<   2012年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

野の花工房作品展

2012.11.30(金)  晴れのち曇り
 今日から日曜日までパルシェで開かれている「野の花工房作品展」・・・・S先生が指導されている陶芸と草木染めの生徒作品と、先生の作品の展示です。午後2時間受付を手伝ってきましたが、その間、常に数人の来場者がいて、思っていた以上のにぎわいでした。
e0181373_21484748.jpg

 一番の新入りの習作が入口すぐの所に?! 寄せ植え作戦のおかげ?(笑)
e0181373_21502329.jpg

 左2つがNさん。右が私。二人とも、手前が9月の作品、奥が10月の作品。11月のはまだ焼き上がっていません。今日持って行って置いた瓦の花台(?)を見たS先生、「(植木鉢の)格が上がったなあ」。「そりゃあ、そうです。カワラマンY先生の作品やから、値打ちがある」「みんなの視線が瓦にいくように」と笑ったことでした。
e0181373_2150322.jpg

 買ったポット苗のままだったノリウツギを植えました。下の写真は、葉が落ちるかもしれないと、27日にNさんに預けに行く前に写したもの。
e0181373_21505146.jpg

 ミツバシモツケもポット苗を仮植え。終ったら地植えにします。
e0181373_2210287.jpg

by kochira703 | 2012-11-30 22:12 | Comments(2)

水仙開花

2012.11.29(木)   曇り
 水仙が初開花。師走も近づいています。
e0181373_19484710.jpg

 水仙のバックに写っているのは、ニシキギとカシワバアジサイ。
e0181373_19485923.jpg
e0181373_1949939.jpg

 こんなに綺麗に色づいたカイの木は、植えてから初めてのこと。
e0181373_1949186.jpg
e0181373_1949275.jpg

 ハマボウも木の下に行くと葉っぱが丸まって、葉裏の白ばかりが目立つので、遠目の方がいい感じ。黄からオレンジ・朱色へのグラデーションに、まだ緑の葉もあってというのが、ハマボウの紅葉の特徴です。
 下は27日にNさん宅に寄った時に見たハマボウ。Nさん宅は淡路の南端の我が家から車で30分の、淡路の中央部。同じ木でも、山間地なので紅葉が鮮やかです。
e0181373_19494990.jpg
e0181373_1950679.jpg

でもこうして並べてみて気づきました・・・・葉裏が白くない!緑の葉がない!うちのと違うのかしら?(追記:30日に確かめたら、葉裏も白く、緑の葉も下の方にありました。)
by kochira703 | 2012-11-29 20:38 | Comments(4)

宝塚ガーデンフィールズ

2012.11.28(水)    晴れ
 植花夢から宝塚ガーデンフィールズへ。宝塚在住の友人Kさんと駐車場で待ち合わせ、一緒にランチのあと園内を回りました。「惜しいなあ」「この後どうなるんやろ」と、歩いている人みんなが、そんな思いを抱いているように見えました。
e0181373_20235541.jpg
e0181373_20234092.jpg
e0181373_20241785.jpg
e0181373_20235815.jpg
e0181373_20243427.jpg
e0181373_20241522.jpg
e0181373_20245135.jpg
e0181373_20243738.jpg
e0181373_20251229.jpg
e0181373_20245220.jpg

 2003年に開園した、ポール・スミザーさん作庭の英国風ナチュラルガーデン「シーズンズ」。(「ガーデンフィールズ」というのは他の施設も合せた呼称なのです) 都会の真ん中にこんなに「自然」豊かな庭園があるなんて、地域の財産のように思えます。宝塚ファミリーランドだった頃からの大きな木を生かし、農薬も使わず、10年経ってとても落ち着いた「自然」ができ上がっているのに、あまりにももったいない。
 庭が小さくて集客力がなく採算が合わないということだそうですが、都会のオアシスのようなこの庭を残すために、例えば宝塚市が阪急から借りて管理していくとか、何か方法はないものでしょうか?!
by kochira703 | 2012-11-28 21:09 | Comments(0)

植花夢

2012.11.27(火)   晴れ時々曇り
 宝塚ガーデンフィールズが来年12月で閉園になると知ったのは、10月半ば。素敵なナチュラルガーデンで、近ければ毎月でも来るのにと思うほどだったので、ショッキングなニュースでした。この秋は遊びの予定がいっぱい入っていたので、やっと行く日が設定できました。宝塚に行くなら植花夢(ウエルカム)も外せないと、まずはそちらから。
 今日は(今日も?!)Nさんと車で。19日、23日の京都行きに、神戸の北側を走る阪神高速7号線を通った時、雑木の山の落ち着いた色彩に心惹かれて、今日も楽しみでした。ここは紅葉でもなく、黄葉でもなくて、茶葉・・・・コウヨウとは読めませんね。これではチャバになってしまいます(笑) 茶色のグラデーションが圧倒的な迫力です。
 秋は山中を走るのもいいし、市街地を走っても街路樹が綺麗だし、イチョウなんか黄金色に輝いています。様々な色の紅葉を楽しめるのも、四季ある日本に生まれた幸せですね。
 宝塚の奥にある植花夢は、「市内よりも秋は早いですよ」とおっしゃっていましたが、11月末で休園とか。
e0181373_22174590.jpg
e0181373_22175972.jpg
e0181373_22181283.jpg

