<   2015年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

軽井沢旅行2~風の丘しいある

2015.10.31(土)  晴れ
e0181373_2145158.jpg

 「風の丘しいある」のシンボルのタワーには、ツルバラが3階まで伸びてきて、今年は地元の商工会だったかが、ワイヤーを設置してくれたとか。バラの衣装をまとった塔が、たくさんの観光客を呼び寄せてくれるようにと願いつつ、高い塔を見上げました。
 「風の丘しいある」の元は「メアリーローズガーデン」と言い、イギリスで最も美しいと世界中から観光客が集まる「シシングハースト・キャッスル・ガーデン」をモデルにして、バブル期に造られ、バブルがはじけるとともに閉園したのです。今、そのことを書こうとして、シシングハースト城を検索したら、何だか因縁話のよう。廃墟と化した中世のお城を、1930年代に購入してガーデンを再生させたご夫婦がいたのだとか。
 そのことを知らなかったから、雑誌にあった「鈴木美津子さんが紡ぐ 軽井沢の シシングハーストガーデン物語」というタイトルの意味も、正しくは理解できていなかったと思い至り、(好きな花の世界にさえ、知らないことばかり!)と、軽いショックを覚えたことです。 
e0181373_2284661.jpg

 鈴木さんは環境保護の活動もしておられて、園内に山野草の栽培地を作り、将来的には軽井沢や長野の自生種を増やしていくとのこと。アサマフウロの花が一輪だけ咲き残っていました。この花の種をみんなでいただいてきました。まるでゲラニウムのように、花が大きくて華やかです。ウメバチソウにイワシャジン。
e0181373_2253616.jpg

e0181373_2244236.jpg

 ヤマアジサイがいい色をしています。
e0181373_2245459.jpg

 鈴木さんは、大木が伐採されるのを見るに見かねて、移植するボランティア活動もしておられます。大木を移植するには300万円以上の経費がかかるそうです。「しいある」には都庁からやってきたイチョウがあるとか。(窓から見えているのが、そう?) 植物の命を救う、鈴木さんの活動の根幹にあるお話をうかがったのは、浅間山の噴煙も見えるレストランででした。
e0181373_2251486.jpg

 「メアリーローズガーデン」は娘さんがよく連れて来てくれた思い出のガーデン。それを救おうと、鬼気迫るほどの戦いを続けてきたのは、医療事故で亡くなった娘さんに、母は遺された日々を精一杯生きたと言えるように、との思いから。「しいある」の由来を質問したことがきっかけで、事故とその後の壮絶な話をお聞きして、娘さんの愛称を冠したガーデン「風の丘しいある」再生への思いの強さ、深さを知りました。
 
by kochira703 | 2015-10-31 22:52 | Comments(6)

軽井沢旅行1~風の丘しいある

2015.10.30(金)  晴れ
e0181373_21242298.jpg

 ブログが更新されないけど、四国から帰ったばかりだから、まさか旅行じゃないだろうし、どうかしたのかしらと心配してくださった方もおられたかもしれません(そんな訳、ないかな?笑)が、その「まさか」で、帰って来た翌日の朝6時出発のバスで、軽井沢へ行ってきました。
 あわじオープンガーデンの研修旅行で、メインがここ「風の丘しいある」。雑誌『マイガーデン』夏号で紹介されていた、破産・閉園したガーデンの再生に、私財をなげうって取り組んでいるガーデナー鈴木美津子さんのお話を伺うのを楽しみにでかけました。
 既に冬枯れの時季ですから、晩秋の趣き深い庭ではあっても、鈴木さんの説明がなければ地面の下にひそむ球根や宿根にまで想像は到りません。ずっと園内を案内していただいて、植栽の具体的な話やガーデンの歴史を聞き、深い感銘を受けました。
 真っ赤な葉が少し残る並木は、ハナノキという日本固有種のカエデ科の落葉高木。長野県や岐阜県などの一部地域に自生している絶滅危惧種だそうです。
e0181373_2124472.jpg
e0181373_2125275.jpg

 荒れ果てていく閉園後の庭を、のぞき見ては辛い思いをして3年。意を決して並木の向こうの門をこじ開け、中に入って手入れを始めた鈴木さん。もちろん不法侵入を覚悟してのこと。県や農地の所有者らが居並ぶ中での査問委員会などをくぐり抜けて、この庭を買い取ることになったものの、直後に建物の中の高級家具や庭の置物など金目のものをごっそり盗まれ、植えているバラまで掘り盗られるという、信じられないような窃盗被害にも見舞われたのだとか。数々の苦難を乗り越えて、3年前に庭をリニューアルオープンされました。
e0181373_22321092.jpg

 芝生の奥に、樹齢何百年だったかのオオムラサキツツジ。その向こうは佐久平と浅間山。オオムラサキツツジは寒さに弱いのでこれから防寒の手当てをするそうです。ボーダー花壇にはこれから自生種を増やしていく予定だと。花の時季にも来たいものだと思いました。
e0181373_22322080.jpg
e0181373_2232437.jpg

 大きな木は豆柿。
e0181373_22351037.jpg

by kochira703 | 2015-10-30 22:57 | Comments(4)

コキア畑が見頃!

