラシーの立役者の吉野作造、弟は大日本帝国憲法下の官僚で、後に鳩山内閣で運輸大臣を務めた吉野信次。対立する思想の兄弟を通して時代を描き、人々のありふれた暮らしが保障される社会を創ろうというメッセージを伝えていました。
 「三度のご飯きちんと食べて 火の用心 元気で生きよう」と歌い踊る姿は、民主党に投票した国民の願いを、今考えてみると、象徴しているようです。
 
 もうすぐ誕生する鳩山内閣。この政治変革が私たちの生活にどのような変化をもたらすのか。「三度のご飯きちんと食べて 火の用心 元気で生きよう」――この切ない願いは、劇では戦争の波に呑み込まれていくのですが、民主主義の世となった今こそ、実現していかなくてはならないことです。

オキザリス
e0181373_2391814.jpg

















e0181373_23105172.jpg
ブルーベリーの木の下から丸い黄緑の葉が出て、やがて濃いピンクの花が咲くと、夏の終わりを感じます。







シロシキブ
e0181373_23131095.jpg

緑の実がだんだんと白くなっています。全てが白くなった時、本格的な秋が来たということでしょうか。

ツリガネニンジン
e0181373_23163072.jpg

by kochira703 | 2009-08-30 23:24 | Comments(2)

花よりイチ

8月29日(土)

 今日は、イッちゃんファンのためにイチの写真を。
e0181373_21484572.jpg

e0181373_22194268.jpg

 飼い主の気分や状況に合わせ、甘えたり拗ねたり、時にはこちらを無視したり、こいつは頭がいいなと思うことがよくあります。上の2枚はおねだりしている表情です。


e0181373_22205135.jpg

 イチはよく居間に向かって、座ったり寝たりしています。呼ばれて顔を上げたこのポーズが、一番見慣れたポジションです。哲学者の顔、してません?!


e0181373_22255982.jpg

 
 イチのしでかした最大の悪事は、2年前の冬、畑の大根を食べてしまったことです。土の上に出ている大根をかじり出したと思ったら、そのうち掘り返してまで食べるようになりました。その年、人間が食べたのは数本で、数十本をイチが食べてしまったという、とんでもない事態が起こりました。
 イチをこのようなベジタリアンにしたのは、私にも原因があって、小さい頃から野菜や果物の皮を与えていたのです。特に好きなのが、柿の皮。次いで蕪、大根。西瓜もよく食べました。
  
 その頃仕事が忙しく、平日は畑に出ることが全くないのですから、残飯の大根の皮と同じ匂いがしているのを、イチが我慢するわけもなく、あれよあれよと言う間に食べられてしまったのでした。
 翌年、忘れてくれていることを期待していたのですが・・・・・急いでホームセンターに走り、「イチよけネット」を張り巡らしました。何とか防御できたのですが、隙あらばと「犬視耽々」、ネットのたるんだ所から首を突っ込もうとします。全く油断できません。

e0181373_22582773.jpg

でもまあ、イチのための大根も何本か作ってやろうかと思っている私です。

今日、大根が芽を出しました。早いですねえ!
by kochira703 | 2009-08-29 23:04 | Comments(5)

座れば雑草、見上げれば毛虫

8月28日(金)

 雨が降りません。今日の予報は雨で、雲行きも降りそうだったので、水やりを中止しましたが、一向に降りそうにありません。しおれてうなだれていたコリウスが気がかりです。
 そんな中でも元気なのがこの一角です。

黄花コスモス
e0181373_20564462.jpg

e0181373_20571785.jpg
 庭の埋め立てが完了した冬に、ワイルドフラワーという種を購入して蒔いたうち、強いのが生き残り、今に至っています。
 3年前にタイ王国に行った時、この花があちこちに咲いていました。(メキシコ原産らしいですが)場末の道端などに咲いていることが多く、以来イメージがよくないのですが、鮮やかな黄色やオレンジ色は捨てがたく、群れて咲くと高原の感じがして好きです。

 こんなきれいな虫が死んでいました。22日のことです。
e0181373_2133642.jpg

e0181373_2134960.jpg

 Nさんが、きれいだったら写真に撮られ、気持ち悪かったらすぐ踏みつぶされて、虫も気の毒だと笑っていましたが・・・・。
  
 この間の気持ち悪い毛虫は、クロモンシャチホコだそうです。蛾になった時の白い羽に黒い模様があって、シャチホコのように反り返る毛虫という意味の命名だとか。赤い色がだんだん黒くなり、枝を這い下りて、土の中でサナギになるようです。去年見逃したのがたくさんいて、大量発生になったようです。
 この虫の写真をネットでたくさん見ましたが、あれほどインパクトのあるのはなかったと、変なことをひそかに自慢しています。今日もまた見つけましたよ!
 