 「あの松、枯れかかっているんやろか」と言いながら近づくと、松の葉に黄色!(上の写真では中央・下に写っています) 思いもよらない松の斑入りでした!「淡路では松枯れの心配が絶えんからねえ」と二人大笑い。ここは珍しい植物の宝庫なのです。
e0181373_22212217.jpg

 まだこんなに花がいっぱいのニコチアナも、もう霜に合えば終わりだとか。1年草は抜いて植え替えの作業をされていました。
e0181373_22184673.jpg

 さっと時雨が来て、中に入ると社長さんがいらっしゃって、お話を聞くことが出来ました。壁に掛かっていた、艶やかな黒い実は老爺(ローヤ)柿のドライ。2、3年にはなるとか。
e0181373_22185942.jpg

 「ローヤ柿だろか」「それにしては赤いよ」と見てきた実の名前を聞くと、「都紅・ミヤコベニ」という品種だと。枯野をバックに艶やかな赤が印象的でした。
e0181373_22191057.jpg

 私たちが淡路から来たと知った社長さんは、ツクバネの実を煎ってくれました。羽のついたまま煎って、実のところを丸ごと食べます。香ばしくて味があって美味しい和製ナッツです! 子供の時に遊んだ羽根つきの羽根そのものですね!
e0181373_22192010.jpg

 ツクバネの枝をドライにしているのもいい感じでした。以前に姫路のAさんに「ツクバネ要らへんか」と聞いてもらった時には、「もう木は要らん」と答えたのですが、美味しかったし、実のなる姿もいいしで、ついついパック入りのツクバネの実を買ってきました。さあ、どうなるか?その前に、植える所があるかしらん?!
by kochira703 | 2012-11-27 23:21 | Comments(2)

金閣寺の紅葉

2012.11.26(月)   雨のち曇り
 朝は雨が降っていましたが、そのうちに上がって、雨もよいの一日を庭仕事に励みました。今日も花壇を片付けて、Naさんからのビオラとストックを植えました。遅々としてはいますが、徐々に春の準備が進んでいます。
 金閣寺の紅葉は絵になる所ばかりで、作庭した人の構想力のすごさを思います。狭い庭でさえどこに植えようかと悩み抜くのにねえ!
e0181373_2135810.jpg
e0181373_21141499.jpg
e0181373_2114752.jpg
e0181373_21142862.jpg
e0181373_21142143.jpg
e0181373_21144748.jpg

e0181373_2115122.jpg
e0181373_21151046.jpg

e0181373_21155468.jpg
e0181373_21152931.jpg

 ため息でるほど綺麗な紅葉でしょう?! 
by kochira703 | 2012-11-26 21:23 | Comments(4)

庭も10年に一度の

2012.11.25(日)   晴れ
 京都の紅葉も青空の今日は一段と照り映えていたことでしょう。明日は雨の予報なので、金閣寺の写真を後回しにして、今日は庭の様子をアップ。
 ケヤキは葉をほとんど落としました。
e0181373_20232871.jpg
e0181373_20235145.jpg

e0181373_2024554.jpg

 空を見上げて。右上はハクモクレン。左は楷の木。
 黄葉の主役もケヤキからカイに交代。ブルーベリーの葉もだいぶ散りました。
e0181373_20241615.jpg
e0181373_2024272.jpg

 これまでこんなにヤマボウシが赤かったことはありません。
e0181373_20243793.jpg

 ハマボウは若木の紅葉が最高に綺麗なのですが、大きな木になってからは見るかげもなくなってしまいます。それが今年は朱色がかって見えます。庭ができてもうすぐ丸12年。やはり10年に一度の鮮やかさ、なんですね。
e0181373_20244720.jpg

 今日は花壇を耕して、Naさんにいただいた葉ボタン、こぼれ種のオルレイヤ、オンファロイデス等、種を蒔いていたムギナデシコとフクロナデシコを植えました。
by kochira703 | 2012-11-25 20:53 | Comments(0)

東福寺の紅葉

2012.11.24(土)   曇り
 今朝の朝日新聞に、「10年に一度の彩り」という見出しで、東福寺の写真。私も撮った、即ちみんなが撮っている位置からの景色が、掲載されていました。
e0181373_21363535.jpg