2015.10.27(火)   晴れのち雨
e0181373_21435643.jpg

 昨日から1泊2日で愛媛県の今治へ。まず大阪の妹がバスで当地に来て、それから私の車で池田の実家に寄り、そこから母娘3人の初めての小旅行。時間的余裕のあるシニア世代ならではの幸せです。
 今日の夕方、妹がうちに立ち寄って、案内した畑のコキアの色鮮やかさに驚きました。
e0181373_21441053.jpg
e0181373_21441874.jpg

 この2日間で一気に紅葉しました。最後に植え広げた、栗の木の下のコキアだけは、まだ少し緑が残っています。リフォームが終った息子たちの家を案内して、その時に2階から見えたこのコーナー。木陰の瓦の小道がいい感じでした。自己満足の世界です(笑)
e0181373_21442514.jpg

 フジバカマが盛りを過ぎましたが、今年はとうとうアサギマダラは来ませんでした。
e0181373_21443297.jpg

 エキナセアの苗をもらって植えていたら、いい色で咲いていました。一昨日と今日。
e0181373_21444139.jpg
e0181373_21445049.jpg

by kochira703 | 2015-10-27 22:01 | Comments(10)

レオノチス

2015.10.25(日)  晴れ
e0181373_2101745.jpg

 レオノチス。南ア原産の多年草で、ライオンズイヤーとも。和名はカエンキセワタ。切り戻しをしなかったから、2mほどになっています。下から青空を入れて写すと、個性的な色と形が際だちますが、目の高さだとゴチャゴチャとして美しくありません。
e0181373_210431.jpg

 花を写すにはバックが大事ですね。壁にもたれかかったキャッツアイは、鉢植え。
e0181373_2105145.jpg

 こちらのバックはゴミの山(笑) コキアが色鮮やか。チユウキンレンカには朝晩の寒さが堪えているかも。葉が傷んできました。スズメバチが来ているのをよく見かけます。
e0181373_2116555.jpg

 このノボタン・コートダジュールは、よくアップしてきた、花盛りのコートダジュールと、同じ時に植えたのですよ。ここはハマボウなどの木の根が優勢なのでしょう。
e0181373_21161640.jpg

 保育園が休みの今日の午前中、孫たちが庭に出てきました。ワイルドストロベリーを採って食べる I ちゃん。妹にも食べさせようとしますが、首を横に振るHちゃん。
e0181373_21242466.jpg

 2人してオキザリスの花をちぎって、水を入れたバケツに浮かべ、後は手を突っ込んで掻き回して、嬉々として水遊び。2人の写真をたくさん撮ったから、花は5枚だけ(笑)
e0181373_21243549.jpg

by kochira703 | 2015-10-25 21:37 | Comments(6)

野菊

2015.10.24(土)  晴れ
e0181373_21165083.jpg

 モンゴルノギクは丸亀のHさんからいただいて4年目。色濃いのが目を引きます。 
 キヨスミシラヤマギクは今年もまた気づけば葉が無くなって、茎だけが残っていましたが、そのままにしていたら花が咲きました。野菊の風情はいいものですね。
e0181373_211718.jpg

e0181373_211793.jpg

 タツナミソウもぽつぽつ咲いています。
e0181373_21385038.jpg

  ヒキオコシは満開。
e0181373_21385745.jpg

 500円玉サイズの小さな花を咲かせたコスモスは、こぼれ種で生長したもの。不思議なのは、同じ茎が途中で2つに分かれて、色違いで咲いていること。写真を撮った後に、花色が2色あるのは何故だろうと、茎を見て1本だと確かめたのですが、いざアップする段になると、そんなことってあるだろうかと疑念が生じ、もう一度確かめに庭に行きました、懐中電灯を持って。でも1本だった・・・・???
e0181373_2139548.jpg

