<   2016年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

3年目のナツユキカズラ

2016.8.31(水)   晴れ
e0181373_23322531.jpg

 今朝の6時41分。勝手口から庭に出る時にまず目に入る景色です。ニシキギの葉の向こうにナツユキカズラの白い花がきれいになってきました。
e0181373_2332342.jpg

 今年で3回目の花。来年はこのパーゴラいっぱいに、夏の雪のように花咲くでしょうか?
e0181373_2332447.jpg

 台風の端っこの風が、高く育ち過ぎたアニソドンティアを倒していきました。いったん南下した後Uターンした台風が、初めて東北に上陸し、東北や北海道で甚大な被害をもたらしているという、まさかの事態が起こっています。思っても見ないような自然災害が、次々と発生するのには、あ然とするばかり。被災地の方々の心痛や苦労を思うと辛いですね。
e0181373_23325649.jpg
e0181373_23331188.jpg

 アニソドンティアが本格的に咲くのはこれからですが、根が浮き上がった木はもうダメかも。枝を切りつめて、挿し木もしてみるつもり。下敷きになっていたのはガウラ。ガウラはブルーベリー畑の間に、大株が2つ。ピンクのガウラも咲きました。
e0181373_2333254.jpg
e0181373_23333720.jpg

by kochira703 | 2016-08-31 23:59 | Comments(6)

地植えの多肉植物

2016.8.30(火)  晴れ
e0181373_23221011.jpg

 これまでいつも枯らしていたミセバヤが花を咲かせているのに気づきました。2茎だけですが、何回か育てて初めてのことなので、嬉しくなります。ヒョロっと垂れていたのを、隣の鉢にもたれさせて写したのですが、ミセバヤって垂れて咲くものなのですね。失敗!(笑)
e0181373_23222671.jpg

 昨年石垣島でNさんが買ってきたセイロンベンケイソウ。少し大きくなりました。
e0181373_23344065.jpg

 ウサギの耳はマダガスカルが原産のベンケイソウ科。以上3点ベンケイソウ。
e0181373_23225278.jpg

 さて、地植えの多肉植物ですが、今年の低温や雪で、大きくなっていたのが傷んで、カットしました。その後何とか回復しています。とは言え、夏の暑さと雨の無さで傷んでいます。
e0181373_2323454.jpg
e0181373_23231073.jpg

by kochira703 | 2016-08-30 23:58 | Comments(0)

アガパンサスのオブジェ

2016.8.29(月)  雨のち曇り
e0181373_22315173.jpg

 遠雷で目が覚めて、庭に出ようかどうしようかと迷っているうちに、雨が降り出し、しばし雷鳴も。台風10号の余波の雨でしょうか、頃合いに降ってくれて、庭も私も潤いました(笑)
 雨上がりに庭に出て、アガパンサスの枯れた花が、いいオブジェになっているのを発見。
 これまで枯れて色褪せて見えていたのが、雨に濡れて、いい色合いで発色しています。
e0181373_22335444.jpg
e0181373_22342129.jpg

 これはメインガーデンのアガパンサス。他の場所では、結実しています。何の違い?
e0181373_22363183.jpg

 アガパンサスとコルジリネの葉が、例年よりひどく焼けました。カットしなきゃ!
e0181373_22384997.jpg

by kochira703 | 2016-08-29 22:56 | Comments(2)

ツルボとルリスズカケソウ

2016.8.28(日)  晴れ
e0181373_2346486.jpg

 ツルボの開花に気づいて何日か経ちました。まだ1本だけ。これからにょきにょき出てくる(かな?) 夕方に写したので、色が実際と違いますが。
 ルリスズカケソウはずい分と前に咲いたのですが、写す機会がなく今日に。同じ穂の形をした花で並べてみましたが、構造は全然違っていますね。
e0181373_23462075.jpg

