<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

花が増えてきました

2月28日(月)   雨時々曇り
 去年よりは2週間遅く、たくさんのつぼみを膨らませて、 ヒマラヤユキノシタが本格的に咲き始めました。去年は早くから暖かくて、異常気象気味でしたから、本来こんな時期のものかもしれません。 
e0181373_19381490.jpg

 黄花水仙は、昨冬は11月末、この冬は12月末に一番花が咲きました。ところが2月末の今になって咲き始める株もあるのです。同じ所から同じ時にもらった球根なのに・・・・条件が同じでも、早咲きがあり遅咲きがあり、生長のリズムは個性的。待っていれば花は開きます。人も同じ。
e0181373_19384641.jpg

e0181373_19383164.jpg

 今日しっかり雨が降ってくれたので、金曜日に買って来たのを、明日はしっかり植えこみます! 早咲きの桜の蕾が一気に膨らみ、雪柳の枝にも緑が膨らみ、咲く花々も伸び伸びと見えてきました。早や明日は3月。いよいよ園芸シーズン到来です。
by kochira703 | 2011-02-28 20:58 | Comments(0)

I 校の閉校式

2月27日(日)  晴れ
  I 校最後の卒業式。卒業生の言葉を聞きながら、こんなに素直で健気な生徒を育てたことこそが、 I 校の誇りだと感動していました。その言葉のあと生徒たちは、自分たちで作詞した「KIZUNA(絆)」という歌を歌いましたが、その中の一節・・・・「理不尽に打ちのめされ でも私たちはそこから立ち上がる だからこそ強くなれる だからこそ優しくなれる」という詩に、彼らの2年間が凝縮していました。
 突然に募集停止が発表されてから、彼らが不安や苦悩を乗り越え、前向きに歩きだす様子を、NHKがこの1年間密着取材していました。3月21日(月・祝)総合午前11時20分~54分 3月27日(日)教育午後6時~50分・・・・2つの番組になって放送される予定だとか。どんな映像になっているのか楽しみです。みなさんも都合が合えば、見てあげてください。
 卒業式・閉校記念式典・記念パーティと続いた行事の後、かつて共に働いた先生方とコーヒーを飲んで、余韻に浸りました。朝7時50分に家を出て、帰宅は7時だったので、昨日の椿の写真です。
e0181373_21104956.jpg

e0181373_21103126.jpg

 以前にヒヨドリが、梅の花をくわえて飛ぶのを目撃しましたが、餌に食べている訳ではなさそうで、さほど花は落ちずに咲いています。ところがこんどはヤブツバキ。かなりの数が食べられています。実から油が採れるということは、花もおいしいのでしょうか?
e0181373_21111247.jpg

  I 校勤務時の上司だったAさんからいただいた寒アヤメが、環境が悪いこの場所で9本も咲いています。寒アヤメも健気です。
e0181373_21114154.jpg

by kochira703 | 2011-02-27 21:30 | Comments(0)

買い出しツアー?!

2月26日(土)   晴れ
 今日は神戸演劇鑑賞会の例会日。Nさんとは、30年近く前に同じ職場に赴任して、観劇に誘って以来の仲です。今回は井上ひさし作「化粧」。渡辺美佐子さんが28年間演じ続けてきた一人芝居を、今年1月から平淑恵さんが引き継いでの公演。1時間20分を演じきる体力、名優の十八番を引き継ぐ気力に圧倒されてきました。
 劇は午後からだったので、午前中は宝塚へ。以前から友人に話を聞いていた園芸店に行きました。今まで雑誌でしか見たことのなかったような植物がいっぱい並んでいて、こころ踊りました。3店を梯子して、たくさん買い込んで、さあ植えこむのが楽しみ!! 目標のオープンガーデンは、4月23、24日だとか。
 Naさんから苗をもらって、1本だけ別の場所に植えていたラケナリアの方が、先に咲きました。ユニークな形の花です。
e0181373_2213572.jpg

 雲南桜草は、日ごとに大きくなっていて、ジャノメエリカとのツーショットがいい色合いです。
e0181373_22141385.jpg

by kochira703 | 2011-02-26 22:46 | Comments(0)

