<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

恐ろしやナルトサワギクにテッポウムシ

11月30日(火)   曇り
 このところよく働いたので、今日は急に思いついて、三宮へ買い物に行ってきました。近頃、購買意欲が湧くのはガーデニング関係だけ。日本経済には貢献せずに帰ってきました(笑)
 何か新しい花はないかとカメラを持って歩いていたら、ナルトサワギクの黄色が!
e0181373_20473685.jpg

去年の秋、ブログネタにと1本だけ花を咲かせたツケが、まだ残っていたとは!先日、数m離れた場所でナルトサワギクの花を見つけ、まさかあの種からじゃなかろうし、この辺り一帯に種子が飛んでいるのかもしれないなと思ったことがありました。
 去年と同じ場所に花を一つ見つけて、しゃがんで周辺を見たら、あと5本小さいのも見つけました。去年以降何回か抜いて、花は咲かせていないと思うのですが・・・・? 1年経っても駆除できないとは!!
 あな恐ろしやナルトサワギクと思いながら、地面に目を這わせていたら、なんとなんと、ブルーベリーの根元に、テッポウムシの真新しいフンが落ちているではありませんか!!!急いで殺虫剤を入れて様子を見ていますが、げに恐ろしきはテッポウムシ。気づかなければ、また1本大きなのが枯れるところでした。
 ナルトサワギク様さまと、一変した私でした(笑)
e0181373_2046011.jpg

by kochira703 | 2010-11-30 21:32 | ナルトサワギク | Comments(2)

タマネギが終ったあ!

11月29日(月)   晴れ時々曇り
 今朝一番に晩生のタマネギ苗をもらいに行きました。隣家の I さんは既にトラクターで畑を鋤き直して、苗を植え付けていて、今年はイノシシのせいで、11月中にタマネギが終わると言っておられました。
 というのは、山際の畑の苗床が、イノシシに荒らされるようになり、今年から苗を育てる場所を、タマネギを植え付ける田んぼに移動したのです。今までだと山際の畑は冬の間は使わないので、急がなくてもよかったのですが、悠長にはできなくなりました。という訳で、我が家のタマネギも12月下旬に植え終わるような状況が、早くも今日片づいてしまいました。
 I さんに毎年たくさんの苗をいただくおかげで、十分に植えることができます。感謝!!昨日の忠告で、1畝に3列のところも作りました。4列で植えたのと、どれくらいの差がでるか、興味津々です。
e0181373_21303350.jpg

 25日には何もない畑の真ん中で、ボリジが大きくなっていたのですが、すっかり様変わり。耕された畑は美しいですね。
e0181373_2131548.jpg

e0181373_213374.jpg

 ボリジも夏より濃い青で、綺麗に咲いていましたが、こぼれ種であちこちに出てきているので、写真に収めて、処分。畑の周りでは小菊が満開です。
e0181373_21451034.jpg

e0181373_21452476.jpg

by kochira703 | 2010-11-29 21:47 | Comments(2)

フェイジョアの実

11月28日(日)   晴れのち曇り
 風がやや強く吹いていたので、フェイジョアの最後の収穫だろうと、木の下をのぞきました。5個落果。枝についていた最後の2個も、触れるとポロッ。 1週間前の写真ですが、実はこんな風につきます。
e0181373_20494446.jpg

e0181373_20314467.jpg

 大きなビニール袋で、リンゴとフェイジョアを入れた籠ごと包んで追熟。触って柔らかくなったら、スプーンですくって食べます。この方法をHaさんに教えてもらって、今年初めてフェイジョアが果物になりました!
 これまで皮をむいて輪切りにしていたのですが、トロピカルな香りはしても、苦味とざらつきがあって、食べられる代物じゃないと思っていました。こんな大きな実になったのも初めてですが、食べ方が分かって、他にない香りと食感を少しずつ味わっています。

