<   2016年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

不作のクリスマスローズ

2016.1.31(日)  晴れ
e0181373_1947599.jpg

 昨年のブログの写真を振り返って見ると、まるで夢のようにいっぱい咲いていました。それに引き換え今年は(涙) 今年3番目の花を、貴重だから、あっちからこっちから(笑)
e0181373_19481131.jpg

 4番目は、ワインカラーで、ガクが細くて、気に入りの花。他に花芽がありません。
e0181373_19481924.jpg

 中には蕾がたくさんあるのもありますが、これも去年はもっと多かった。
e0181373_19483010.jpg
 
 今日はNさんがタマネギ畑の手伝いに来てくれたのですが、彼女が「今年は水仙が咲かんかったわ」と言うので、「うちもそんな気がする。水仙郷も少ないって」と、天候が関係しているのかもという話になりました。野菜は育ち過ぎて、それはそれで農家には大損害になったようで、植物の生育は自然条件次第だから、難しいところです。
 もっともクリスマスローズは土と肥料の問題だと思います。今年咲くような新しい株には、元気な花芽が上がっているのもあるので。
by kochira703 | 2016-01-31 20:12 | Comments(4)

ようやく梅一輪

2016.1.30(土)  曇り
e0181373_1956783.jpg

 梅の便りも聞こえてくるのに、うちでは紅梅も白梅も蕾が固かったのですが、今日ようやく一輪ほころびました。ボケの横にある紅梅の木です。
e0181373_19561985.jpg

 別の場所でも、夫が挿し木したボケやクサボケが、赤い花を咲かせています。
e0181373_2034445.jpg

 クサボケは日本に自生していて、これを改良して園芸種のボケができたのだとか。
e0181373_1958593.jpg

 ヤブツバキも夫の挿し木。花びらが平開するのと筒状のとがあります。
e0181373_19582262.jpg
e0181373_19583257.jpg

 昨日はよく降りました。庭で使っている洗面器に10㎝近くまで水が溜まっていました。どのくらい雨量があったか参考になるので、通路に置いておくのです。よく乾いていたところに恵みの雨で、これで草木が動き出すことでしょう。
by kochira703 | 2016-01-30 20:25 | 花木 | Comments(6)

シクラメン・コウム

2016.1.29(金)   雨
e0181373_2158829.jpg

 (いよいよ写す花がなくなったなあ、しゃーない葉っぱでも写そか)と、まずは寒さで一段といい色になったコプロスマから。挿し木をして、所々に植えています。
e0181373_21584648.jpg

 ハツユキカズラが木登りを始めました。すでにシマサルナシやら蔓バラやらに纏いつかれたたアンズの木なので、一段と弱っていくかもしれません。でもまあ、いいのです。
e0181373_21591785.jpg

 と、庭を回っていたら、見つけましたよ、今日の感動!
e0181373_22112029.jpg
e0181373_22113173.jpg

 シクラメン・コウムが咲いていました。小さくて可愛い!
 丸亀のHさんに年末にいただいたのを、下手に植え替えなどしない方がいいだろうと、ポットのまま植木鉢に入れておいたのです。種蒔き名人Hさんは、多分これも種まきから育てられたのです。
by kochira703 | 2016-01-29 22:22 | Comments(4)

ラケナリアの小さな蕾

2016.1.28(木)  晴れのち曇り
e0181373_2162710.jpg

 先日頼んでおいたもみ殻堆肥15袋を、Haさんが軽トラで運んできてくれました。一緒に庭まで運び入れてもらってから、ランチに。
 その前に庭を一巡している時に、ラケナリアの蕾がで出ているのを見つけました。Naさんからもらった球根の小さいのを埋めておいたのですが、小さいなりに健気に花を咲かせようとしています。ここはシマサルナシガーデンの、ビオラやクリスマスローズの花壇の中。
e0181373_2164071.jpg
e0181373_216585.jpg
e0181373_217146.jpg

 プリムラが3年目の開花。写真ほど青くはないのですが、いい色をしています。
e0181373_2181025.jpg

 午後から堆肥を撒きました。まだ足りないくらいですが、今年はこれで終り。
by kochira703 | 2016-01-28 21:24 | Comments(6)

諭鶴羽登山

2016.1.27(水)  晴れのち曇り
e0181373_2021979.jpg

 今日はトップに、水仙の群生の向こうに光る海と沼島(ぬしま)の写真がくるはずだったのに・・・・この沼島は淡路の最高峰の諭鶴羽山(ゆずるはさん)からの下り道で写したもの。
 思いもかけない展開になったことは、後回しにして、まずは山好きの友人夫妻に連れられて登った諭鶴羽山の写真から。
 黒岩水仙郷の近くにある登山口から、諭鶴羽神社への表参道を登る予定でしたが、表参道への入り口を見落として、近畿自然歩道に車で入ってしまいました。ミカン山の細道になり、戻るに戻れず、5.7kとある道の半分近く進んで初めて、車を止められる場所が見つかったので、そこに駐車。歩いて頂上を目指しました
e0181373_20311922.jpg

