<   2015年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

夏の終わり

2015.8.31(月)  曇り時々雨
e0181373_20481597.jpg

 ナツユキカズラが節々に花穂を上げて、ますます来年が楽しみになってきました。でも、正直、この後どうなるか、どうすべきかが分かっていない(笑)
 近くでジャスミン・ホワイトプリンセスも咲き誇って、遊びに来たNさんを驚かせていました。
e0181373_20483186.jpg
e0181373_20484227.jpg

 26℃と涼しくて、8月の終わりとともに夏も終結かと期待したいところ。でも早や秋雨前線停滞などと言われると、それはそれで大丈夫かしらと頭の片隅を一抹の不安がかすめます。
 ブルーベリー畑で見覚えのあるアサガオ。種が落ちていたようです。
e0181373_2144132.jpg

 トラデスカンティア・シラモンタナも咲き始めました。
e0181373_2161618.jpg

 バーベナ リキダ ピンクポラリスとラベルにはありましたが、バーベナ リギダのよう。今年初めて咲いた花は、ピンクとは思えない。紫はべノーサだとか。
e0181373_2162446.jpg

 ハツユキカズラの葉の方がピンク(笑) ピンクのガウラとコスモスもブルーベリー畑の中。
e0181373_2123582.jpg
e0181373_21232483.jpg

by kochira703 | 2015-08-31 21:28 | 花木 | Comments(5)

タニウツギ

2015.8.30(日)  雨時々曇り
e0181373_20585363.jpg

 フジウツギの挿し木苗をNaさんにもらったのは5年前。細細と生長してきました。初夏から何回か咲いたのですが、イマイチ。今日ようやく綺麗なタイミングで写せました。
 次のはブッドレア・ムーンシャイン。同じような花穂だと思いながら写してきて、検索したら、ブッドレアは西洋フジウツギだと。似ている訳です。7月に「花遊庭」で買って来て植えたのですが、下に隠れて存在を忘れていたほど(笑) でもきっと今に大きくなりますね。
e0181373_2059102.jpg

 大きな木になっていたアニソドンティア2本が枯れてなくなった後、実家に持って行っていたのが帰ってきました。この前の台風で揺らいでしまい心配しましたが、大丈夫なよう。
e0181373_2113257.jpg

 5月に咲いていたブルースターが再び。
e0181373_21155065.jpg

 センニチコウ・ストロベリーフィールドはこぼれ種発芽。ショウジョウソウもこぼれ種。
e0181373_21132495.jpg

 アキメネスの花がたくさん咲いてくれました。
e0181373_21133297.jpg

by kochira703 | 2015-08-30 21:32 | 花木 | Comments(4)

ブルーベリー畑の花

2015.8.29(土)  曇りのち雨
e0181373_2131477.jpg

 ブルーベリー畑では黄花コスモスとガウラがわがもの顔。
e0181373_2131278.jpg

 花をかき分け、雑草を踏み分けないと、前に進めません。
e0181373_21314561.jpg

 ブルーベリー畑の中の花壇で、今年はけっこう花が咲き、黄花コスモス一色でなくなりました。メランポジウム、マリーゴールド、ガーベラ、ルエリア、ヒオウギ等々。
e0181373_21371458.jpg
e0181373_21372294.jpg

 矮性の白いルエリアは、「岳人の森」に行ったHaさんが買って来てくれたもの。「岳人の森って知ってる?すごかったよ」と紹介したら、翌週に早速行ったらしいです。お土産にもらった花には見覚えがありました。途中の道の駅で、いいなと思ったけど結局買わなかったルエリアだったのです。花が咲いていたら迷わず買ったでしょうね。純白です。
e0181373_21373227.jpg

e0181373_2138275.jpg
e0181373_21381487.jpg
e0181373_21382525.jpg
e0181373_21384133.jpg

e0181373_21522529.jpg

by kochira703 | 2015-08-29 22:07 | ブルーベリー | Comments(9)

ワタの実

2015.8.28(金)  晴れ
e0181373_21381010.jpg

 大阪・船場界隈の名建築めぐりのツアーに参加。昭和4年竣工の綿業会館に行ってきました。大阪の空襲で一帯は焼け野原となりましたが、鉄筋コンクリートの強み。今も現役のビルです。圧巻は綿花のバックの釉薬タイルの壁。6月に行った神戸のジェームズ邸で見て感動したのと同じ泰山タイルです。
e0181373_2235846.jpg
e0181373_2262338.jpg
e0181373_2263624.jpg
e0181373_2264415.jpg