紅梅と白梅と

2月25日(金)   晴れ
 2月7日に池田に行ったとき、徳島自動車道を西に進むにつれて、風景が白く濁っていきます。三方を高い山に囲まれた池田の町なんか、おおげさに言えば霧の底のようでした。何日も前からこんな状態だと言います。春霞には早いし、黄砂よりは白いし、母の言う「新燃岳の噴煙」説に、一瞬傾きかけましたが、前日くらいに衛星からの写真が発表されていて、それはあり得ない。不思議に思いながら帰ると、淡路の方もけっこう白く、気づいていなかっただけでした。その正体が分かったのは先週。中国からの大気汚染物質だとネットで見ました。
 今日はタイヤを新しく替えてもらいに、洲本へ。(池田からの帰りにパンクして替えてもらった時、そろそろ替え時と言われていたのです) 車を走らせていると、遠くの山並みが白く見えます。空気のきれいなはずの田舎でも、大気汚染とは! 目がチカチカしてのども痛いのは、花粉症かと思っていたけど、大気汚染のせいなのだろうか、なんて思ってしまいます。
 この問題、あまりニュースで大きく取り上げられないけど、大変なことですね。

 この頃の朝の楽しみは、隣家のしだれ梅。玄関を開けると目に飛び込んできます。日ごとに華やかさを増しています。 I さんが今年は新しい枝に花が少ないと言っていました。
e0181373_223837100.jpg

e0181373_22385561.jpg

 淡路にはしだれ梅の名所があって、個人の庭ですが、2万人もの人が見に来るそうです。植えて60年ほどの紅梅が、3段か4段に枝垂れていて、実に見事です。そこは山裾の日陰なので、南向きの I さんの花が終わってからが、見頃になります。
 我が庭の紅梅も、満開です。白梅も遅れて咲き出しました。まだ小さな木です。
e0181373_22391456.jpg

e0181373_22392981.jpg


 
by kochira703 | 2011-02-25 23:00 | 花木 | Comments(0)

またまたクリスマスローズ

2月24日(木)   曇り時々雨
 今、満開の花と言えば、クリスマスローズもそう。先日アップしたばかりですが、別の場所のを・・・・(初めはどこが適地かと、夏の日陰を探してあちこちに植えていましたが、この頃はイブキの木の下に集めています)
e0181373_2210164.jpg

 これはミヨシのサクラピンクという品種。一昨年植えて、初めて花を見ました。咲き始めはもっと淡いピンク、桜色でした。
 下の写真の花たちは鳴門から嫁入りしてきました。
e0181373_22102056.jpg

e0181373_22103565.jpg

e0181373_2211055.jpg

 ここはケヤキの下。写真の右に小さなクリスマスローズの葉が写っていますが、去年はいい株で、いい花を咲かせました。ところが今年はこんな状態。夏か秋に、土が流れて根が見えている気がして、園芸用の土をかぶせたのが間違いだったかと悔やんでいるところです。
e0181373_2211152.jpg

 今日は瓦敷きとブルーベリーの手入れと。暖かくなって、せかされる気持ちで庭仕事に精出しています。
 
by kochira703 | 2011-02-24 22:48 | Comments(0)

今、満開の花は 

2月23日(水)   晴れのち曇り時々雨
 同じことを続けるのが苦手で、ブルーベリーは棚上げし、今日は植木鉢の植え替えやら瓦仕事やら。
 日の照っている午前中に庭を回っていて、目が止まったのが、一斉にこちらを向いてキラキラと花開いているリュウキンカ(セランダイン)。
 押し花のKさんが、裏の黄緑が素敵だと言うので、後姿を写してみました。
e0181373_2062457.jpg

 リュウキンカもフユシラズも太陽が好き。かげると花を閉じてしまいます。
e0181373_206506.jpg

e0181373_20802.jpg

 この黄色の水仙は、グランドソレドールという名前。日本水仙と色違いなだけなので、去年までは日本水仙の変種かと思っていましたが、調べたられっきとした西洋水仙でした。
 もっとも西洋とか日本とか言っても、元は同じ。原産地の地中海から、シルクロードを通って中国に来た水仙が、室町以前に日本に渡って自生したのが、日本水仙なのだそうです。
 今はセイタカアワダチソウ畑になっている所が、本当の畑だった頃、隅に植えられていたのをもらったのでした。福良の海の方に住まいしていると言っていたおばあさんは、いつからか畑に来なくなりました。
e0181373_2081775.jpg

 今年の水仙は場所によって、花の終わったのから、蕾があがってきたばかりのから、不思議なほど様々です。同じ場所でも、右のは花盛りなのに、左は既に咲き終わりました。
by kochira703 | 2011-02-23 21:08 | Comments(0)