 注文していたユリの球根が届いたので、いよいよ春花壇に手を付けることにしました。今年こそ全部掘り起こそうと決心して、端からとりかかって間もなく、ぎょっとするものが・・・・
e0181373_2046377.jpg

 何だと思いますか?ケヤキの根なんです。恐るべし!!!セメントの通路が持ち上がって断裂しているのも、この根のせいだと判明。とりあえずノコギリで挽きましたが、根本的な対策を考える必要がありそうです。
e0181373_20462688.jpg

 中央がケヤキ(去年切ってもらったのですよ)。右がハクモクレン。左に少し写っているのがヒマラヤ桜。大きな木が好きだと植えたものの、大変なことになるのかなあ?
 この作業をしていたら隣家の I さんが、明日には畑を鋤くから苗を取るようにと、言いに来てくれました。午後からはタマネギ。早生が植え終わりました。
 夕方 I さんが、「どれどれ上手に植えたか、見てやろう」と畑に来た途端に、「これはあかなあ!この畝幅なら2列か、せいぜい3列や。これじゃラッキョぐらいやで」「そうなん。4列植えるもんやと思うてた」
 我が家のタマネギは、ラッキョウよりは大きいのですが、ピンポン玉くらいのも多く、テニスボール大で普通。売り物になるようなのは、奇跡的?!土壌のせいだと思っていましたが、植え方にも問題があったようです。
 そう言えば、Nさんが何列植えるのか聞いていたなあ・・・・「そりゃあ、4列よ」と言ったけど、2、3列にすべきだと言いたかったのかも。
by kochira703 | 2010-11-28 21:42 | Comments(0)

ヒマラヤ桜開花

11月27日(土)   晴れ
 先週くらいからヒマラヤ桜の葉が目立ち始め、今年は花がないのかと思っていたら、今週になって花芽があるのに気づきました。
 花が咲かないのではと内心心配していたのには、訳があって、秋になってからでしたが、木の幹のあちこちから、ゼリー状のものが噴き出して、ネット検索によれば、どうやら虫が入ったみたいでした。(気持ち悪い、盛り上がったゼリー状のものを取り除いても、虫は確認できませんでしたが・・・・)そんなことがあってまもなく落葉し(これは通常のこと。葉がない期間はごくわずか)、木が弱っているのではないかと思っていたのです。
 見上げるとけっこう蕾が付いています。植えて7、8年目の去年、初めて花が咲きました。
e0181373_20185844.jpg

e0181373_20191758.jpg

e0181373_20193874.jpg

去年のブログを見ると、11月4日に、枝に葉のない状態で花が一輪咲いたのをアップしています。次が11月13日で、花がちらほら。だから今年は2週間以上遅くなっています。
 30mくらいの高木になるようです。中央の枝を切らなければ、山型のいい格好になっていたでしょうに、虫が付いたら枝ごとばっさり切っていたせいで、いささか不格好です。実を言うと、何年経っても花が咲かないので、私に冷遇されていたのです。
 ヒマラヤ桜はヒマラヤ山麓の温暖帯に自生する木で、日本には昭和43年にネパールの皇太子(後のビレンドラ国王)によってもたらされました。二酸化炭素の吸収同化能力が、ソメイヨシノの5倍くらいあって、環境浄化木として、近年注目されています。
by kochira703 | 2010-11-27 21:30 | 花木 | Comments(0)

庭の紅葉 3

11月26日(金)   曇り時々晴れ
 今日はNさんの家へと、淡路の尾根に当たる山道を走りました。少し高い所だけあって、鮮やかに紅葉した里山の景色が楽しめました。深緑の中に赤や黄の点在する、淡路の紅葉も自慢したい一つです。
 庭の紅葉 第3弾は、まずニシキギ。錦の名に恥じない紅さですが、やはり今年だからこそ。モミジ・スズランの木とともに、世界3大紅葉樹に数えられているそうです。
e0181373_20201310.jpg