 頂上近くの神社。かつては熊野三山と並ぶ、修験道の聖地として栄えたのだとか。枕草子にも「峰はゆずるはの峰・・・・」とあるように、その隆盛は都にも響いていたそうです。
e0181373_2031273.jpg

 はるか昔に、諭鶴羽山系の北側の登山道から登ったことはあるのですが、南側からは初めて。地元でありながら道を知らないのでした(汗) 
 写真の左、道の曲がった先に人が歩いていますが、この森の大きさを想像できると思います。木の名前は皆目分からないのですが、照葉樹がほとんど。鬱蒼として日も当らないのか、下草がほとんどなく、オモトやシダが所々に見えるぐらいです。
e0181373_20315859.jpg
e0181373_2032975.jpg

 近畿自然歩道を歩いたので、「のんびりとハイキングのようだ」と、友人。話をしながら下りてきて、次はさあ水仙郷だと、勇んで出かけたら、「雪のため閉園」という札がぶら下がって、入り口にも鍵が掛かっています。見上げても、水仙の白い花が見当たりません。
 遠く広島からこのために来てくれたのに、申し訳なさに言葉もありません。帰ってきてホームページを見たら、25~27まで臨時休園、明日から再開とのこと。ただ今年は花が少ない上に、雪で倒れているので500円を300円にするとありました。
 あの大雪の時に、メールで「日頃の行いがいいから、天気はばっちりだね」と喜びあったのですが、この始末。「我々の行いのよさも、この程度なんだね」と、苦笑いをせざるを得ない今日でした(笑) 
 今夜も夕食を共にして、お二人は淡路でもう1泊。久しぶりに諭鶴羽に登れて、一緒に楽しい時間が過ごせて、心から感謝! 
by kochira703 | 2016-01-27 21:54 | Comments(6)

冬咲きクレマチス

2016.1.26(火)  晴れ
e0181373_20423736.jpg
e0181373_20424755.jpg

 友人夫妻と淡路人形座で待ち合わせて、戎舞(えびすまい)を観たあと、庭に案内。見るべき花はほとんどなくて、冬咲きクレマチス・アンスンエンシスぐらい。クリスマスローズも花が遅いと思っていたら、もう一度葉を切ってみたら、花芽があまり見当たりません。何の加減かな?やはり土かな?植えっぱなしではあるし、管理ができていないのは確か。去年はよく咲いたので、今年はもっとよくなるのかと思いきや、残念、右肩上がりではなかった(笑)
 遠来の客が目を留めたのは、エリシマムの花の綺麗な紫。
e0181373_20425874.jpg

 ジャノメエリカも濃いピンクになっていました。咲き始めの頃は淡いピンクだったのが、これも寒さで色濃くなっていくのですね。
e0181373_20441366.jpg

e0181373_20433746.jpg

by kochira703 | 2016-01-26 20:57 | Comments(4)

リース作り

2016.1.25(月)  曇りのち晴れ
e0181373_19532055.jpg

 朝9時のメダカの鉢。氷の上に粉雪がうっすら積もっていました。庭を歩くと、やはり積雪で植物が傷んでいました。よく多肉のきれいな時を見てもらったもんだと。黄水仙も綺麗だったのに、四方に倒れてがっかり。明日は広島から友だちが来るというのに、水仙郷も同じようかもしれません。期待外れが申し訳ない気分。
 今朝の自室は昨日よりも寒く、何と3℃! こんな低温と積雪では、ダメにしてしまった植物がありそう。寒波の予報を聞いても急いで防寒の手当てはしなかったし、もともと暖冬だと油断もしていたし、でも後悔先に立たず。
e0181373_19534030.jpg

 午後には晴れてきたので、芝生の上のシマサルナシの蔓でリース作り。くるくる互いに巻き付いた蔓を輪にして、他の蔓で留め、隙間に天然ドライの実や花を差し込むだけ。
e0181373_19535249.jpg

 左のリースにはウバユリ、シラン、ラベンダーの葉、青花ホオズキ、アヤメ。右のリースにはアメジストセージの花、タカサゴユリ、ウバユリ、青花ホオズキ、ルドベキア・タカオ、サルスベリ、シラン。ウバユリ以外は庭で採れた実です。純ナチュラルリースです(笑)
e0181373_19541110.jpg

by kochira703 | 2016-01-25 20:37 | シマサルナシ | Comments(0)

