<   2012年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

台風17号通過

2012.9.30(日)   雨
 雨戸を閉めて家にいると、台風も大したことなく過ぎましたが、各地に被害が出ているようですね。当地では虫の声が聞こえ、中秋の名月が雲間から見え隠れしています。パソコンデスクに向かっていると、窓越しに月見が出来るのですよ。でもだんだんと首を傾げないといけなくなってます。ちょっと苦しい月見(笑) 写真は午後8時前に。
e0181373_201377.jpg

 今日は閉じこもって、 I ちゃんと遊んだり、ゴマの整理をしたり。昨日ふるってゴミを取り除いたのを、今日は白い紙の上でさらに選りわけました。右側にゴミと極小の中身もなさそうなゴマ、左にいいのを。
e0181373_2019762.jpg

 こんな気の遠くなるようなこと、誰もしていないだろうなあと思いつつ、小さなゴミを取ってから洗おうと思うのです。 I ちゃんに食べさせようと、エーンヤコラです(笑) 今の量は約6合。水洗いして底に沈むのを乾かすと、収穫量は大幅に減ります。こんな作業が終わるのはいつになることやら?!
 台風が室戸岬の沖を進んでいる頃、2階から庭を写しました。これが悩みの種だったケヤキです。いよいよ明日は造園業の方に来てもらうことになっています。プロのアドバイスを聞こうと思います。
e0181373_20191299.jpg

by kochira703 | 2012-09-30 20:53 | Comments(2)

ガウラとコスモス繁茂中

2012.9.29(土)  曇りのち雨
 当地は正午頃から雨。街中で大型トラックが横転したり、乗用車が風で押し戻されたりする映像に驚きます。被害が少なくてすみますように!
 明日は倒れるだろうコスモスを写してきました。
e0181373_215718.jpg

 ガウラは3色あります。順に濃いピンク・薄いピンク・白。
e0181373_21572750.jpg
e0181373_21573388.jpg
e0181373_21574289.jpg

 雨が降る午後はゴマの整理。ゴマを扱っているとスローライフという言葉が出てきます。
by kochira703 | 2012-09-29 22:10 | Comments(0)

プレランサ

2012.9.28(金)   晴れ
 風があって気持ちのいい秋晴れの一日、Hoさんに手伝ってもらって庭の手入れ。手入れとはよく言ったもので、手を入れるとその分綺麗になります。通路の掃き掃除もしてくれたので、荒れ果てた庭だったのが幾分マシになりました。
 Hoさんが目を止めたプレランサ。西宮市がプレクトランサスから開発した、河川敷や公園などで咲く、丈夫なシソ科植物。寒さには弱いとありますが、当地では霜除けすれば地植えでも大丈夫です。
e0181373_21443930.jpg
e0181373_21444841.jpg

 プレクトランサスも地植えしていました。初めは霜除けにワラで囲った上にナイロン袋を被せ、大事にしていたのが、去年の冬に横着したら枯れてしまいました。オシャレな感じが好きだったのに、残念!と嘆いたら、Nさんがプレクトランサスの鉢植えをくれました。また懲りずに地植えしようか、無茶はすまいかと迷っているところ。
 Nさんに呆れられても「花の写真を撮る!」と、畑で温存してきた赤紫蘇。ブログにもアップしたし、種も落ちたし、そろそろ抜くとしましょう(笑)
e0181373_2145172.jpg
e0181373_214597.jpg

 
by kochira703 | 2012-09-28 21:57 | Comments(0)

今年初のモンクロ君

2012.9.27(木)   晴れ
 午前中は義母の通院に付き添い、午後から真剣に庭仕事。まずは昨夕見つけたモンクロシャチホコの駆除。黒々と、いかつく反り返っていました。今年はモンクロ君に出合わないと喜んでいたのですが、そう甘くはありません。一つ一つギロチンの刑。(ようやる!笑)そのあと他所様にまで伸びた、シマサルナシのツルの剪定。久しぶりの荒っぽい仕事でした。しばらくさぼっていたツケを払ったのですね。
 嬉しかったのは、思わぬ場所でシュウメイギクの花を見つけたこと。忘れていたけど、移植していたようです。白絹病で枯れ死と嘆く前に分散すべし!
e0181373_20513031.jpg

 実家から来たユウゼンギクが、本当にほそぼそと生き延びています。
e0181373_20514936.jpg

 こちらも白絹病の魔の手を逃れた(かな?)、矮性のダリア。まだ日中が暑いので、次々にダウンしています。この夏花壇もスケスケ。オリヅルランまで枯れて、残るは少々。
e0181373_2052231.jpg
e0181373_20521152.jpg

by kochira703 | 2012-09-27 21:31 | 小動物 | Comments(0)