 アンズの木の高い所に、葉が食べられて白くなっているのがいっぱいあります。イラガです。明日は意を決し、脚立を持って行って、高いところのイラガを補殺します。
 
 「座れば雑草、見上げれば毛虫」の我が庭です。
by kochira703 | 2009-08-28 21:51 | 小動物 | Comments(4)

日蔭の庭に

8月27日(木)

 今、我が家で一番花がきれいな所は、玄関脇の日蔭の庭と、駐車場脇の日蔭のとても小さな花壇です。
南向きの日当たりのよい。「風の通る庭」と称しているところは、部分部分に花が咲いていますが,全体としては暑さに負けています。
 ユーパトリウムについては、これまでに2回載せましたが、気に入った写真が撮れませんでした。今日の写真はなんとか雰囲気がでたかなと思うので、また見てください。

e0181373_21205077.jpg

e0181373_21231669.jpg
下に生えているのは、多分イワヒバ。グランドカバーになってとてもいい感じです。秋遅くには、あまりいい色ではないけれど、紅葉します。
(Nクン、Kさんに見てもらってくれませんか)





e0181373_2126639.jpg

清楚な薄紫の花が広がる日蔭の庭は、どんな暑い日も涼しげです。

サンパチェンス
この間TVでチラと見たのですが、種苗会社のサカタが開発したこの花が、外国で大人気だそうです。うちでも一株植えたのですが、日蔭にも関わらず、肥料もやってないのに、こんなに大きく育ちました。500円くらいで他の苗より高かったのですが、こんなに大きくなって、環境にもいいとなれば、お買い得だと思います。晩秋まで咲くそうです。
日当たりをよくし、肥料をやれば、すごく大株になるようです。
e0181373_2139174.jpg

by kochira703 | 2009-08-27 21:48 | Comments(2)

大根の種まき

8月26日(水)

今日はNさんが、大根を植えようと、種を持って、来てくれました。
暑さで栽培放棄していた、荒れた畑を掘り起こし、また全滅するかもしれんねえと言いながら、蒔きました。
無事育つよう、水やり、虫取り、頑張ります。(できるかなあ・・・・)

バラ
いよいよニューフェイスの花がなくなって困っていたら、小さいながらバラが咲いてくれました。
数年前に、生花の残りを挿したものですが、あまり好きな色でないので、庭の片隅でほったらかしです。
e0181373_21154996.jpg

片隅に追いやったのは、中央に、黒星病に罹った蔓バラがあったからでもあります。病気がうつらないようにという意味もあったのです。

アイビーゼラニウム
e0181373_2119246.jpg

池田の実家からもらって10年近く、増えもせず、咲き継いでいます。朝顔とともに、柿の木に絡んでいます。
e0181373_2134724.jpg


ニラ
e0181373_21242392.jpg

星型の小花が集まってきれいです。匂いはやはりニラ。
これも栽培している訳ではなく、畑のあちこちで勝手に命をつないでいます。

今日はありふれた花ばかりでした。
by kochira703 | 2009-08-26 21:39 | Comments(3)

秋の始まり

8月25日(火)

まずは、お詫びと訂正を。
8月5日にタカサゴユリを「匂いのないユリ」と書きましたが、間違っていました。すみません。
今日、雑草を引いていて、ふといい匂いを感じて顔を上げると、タカサゴユリがありました。あれっと思って、数本の匂いを嗅いで回りました。すると咲き始めたのが一番いい匂いで、咲いて日が経つものほど匂わなくなっていました。
以前にしおれる前の花の匂いを嗅いで、この花は匂わないと思い込んだようです。タカサゴユリの名誉を傷つけてしまいました。確かめないで書いてはいけないと自戒。

シコンノボタン
e0181373_20215139.jpg
今日、紫紺の色もあざやかに最初の花が咲きました。これから秋の間、くっきりと大きな花をつけてくれます。









e0181373_20233511.jpg

サルスベリ
e0181373_20251941.jpg

雄しべだか雌しべだか分かりませんが、カーブの形が似ていると思って並べてみました。

e0181373_20484662.jpg
ありふれたサルスベリの花ですが、細かいところまでよく見ると、面白い形をしています
by kochira703 | 2009-08-25 20:58 | Comments(0)

名も知らぬ・・・・


8月24日(月)

