<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

花盛りの庭

3月31日(水)

  昨夜、月を眺めながらブログを綴っていると書いてから、パソコンを閉じ、新聞を開きました。「天声人語」に、「きょうは陰暦の2月15日にあたる。」とありました。
 そうか、今夜の月は、西行が「願わくは花の下にて春死なむそのきさらぎのもちづきのころ」と歌った、正にその「月」だったのかと、感慨にふけりながら、またお月さんを見上げたことでした。
 桜を愛する西行は、「桜の木の下で、春に死にたいものだ、2月の満月のころに」と歌い、その願いの通りに、820年前の2月16日、72歳の生涯を閉じたのです。 
 
 学生時代に、吉野の山奥にある西行庵を、見に行ったことがあります。小さな庵で、芭蕉も訪問したと言われていますが、伝説やろと冷めた眼で眺めたのを覚えています。
 4回生になると「万葉旅行」に行くのがならいの国文科。入学時は18人、他科を卒業した2人が加わり20人が在籍していたかと思いますが、ほぼみんなに、教授が同行して、山野辺の道を歩いたり、吉野山を登って国栖に下ったりの、楽しい旅でした。
 明日香の民宿に泊まった夜、高松塚古墳の発掘調査の地元報告会が開かれるというので、連れて行ってもらったのも、いい思い出です。
 若い時を思い出させてくれた、如月の望月でした。

 花冷えが続いています。花が長持ちしてくれるのは嬉しいことです。
e0181373_21214292.jpg

e0181373_21221036.jpg
e0181373_21222435.jpg

by kochira703 | 2010-03-31 22:50 | Comments(2)

月桂樹の花

3月30日(火)

 午後2時過ぎにNクンからメール。「突然だが、近くに来ているので、行ってもいいか」と。もちろん「歓迎」と返信。
 ブログに、今が一番いい時季と書いているので、庭を見に来てくれたのかと思いきや、 I 校放送部員3人も一緒。お客が多いのは花も喜ぶと、近づくのを見ていたら、何とマイクを持っています。放送コンテストに向けてのインタビューだったのです。
 言ってくれれば、きれいな服でも着るのにと抗議(?!)しながら、ゴムのサンダルは映さないという条件で、麦わら帽子を手に、インタビューを受けました。
 22年度末で閉校になる I 校の生徒の思いが、見る人々の記憶に刻まれるような映像に結晶し、 I 校の教育の記録となることを期待しています。

e0181373_205473.jpg
月桂樹 

 冬の長い間、固いつぼみだった月桂樹の花が咲きました。
 シチューなど炊き込む時には、枝を折って、お鍋に放り込みます。


 


e0181373_20153682.jpg
 Nさんが「匂いがない」と文句。
 「そんなことないよ、ほのかにいい匂い」と言うと、「金木犀みたいなのに・・・・」と、期待外れを嘆いていたのです。
 葉や花の咲き具合が木犀に似ているかな。

e0181373_2022851.jpg
子供の頃、隣のおじさんが育てていました。
 ピンクの鯛釣り草でした。
 その可愛い花が記憶に残っていて、以前にも苗を購入して植えたのですが、春に一度咲いたまま消えてしまいました。
 再トライです。
e0181373_20222994.jpg

 純白なのが心配なほどです。ここで無事育ってくれるのだろうかと。日当たりが悪すぎるのが気がかりなのです。 
 ピンクの株も小さな蕾の形を見せています。 

 今夜は満月でしょうか?月を眺めながらブログを綴っています。
by kochira703 | 2010-03-30 20:41 | Comments(7)

桜が見頃

3月29日(月)

 当地の桜も、満開の直前です。山にも淡いピンクが目立ってきました。
 もう30年も前になりますが、結婚当初は山に松茸を採りに行っていました。昔は蜜柑籠にいっぱい採って、干し松茸をこしらえたものだと、よく聞かされましたが、私が知っているのは、年に数個でした。
 でも既にその頃から、山の松が枯れていました。松くい虫の被害でしたが、雨の降らない夏は、特に赤茶色の松の残骸が目立ちました。10数年かけて松が無くなったあとに、桜が枝を広げていったように思います。
 淡路島の山は桜が多く、春も秋も華やかに色づいて、目を楽しませてくれます。山桜がダム湖に映った風景は最高です。

e0181373_20365369.jpg
これが姫リュウキンカともらったものです。
 5号鉢いっぱいに咲いていますが、かわいい八重咲きの花のサイズは、1㎝もありません。



