<   2016年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

10月最後の庭

2016.10.31(月)  晴れのち曇り
e0181373_21411164.jpg

 この方向から写すことはまず無かったのですが、倒れていたジャスミン・ホワイトプリンセスの壁が撤去され、その下の枯れたのや雑草も片付けたので(笑)
 中央のはストレリチア(極楽鳥花)。10年以上前に植えてから、初めて肥料をやったので、大きくなっています。花かなと思う茎があるので、来年が楽しみ(?) 開花期は5~10月だそうです。後ろのアマクリナムはまた蕾を上げています。花数が増えたのも肥料をやった効果でしょうね。肥料もやらず、カチンカチンの土で育てようったって、無理。そう分かってきたこの頃(笑) 守備範囲が広いから、少しずつ鍬を入れていきます。
 リンドウの青紫はいいなとカメラを向けていて、奥の紅白が微笑ましくなりました。
e0181373_2142393.jpg

 赤は勝手に生えたベゴニア。隣家との溝から毎年何mかずつ進んで、ついに花壇に入ったのです(笑) 白のホタルブクロは数㎝の丈で、今頃開花!
e0181373_21425313.jpg
e0181373_21421797.jpg

 勝手に育ってくれるのって好き。今日はそれがテーマと、見て歩いていると、今度は西洋アサガオ・スプリットペタルが咲いていて、これにはちょっと感動。ナツユキカズラのパーゴラの下に植えようと、昨年種を採ったのに、それをどこかに置き忘れるという、毎度の失敗。それがこぼれ種で遅くに発芽していたのですね。アッパレ! (黄色はバラ)
e0181373_2244459.jpg

 しかし思えば庭中が、勝手に育ってくれる“つわもの”で成り立っているよと、方向転換(笑) 明日からWちゃんの顔を見にいくので、秋の庭の景色を撮ることに。
 シュウメイギク、ホトトギス、オキザリス、マーガレットコスモスはまだ健在。
e0181373_2294692.jpg

 点在している紫はダンギク。こぼれ種であちこちから。
e0181373_2210385.jpg

 別の場所のオキザリス・ボーウィもいい感じで咲き、もう1本のノボタン・コートダジュールが開花を始めました。ここにもマーガレットコスモス。
e0181373_22101712.jpg
e0181373_2210369.jpg
e0181373_22104959.jpg

 今回は長居せず、この週末には帰ってきますので、またよろしく。
by kochira703 | 2016-10-31 22:34 | 宿根草・球根植物 | Comments(10)

キイジョウロウホトトギスとマツムラソウ

2016.10.30(日)  晴れ
e0181373_2046631.jpg

 米原で見てきたキイジョウロウホトトギスが、我が庭にも咲いたのですよ。でも残念ながら、私が育てたのじゃあない。18日に蕾のついたのをもらったばかり。
e0181373_20463189.jpg

 株分けして植え替えたばかりだから、このままで来年も大丈夫だと、何とも気前のいい方は、丸亀のHさん。つまり置き場所に気を配りさえすれば、来年も花が見られて、その時にアップするのが、私の流儀(このブログはいただいた方への報告も兼ねています)。でもそうできるかどうか、何でもいいかげんな私は、山野草を育てる自信がないのです。
e0181373_20464931.jpg
e0181373_20465965.jpg

 ふっくらと丸みを帯びたフォルム、うつむいて咲く淡い黄色の花色、花びらの内側の斑も控え目で、「上﨟」と呼ばれるにふさわしい上品さです。
 うつむいて咲く筒状の花で、黄色い花びら、内側には臙脂色という点で似ていると、キイジョウロウホトトギスの横に、マツムラソウを一緒に並べてみました。
 キイジョウロウホトトギスはユリ科ホトトギス属で、マツムラソウはイワタバコ科マツムラソウ属なので、共通項はないのですが。
e0181373_21152626.jpg
e0181373_21153591.jpg

 マツムラソウをしゃがんで下から撮るのですが、シベが全然写りません。ちょっと失礼と持ち上げてみたら、上にへばりついていました。白いシベがアクセント。縁取りが可愛いですね。「上﨟」に対して、こちらは「町娘」かな?
e0181373_2119520.jpg

 昨日今日と家の植木屋さんが来て、道路に面した所と前栽を剪定してくれました。これで大きな剪定が終了。
by kochira703 | 2016-10-30 21:29 | 宿根草・球根植物 | Comments(5)