 内部の各部屋は、会員の好みに応じて使えるようにと、欧米の様々な建築様式を模して造られているとか。タイルの部屋は「ジャコビアン風」の談話室。玄関は「イタリアンルネサンス」
e0181373_22122293.jpg

 ここは何だったか? 天井に石膏の鳥と花。
e0181373_2213527.jpg
e0181373_2214281.jpg

 周囲の木のように見えるのは、イランだったかの大理石。時計の文字盤のうっすらと緑色なのも大理石。床にはアンモナイトの化石がある大理石。一階などは沖縄の大理石だと説明がありました。大阪が繁栄していた頃の豪華な建築で、国の重要文化財になっています。
e0181373_22551070.jpg

e0181373_22142576.jpg

 ここでランチを食べた後、古い建築を見ながら歩いて、「船場ビルヂング」へ。大正14年建築の、賃貸住宅と貸事務所が一緒になっている、当時最先端の集合住宅です。ちょっと日本離れした、素敵な空間ですね。地面は木製煉瓦(?)。
e0181373_22354210.jpg
e0181373_22355374.jpg

 次に「芝川ビルヂング」。ここも今も使われているので、遠慮っぽく見学。ビアガーデンに使われている屋上で説明を聞いて解散。お店をのぞきながら下りました。
 この建物は戦前にはニッカウヰスキーの大阪出張所となっており、ビルのオーナーはニッカの大株主として、マッサンの支援者だったとか。
e0181373_22475181.jpg
e0181373_22482191.jpg

by kochira703 | 2015-08-28 23:01 | Comments(4)

野菜畑は今

2015.8.27(木)  晴れ
e0181373_2118160.jpg
e0181373_21182022.jpg

 子どもの頃これで友だちをくすぐった覚えがありませんか? ネコジャラシと言っていたのが、エノコログサだと知ったのは夏休みの植物採集。エノコログサがそこそこの繁殖力ならと思わずにはいられません。今日は写真を撮ってから、しっかりと抜きました。
e0181373_2125823.jpg
e0181373_21251680.jpg

 2、3年前に丸亀のHさん宅を訪問した時に、連れていってくれた花友だちのお宅からもらってきたグラス。ペニセツムかと思うのですが、庭の入口に植えていたのが、今年はなぜか野菜の畑から出てきました。10mは離れています。増えて困ると言っておられた訳が分かりました。でもグラス好きは大事に残しているのです。バックは捨てたレモングラスの株から。
 処分するに忍びなくて、わざとに畑の縁に捨てたイソギクとアルテミシア。
e0181373_21493572.jpg

 野菜畑はコキアがメイン。色づくのが楽しみになってきました。赤紫蘇も茂っています。
e0181373_21475887.jpg

e0181373_21491473.jpg

 自分が植えてこうなったのなら、どんなにか自慢するでしょうに(笑) 勝手に生えてきたものは強い!青花ホオズキは実が可愛くドライフラワーになります。
e0181373_21524893.jpg

e0181373_21551220.jpg

 ハツユキソウも満開。
e0181373_21565635.jpg
e0181373_2157742.jpg

 本家本元の野菜はと言えば、終盤のミニトマト、2番生りのナス、収穫しないうちに4個も腐っていたコダマスイカ(今日小ぶりのを一つ収穫)と、哀れな姿です。苗をいただいたナンキンは元気。これはもう4個も収穫しました。これまで植えていたサツマイモは、きれいな芋が収穫できないので止めました。タマネギを植える12月まで、コキアの天国です(笑)
by kochira703 | 2015-08-27 22:13 | Comments(4)

京都迎賓館

2015.8.26(水)   晴れ
e0181373_20411947.jpg

 8月2日~11日の間、一般公開された京都迎賓館の参観申し込みを、Nさんがしてくれていて、めでたく当選。Naさん、Fさんも一緒に、4人で行ってきました。最終日の11日でした。
 これまでアップするタイミングがなかったのですが、旅行記事の続きで、今日にします。滅多に見る機会のない迎賓館の写真を、どうぞご覧ください。
 ロビーに当たる「聚楽の間」の生け花。庭で暴れまくっているツルウメモドキが、こんな風に活けられるとは思いもしませんでした。竹の花籠と漆や螺鈿の飾り台も、素晴らしい工芸品。
 次は、晩餐会や歓迎式典の会場となる「藤の間」。壁面には花のつづれ織り。
e0181373_2192085.jpg
e0181373_2195361.jpg