 ヤマブドウはお隣との境界のフェンスに絡まっているので、伸びるのを切って切ってして、少しの紅葉を愛でています。Hさん・Naさんと一緒に泊まった、斑尾高原のペンションの、裏の斜面に生えていた小さな苗が、淡路の地に根付いています。
e0181373_20203546.jpg

 ハマボウも色づいて来ました。寒い風が吹くと、葉が丸まってしまい、裏葉の白ばかりが目立って見苦しくなります。もっと朱色に染まってほしいものです。
 1本のハマボウの木に、緑・黄緑・黄・朱と、さまざまな段階で色づいた葉があった、8、9年前の見事な紅葉が忘れられません。
e0181373_2021762.jpg

e0181373_2021286.jpg

 ヤハズススキの穂が、晩秋の色合いを深めています。
by kochira703 | 2010-11-26 20:57 | Comments(0)

カンアオイ

11月25日(木)   曇り
 今日もNさんが来てくれて、2人でタマネギ畑の準備をしました。終了後、今月初めの市の広報で見た、近くの石屋さんが黒曜石の蟻を作っているので、自由に見に来てくださいという記事を思い出して、行ってきました。
 あいにくと蟻100匹は徳島に“出張”中でしたが、自然石でフグを作っていたり、犬など動物の置物を展示していたり、石のテーブルやイスなどもあって、面白く見てきました。庭の小道具にまた何か求めてこようと思っています。犬の彫刻は、死んだ犬の思い出にと頼まれ、写真を見て制作することもあるそうです。ちょっと心が動いています。
 そこで教えてもらったのですが、阿万の海岸に、瓦や煉瓦の破片が波に洗われ丸くなっている、パズルのように組み合わせて使うと面白いというので、その足で行って、早速拾ってきました。どこにどう使うか、まだ考えていないのですが、遊び道具が増えました!
 “遊び道具”を集めるのが好きな姫路のAさんにもらったカンアオイが、落ち葉をかき分けたら、花を咲かせていました。
e0181373_2114171.jpg

e0181373_2115853.jpg

 「寒葵」と書くこの山野草は、ギフチョウの食草として有名ですが、地面に顔をすりつけて咲く、こんなに小さい花(写真中央に見えています)を、蝶はどのようにして探すのでしょうか?写真はカメラを地面に置いて写しました。(追記 keitannさんから葉を食べるのだと教えていただきました。きっとAさんからもらう時に聞いたでしょうに、忘れているのです)
 日陰のこの場所に植えて5、6年そのままです。葉もベターっと伸びていますが、これからどうしたらいいのか、まったく分かりません。
 ここには黄金羊歯(オウゴンシダ)が広がっています。今年は一部ですが、きれいに色づいています。
e0181373_21267100.jpg

 次の鉢植えは、去年の秋に淡路の山野草展で買った大文字草と今年の景観園芸学校の文化祭でのヒトツバです。一ツ葉は日本産観葉植物だという売り言葉と、動きのある線に魅かれました。
e0181373_21352860.jpg

e0181373_21345698.jpg

 
by kochira703 | 2010-11-25 21:54 | Comments(4)

庭の紅葉 2

11月24日(水)   晴れ

 隣家の方から、タマネギ苗をどうぞと言ってもらったので、花はお預けにして畑に取りかからなければなりません。まず植える場所の準備。
 先日3分の2を植え替えた後、ほったらかしていたアスパラガスを、掘り起こして植え替え、野菜畑と花畑との区切りの瓦を少し延長したのが、昨日。今日は、タマネギ畑になる所に生えてきたリナリアを植え替えたあと、畑に掘った穴で堆肥を作ろうと作業していたら、Nさんが来てくれました。夕方がけて、枯れた大きな剪定枝などを燃やしました。これでほぼ、タマネギ畑になる所を片付けることができました。