カリガネソウ初開花

2012.9.26(水)   晴れ
 何年か前に新聞に、諭鶴羽(ゆずるは)でカリガネソウが咲いていると、写真が掲載されていました。ユニーク形の花と雅な名前が記憶に残りました。
 その珍しい花が、我が庭で咲いてくれました。この間Naさんにもらったばかりですが、たくさんあったのであちこちに植えていたのです。日当たりがよくて湿った所が適地だそうで、ブルーベリーの木の横のが初開花。
e0181373_21114466.jpg
e0181373_21122011.jpg
e0181373_21122723.jpg
e0181373_21123739.jpg

 日本の山野に自生しているので、丈夫。Naさんは高知のお寺で木のように生長したのを見たそうです。花はクレロデンドルム(ブルーウィングを覚えていますか?)に似て、いい姿ですが、匂いに難があるのが、カリガネソウの強み?! 
 
by kochira703 | 2012-09-26 21:56 | Comments(4)

お遍路のお供

2012.9.25(火)   晴れ
 昨日から1泊2日で、高知市から徳島県の海岸線を走る小旅行。実はちょっと訳あって、バスツアーで88ヵ所巡りをしているNaさんに、10月分の行程(35番札所から23番札所まで13カ寺)を休んでもらわなければならなくなったので、その代わりのお遍路をして来たのです。(Naさんのお遍路は2回目で、逆に回っています。“逆打ち”と言うのだそうです)
 お遍路さんのサポートだけではつまらないので(笑)、昨日は牧野植物園、今日はモネの庭と、6月に行った所を再訪してきました。もちろん前回の3人組で! 
 夏の庭はやはりどこも苦しげで、シオンは倒れて当たり前、ホトトギスの葉は枯れて当たり前、ホスタは虫に喰われて当たり前・・・・と思うと、何だかほっとするものがありました。
 牧野植物園のユリの豪華な皿鉢は、睡蓮に変わっていました。
e0181373_22442858.jpg

 オミナエシが各所で鮮やかでした。うちのはまるでダメなのは何故?
e0181373_224438100.jpg

 赤い花が目を引きました。初めて見ました。ヒギリと名札。漢字だと緋桐?
e0181373_22444711.jpg

 モネの庭は睡蓮の池は相変わらず絵のようです。
e0181373_22445834.jpg
e0181373_22456100.jpg
e0181373_22451672.jpg

 高知県では白いヒガンバナがよく咲いていました。植えたりしないだろうと思うような所にも咲いていたのですが、白も自生種なんでしょうか?
e0181373_22452998.jpg

 24番の最御崎寺(ほつみさきじ)は、高知県最初の札所。その奥に室戸岬の灯台。
e0181373_22454238.jpg

 昨日行ったのは土佐市から高知市、南国市と市街地周辺でしたが、今日はだんだん田舎に。「淡路の海岸線を走っている感じ」「水平線とか山の稜線とか、ラインの長さが違うけどね」と言いながら、ドライブ。そして室津とか尾崎とか淡路島にもある地名を見て、「今度は灘だったりして」と言ったら、県境で福良という看板が出てきたのにはびっくり! ともに天然の良港なんでしょうね。
 23番札所薬王寺の参詣が5時過ぎに終わってから、近くの民宿で夕食。40年近く前にヒマラヤトレッキングに一緒に行った友人が、4年前から“あるがままん”という民宿を、縁もゆかりもない土地で、突然に始めたのでした。めったに行くことのない方角なので、これ幸いと会いに行ってきました。心のこもった手料理を美味しくいただいて、懐かしい話ができて、思い出に残る小旅行になりました。
by kochira703 | 2012-09-25 23:43 | Comments(22)

憂鬱の種

2012.9.23(日)   雨のち曇りのち晴れ
 目覚めると雨。やっぱり今日は三宮に行こうと、昨夜眠る前にはどうしようかと迷っていたのですが、雨音に背中を押してもらいました。デパートや本屋をぶらついて、3時半帰宅。それからお雛様の片付け。物置部屋に20年近くしまいこんでいた箱を開いて、虫干し代りに飾っていたのです。それで一日が終わり・・・・実は庭に出る気力喪失中。白絹病と台風の被害を見るに忍びなく、生い茂る黄花コスモスやガウラもうっとうしく、このところ庭にちょこちょこっと出ては、写真を撮って、いただいた花苗を植えて、鉢植えに少し水をやって、それで終わり。種まきもしなければ・・・・というか遅いくらい。
 そうそう、こう書いていて思い出しました。もう一つの憂鬱の、大きな種を。大きくなり過ぎたケヤキをどうするか、傷んできたウッドデッキをどうするか、この際思い切った改造をするか・・・・業者に頼むとしても、ある程度イメージを固めておかないと思うから、結論が出ないままなのです。・・・・もうタイムリミットが近づいています!どうもこれが無気力の原因!
 タマスダレとオキザリスが咲き出ていました。
e0181373_2161538.jpg
e0181373_216890.jpg

by kochira703 | 2012-09-23 21:15 | Comments(8)

宿題完了!