  今日は「南あわじ音楽祭」に行ってきました。東京フィルのチェリスト金木博幸さんが音楽監督をされて、毎年この時期に室内楽コンサートが開催され、今年は5年目。音楽のことは(も)よく分からないのですが、金木さんのチェロ、黒木岩寿さんのコントラバス、伝田正秀さん、藤江扶紀さんのバイオリン、その「超絶技巧」の独奏に感動してきました。素晴らしい音楽で、このところの多忙が癒されました。
 一緒だったNさんが、今になって花がどんどん枯れている、これまでの苦労は何だったのか、初めからやらん方がカシコイかも、と嘆くのを聞いて、毎日水やりをしてもそうなのかと、少々救われた気分(笑)
by kochira703 | 2016-08-29 00:14 | Comments(4)

ルエリア開花

2016.8.27(土)  曇りのち晴れ
e0181373_22122592.jpg

 2年目の花を咲かせた、矮性のルエリア。リュエリアと言うのと、どちらがいいのか?
e0181373_22124495.jpg

 「岳人の森」へ行く途中の道の駅で、Haさんが買って来てくれたもの。純白の花が清々しいのですが、残念なことに短い命。3時頃には花が落ちます。
 もう1種類あって、10年近く前に、月1で集金に来ていた方を庭に案内して、何か花苗を差し上げたら、お礼にと持って来てくれたものです。地植えで育っています。
e0181373_22125746.jpg

 昨夜の雨で、植物も私も一息つきました。扇風機さえ要らない夜です。
 実家の母と弟家族が来てくれて、 I ちゃんやHちゃんも加わり、賑やかな昼下がりでした。
by kochira703 | 2016-08-27 22:28 | Comments(4)

今日の感動~サクララン

2016.8.26(金)   晴れ
e0181373_21582913.jpg

 サクラランが今年3回目の開花。咲きそろった姿を主に見せようとしてか(笑)
 観葉植物の寄せ植えを、「管理できないから、お世話してやって」と、花友だちが持って来てくれて3年目。メインに植わっていた、綺麗な葉物類は枯れたので、あり合わせのものでカバー。ホヤと聞いた蔓性の植物は丈夫で、長くなったのを丸めていたら、今年になって花が咲きました。サクラランと言うようです。花の色と形からのネーミングだろうと思いますが、あるいは新しい葉の桜色も関係あるかも。
e0181373_21583820.jpg
e0181373_21584781.jpg

 昨夜、帰ってきました。娘と孫も一緒です。台風9号の接近で予定を1日早めて、21日にバタバタと出発しましたが、大正解。翌日は1日外に出ず、嵐を窓の外に眺めて過ごしました。各地に大きな被害も出たようで、荒れた天候に悩まされますね。当地に雨が降らないのも異常事態と、ため息をついていたら、夜になって夕立。音を立てて雨が降りました。本当に本当に恵みの雨です。梅雨明け以降、全くと言っていいくらい降っていないのですから。
 さて保育所の件ですが、23日に説明会。その場で申込書に記入して、書類審査するのでしょうね、その日の2時までに、面接に進む人だけに電話をすると言われて、娘が帰宅してきました。ところが2時になっても3時になっても連絡が来ない。頼みの綱の保育園に入園できなかったら、4月からどうすればいいのか、正に「日本死ね!」の世界でした。
 ストレス極まっていた3時半、電話がかかってきて、25日10時50分から面接。終了後、入園を認めてもらいました。けっこうな倍率だったようです。これで安心して日を送れます?!
by kochira703 | 2016-08-26 22:57 | Comments(6)

センニンソウ

2016.8.20(土)  晴れ
e0181373_23322784.jpg

 日本に自生するクレマチス、センニンソウの白い花。鳥からのプレゼントか、見慣れない葉にセンニンソウの花が、昨年から咲き始めました。イヌエンジュの長い剪定枝を差しこんで支柱がわり。山野の花らしく自然に絡ませたいのですが、近くに適当な木がありません。
e0181373_23323634.jpg

e0181373_23324425.jpg

 サルビア・ガラニチカとルドベキア・タカオ。
e0181373_2332525.jpg

 娘と孫のお伴をして、明日から川崎に行ってきます。生まれる前に保育所見学をいくつもして、申し込みをしていた1つの保育園から、入園説明会と面接の連絡があったのです。認可保育園についてはまだ先のことなのですが、入れるかどうか・・・・無理の方が勝っていそうなので、無認可保育園の専願で決めて、来年4月から職場復帰したいと考えているようです。
 言葉として知っていた待機児童問題の渦中です。
by kochira703 | 2016-08-20 23:58 | Comments(4)

やっぱり白絹病!

