<   2012年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

モンゴルノギク

2012.10.31(水)   曇り
 今日の綺麗は、モンゴルノギク。咲き進むに連れて色が濃くなるのですね!
e0181373_20535933.jpg
e0181373_20543043.jpg
e0181373_205431100.jpg

 数年前にお正月用寄せ植えを作る教室に参加した時の、斑入りの笹を地に下ろしたら、だんだん広がって、脅威になってきました。他の植物を追い払ってしまうのでしょうか?
 ツワブキの後ろに写っているのは、日本の野菊。モンゴルノギクはサイズが小さいですが、色鮮やかでグラデーションができて、いい感じです。と書いてから、(モンゴルノギクって何もの?)気になって検索したら、何だかモンゴルは関係なさそう。きちんとした情報も見当たらず、いただいた先のHさんのブログや、私のブログまで出てきます。それによると、数年前にHさんがどちらかで購入した、「素性のわからないキク」だそうです。
e0181373_20544536.jpg
e0181373_20544692.jpg

 今日は、やっと蚊にまとわりつかれずに庭仕事ができました。もう明日からは11月。初冬の花のツワブキが元気いっぱいです。
by kochira703 | 2012-10-31 21:35 | Comments(2)

新旧交代

2012.10.30(火)  曇り
 今日はハロウィン。小さな魔女がママに抱かれてやってきました。バババカは隠していたカボチャのパッケージに入ったお菓子をプレゼント。まだ甘いもの禁止なんですけど(笑)
 Eちゃんのお友だちが、砂糖無添加の手作りパンプキンケーキを送ってくれたとか。ドングリのパパとママと I ちゃん。可愛い、素敵なプレゼントですね。お礼にフェイスブックに載せるのだと、ママが写真撮影していたのを、横撮り(笑)
e0181373_2130072.jpg
e0181373_2130046.jpg

 20数年前のこと、カナダ人のALTが毎週木曜日に夕食を食べに来ていました。彼女がハロウィンの遊びを我が家に持ち込んでくれました。子供たちが喜んで仮装していたのを思い出します。行事の意味はよく知りませんが、仮装してお菓子をもらうという一点だけを楽しんだのでした。

 少しずつ夏の花を片付けています。早くしないとこぼれ種の苗を傷めてしまいそう!セリンセ、オルレイアはそれと分かります。
 今年はよく咲いたアマクリナムも、これが最後。後ろに白く写っているのは、ノジギクが交雑したのじゃないかと思っている薄ボケた(?!)ピンクの小菊。
e0181373_2115781.jpg
e0181373_21143458.jpg

 黄色の小菊の奥の黄色はマリーゴールド。夏が終わって秋の花にバトンタッチ。
e0181373_21152478.jpg
e0181373_2115618.jpg

 マリーゴールドと言えばダンゴムシ!今年はダンゴムシとの戦いを諦めたのでしたが、マリーゴールドは無事生長!!これまでケヤキの木陰になる花壇に植えて、ダンゴムシに食べられてしまっていたのですが、植える場所を変えたら、ダンゴムシ退治をしなくてもOK。あの夜な夜なの戦いは何だったのか!!!
 問題は日当たり。植物は育つ勢いでダンゴムシをはねのけることができるのですね。
 夏と秋の新旧だけではなく、庭では早や秋と冬の新旧交代も起こっています。隣のサザンカとヤマブドウの紅葉。
e0181373_21155577.jpg
e0181373_21153425.jpg

by kochira703 | 2012-10-30 22:00 | Comments(4)

街角オープンガーデン

2012.10.29(月)   晴れ
 夕方のニュースで、近畿に木枯らし1号が吹いたと報じられていましたが、一瞬耳を疑ったほどの、当地はいい天気でした。Nさんと一緒に、カメラをぶら下げた観光客のふりをして、町中を歩いてきました。出発点は淡路人形座。入口にあの寄せ植えがありました。
e0181373_20583747.jpg

 道路沿いの各町内会ごとの花壇を見ながら歩いていると、当地名産のチリメンの加工場に。生のチリメンジャコが自動的に掬いあげられて、茹であがって、ケースの上に広がった状態で出てきます。それを6割方乾燥させてから、天日干しにするのだそうです。
e0181373_20593155.jpg
e0181373_205906.jpg

 町中の道路脇の植木鉢やプランターに、見覚えのある花が並んでいます。竹を丸く組んだ中に竹ザルを固定して、その上に苔玉でくるんだイワシャジンを置いたのが、あちらこちらに。
e0181373_20594848.jpg

 この辺りがメイン会場。道路の右側が先日作業した所です。先日アップした壁面緑化の大きな木枠もその向こうにあります。
e0181373_2103012.jpg

e0181373_20592566.jpg
e0181373_2101331.jpg
e0181373_2059424.jpg

 ハンギングや苔玉や壁面緑化のセットで、植物が装飾的にアレンジされて、オシャレな展示。綺麗だと見つつも、自然派の私などは、花はどこまで持つのだろう、ちょっと可哀想と思ってしまいます。
 途中でランチ休憩もしたので、時間を計ってはいませんが、多分歩いて30分程度のコースです。大勢の人に見てもらえるといいですね。
 
 
by kochira703 | 2012-10-29 22:02 | Comments(4)

ミニ秋明菊?!