ラ コリーナ近江八幡

2016.10.29(土)  曇り一時雨
e0181373_2049833.jpg

 何で見たのか、和菓子の「たねや」が途方もないものを造っているらしいと、頭の隅に残っていたので、帰路に立ち寄ってみました。広い駐車場にまずびっくりしましたが、壁になっている生垣の間をくぐると、目の前にはまるで異空間が広がっていました。
 建物の中はショップ。行列を横目で見て奥に進むと、更に驚くべき、見たこともない光景。そのスケールに圧倒されてしまいました。「ジブリの世界やね~!」
e0181373_20515376.jpg

 右手方向にあるのがオフィス。(多分ですが)叩いて凹凸を付けた銅板で葺かれた塔が、きらきらと渋く光っていました。傾いた柱の上には芝生の屋根。
e0181373_20502617.jpg

 メインショップの建物を出て正面。稲田に石のモニュメント。
e0181373_20505248.jpg

 左手には回廊が続きます。
e0181373_20511712.jpg

e0181373_21275011.jpg

 大体この辺りが一番奥ですが、まだまだ施設は拡張する様子。笹竹を組んだトンネル。土壁のモニュメント(?)では、幼子が何度も壁の間を行ったり来たりして遊んでしました。
e0181373_21284443.jpg
e0181373_21285912.jpg

 屋根やモニュメントの上に植えられた松の木らしきは、これからどうなっていくのだろう、芝生の屋根の管理はどうするのだろうと、帰る頃には少々醒めた目で景色を眺めていましたが、そんな心配している人間には、異次元の世界ですね。
e0181373_21413536.jpg

 壁にはお菓子の型のディスプレイ。
e0181373_21402556.jpg

by kochira703 | 2016-10-29 21:50 | 花巡り | Comments(10)

ローザンベリー多和田 3

2016.10.28(金)  雨
e0181373_21291645.jpg

 写真の大きな道をまっすぐ進むと、スタート地点に戻ります。右に入っていくとブルーベリー園やら牧場やらが、遥か先まで広がっていましたが、様子を望見して元に戻りました。
 広大な敷地に目を届かせるのは大変なことだと思いますが、まだ更に新しいエリアができるのだとか。また花の季節にも来たいねと言いながら歩きました。
e0181373_21293784.jpg

 ここはカフェだったか? 紅葉やバラの赤い実が白い壁に映えて、いい雰囲気!
e0181373_21302124.jpg
e0181373_21303315.jpg

 この向かい側にあるレストランで、野菜をメインにしたバイキングを食べて、ここに来た記念の植物をショップで物色して、次は「ラ コリーナ近江八幡」へ。それはまた明日。
 
 昨日取り除いた栗の切り株。手前側は私が何日もかけて掘ったり挽いたりした部分。肩や腕が痛くなって諦めかけていたのを、ものの2、30分で掘り出してくれました。「半分以上してくれてたさかい、大したことないで。どうしても掘ってくれと言われた時には、こうするけどな、まあ大変やわ。それを自分でしようというのがスゴイ」と、褒めてもらいましたよ。
e0181373_21504829.jpg

 疲れていた昨夜はぐっすり眠り、さらに今日は雨が降ったり止んだりで、骨休めデー。すっかり疲れが取れるはずが、また久しぶりのピラティスに行き、また疲れてきました(笑)
 楷の木の落葉。全体は緑の葉が青々なのですが、2、3ヵ所で赤い葉が目に付きます。この木が色づいた時には、全木黄色だったのですが・・・・?
e0181373_21511697.jpg

by kochira703 | 2016-10-28 22:13 | 花巡り | Comments(5)

ローザンベリー多和田 2

2016.10.27(木)  晴れ
e0181373_2153226.jpg

 昨日アップしたのは、山野草と宿根草の庭。その林の中を抜けると、シャガが一面の庭があって、更に奥に入って右に出ると、池を一周できる小道があります。
e0181373_2153239.jpg
e0181373_21533884.jpg

 左手はローズガーデンとキッチンガーデン。ススキと野茨の赤い実の垣根が、森の端。
e0181373_21541524.jpg

 反対側は石垣。イギリス・コッツウォルズ地方の積み方だとか。ただ石はこの地に合うように、阿波の青石が使われているそうです。
e0181373_2158848.jpg
 
e0181373_21544629.jpg

 バラの時季には一段とイングリッシュガーデンの雰囲気が増すことでしょう。
e0181373_22122256.jpg
e0181373_22123735.jpg

e0181373_22151127.jpg
e0181373_22153047.jpg

 今日は植木屋さんに来てもらって、一日庭仕事。コニファーを除去してもらったので、私も切った枝を受け取る役をしたり(下に咲く花を守るため)、運んだりと、それなりに一緒に動いたので、疲れて居眠りしながら書いています。途中だけど、これで終わります。
by kochira703 | 2016-10-27 22:25 | 花巡り | Comments(6)