 「藤の間」には舞台があって、伝統芸能が上演されますが、その扉に施されている「きり金細工」。前に人間国宝、江里佐代子さんの作品展を見に行きましたが、その時に紹介されていたこの扉。実際に見て、ますます感銘を深めました。凄い手技です。まるで神業。
e0181373_21231794.jpg
e0181373_21232799.jpg

 迎賓館の設計のコンセプトは「現代和風」と「庭屋一如」。「藤の間」から見える水の庭。
e0181373_2128583.jpg

 和食の晩餐会に使われる「桐の間」。漆塗りが素晴らしい!
e0181373_2124055.jpg

 池の向こうには「廊橋」で渡ります。奥の赤い花はサルスベリ。堂々たる大木です。
e0181373_21244071.jpg

 舟遊びも日本の伝統文化。
e0181373_21365798.jpg
e0181373_21371020.jpg

 今年は開館10周年で、首脳会談だけにのみ使われる「水明の間」が特別公開されていました。まだ10回ぐらいしか使われていないのだとか。
e0181373_2142324.jpg

 船底天井にオブジェ。京指物の技法で美濃和紙を使ったオブジェは、ブッシュ大統領が宇宙ステーションのようだと喜んだとか。
e0181373_21435419.jpg

e0181373_21421668.jpg

 10周年記念に作ったという、いつもだともらえないパンフレットを見ながら書きました。でないと、こんなに覚えてない(笑)
 伝統文化や伝統工芸が生かされた、すばらしい迎賓館で、外国の賓客をもてなすことができるのを、嬉しく誇らしく思いました。
by kochira703 | 2015-08-26 21:58 | Comments(2)

出雲の国へ

2015.8.25(火)  雨
e0181373_2115464.jpg

 日曜日から1泊2日で地域の人たちとの旅行。昨夜遅く帰ってきました。まずは足立美術館。お決まりの「生の額絵」。いつ来てもここの庭園管理はパーフェクト。真夏でも冷房の効いた屋内から眺めるのですから、快適そのもの。日本画があり、陶芸作品があり、茶室がありと、日本文化の博覧会のよう。12年連続日本一の庭園に、外国から選ばれる訳です。
e0181373_212812.jpg
e0181373_2122023.jpg

 次いで出雲大社と歴史博物館へ。特別参拝で本殿の裏側にも回らせてくれました。高さが24mで、日本一。見上げながら、言い伝えの48m高さの本殿を空想しました。
e0181373_21195290.jpg

 縁結びをこれだけ頼まれたのでは、いくら神様でもオーバーヒートしそうです(笑)
e0181373_21195966.jpg

 神楽殿の大注連縄。重さ4.4トンで、これも日本一。歴史博物館では発掘された古代神殿の柱、巨木3本をまとめたものが展示されていて、スケールの大きさを実感しました。
e0181373_2120869.jpg

 宍道湖に浮かぶ大根島の由志園にも。ここも大きな日本庭園。真夏にも掃除をしてくれる人がいるからこそ、庭は美しく保てることです。
e0181373_2139316.jpg
e0181373_2139305.jpg

 造花かと見紛うばかりの本物(笑) 温度調整して咲かせているそうです。
e0181373_21394450.jpg

 後は松江城。まず堀川巡り。小泉八雲が住んだ家や武家屋敷跡の街並みを眺めたり、ここは江戸時代のままの風景と教えてもらったり、野鳥を見たりして、お城の周りを一周。船での遊覧は予想以上によかったですよ。天守閣と堀が現存するのはここしかないと、船頭さん。
e0181373_2245696.jpg
e0181373_225980.jpg
e0181373_2252159.jpg

 ここでも郷土愛に満ちたボランティアガイドさんがついて説明してくれました。隣接する神社から創建年を書いた札が出て、その釘穴がお城の柱とぴったり一致したことで、国宝に指定されたというドラマティックな、奇跡の釘穴も教えてもらいました。
by kochira703 | 2015-08-25 23:12 | Comments(2)

ナツユキカズラの初開花

2015.8.22(土)  晴れ
e0181373_21115892.jpg

 今日のささやかな感動は、青空バックにナツユキカズラの初花を見たこと。来年の楽しみと書いたばかりなのに、ひょっとしたらまだ咲くかも。さて、これからどうなるか、楽しみ!
e0181373_2112841.jpg

 ノボタン・コートダジュールも初開花。ひ弱そうな一番花です。
e0181373_2112343.jpg

 シコンノボタンの方は元気です。ノボタンのよさは、鮮やかな花の色と印象的なシベ。
e0181373_2113179.jpg
e0181373_21131376.jpg
e0181373_21132036.jpg