 
 
 
e0181373_20384869.jpg
 ライスフラワー

 Kさんが、押し花に使うからと持ってきたのが順調に育っています。
 言われれば、赤いお米が集まったよう。
 白もあるそうですが、正しく米の花でしょう。


e0181373_20412175.jpg
クロッカス
 
 先日、一つ、大きく咲いたのに感動しましたが、同じようなのが群れて咲いています。
 年始に数個で150円の見切り品を買いましたが、芽を出してくれました。



e0181373_217930.jpg
ツルニチニチソウ
 四方にツルを伸ばして広がるし、根をびっしり張り巡らして他の花の邪魔をするしで、抜いてしまおうかと思ったりもするのですが、青紫の花が好きで、大抵はそのままになっています。
 
 
by kochira703 | 2010-03-29 21:39 | Comments(4)

小花模様

3月28日(日)

 今日は宝塚のKさんが、押し花作品を運んできました。オープンガーデンの時の、押し花展の準備です。
 4月24、25日の開催日まで1カ月を切って、いよいよ近づいてきた感じがします。桜草やストック、パンジーがそれまで持つのか、悩ましい限りです。

e0181373_2038789.jpg
 こぼれ種で勝手にできた花畑です。
 棒だったシマサルナシの新緑が柔らかい色合いです。
 改めて葉色をよく見たら、黄緑の枝と茶色の枝がありました。
 個性?!



e0181373_2040150.jpg
バコパ

 奇跡の星の植物園でもらって、気にいったのでピンク、薄紫、白を購入。
 ステラという名前がついていました。






e0181373_20434251.jpg
イオノプシジューム
 
 冬から春にかけて咲きます。
 ポルトガル原産だそうです。
 淡いラベンダー色が優しい、とても小さな花です。




e0181373_20494055.jpg

by kochira703 | 2010-03-28 22:07 | Comments(2)

あふれる色と光の中で

3月27日(土)

 「光の春」を実感する、きらきらした朝でした。
 気持ちのいい一日を、葉牡丹とリュウキンカを片付けたり、植木鉢を置く場所をし直したりなど、庭仕事をして過ごしました。
西洋スイセン・タヒチ
e0181373_2103955.jpg

リビングストンデイジー
e0181373_20345511.jpg

e0181373_20352120.jpg

マーガレット
e0181373_20361819.jpg

花ニラとムスカリ
e0181373_20374590.jpg

アリウムとローズマリー
e0181373_20384720.jpg

by kochira703 | 2010-03-27 21:02 | Comments(3)

植物いきいき

3月26日(金)
 
 たっぷりと潤った植物たちが、時折のぞくお日さんに輝いていました。
 シマサルナシの新しい葉が生き生きとしています。枝によって、葉の色が違っています。緑がかったのと茶が強いのとがあって、同じ種類なのになぜだろうと不思議です。茶色の新芽が黄緑の葉に変わるのでしょうか?またじっくり眺めてみます。
 配色に魅かれて撮影しました。
e0181373_2059507.jpg

e0181373_20503395.jpg

e0181373_20505687.jpg

e0181373_205324.jpg

e0181373_20545081.jpg

 うつむいて咲くのかと思っていた日本翁草が、上を向いていました。えんじ色と言うのか、渋い赤です。
by kochira703 | 2010-03-26 21:22 | シマサルナシ | Comments(2)

実のなる木 2

3月25日(木)

 今日も一日中、雨。菜の花の咲く頃に長雨が続けば、菜種梅雨かとも思いますが、それにしては寒い。三寒四温のうちに春になるにしても、寒暖の差が激しい今年の早春です。

e0181373_20233731.jpg
アケビ
 
 違う種類を植えないと結実しないそうです。










e0181373_2024567.jpg

 上の写真は、ただのアケビ。
 これは五葉アケビ
 他に三葉アケビがあるようです。






 
e0181373_2026142.jpg
ビックリグミ
 
 グミの実の皮のざらざら感が、花のうちから用意されている感じです。








e0181373_21292489.jpg
ブルーベリー

 6月に食べられる木は、もう蕾をふくらませています。
by kochira703 | 2010-03-25 21:31 | ブルーベリー | Comments(2)