 今日は同じ職場だった人たちとの昼食会。1年に1度の会なので、朝から美容院に。めったに行かないのですが(笑) 会が終った後、近くで開かれていた刺繍展を見に行きました。
 このことに関しての面白い話があるのです。
 南阿蘇村に行く前日、刺繍の先生をしている方から電話があって、「あなた長崎に萩の刺繍画の絵葉書出したでしょう?」「福良で○○○○というと、あなたしかいないから」「この23日から刺繍展をするんだけど、長崎から来てくれるんでね」等々、矢継ぎ早に言われ、混乱した頭を整理するために、「長崎の友だちに絵葉書を出したけど、刺繍をしてるって聞いたことない」「山口県の萩で刺繍展があるんですか?」と、言葉を差しはさんでいくうちに、ようやく分かってきました。
 私が長崎の友人に南阿蘇に行く連絡の絵葉書を出したのが、何らかの事情で長崎の刺繍の先生をしている人の手に渡り、その人が洲本で開かれる刺繍展を見に来るので、電話してきたついでに私の絵ハガキの話をしたのだと。
 長崎の友人に会って、開口一番「おもしろいことがあってね」。友人曰く「見せたつもりが、もらっていいでしょ、と言われてね」、「一人で行きます、バタバタしています、直前に電話します、しか書いてなかったからね」という事情でした。
 その絵ハガキは、北海道旅行中に明石の友人から「川﨑(娘の所)へ行くなら、岡田さんという人の刺繍画を見に行ったら」ともらったもの。(夏に東京での展覧会に行ってきました) 
 絵葉書で長崎と淡路がリンクし、さらに北海道やら東京やら、全国展開になりました(笑)
 おまけに、今日の刺繍展で芳名録を見たら、長崎のその方は、私の旧姓と同じで、名前は義理の妹と同じ。ご縁のある方だったんですねえ、 見も知らない人だけど。
by kochira703 | 2015-10-24 23:24 | Comments(4)

アニソドンティア

2015.10.23(金)  晴れ
e0181373_2131997.jpg

 アニソドンティアの花がだいぶ咲いてきました。今年の冬に鉢植えを地に下ろした、3代目です。初めのは何故か突然枯れ、次は台風で倒れました。思わぬことが起きるから、大事なものは、挿し木でバックアップをしておく必要がありますね。
 淡いピンクのアニソドンティアは、水色の空をバックに写すのが、やはり綺麗。でもこれだけ秋晴れが続くのも、困ったものです。地面はカチカチ、掘ったら、土はパサパサ。日照り続きの真夏のよう。
e0181373_2139292.jpg
e0181373_21391077.jpg

 ここはブルーベリー畑の中の花壇。アメジストセージの下の方で、クサボケの花。
e0181373_21411656.jpg

 水色のブルースターのバックの黄色は、庭の小菊の中ではいつも一番に咲く花。
e0181373_21321520.jpg

e0181373_21461390.jpg
e0181373_21462031.jpg

 今日の午後はNさんが来てくれて、畑の仕事。畑の横の黄花コスモスを抜きました。こぼれ種発芽のミニトマトが、遅くから生り始めて、まだ収穫できます。初めは脇芽を取ったり支柱に結んだりしていたのですが、途中から栽培放棄したので、長い茎がのたうっています。それも整理してもらいました。トマトには暑さが幸い。
 するべきことが際限なくある庭仕事です。なんて書くのは、ちょっと疲れているかな(笑)
  
by kochira703 | 2015-10-23 22:30 | 花木 | Comments(8)

庭の紅葉

2015.10.22(木)   晴れ
e0181373_2131917.jpg

 楷の葉が少し朱色に染まっています。植えてから10年くらい、「花は咲かんし、紅葉はダメだし、何でこんなの植えたのか」、「閑谷学校の楷の木の紅葉に感動して、庭に植えたいと思った私が馬鹿だった」と言っていたのですが、このところ紅葉が見られるようになりました。でも昨年は黄色。今年はこれからどんな展開になるのか?
e0181373_2134859.jpg

 全体はまだ緑が青々として、一枝だけしっかり紅葉しています。手前でヤマボウシが紅葉。
e0181373_2135959.jpg

 こちらは夫が挿し木した、小さなヤマボウシの木。
e0181373_21273280.jpg

 ヤマボウシと楷の木の間で、「ランプの妖精」が綺麗な葉色に変化しています。
e0181373_21275045.jpg

 カイやヤマボウシは芝生の東側。西側でシマサルナシも色づき始めています。柿の葉がこんなに綺麗に色づいたのも初めて。例年「庭の紅葉」というタイトルで、2、3回は書いていますが、1ヵ月は早いですね。いつまでも木枯らしが吹かないでいてくれたら、日本列島が明るく彩られるのにねえ! 期待しておきましょか!!
e0181373_2128953.jpg
e0181373_21282914.jpg