うっすらと雪化粧

2016.1.24(日)  雪
e0181373_21124914.jpg

 こんな寒い日に新年会。9時前に帰ってきたら、自室は4.6℃! 「風の通る庭」ならぬ「風の通る家」です(笑) 
 日中も雪が舞い、うっすら積もっては消え、積もっては消えを繰り返しました。ガーデンルームの「ランプの妖精」が満開。もう蕾もないほど咲き切ってしまいました。
e0181373_21115089.jpg

 庭の様子です。アップして、今気づいたのですが、外の写真が変ですね。寒過ぎて何かおかしいのでしょうか?普通に写っているコルジリネだけは2時、他のは4時過ぎに写しています。カメラの画面では何ともないのですが・・・・?
e0181373_2112917.jpg
e0181373_21122094.jpg
e0181373_21122979.jpg

 池田の実家に電話したら30㎝くらい積もっていると! 暖冬から一転して厳寒。極端すぎますね、近頃の気象は。各地におおきな被害がなければいいのですが
by kochira703 | 2016-01-24 21:30 | Comments(4)

地植えの多肉植物

2016.1.23(土)   曇り一時雨
e0181373_2004734.jpg

 リフォーム工事の時、重いものを運ぶ人の出入りで、狭い通路に植えた多肉植物が、だいぶ傷みました。工事が終ったのが10月中旬だったので、その後に手直しをして、千切れたのを挿したのですが、何と早や花が咲いています。
 後ろの赤い塊りは、地面ではスマートに立っています。これもティンカーベルも、倒れた時には既に花芽ができていたのですね。その先を挿したから、いきなり花(笑)
e0181373_2014218.jpg

 この多肉は名前が分かりませんが、とにかく強靭。これで開花なのか? 蕾なのか? 植えて6年近くになるけど、あまり花の記憶が残っていないのです?!
e0181373_2015062.jpg

 傷んだおかげで、昨年は手入れできずにオープンガーデンを迎えて恥かしかったのですが、今年の春は多少マシな姿でみなさんを迎えられます。
e0181373_20191698.jpg

 寒風にさらされている、壁のティンカーベルは、地植えのより色濃く、花びらも縮みかけ。
e0181373_20193295.jpg

 軒下の通路脇に、水やりをしなくてもいいものを植えようと思って、ダメ元で始めた多肉植物の地植えも、すでに6年近く。邪魔になってカットしたものを、ちょんと挿しておくと根が出るのですから、簡単に広がります。隣家との間が狭くて、陰になって、日はわずかしか当たらない劣悪環境ですが、元気に育っています。
e0181373_20262295.jpg
 
by kochira703 | 2016-01-23 20:51 | Comments(6)

シマサルナシ剪定

2016.1.22(金)  小雨のち曇り時々晴れ
e0181373_204537.jpg

 植木屋さんにシマサルナシの剪定を、第1希望25日、第2希望22日で頼んでいたのですが、川崎にいる時に、天気が悪そうだからと電話があって、今日に決めました。
 剪定前のシマサルナシ。まだ葉が残っていると植木屋さんが驚いていました。蔓の切り口から水がにじみ出ていたので、まだ活動しているのですね。
e0181373_205921.jpg
e0181373_2051810.jpg

 剪定をしているけれど、もう蔓は要らないかと、宝塚のFさんにメールしたら、今日は空いているからとすぐにやってきました。すぐと言っても、車で1時間半。植木屋さん「高いもんにつくなあ」と、呆れ気味(笑)「高速代がねえ!まあ趣味って、お金かかるよ」と、私。
 今季もまた実がならなかった、棚のシマサルナシ。これまでより短く切ってもらって、本数も減らして、生い茂るのを防いで、リン酸肥料をやってみようと思いますが・・・・それでも実がならなったら、撤去も視野に入れざるを得ません。10数年格闘してきたのですから。
 剪定には来週もう1日来てもらいます。以前はこの作業を、Nさんに手伝ってもらって、1週間も2週間もかけてしていたのですが、もう体力も気力もありません。
e0181373_20445577.jpg

 植木屋さんが帰った後も、さすがに疲れたわと思いつつ、惰性で花の間の落葉を拾っていたら、写真を撮るのを忘れていることに気づき、あわてて1枚。花友だちが植木鉢のカバーを作るというので、長めのを残しています。明日来ることになっているのですが、天気が心配。手前にはリースが転がっています。リースも巻く予定。
 
by kochira703 | 2016-01-22 20:56 | シマサルナシ | Comments(10)