2016.8.19(金)  晴れ
e0181373_22583994.jpg

 水不足のせいだと思いたかった、枯れたシュウメイギク。枯れた茎を引っ張ると、ああ、やっぱり白絹病! これまで白絹病が出ていなかった場所なのですが、シュウメイギクの地下茎を通じて、広く罹ってしまいました。もっと早い時期に見ると、白い絹の糸のような菌糸が見えます。これが茎を腐らせるのです。白い粒は菌核と言って、この状態で冬を越し、高温になると再び広がっていく、厄介な病気です。
e0181373_2259488.jpg
e0181373_22591444.jpg

 他にもそうだろうと思われる箇所がいくつかあります。この頃は諦めて無駄な抵抗はしないことにしていますが、ただ事後処理として、枯れた茎や根をゴミ焼却処分し、菌核を含む土は取り除き、畑を深く掘って埋め込み、後に苦土石灰を撒いておきます。菌核は白いとまだ目に見えますが、これが茶色に変色すると、土と同化して、取り除きようがないのです。
e0181373_23184230.jpg

 今年はこぼれ種で庭のあちこちからこの葉が出ていて、どんな花が咲くのか心待ちにしていましたが、可愛いピンクの小花。ゲラニウムなんだろうなと思っています。
 春にHaさんが自宅の庭から持って来て植えてくれました。5月ごろ一面真っ白に咲くらしいのに、今頃に初開花した花の名を教えてもらわなきゃ。
e0181373_23185217.jpg

 ジュズサンゴの赤くなる速度が遅いのは、暑いから?
e0181373_2319383.jpg

by kochira703 | 2016-08-19 23:27 | Comments(6)

ソラナム・ラントネッティ満開

2016.8.18(木)  晴れ
e0181373_2354741.jpg

 2,3日前から気忙しくツクツクホウシが鳴き立てていますが、早く秋にならないものか。台風は当地には雨を運んでは来てくれず、水やりに追われます。猛暑の中でもソラナムとシコンノボタンは元気。紫が青空に映えます。
e0181373_2355944.jpg

 変哲もない花ばかりですが、花のシーンを探して撮ってきました。
e0181373_2362815.jpg
e0181373_236394.jpg
e0181373_2364962.jpg

 棚上げにしていた民生委員の仕事も、少しずつスタートさせ、忙しい忙しいと言いながら、相変わらず走り回っています。
by kochira703 | 2016-08-18 23:23 | 花木 | Comments(4)

孫3人との生活

2016.8.16(火)   晴れ一時小雨
e0181373_2253520.jpg

 荒れた庭の中に、アマクリナムの淡いピンクの花を見ると、ほっと癒されますが、この猛暑では短命です。今年7本目の花。枯れた葉を片付けるとすっきりするのでしょうが・・・・
e0181373_22532335.jpg

 こぼれ種で存続しているサルビア・コクシネア。愛らしい花ですが、強くて、大の気に入り。 
e0181373_22533683.jpg

 昨日は(も)大忙し。大阪の妹夫婦が来て、娘婿が帰り、近くに住む姪が来て、Wちゃんを中心に賑やかに過ごしました。娘婿はこれから1ヵ月、インドに出張するので、その間、娘とWちゃんは淡路に滞在します。保育園が休みの今日は、 I ちゃんとHちゃんが「Wくんのお世話をする」と言って、しょっちゅう顔をのぞきに来ていました(笑)
by kochira703 | 2016-08-16 23:18 | Comments(6)