雲南桜草

2月22日(火)   晴れ
 お隣さんが「日向ぼっこみたいやね」と声を掛けてくれるほど暖かな一日を、ブルーベリー畑の手入れをして過ごしました。雑草やヒメツルソバを引いたり、こぼれ種のチドリソウやノースポールを植え替えたりしていると、根元の片付けも手間が掛かります。今日は2列分できあがり。(1列に5、6本植わっています) 後6列分あるので、これで3分の1が終了です。
 ブルーベリーの根は非常に浅く、ピートモスを撒くと、それに細い根が絡まって、辛うじて地面にへばり付いている感じです。だから草花を引き抜くと同時にブルーベリーの根も抜けてしまうので、花を植えるのは根を傷めて、よくありません。特にヒメツルソバやガザニアやイブキジャコウソウなど、匍匐して広がるものは避けるべきなのですが・・・・隣接のセイタカアワダチソウ畑(?!)から飛来する種を防ぐためにと、初めは地面を覆うようなものを選んで植えたのでした。
 今日の暖かさで、雲南桜草が2輪開花。ほんのり優しい桜色です。丸亀のHさんにいただいたものです。
e0181373_2214253.jpg

e0181373_22141939.jpg

株が貧弱なのが、申し訳ない気分。液肥をやらなくては!同じ時にいただいたバージニアストックにも蕾がいっぱい見えてきました。
e0181373_2217020.jpg

by kochira703 | 2011-02-22 22:30 | ブルーベリー | Comments(2)

ブルーベリーの手入れ

2月21日(月)  晴れ
 ブルーベリーの花芽が膨らんできました。昨夏テッポウムシが入った木は、勢い悪く、花芽もまばらです。1年前にも同様の木があって、それは今年はまるで新芽がなく、いよいよ枯れそうです。テッポウムシが入って2、3年後に完全に枯れるというパターンが見えてきました。昨年は数本に被害があったので、今年、来年と樹勢が衰えていくのかもしれません。何とかくい止めたいのですが・・・・遅くなりましたが、これから冬場の手入れにかかります。
e0181373_2213085.jpg

 今日はとりあえず1列だけ、根元を片付け、肥料を少しやって、ピートモスを撒きました。これでテッポウムシのフンが見やすくなったので、春から巡回をこまめにして、気をつけます。
 これまで肥料はほとんどやらなかったのですが、弱っている木が多そうなので、専用肥料を購入しました。剪定もしてこなかったために、枝が錯綜しています。枝を少なくして、肥料をやって、木を元気にしたいと、今年は少し切りましたが、花芽を見るともったいないと思って、知識と欲とが葛藤してます(笑) 
 窯変瓦も埋めてしまってはもったいないと、こんな風に置いてみました。
e0181373_2214534.jpg

  先日のとは別の場所で2本目の寒アヤメが咲きました。
e0181373_22104626.jpg

by kochira703 | 2011-02-21 22:43 | ブルーベリー | Comments(0)

クリスマスローズ次々と!

2月20日(日)   晴れ時々曇り
 クリスマスローズが次々と咲いています。1月半ばに最初に咲いた白のクリスマスローズは花盛り。去年寄せ植え用に買ったのを、春に地植えにしました。
e0181373_19392098.jpg

 臙脂色系統のは鳴門でもらったもの。今年初めて咲くのもあり、一見同じでも色の出具合や形が少しずつ違っていて、見るのが楽しみです。
 クリスマスローズは思いのほかに丈夫なので、いろいろ植えてみようかと、八重咲きや綺麗な色の品種がたくさん並んだ店で吟味もしたのですが、結局購入しませんでした。値段の高さにひるんだせいもありますが、素朴なのが自然な感じで好きです。
e0181373_19394232.jpg

e0181373_19401199.jpg

e0181373_1940333.jpg

e0181373_19404959.jpg

by kochira703 | 2011-02-20 20:30 | Comments(2)

ネコヤナギ

2月19日(土)   晴れ
 昨日の瓦、まず考えていたのが、こんな活用法です。
e0181373_2056247.jpg

 ブルーベリー畑に水やりをする時、ホースを引っ張って畑の中に入るので、しばしば植物を傷めていました。畑の通路のコーナーに瓦を埋めたら、植物もなぎ倒さず、スムーズにホースが流れると思うのですが・・・・目論見はうまくいくでしょうか?
 今日は、土が柔らかいので、あちこち掘りました。植え替えをしたり、瓦を埋めたり敷いたり、力仕事で腕と肩が痛くなっています。
 青空に向かって、ネコヤナギのまっすぐな枝が気持ちよく伸び、銀色の毛が春の光を浴びてきらめいています。
e0181373_2125931.jpg

e0181373_2131769.jpg

e0181373_2133847.jpg

  生け花の花材だったのを花瓶にさしていたら、出根。約10年、大きな木に育ちました。ところが昨夏、直径10㎝ほどの幹に、テッポウムシが入っていました。
 部屋から風に揺れるのを見るのが好きで、これが枯れるのは痛手。例年は花後に50㎝くらいの高さで切っているのですが、今年は念のためにもっと低く切って、殺虫剤を再度入れておこうかと思っています。
by kochira703 | 2011-02-19 21:26 | Comments(0)