 東福寺の中でもとりわけ紅葉が美しい「通天橋」の写真です。昨日は約27000人の人出だったとか。私もその中の一人だったのです。Nさんに誘われて、そしてKさん、Fさんの花友だちを誘って、北淡のK寺の檀家のバスツアーに参加させてもらったのでした。
 朝の6時半に家を出て、7時半にお寺を出発。金閣寺→北野天満宮→八坂神社→六波羅蜜寺→東福寺の順に回りました。19日月曜日にも京都に行ったので、もう紅葉は終わったと、実はあまり期待していなかったのですが、予想は大外れ。
 落ち葉で地面が色鮮やかに染まった光景は、得も言われぬ美しさ。昨日も行く先々で歓声を上げました。どこを見ても「最高!」と思える、幸せな私です。
 帰宅が9時。それから今日招待を受けていた、教え子の結婚披露宴の祝辞を書いたので、昨夜はブログを休みました。新婦側の主賓挨拶だというので、文を練りました。涸沢に行った時にも「10年に一度の紅葉」と聞き、この秋は紅葉で私の脳も染まっているので、枕は「紅葉」でした(笑)
 1時から始まった披露宴が終わったのが、6時。100人を超える参加者で、淡路でも近頃は、こんなに長時間の披露宴はめったにないことです。美しい花嫁の打ち掛けの「錦秋」もしっかり目に焼き付けた、嬉しい一日でした。
 「右側通行です。立ち止まらないでください」と叫ぶ拡声器の声に押されて、人の流れに呑まれた東福寺の紅葉から、まずはご覧ください。
e0181373_22272286.jpg

e0181373_22285583.jpg

e0181373_22105715.jpg

e0181373_22174845.jpg

e0181373_22114057.jpg
e0181373_22112967.jpg

e0181373_22115419.jpg
e0181373_22122983.jpg
 
by kochira703 | 2012-11-24 22:31 | Comments(0)

最後の黄葉~ケヤキ

2012.11.22(木)  曇り時々晴れ
 2ヶ月に1回になった、義母の通院に付き添い、帰宅したのが2時。すぐに庭に出て、昨日の植木鉢に寄せ植え。3時に造園屋さんが見積もりを持って来て、細部の打合せを小1時間。それから暗くなるまで畑に発酵鶏糞やら発酵牛糞やら苦土石灰やらを鋤き込みました。明日は遊びだから、がんばらなくっちゃ、でした(笑)
 来週にもケヤキを伐りますと言ってくれたのですが、今年は黄葉も綺麗だし、落葉の風情に名残を惜しんでいるので、もう少し待ってくれるよう頼みました。Eちゃんが「伐るのがもったいない」と言ってくれたのが、ケヤキへのはなむけの言葉。ケヤキも今年は綺麗な色で、私たちの思い出を飾ってくれました。
 今日はケヤキの葉もまばら。最後のいい写真を撮りたいと思っているうちにタイミングを逃してしまいました。青空バックの20日の写真をアップします。ケヤキの手前に楷(かい)の木、ブルーベリー。
e0181373_2191062.jpg

 野菜畑からのケヤキ。手前にシマサルナシやアンズが色づいています。
e0181373_2193294.jpg

 シランの葉がいい色になっていた場所も、写すタイミングを逃し、今日は茶色に。別の場所のシランを見に行ったら、何とまたナルトサワギク。見つけたら抜いているんですが、この辺りはきっと種子が浮遊しているのでしょう。こんな狭い庭でさえ撲滅できないのが、特定外来生物に指定される所以ですよね。
e0181373_21134347.jpg
e0181373_21131716.jpg

by kochira703 | 2012-11-22 21:32 | Comments(4)

白花深山ラッキョウ

2012.11.21(水)  晴れ
 今日は陶芸の日。3作目を削って仕上げました。その後、窯出しを見ていたら、足元の植木鉢でキチジョウソウが咲いています。きっといいことありますよと話をしましたが、実は我が庭にも。 先日クリスマスローズの葉を切っていて花を見つけました。今年はどんな吉事があるかな、なんて考えると、実際は毎年咲くにしろ、何かしらほのぼのしますね。
e0181373_19491294.jpg
e0181373_19501412.jpg

 さて窯から出していただいた植木鉢2つ。形を作っただけで後をお任せしていましたが、先生のおかげでいい感じの鉢になりました。さあ、何を植えようかな? 来週の木曜日までに植えて持っていきます。作品展の写真をアップするので、見てくださいね!
 白のタツナミソウも清楚でいいですね。
e0181373_19493816.jpg

 白花深山ラッキョウは、一昨年Nさんが六甲高山植物園に行ったお土産にくれたもの。初めは地植えにしていたら花も咲かずに消えかかったので、鉢に植え替えました。それも立杭焼の! 兵庫陶芸美術館へ行った時に買った、山野草を植えた小さな植木鉢です。(中身は疾うに消失) オシャレな鉢に合せるべく、綺麗に咲いてくれましたよ(笑) 
e0181373_19505460.jpg
e0181373_19501173.jpg
 
by kochira703 | 2012-11-21 20:32 | Comments(0)

お茶の花

2012.11.20(火)   晴れ
 今日は“かしこく”、一日畑仕事。残っていたサツマイモを掘り、土曜日にHoさんが持って来てくれたタマネギ苗を植えました。畑では早やリナリアが咲いています。
e0181373_19555942.jpg

 畑の脇の茶の木。満開になってずいぶん経ちましたが、まだまだ蕾があります。
e0181373_195789.jpg
e0181373_19572910.jpg

 タカサゴフヨウは別の花のように小さくなりました。
e0181373_19573335.jpg

 アニソドンティアはずっと咲いてはいますが、いま花盛り。
e0181373_2002773.jpg

 
by kochira703 | 2012-11-20 20:22 | Comments(2)