2012.10.28(日)   雨のち曇り
 朝8時に避難訓練で、近くの空き地に集まった時には、傘を差して出ましたが、大したこともなく曇り空で推移。午後からは「ふくろうの郷(さと)祭り」に、息子と I ちゃんと3人で出かけました。大勢の人たちで大にぎわい。前に贈った押し花額は、文化展会場に展示!その後、パン屋さんの「ルフィアージュ」で、用事を済ませたEちゃんと待ち合わせて、3時のお茶。 I ちゃんと初めてのおでかけ、息子夫婦とお茶するのも初めてで、新鮮な気分でした。
 今日の庭で可愛かったのは、アサリナ。何故か、しばしば3つ並んで開花します。アサリナ3姉妹ですね。
e0181373_2043741.jpg
e0181373_20434983.jpg

 こちらも何とも可愛いシュウメイギク。本体は白絹病で枯れましたが、花壇の外に根を伸ばしていた10㎝ほどのが、健気に花を咲かせたのです。まさかの驚きでした。
e0181373_2044687.jpg

 でももっと小さいのもあるのですよ。これはケヤキの下。そこそこの株になっていたのが、白絹病。咲いたのは、30㎝以上離れた一番端っこです。本体が枯れると、種の保存の本能でも現れるのでしょうか?(笑)
e0181373_2141442.jpg

by kochira703 | 2012-10-28 21:10 | Comments(4)

ツワブキ

2012.10.27(土)   晴れ
 ツワブキの黄色が目立ってきました。鬼瓦を置いているのは、ケヤキの木の下。ケヤキを伐るまでに花はできるだけ移動させようと思います。あちこち最後の記念写真です。
e0181373_2125281.jpg
e0181373_21253697.jpg
e0181373_21254480.jpg

 庭のツワブキは、もともとは西浦の採石場の端に咲いていたもの。10年前にもらってから、すぐにそこの花は消えてしまいましたが、ここで種を飛ばして増えています。植えた当初は普通の花びらでしたが、いつからか変形花びらが出現して、なかなかいいのです。
e0181373_21265077.jpg

 今日は最後の職場のOB会。1年に1回の食事会です。楽しくしゃべって、4時に帰って来てから、このキーウィの株と格闘。根を掘り出す力がないので、周りを掘って根気よくノコギリを動かし、幹と根の境ぐらいから切り取りました。残った根もあちこちノコギリで挽いておいたので、もう大丈夫じゃないかと思うのですが。
 葉っぱはシオンです。これまでジャングル状態だったこの場所を花壇にします。
e0181373_21274353.jpg

by kochira703 | 2012-10-27 22:00 | Comments(0)

秋の山野草

2012.10.26(金)   晴れ
 昨年の冬に丸亀のHさんからいただいたアケボノソウが咲きました。風に揺れて写真が取りにくく、2日間がんばりましたが、これが精一杯(涙) 小さな花ですが、よく見ると花びらの模様が変わっています。アケボノソウなんて素敵な名前をもらったのも、この模様からでしょうね。夜明けの星空に見立てたというのも、納得できます。
e0181373_21171070.jpg
e0181373_21171741.jpg
e0181373_2117241.jpg

 Hさんにお尋ねすると、これは種から育てたもの。2年草なので花が咲いたら終わり。また種まきをして、2年待つのだとか。今年が最初で最後になりそうです!
 同じ時にいただいたモンゴルノギクは2ヵ所に地植えしました。幸いにどちらも開花。 
e0181373_21175393.jpg
e0181373_21181620.jpg

 以前からあるリンドウは、葉が茶色になって、枯れてしまうかと心配していました。半分枯れて、半分開花。
 姫路のAさんからのピンクのタツナミソウも咲いて、みなさんのおかげで、いろいろな秋の山野草を、居ながらにして楽しんでいます!
e0181373_21182567.jpg

e0181373_2150138.jpg

 今日は息子に手伝ってもらって、キーウィを伐りました。植えて11年もになるので、太い幹です。後にジャスミン・ホワイトプリンセスを移植しようと思っています。
by kochira703 | 2012-10-26 21:51 | Comments(2)

小道消滅?!