葉牡丹の最後

3月24日(水)

 葉牡丹の最後の写真を載せようと思って、ネットで調べていたら、意外な記事。それを見て、ちょっとした感動を覚えました。花が咲けば終わりと思いこんでいた葉牡丹が、実は多年草だったのです。
 花茎の先を切ったら芽が出てくるとありますが、キャベツの仲間なので、虫が付きやすく、夏越しも難しそうです。多年草でも、実際には管理が困難で、1年草扱いされるのでしょう。
 でも、ものは試し。鉢植えのを丁寧に移植してみようか、このまま置いておこうか等と、興味をかきたてられています。
e0181373_20304337.jpg

e0181373_2031961.jpg
年末に「京の華」という種類だとアップした、この花の最初の色を覚えてはおられないでしょうか?
 クリーム色がかった白の葉の中央に、柔らかいピンク。
 上品な色合いの、牡丹の花のような。
 

e0181373_20313215.jpg
 それが今、こうなりました。
 今の色合いもすばらしいと、横を通るたびに思います。
 これはNさんが、確か奈良の方で買ってきたものです。




 
 葉牡丹は、江戸時代にオランダから、野菜として入ってきたそうです。日本で品種改良が進み、近年、多様な葉牡丹が出回っています。
 花壇の葉牡丹は、クジャクハボタンという品種でした。黄色い花が咲き始めました。
e0181373_20454760.jpg

 今日は兵庫県立美術館の小倉遊亀展、香雪美術館の堀文子展に行ってきました。今91歳の堀さん、10年前に105歳で亡くなった小倉さん。長寿の、2人の女性が、生涯かけて描いた画業の迫力に圧倒されました。
 
 淡路島を南から北へ縦断しました。山桜が、既に満開の木もあちこちに。花がまだなのも、枝が赤く染まって、咲くのを待ちかねています。山が桜色に染まるのは、すぐです。
 
 
by kochira703 | 2010-03-24 21:35 | Comments(4)

和の菫

3月23日(火)

 当地でも桜がちらほら咲いていますが、今日の冷たい雨に洗われて、そこだけ艶やかに華やいでいました。
 
e0181373_20334161.jpg
 寒さに見舞われた、昨日の2匹のキリギリスは、どうしているのでしょうか?


 







e0181373_20223714.jpg
 南山菫
  (ナンザンスミレ)


 Naさんから何回かもらっては枯らしていたのが、今年初めて移植に成功。
 でも小さいのです。
 何故だろう・・・・?



e0181373_2024362.jpg
 野路菫
 (ノジスミレ)


 山の畑に咲いていたのを持ってきました。
 








e0181373_20261891.jpg
 立坪菫
 (タチツボスミレ)

 これは実に強い。
 あちらこちらに種を飛ばします。
by kochira703 | 2010-03-23 21:02 | Comments(5)

昆虫も始動!

3月22日(月)

 ハクモクレンが散りつくし、ユキヤナギも散り始めたら、地面にはいろいろな花が咲き出しました。今日の新顔はチューリップ、フリージア、リビングストンデージー。
 10日ぐらい前に初めて姿を見かけたモンシロチョウ。今日は2匹がひらひらと飛んで行きました。そう言えば、一昨日収穫したキャベツには卵が産みつけられていました。
 ミツバチの姿もよく見かけます。
 更に今日は、何と、ラナンキュラスの写真に、キリギリスが写っていました!写した時には気付かず、先ほどこの画面で、2匹もいるのを見つけ驚いたのです。どこにいるか分かりますか?!
e0181373_2029512.jpg

e0181373_20334539.jpg
ハナズオウ(花蘇芳)

 昨秋、真っ赤なハートで目を楽しませてくれました。
 根元に鉄砲虫が入って、枝が半分減ってしまいました。
 レンゲに似た色だと思ったら、形も似ています。
e0181373_20424777.jpg

ムスカリと花ニラ
e0181373_20484362.jpg

ブルビネラと鈴蘭水仙
e0181373_20482058.jpg

by kochira703 | 2010-03-22 21:03 | 小動物 | Comments(5)