 花を育てていると、いいことばかりではありません。夏は栽培放棄だなんて言って、怠けていると痛い目に遭います。この夏最大のショック。白絹病が一面に広がっていたのです。
e0181373_21274895.jpg
e0181373_2128046.jpg

 先日から怪しいなと思いつつ横目で見て通り過ぎていた所を、覚悟を決めてのぞき込んだら、シュウメイギク・ホタルブクロ・アジュガなどが白絹病に。もう蕾がついているシュウメイギクも、数本抜きました。葉が緑のまま枯れて、元気なのもすぐにダメに。根元から腐っていくのです。カイヅカイブキの下で、この5月にはいい感じになってきたと喜んでいたのに、クレマチスも枯れそうで心許ないし、2㎡ほどのここが、これからどうなるか、心配。
 もう数年間悩まされていますが、白絹病は酸性土壌で、高温多湿になると発生するそうです。一昨年に友だちが土壌消毒をしてくれたり、土を入れ替えたりもしたのですが(涙) お盆前後から夏バテしたと、ぐうたらしていたツケが回ってきたようです。
 お口直しならぬ“お目直し”に、サンパラソル。一休止していたのがまた咲き出しました。
e0181373_21505586.jpg

 パソコンもどうやら使えます。私が「エーッ!」とイヤな顔をしたのが、功を奏したみたい(笑)
 
by kochira703 | 2015-08-22 21:54 | Comments(8)

シュウメイギク・ダイアナ初開花

2015.8.21(金)  曇り
e0181373_21292794.jpg

 今日一番のときめきはシュウメイギクのダイアナの開花。先日、同じ花壇の白絹病に罹ったダイアナを、挽いて捨てたので、花を見てほっとしました。
 だから今日はピンク(笑) 瓦の間から出てきて、抜いても抜けないサンジソウ。
e0181373_21354254.jpg
e0181373_2135548.jpg

 忘れていても咲き出してくれる球根は有り難い! 昨夜も結構な雨だったので、あちこちにレインリリーが咲いています。
e0181373_21393254.jpg

 この夏に植えたベロニカ・ファーストラブは、強い。切り戻したらよかったのでしょうね。
e0181373_21401168.jpg

 サルビア・コクシネアのピンクの純情可憐。
e0181373_21401918.jpg

 花のように綺麗な色のハツユキカズラの葉。 
e0181373_21403373.jpg
e0181373_21404395.jpg

by kochira703 | 2015-08-21 21:54 | Comments(0)

パーゴラの今

2015.8.20(木)  曇り
e0181373_1312845.jpg

 以前に住んでいた所を息子たちに譲って、私は母屋で義母と同居し始めてから、3年余りになります。インターネットは電波を飛ばしてこちらでも使えるようにしていたのですが、この度のリフォーム工事の関係で、夜は使えなくなっていました。初日はそうと知らずに焦り、2日目はついうっかりとで、今日はいつもと違う時間帯にパソコンに向かっています。
 ひょっとしたら突然またブログがアップされない状況があるかもしれませんが、遊び歩いているんじゃないですよ(笑)工事の関係かと思ってくださいね。 
e0181373_1313869.jpg

 昨冬に作ったパーゴラの今の様子。ソラナムは勢いよく小枝を伸ばして花をいっぱい付けています。反対側かわのツルハナナスはまだ貧弱。
 もう一つのパーゴラにはFさんがくれた西洋アサガオ・スプリットペタルが咲いています。
e0181373_1320340.jpg

 こちらのメインはナツユキカズラなのですが、小さな葉っぱがそれ。来年の楽しみです!
e0181373_1320148.jpg
e0181373_13202376.jpg

 アサガオらしからぬアサガオの種が採れるといいなあ。で、今日はピンクの花を。
e0181373_13261299.jpg

 今日アップの写真は17日のもの。雨やら研修会への外出やらで、ほとんど庭に出ていません。アマクリナムはもう終っているでしょう。
 向こうに残していたゴミもこちらに移動してきて、その片づけも。見てから処分しようとするから、全く進みません。どこを向いてもしなければならないことだらけで、煮詰まっています(笑)
 ハイビスカスらしからぬハイビスカス・ロバツス。夏には珍しい淡い色がいいですね。
e0181373_13262182.jpg
e0181373_13263935.jpg

 まだ遠目には綺麗なカノコユリ。バックの緑はワイルドオーツとアスパラガス。
e0181373_1327396.jpg

 足元の茶色はスイセンノウの枯れたのかな?全ては秋になってから。夏は栽培放棄(笑)
by kochira703 | 2015-08-20 13:38 | 花木 | Comments(4)