「ローザンベリー多和田」1

2016.10.26(水)  曇り
e0181373_2051115.jpg

 花友だち4人で米原にあるガーデン・「ローザンベリー多和田」に行ってきました。13000㎡の広大な採石場跡を、そこにあった調整池や樹木を生かしながら、バラと宿根草のガーデン、羊の放牧場、ブルーベリー畑、体験工房、レストランなどがある観光農園に再生していったのは、ガーデニング好きの主婦だった女性だというから驚きです。
 ガーデンの入り口付近から、右手方向(写真1枚目)と左手方向(2枚目) 
 ヒマラヤ杉とメタセコイアの巨木が圧倒的。こちらのオーナーが花友だちFさんの知り合いで、園内を案内してくださったのですが、メタセコイアの落葉が絨毯のように降り敷き、枯れ枝に雪が積もる頃もまたいいのだとか。 
e0181373_20513889.jpg

 レンガの門柱の間から中に入ると、シュウメイギクが迎えてくれました。カシワバアジサイの葉が色づき始め、ススキの穂も美しい、素敵なナチュラルガーデンです。
e0181373_20521964.jpg
e0181373_20524437.jpg

 林の中の小道は土がふかふか。サラシナショウマも咲いています
e0181373_2115598.jpg

e0181373_21322337.jpg

 アサギマダラが飛んできて、しばし楽しませてくれました。
e0181373_21151576.jpg

 このキイジョウロウホトトギスが咲いていた時は見事だったことでしょう!林の中のこの位置に、ずっとこのままで生長しているそうです。
e0181373_21154040.jpg

e0181373_21371074.jpg
e0181373_21372376.jpg

 ヒマラヤ杉が大きくなり、少し減らしたという切り株の上に、花が植わっていました。チキンネットとココヤシファイバーを使っているだけだということです。あなたも切り株を残しておけばよかったのにと、皆は言うのですが、そんな思いつきができるガーデニング知識は、残念ながら無いなあ! 横の大きな葉は山の雑草のタケニグサ。
e0181373_21374875.jpg

 整地した時に出てきた岩を組んで、調整池への用水路だったのを、自然な流れのようにしたそうです。
e0181373_2154377.jpg

 通ってきた林を振り返って。
e0181373_21551186.jpg

by kochira703 | 2016-10-26 21:59 | 花巡り | Comments(6)

オキザリス

2016.10.25(火)  曇り
e0181373_21153860.jpg

 ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストの小花と一緒に綺麗に咲いているのは、私の強敵オキザリス・ボーウィー(笑) これまでに2度も、ブルーベリーの株元に何もないようにと、全部の葉を引きむしったのですよ。ブルーベリーの根があるから掘り返せないので、抜くのは困難なのです。でも球根もかなり除去したつもりが、これですから困ったもの。
e0181373_2117645.jpg

 反対サイドから写しました。過去最高ぐらいに咲いて、敵ながらアッパレ(笑)
e0181373_21155258.jpg

 畑の奥からも写しました。雑草を引いた後に、今年は鹿沼土を撒いてみました。根が露出していたので、とりあえず。テッポウムシの点検もしたという目印のつもりもあったのですが、気づけばその後も被害が出ています。これこそ本当に困った!
e0181373_21161154.jpg

 石は、先日タイサンボクの下の花壇から掘り出したものです。こうして放置しておくと砕けていきます。
e0181373_21162295.jpg

 白のオキザリスは一時広がっていましたが、結構少なくなりました。花はとても好きなのですが、これも脅威の繁殖力。
e0181373_21163150.jpg

by kochira703 | 2016-10-25 21:39 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

マツムラソウ再び

2016.10.24(月) 晴れ
e0181373_2082918.jpg

 10月6日に下から2輪が開花していたマツムラソウですが、その後は蕾が膨らまず、これで終わりかと思っていたら、上の蕾に先日から黄色が見えてきました。今日は綺麗に開花です。長い花穂の中間で咲いていますが、前は葉の際。順に咲かないのも不思議。
e0181373_2085875.jpg

