<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大晦日の庭

12月31日(金)  曇り
 西日本各地で大雪が降りましたが、当地は強風が吹きすさぶ一日でした。
e0181373_21213572.jpg

e0181373_21215666.jpg

 2010年は、還暦を迎え、新しい自分の生き方を探していた1年でした。仕事をしていた頃は、目標に向かってひた走る、そしてずい分と肩肘張った生活をしていましたが、退職してから、素の自分に戻っていく気がします。一見しっかりしているようで、天然ボケ。きっちりしているようで、いい加減。そんな自分が許せるようになり、ますます自然体になれました。さまざまなことをペースダウンし、「風の通る庭」を中心に、人や草花や小動物と交流する日々の暮らしが、すっかり身についたのです。
e0181373_21264170.jpg

 ボケの花が寒風に吹かれています。庭でもらったささやかな感動を、ブログに綴り始めて、早や1年半。読んで下さるみなさんの後押しを受けて、毎日更新を目標に、これだけは頑張っています。また新しい年も、よろしくお願いします。 

 
by kochira703 | 2010-12-31 22:10 | Comments(0)

ヤブコウジ

12月30日(木)   曇り時々晴れ時々雨
今日の誕生花がヤブコウジと分かったので、庭のヤブコウジを写してきました。
e0181373_21355820.jpg

 この写真のどこに赤い実が生っているのか、撮影者にしか分からないですよね。次の写真がヒント。
e0181373_21361429.jpg

 花言葉が「明日の幸福」だそうです。小さなふっくらとした実を見ていると、ほっこりと幸せ気分になれそうな気がします。私の「明日の幸福」は差し当たり、帰省してきた子供たちが大掃除を手伝ってくれることでしょうか(笑)
e0181373_2136372.jpg

 今日はNさん宅でお餅つき。全ての段取りをしてもらって、私は丸める役。いつもながら甘えまくっています。
 行く時は晴れ、帰りは雨。今日も不安定な天気でした。
by kochira703 | 2010-12-30 21:56 | Comments(0)

ツルウメモドキ

12月29日(水)   曇り時々晴れ
 他所に落ち葉で迷惑を掛けている場所のシマサルナシを切り、フェンスに沿った通路を掃かせてもらって、今年の作業を終了。
 今日はお正月の花に、ツルウメモドキを切りましたが、実もパラパラで貧弱です。というのも去年、過去最高の実をつけたので、長い枝をばっさり切って、ふんだんに利用したから、枝が少なくなっていたのです。
e0181373_2221870.jpg

e0181373_22213253.jpg

e0181373_22224329.jpg

 日本全国の野山に自生しているそうです。花も紅葉もなくなった今頃に、派手な実をつけて賑わせてくれるからか、「大器晩成」というのが、このツルウメモドキの花言葉です。
 「大器」でなくっても、晩年に美しく結実する生き方をしたいものです。
by kochira703 | 2010-12-29 22:50 | Comments(2)

水仙の花

12月28日(火)   曇り時々晴れのち雨
 雨は大したことありませんでしたが、天気がころころ変化する不安定な一日でした。シマサルナシの剪定をしていたら、Nさんが来て、タマネギに肥料をやってくれました。こちらに用事のついでということですが、年内に1回はやらなければと、気に掛けてくれていたのでしょう。畑はNさんの先導です。感謝!
 昨日、宝塚のKさんと庭を歩いていて気づいたのが、黄色の水仙。ここ2、3日のうちに咲いていた様子。遅い気がして調べたら、去年は11月30日に咲いています。白はまだ蕾が固い状態です。
e0181373_2047314.jpg

e0181373_2048087.jpg

e0181373_20481551.jpg

 南淡路には、日本水仙の3大群生地の一つである灘黒岩水仙郷があって、今日から開園ですが、ちらほら咲きだとか。今年は開花が遅れていて、見頃は1月中旬になるそうです。
 海になだれ落ちる急斜面に500万本の野生の水仙が咲いて、晴れた日は最高です!
 
by kochira703 | 2010-12-28 21:24 | Comments(6)

虫の冬越し

12月27日(月)   曇り時々雨
 ブルーベリーの枝を見ていたら、おかしな蓑虫がいました( 昨日の写真ですが )。まるで干からびた蛙がぶら下がっているよう。最後まで巻きつける余裕がなかったのか、余っても気にしないアバウトな性格なのか、私みたいなミノガもいるのですねえ!
e0181373_2014921.jpg

 蓑虫は外来の寄生バエで絶滅危惧種になっているとか。ぶら下がる姿は郷愁を誘うし、これからますます殺す手が止まってしまいそうです。
 ついでに、虫の冬の姿を。ネットで調べたら、これはオオカマキリの卵。
e0181373_2021086.jpg

 こちらのいかついのは、ハラビロカマキリ。これまで何となくカマキリの卵と見ていたのも、写真に撮って初めて、あれっ違うと気づき、調べて初めてカマキリの種類も分かります。勉強になります!
e0181373_2033046.jpg

 これは私の手を逃れた、幸運なイラガちゃんの繭。模様と丸みがかわいいけど、つぶします。一番こわいのは人間です!
e0181373_2034783.jpg

by kochira703 | 2010-12-27 20:32 | 小動物 | Comments(0)