2012.10.25(木)   晴れ
 アリッサムが咲き広がって、ハーブ畑はただ今通行禁止。セルバチコの花も長いですね。 
e0181373_2293971.jpg

 順にパイナップルセージ、アメジストセージ、チェリーセージ。
e0181373_2294897.jpg

e0181373_221124.jpg
e0181373_2211610.jpg

 ブルーベリーの紅葉が始まっています。今日は一日中、庭を掘り返していました。
e0181373_2295698.jpg

by kochira703 | 2012-10-25 22:24 | Comments(4)

アサリナ開花

2012.10.24(水)   晴れ
 昨夕時間切れになってしまった作業をしに、午前中だけ行ってきました。辻本先生の見本を見ながら作ったハンギングは、どこに飾られるのかな?11月3~4日に「あわじアルチザンオープンガーデン」という、辻本先生引率(?)のバスツアーがあると聞きました。ハンギングの花たちはそれまで元気を保つでしょうか?初めて作ったので自信がありません。
e0181373_21354119.jpg

 昨日壁面を飾った立方体の枠の底に、今日は花を植えていました。オープンガーデン当日には素麺も振舞ってくれるそうです。私も福良の町中を見て歩こうと思います。
e0181373_21361789.jpg

 午後は庭仕事。黄花コスモスを片付けたり、雑草を引いたりしながら、こぼれ種で発芽してきた小さな苗を保護しています。アサリナ・グラリオが咲いていました。
e0181373_21361699.jpg

 転がっていた球根をとりあえず埋めただけの所から、アマリネが咲いて、エッ?!
e0181373_21363895.jpg

by kochira703 | 2012-10-24 21:55 | Comments(0)

ピレア・カディエレイ

2012.10.23(火)   雨のち曇り
 今日は植栽ボランティア2回目。今日の作業は、壁面にヒューケラやカルーナを差し込んで飾る、寄せ植え、苔玉づくり等々。応援団も次々加わっていました。出来上がったのを取りにくる人もいて、花苗が大幅に減って、はかどった感じがします。町に並んだ、おしゃれな寄せ植えの写真を、またアップしますね。
e0181373_21224296.jpg
e0181373_21225236.jpg

 こちらは我が家のテラス。こんな奥には植えなかったのに、いつの間にか下にもぐり込んだピレア・カディエレイ。牧野植物園の温室に入った所に植わっていました。これはベトナムが原産だそうですが、長年ここで冬を越しています。霜や雪にあうと葉は傷みますが。
 ピレアお気に入りのこの場所も、まもなくなくなります。どこへ移動させようかな?
e0181373_2129619.jpg
e0181373_2129269.jpg

 今が花の時季。葉の白い部分は空気の層なのだとか。
by kochira703 | 2012-10-23 21:58 | Comments(0)

庭の秋草

2012.10.22(月)   晴れ
 秋晴れの一日、宝塚のKさんと一緒に、神戸東灘の美術館・記念館巡りをしてきました。阪急御影駅からスタートし、世良美術館に行って月曜休館に焦りましたが、香雪美術館は開いていてほっ! 実は行き当りばったりだったのですが、「人間国宝・江里佐代子の截金(きりがね)」展を鑑賞できたのは、ラッキー。その美しさと技術力の凄さに驚嘆しました。 
 それから南東を目指し、高級住宅街の建物や庭を横目で眺めながら散策。住吉川にぶつかって南下し、菊正宗と白鶴の記念館をハシゴ酒(笑)いささか歩き疲れた頃に、阪神御影駅に到着。ランチとお茶の時間を含めて約4時間、1万2千歩のコースでした。
 それから三宮に戻って買い物をしたので、本日1万6千歩を越えました。庭仕事の一日はせいぜい2千歩ぐらいですから、都会の方がはるかに健康的?!
 行く前に秋草のコーナーを写しました。名前を知らない頃は“星屑の花”と呼んでいたヒキオコシが咲きました。弘法大師が倒れている行者にこの草の汁を飲ませたところ、ただちに回復したという伝説があり、病人さえ「引き起こす」ことから「ヒキオコシ」という名がついたそうです。「延命草」とも。近くの田んぼの土手からもらってきたものです。
e0181373_21563342.jpg
e0181373_21564786.jpg

 セキヤノアキチョウジが今年は消えたと思っていたら、枯れた(何だろうと思っていた)茎の下の方で、わずかに咲いていました。水不足だったようです。
e0181373_21582333.jpg

 「こんなもの植えるか!」と笑われるヨメナも、いいですよね?!
e0181373_21574457.jpg

by kochira703 | 2012-10-22 22:20 | Comments(2)