 7日に加西フラワーセンターで作った寄せ植えのササリンドウがいい感じです。
e0181373_2091724.jpg

 庭のリンドウは1ヶ所は消滅。1ヶ所残って、何とか咲きました。
e0181373_209343.jpg

 Haさんからもらって4年目となったマユハケオモト。ようやく株分けしました。
e0181373_2094766.jpg

 午前中は、業者が雨樋の不具合を直しに来てくれました。これで3回目。来てもらう毎に改善はされるのですが、完全には直らないのでした。さあ、これで直ってよ!
 花友だちとランチに出かけて、帰ってきたらすぐに、知り合いが用事で来たので、いつもの如く庭を案内。まだシュウメイギクとソラナムやノボタンがあるのです。
by kochira703 | 2016-10-24 20:45 | Comments(6)

貴船菊

2016.10.23(日)   曇り
e0181373_21253071.jpg

 シュウメイギクは古い時代に中国から渡来し、野生化したものだそうです。京都貴船に自生しているのをキブネギクと言い、玄関脇に植えているのがそれみたいです。
 以前はここにカシの木がありました。大きく鬱陶しくなってきたので伐ってもらいました。その後に私がアジサイやノシラン等を植え、キブネギクは3、4年目。明るい日陰が適地のようで、何の手入れをせずとも広がりました。
e0181373_21255359.jpg

 上信越の路傍に見たのは白いシュウメイギクばかりでした。コキアがとてもいい色に色づいて、うちの数倍も色を深くしていました。コキアの周辺は畑。こぼれ種が畑を侵略中(笑)
e0181373_21414834.jpg

 今日来た花友だちが、ダリアの花色を気に入ったよう。倒れたのが立ち上がったと言うと、びっくりしていました。
e0181373_2142297.jpg

 掃き溜めに鶴ならぬ、掃き溜めにアマリネ(笑) 球根を立てて並べて捨てたのです。案外と小さな球根でも開花するのだと分かりました。ちょっと驚き!
e0181373_21421591.jpg
e0181373_21423266.jpg

by kochira703 | 2016-10-23 22:02 | Comments(4)

紅葉巡り ~ 谷川岳

2016.10.22(土)  曇りのち雨
e0181373_21313187.jpg

e0181373_21303642.jpg

e0181373_21292356.jpg

 早朝6時に家を出発して向かったのは「万座温泉と絶景の上越紅葉めぐり3日間」というツアーでした。大阪に集合して、サンダーバード、北陸新幹線で、その日は万座高原泊。
 2日目は紅葉の素晴らしい万座ハイウェイから奥只見湖遊覧、八海山ロープウェイで紅葉見物。そして水上温泉郷・上の原温泉で宿泊。
 3日目は谷川岳ロープウェイ。この谷川岳に魅かれてツアーを申し込んだのですが、どこもかも行ったことのない所。上信越の紅葉を写すのを楽しみに出かけたのに、ふとメモリーカードを入れてないのではと気づいたのは、富山駅からバスに乗り換えて間もなく。ガーーーン、でした(涙) またやってしまいました(笑)
 2日目にNさんに言われてスマホで写真を撮り、帰り道にパソコンのメールに送信しました。初めてのことで、届いていた写真をダウンロードして、こうしてブログに取り込むのもやっとこさ。何をどう操作したのか、意味不明のままですが、行った証拠写真3枚です。順に谷川岳、湯沢高原の植物園のダイモンジソウ、奥只見湖。
 今年の紅葉はよくないということですが、それでも十分に満足できました。天候も悪くは無く、谷川岳からは「めったに見えない」という富士山も見えました。ツアーの人たちでも気づいていない人が多かったし、ロープウェイで下っている時には雲が覆ってきていたので、とてもラッキーでした。遥か遠くに薄色で、紛う方なき形を見ると、やはり嬉しくなります。高校生の頃に太宰治にかぶれていたから、富士山なんてと思っていましたが、年とともに素直になっているようです(笑)
e0181373_2210467.jpg

 家の庭ではハラハラしながら育てているシュウメイギクが、上信越では無造作に、美しく群生していました。今朝写した庭のシュウメイギクも、この雨でだいぶ傷んでいることでしょう。写真左のアーチの下に植えていたヘンリーヅタが登ってきました。シランとアヤメの無くなった後にポット苗を置いています。植える苗を集めています。
e0181373_22104374.jpg
e0181373_22113014.jpg

 青竜という名前だったホトトギスとヤハズススキ。
e0181373_2212933.jpg

 フジバカマも満開ですが、今年はアサギマダラは来たのでしょうか? 開花時に不在の多かったのが残念です。
e0181373_22123633.jpg

 雨の降っている間に、最後の勤務先の退職者の会があって、これで遊びの1週間が終わり、雨上がりの明日からは庭仕事に励みます。
by kochira703 | 2016-10-22 18:08 | 花巡り | Comments(8)