年の瀬のブルーベリーの花

12月26日(日)   曇り時々晴れ
 今日も半日、隣家と接しているシマサルナシの剪定をしました。長方形の一辺の3分の2が終了。蔓性だから、絡まってはいるし、古いのを見極めて切り落とさなくてはならないし、結構ややこしい作業なのです。後半日、とりあえずの剪定をしたら、残りは来年。
 脚立に上がって、棚の上に頭を出していると、頬に、スキーをしている時の感覚がよみがえりました。寒いと思ったら、北の方では大雪のようです。年末が暖かいと大掃除が楽なのですが・・・・なんて、甘えたことを言っていては、北国の方に申し訳ないですね。
 年の瀬のブルーベリー畑の様子。
e0181373_20525550.jpg

最後に実が生ったティフブルーという品種は、とっくに落葉しているのに、それより早いウッタ―ドという品種はまだ紅葉が綺麗です。下に遅咲きの菊があって、ここだけ秋みたいでした。
e0181373_20533945.jpg

 今頃花を咲かせたのは、ウェイマウスという品種。他の木も、もう花芽がふくらんでいます。
e0181373_2054837.jpg

e0181373_20542699.jpg

by kochira703 | 2010-12-26 21:47 | ブルーベリー | Comments(2)

ビオラ

12月25日(土)   曇り時々晴れ
 しばし風花が舞う寒い一日でした。今日はクリスマス。我が家のクリスマスローズは一株だけ蕾が上がってきました。
e0181373_20135032.jpg

 クリスマスのせいか、白のビオラを見てサンタさんの眉毛を連想してしまいました!
e0181373_20145768.jpg

 前にパンジーと書いてしまいましたが、花のサイズからしてもビオラです。3、4㎝以下がビオラで、5、6㎝以上がパンジーのようです。  
 Naさんからいただいた苗に、ユリとチューリップの球根を植えこんで、春花壇ができました。寒さの中に彩りをくれるストックとビオラは、嬉しい存在です。
e0181373_20151695.jpg

e0181373_2014238.jpg

 ケヤキの太い根と格闘した名残の石が、まだ片づいていません。が、今日みたいな寒い日は、外の仕事も早々に切り上げ、野の花工房に出かけて、Sさん・Hさんとストーブ端談義をしてきました。
by kochira703 | 2010-12-25 20:47 | Comments(0)

ストック

12月24日(金)   曇り時々晴れ
 6日に植え終わった春花壇に、明るい色が見えてきました。Naさんがくれた矮性のストックです。毎年いただいてそのまま植え、いつも順調に育ってきたので、今日初めてネットで育て方を検索しました。それでこれまで不思議に思っていたことが、花の特性だと分かりました。
 植えた苗が育って花開くと、八重咲きの中に一重のが混じっています。いろいろあって、私は一重が好きなので、それはそれで嬉しいのですが、苗を育ててくれるNaさんは、とてもきっちりしている方。八重なら八重、一重なら一重と区別されるはずなのにと、実は秘かに首を傾げていたのです。
 分かったと言っても、よく考えると分からないことだらけなのですが、ストックの八重は結実しなくて、一重から種を採るのだそうです。発芽した子葉の違いで見分けるのだとか。Naさんはそれをして、八重をポットに植え替えているのでしょうか?そして時々見間違ったのが混じっているのでしょうか?でも、そもそも一重の種の中に、何故に多くの八重が混じっているのでしょう?また、八重咲きの種を売っているらしいけど、それはどうして見分けるのでしょう?
e0181373_20344068.jpg

e0181373_20345888.jpg

e0181373_20352280.jpg

 今日はNさんの庭の手伝いに行ってきました。どう植えたらいいか分からないと言って、花壇を作る楽しみを譲ってくれるので、私は助手を従えたガーデナーのようでした(笑)いいんですかねえ?!
by kochira703 | 2010-12-24 21:59 | Comments(0)

リナリア

12月23日(木)   晴れ
 お隣さんが大掃除をし始めたので、急いで隣接しているシマサルナシを切ったのが、今日の庭仕事でした。 夕方Naさん宅に伺ったら、葉牡丹が色鮮やかに、見事に咲いていました。小さいサイズのがあったので、「うちのはこれくらい。(大きいのとは)種類が違うんでしょう?」と聞いたら、Naさん「同じやで。小さいのは出来そこない」と言うではありませんか! 「ちょっと、ちょっと!」と、ショックを受けた私でした。綺麗に咲いたと喜んでいたのに、“できそこない”とはねえ(笑) 植え付けが遅かったから、まだ大きくなるかもと期待することにします。
 リナリアも生き生きしています。今年はリナリアが早い気がします。
e0181373_20285968.jpg
 
 右に見える木はイチジクです。これが何と、昨冬に埋めた1mくらいの棒が、夏前に芽を出したもの。実はNさんがイチジク農家から、挿し木用にと剪定枝をもらってきて、裾分けしてくれたのですが、挿し木したのは付かずに、余ったのを埋めて保管しそのままになっていたのが、立ちあがってきたのです。これには驚きました。
e0181373_20292813.jpg

e0181373_20322658.jpg

                                
by kochira703 | 2010-12-23 20:33 | Comments(0)

一陽来復

12月22日(水)  曇りのち晴れ
 冬至の今日は、一年中で一番昼が短く夜が長い日。ということは、太陽の力が最も弱まった、すなわち「陰」が極まった日で、これより再び太陽が力を増してくる転換点であると、昔の人たちは考えていました。それを表す言葉が「一陽来復」ですが、暗さに覆われた日本の政治や経済に、どうぞ「陽」の兆しが見えますように!
 庭で今一番生き生きとしているのが、ここ。Naさんが種まきをして育ててくれた葉牡丹です。内側から萌え出るような、勢いある色をしています。
e0181373_21471262.jpg

e0181373_21472918.jpg

by kochira703 | 2010-12-22 21:58 | Comments(0)