季節になるとひっそりと咲きだしてくれる花があります。
e0181373_15163278.jpg
今年もハナズオウの木の下から、すっくと茎を伸ばして、ピンクがかった薄紫の小さな花を咲かせてくれました。





















e0181373_1517731.jpg

名前を知りません。いつ誰からもらったのか、どのように植えたのかも忘れてしまいました。そんなひっそりとした存在に、申し訳ない気持ちを駆り立てられます。どなたかご存じありませんか?
下の写真は、別の木陰に咲き始めた同じ花です。この方が実際の色に近く発色しています。夕陽の中での撮影は、色が青く出るように思います。
e0181373_15343730.jpg


今日の感動のもう一つは、ワタの花を初めて見たこと。
e0181373_1526263.jpg

最初の花に気づいた時は夕方で、既にしぼんでいました。2番目は気づかないまま実になっていました。今日3番目の花の一番きれいな時に出合いました。花びらの色が単一でないのが、表情があっていいですね。

柚子坊がいなくなりました。
先週の木曜日にNさんと一緒に見たのを最後に、見つかりません。どこかに隠れているのかもしれないと、毎日覗き込んで見るのですが、すでに4日目。どうなったのか・・・・。

代わりにこんなのを見つけました。いったいこれは何?
e0181373_15542738.jpg
サクランボの木の葉にぶら下がっていました。格別注意して見ている訳でもないのですが、いろいろ出くわします。これは一昨日の写真ですが、今日も同じ様子です。
by kochira703 | 2009-08-24 15:59 | Comments(2)

レッドデータブック

8月23日(日)

1996年発行の「ひょうごの野生植物ー絶滅が心配されている植物たちー」を読みました。
レッドデータのAランクに、ハマボウ(7月20日)・シマサルナシ(7月22日・8月2日)・キキョウラン(7月22日)が出ていました。今は、それぞれ由良・灘・沼島にしか自生地がない貴重植物でした。
クサボケ(8月20日)・ノシラン(8月20日)もBランクにありました。

8月のシマサルナシ

e0181373_21302775.jpg
ジャングルの様子を見てください。
幸いと虫はつきません。
スモモの木に巻きついて、押しつぶさんばかりです。








e0181373_2132437.jpg

e0181373_21325212.jpg


ランタナ
e0181373_21363659.jpg
花はかわいいのですが・・・・













e0181373_2137681.jpg

by kochira703 | 2009-08-23 21:44 | シマサルナシ | Comments(0)

今日も虫

8月22日(土)

以前の職場の同僚ASさん一家が、ブルーベリー摘みに来ました。
今年は子供のお客が3組ありましたが、みんな喜んでくれます。目の高さに適度な大きさの実がなっているのがいいのでしょうか?

さて又しても、若い目は虫を見つけてくれました。ぎょっとするほどの赤い毛虫の塊でした。
e0181373_20194040.jpg
ゆうに100匹はいたでしょう。スモモの枝ごと切り取って、思いっきり踏みつぶしました。

しかし、これが序の口であったと知るのは、まもなくのこと。

















伸び放題のキーウイ。通路を渡って反対側の梨の木に這い上っています。
そのキーウイの枝を切ろうと見上げた時、青空をバックに、葉っぱを食べつくして毛虫だけが、塊になってぶら下がっているではありませんか!
e0181373_20292065.jpg
気をつけて見ると、こんなのがあちこちに。

おまけにイラガの集団発生の第2弾まで、アンズやナシの葉に見つけてしまったショックの大きさを、お察しください。

全部、火あぶりの刑に処しましたが、何千匹殺したことでしょうか。今夜は夢に出てきそうです。









e0181373_20321171.jpg
何種類もの毛虫の発生です。

毛虫の毒素をまき散らしましたが、みなさんが悪夢にうなされたりしませんように!?










きれいな花もいくつか。
紫御殿(ムラサキゴテン)
e0181373_2056487.jpg

色が合うだろうと、ピンクのアジサイの木の下に、今年植えました。
「御殿」とは、名前がいささか「ごっつい」気がします。
「パープルハート」の方がしっくりきます。


紫露草(ムラサキツユクサ)
e0181373_213259.jpg

今頃一枝咲きました。
以前、何の花の前でだったか、「狂い咲きしている」と私が言ったとき、「戻り花」ということばを教えてくれたのはNAさんでした。
年に一度、山や池に、ササユリやコウホネに「会いに行く」と表現するNAさんは、本当に花を愛していると、言葉の端々から感じます。姿勢を見習いたいと思っています。

タカサゴフヨウ
e0181373_21162474.jpg

e0181373_21165596.jpg

by kochira703 | 2009-08-22 21:18 | Comments(4)