2012.9.22(土)  晴れ時々曇り
 オープンガーデンの時に友人Kさんの押し花展をしました。その時の写真です。
e0181373_2041519.jpg

 見る人を驚かせた大作を、私にと置いていってくれたのですが、家に飾るのではもったいない、どこかいい所に寄付できないかと、ずっと考えていました。そして思いついたのが、淡路ふくろうの郷(さと)という、聴覚障害の方々が建設した特別養護老人ホームでした。ここだと多くの方々に見て楽しんでいただけると思ったのです。
 そう思いついたのが7月。でも何だかんだと慌ただしくて、連絡を取ったのが9月上旬。仕事をしている時にお世話になった施設長さんに是非お会いしたかったので、ご予定の空いている日を待って、今日ようやく実現したのです。Kさんと二人で行ってきました。
 みなさん集まって来てくれて、とても喜んでいただきました。作者のKさんはそのことに感激。押し花額もいい落ち着き場所が見つかりました。ついでにチャリティバザーの売上金+αで、10万円を東日本大震災義援金として神戸新聞厚生事業団に寄託した領収書も載せて、これでようやくオープンガーデンの清算ができました。
e0181373_21171491.jpg

 部屋のリフォームはやり直したりしているものだから、まだ終わりませんが、窓下の片付けもして、置いてあった石臼をガーデニング用にゲット。とりあえずNaさん、Nさんからもらったのを落とし込んで、どう使うかゆっくり考えます。この辺りも体裁よくしたいのですが。
e0181373_2123231.jpg

by kochira703 | 2012-09-22 21:29 | Comments(2)

猛暑は去ってもまだまだ白絹病

2012.9.21(金)   晴れ
 ヒガンバナが目立ってきました。ここ何年か彼岸にヒガンバナが咲いていないことが続いていたのですが、今年は平年通り。何だかほっとします。
 やっと涼しくなりました。花もほっとしているようです。でも、(たびたび書いているので気が引けますが)白絹病が、洋種イブキジャコウソウやカクトラノオの根を伝って、広がっています。カクトラノオもよく咲いていますが、もうすでに3分の1を引き抜きました。発病適温が25℃~35℃ということなので、まだまだ続きます。今日はまた新たにサクラタデがダウン(涙)
e0181373_20563373.jpg
e0181373_2056451.jpg

 シオンと書くより「紫苑」の方が美しいですね。イチのお墓に植えたのが大きくなりました。近くのムラサキツユクサがダウンしたから、心配です。
e0181373_2057246.jpg

 白絹病を逃れた唯一のシュウメイギク。これも「秋明菊」と書きたい、美しい字です。
e0181373_20571013.jpg

by kochira703 | 2012-09-21 21:27 | Comments(0)

先山(せんざん)に登る

2012.9.20(木)   曇り
 もう数年間、月1回登山を続けているというNaさんに案内してもらって、Nさんも一緒に、3人で先山(せんざん)に登ってきました。448mと高くはありませんが、島の中央にあって、国生み神話で淡路島が誕生したとき最初に出来た山、だそうです。頂上にお寺があります。私は初めて登りました。淡路の最高峰(608m)の諭鶴羽山(ゆずるはさん)が見えました。黄金色の稲田も広がって豊かな気持ちになりました。
e0181373_2031077.jpg

 登山道の各所に掃除道具が置いてあります。頂上近くで道を掃いていた60代くらいの男性に尋ねたら、週2回登山して帰りに30分間掃除していると。誰かが割り当てている訳ではなく、自然と持ち場が決まっていくそうです。そんな社会奉仕をしておられる方が、10人以上いそうでした。立派ですね。
e0181373_20312311.jpg

 ヘンな木を発見。木の幹に大きなこぶ。直径40㎝くらいありましたが、木は元気でした!
e0181373_20351642.jpg

 幼木のころ何かの事情でねじれたまま、10数mの高さに生長。見上げたものです!
e0181373_20351739.jpg

 藪茗荷(ヤブミョウガ)だと教えてもらいました。
e0181373_20354246.jpg

 あまり花はなく、水引草、露草、藪蘭くらいのものでした。
 庭の露草満開。
e0181373_2113289.jpg

by kochira703 | 2012-09-20 21:02 | Comments(6)