 さまざまな紅葉、それぞれの美しさです。
e0181373_20564882.jpg

 ケヤキの葉は半分以上落ちて、空が透けて見えるようになりました。手前のはシマサルナシ。どちらも黄色と黄緑なのに、枯れ葉みたいに写ってしまいましたが、青空が捨てがたくてアップしました。
 下のはヤマボウシ。紅葉がいいと聞いていたのですが、10年間で初めて色づいた葉を見ました。いつもは夏場に葉が散ってしまいます。今年は猛暑だったから、水やりに励み、水が足りたのかもしれません。ごく一部の枝で葉が残りました。模様が面白いですね。
e0181373_2057568.jpg

 下の2つはカシワバアジサイ。陽の当る場所と日陰との色の違いが顕著です。これも今までで一番赤くなりました。
e0181373_213833.jpg

e0181373_2133055.jpg

by kochira703 | 2010-11-24 22:56 | 花木 | Comments(0)

庭の紅葉 1 

11月23日(火)  晴れ時々曇り
 昨日の雨と今日の木枯らしで、6月に食べられる木はすでに葉が散り、最後に収穫する木が紅葉の盛りを迎えています。花・実・紅葉と3シーズン楽しめる、優れもののブルーベリーの木です。
このあたりのブルーベリーの木の下には、黄色のガザニアが数年かけて広がっていたのですが、夏に枯れてしまいました。蒸れてしまった感じです。あとにヒメツルソバが拡大中。ヒメツルソバも考えものの外来種です。
e0181373_201814.jpg

e0181373_20182389.jpg

e0181373_20184159.jpg

 色とりどりの紅葉、配色の妙にはっとします。レンギョウと洋種アジサイの微妙な紫色の変化が素敵です。
e0181373_2331184.jpg

e0181373_2333824.jpg

by kochira703 | 2010-11-23 20:53 | ブルーベリー | Comments(2)

ウエストリンギア

11月22日(月)   雨
 久しぶりに大きな雨になりました。植えた苗も生き生きとすることでしょう。夜半からの雨が上がっていた午前中には、広げた花壇にチューリップを植えたりして、写真を忘れていたので、一昨日の分ですが・・・・
e0181373_19531749.jpg
 
e0181373_19534132.jpg

この優しい色合いの花が、ウエストリンギア。秋から春にかけて花が咲きます。オーストラリアン・ローズマリーとも言われますが、ハーブではありません。葉や花の感じがローズマリーを華奢にしたようなので、そう命名されたのでしょう。シソ科の常緑低木です。
 実は数年前に、どこかの公園のバザーで安く買ったのを、植えっぱなしにしていたら、横に倒れたのが立ち上がり、ひょろひょろと不格好な木になりました。写真のは、それを挿し木にし、冬場ここに植えたものです。細い葉の雰囲気、シルバーがかった色あい、ほんのりピンクが差したような薄紫の花と、全体的に繊細な感じがありますが、丈夫で、気に入っています。
 耐寒性はやや弱く霜に当てないようにと、ネットには書かれていましたが、当地のように何回か霜が降りるぐらいなのは、平気です。
 
by kochira703 | 2010-11-22 20:55 | 花木 | Comments(0)

紫の実~ムラサキシキブ、ノブドウ

11月21日(日)  晴れ
 ノブドウはメダカの甕の横に、いつからか生えていて、しょっちゅう引くのですが、根が深くて切れてしまいます。この間ふと気づくと、ツルウメモドキやモミジを伝って空まで登っていました。私の手を逃れた運のいい枝です!
 こうなればと、青空をバックに写せる日を待っていました。今日ようやく、青空と色づいた実がそろいました。紫の丸い実がきれいです。青い実も1つ。色が変わるのでしょうか?
e0181373_21543656.jpg

e0181373_21553732.jpg

昨日の朝の、雨に濡れたムラサキシキブです。
e0181373_21572948.jpg

e0181373_21574438.jpg

by kochira703 | 2010-11-21 22:03 | Comments(3)