 今日、息子一家が戻ってきました。家を出てから2ヶ月と1週間が経っているので、Hちゃんが廊下を自由に行き来し、成長を感じました。I ちゃんは庭に2粒あったワイルドストロベリーを採って、「おいしい」。好きなシマサルナシを指差して「シマサルナシは?」 「あれは、まだ」  
by kochira703 | 2015-10-22 22:01 | Comments(8)

アマリネ開花

2015.10.21(水)   晴れ
e0181373_2017655.jpg

 紅葉にスイッチの入った植物は、暑くても足踏みや後戻りはできないものなのか、草もみじも始まりました。紅くなったコキア畑を見に、通路の奥まで入って行ったら、アマリネの濃いピンクが目に飛び込んできました。15日にNさんとここまで来た時には気づかなかったのに、早やこれだけ咲いているとは! 畑の縁に植えているのですが、葉ばかりであまり咲きません。きっと球根を太らせるだけの栄養がないんですね。
e0181373_20172167.jpg

 コキアは植え広げる時期がマチマチだったので、色づきの違いはそれが原因かと。
e0181373_20273685.jpg
e0181373_20274996.jpg

 コキアをバックにお茶の花。お茶の木を畑の縁に植えています。
e0181373_20281044.jpg

e0181373_20404217.jpg

e0181373_20412837.jpg

 このセージはアンソニーパーカーですよね、多分? 花友だちFさんの庭で捨てられていたのを、もらい受けてきたもの。大きくなり過ぎて他の花の邪魔をするからと、見事に広がっていたのを掘り上げて、数日経っていました。可哀想だからともらったものの、根も乾いていて、ダメもとで植えておいたのですが、半分だけ蘇生しました。
by kochira703 | 2015-10-21 20:43 | Comments(4)

ブルーベリーガーデンの様子

2015.10.20(火)  晴れ
e0181373_20343969.jpg

 このところ急速に紅葉が進んでいます。今朝は、色づいた楷の木の一葉が芝生の上に落ちていて、驚きました。1ヵ月近く早いのでは?
 昨日は大写しの写真ばかりだったので、同じ場所を・・・・白い蝶が舞っているようなガウラ。 
e0181373_20345142.jpg
e0181373_20345712.jpg

 この辺りが一番紅葉しています。植えているのはウェイマウスなどハイブッシュ系。
e0181373_20511065.jpg

 その北側の花壇。昨日と今朝はこの中を片付けた後、庭へのアプローチに植えた多肉植物の手入れ。昨年はほったらかしだったので、春のオープンガーデンには内心恥かしい思いをしていたのですが、知らんぷりを決め込んで(笑) 伸び放題のところに工事業者の出入りもあって、だいぶ傷んでいたから、すっきりしました。
 さらにその後、3時半から5時まで、スーパーの入り口で、タスキと募金箱を掛け、「共同募金にご協力をお願いしま~す」と声を張り上げてきました。民生委員の仕事でしたが、大声を出したので、これまたすっきりしました(笑)
e0181373_20512376.jpg

 次の写真の右上隅が楷の木、左上隅が白木蓮。どちらも色づき始めています。
e0181373_20333888.jpg

 ハクモクレンの木の下と周辺に、キチジョウソウが咲いてきました。今年はまた格別にたくさん花芽が上がっているので、数えたら25本も! ここに植え替えて3年。昨年も貧弱に何本か咲いた気がします。その家に慶事があると咲くと言い伝えられる“吉祥草”。実は毎年咲いているとしても、何かいいことありそうなと思うのは、こころ楽しいものです。
by kochira703 | 2015-10-20 21:20 | ブルーベリー | Comments(8)

ブルーベリーの紅葉進む

2015.10.19(月)   晴れ
e0181373_20244871.jpg

 カシワバアジサイが早くも赤くなっています。秋が早く来たから、紅葉も早いのでしょう。一時はこのまま冬になるのかと思うほどでしたが、季節が逆戻りしたように、今日など日中は汗をかきました。天気予報を聞けない植物はさぞ戸惑っていることでしょう(笑)
 ブルーベリーガーデンで咲いているアメジストセージとパイナップルセージ。
e0181373_2025965.jpg

e0181373_20262193.jpg

 周囲の黄花コスモスは引き抜きましたが、ガウラは直立しているので残しました。咲き終わった後のピンクの花柄もこのところ色濃くなって、蕾や花とのグラデーションが綺麗。
e0181373_20252838.jpg

 ブルーベリーも順に色づいています。
e0181373_20254884.jpg

e0181373_20372773.jpg

 すごーい蜘蛛の巣でしょう! 庭中こんな状態。虫がどれだけいるかってこと(笑)
e0181373_20373714.jpg

by kochira703 | 2015-10-19 20:50 | ブルーベリー | Comments(0)