<   2016年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

お正月用の実

2016.12.30(金)  晴れ
e0181373_22145968.jpg

 神主さんがお祓いに来てくれるので、榊を切りに出ました。黒い実が青空に艶やかでした。
 お正月に使うものも庭でけっこう間に合っています。ダイダイもありますが、今年はまだ十分に色づいていません。でもそこはよくしたもので、花友達が大王松と綺麗に色づいたダイダイを持って来てくれたのです。感謝!
e0181373_2220843.jpg

 ダイダイの木の横に写った、1本くねっている赤い枝は、ウンリュウヤナギかと思うのですが、それもセンリョウも使って、先ほど玄関の花を活けてきました。
e0181373_2215401.jpg
e0181373_22155048.jpg

 マンリョウとセンリョウを一緒に。バックには目立って仕方ないマイカー(笑)
e0181373_2216018.jpg

 ムラサキシキブの葉が落ちて、綺麗な実が目立っています。これも使えそうですね。
e0181373_22161020.jpg

 午前中はNさん宅でお餅つき。少しお正月気分が高まってきたかな?
by kochira703 | 2016-12-30 22:37 | 花木 | Comments(4)

シマサルナシの黄葉

2016.12.29(木)  晴れのち曇り時々雨
e0181373_2045050.jpg

 タマネギ畑から家の方向を。右はメインガーデン辺りで、左はシマサルナシの棚。
 シマサルナシは通路を越えて、杏の木に這い上り、まるで翼竜のよう。昨冬の剪定では根元からかなりカットしたのですが、それでもこれだけに蔓が伸びて、そのくせ実が全く生らない。10数年経っても、うまく育てられないのが悔しい気がします。
e0181373_20451256.jpg

 こぼれ種のリナリア。
e0181373_20452659.jpg

 リナリアを写したつもりが、バックにピントが合っていました(汗) ピンクはヒメツルソバで、畑の外に広がっていたのが、中に侵入してきました。一昨日植えたタマネギの畝が写っています。ここにジャガイモを植えるつもりだったのですが。
 畑の奥は、ウコンの黄色くなったウコンの葉とシマサルナシの蔓。
e0181373_20453627.jpg

by kochira703 | 2016-12-29 21:02 | シマサルナシ | Comments(0)

真冬の木の花

2016.12.28(水)  晴れ時々曇り
e0181373_20414336.jpg

 ジャノメエリカは2009年に植えたとあります。地植えでもう7年以上になるのですね。すでに満開状態。これで春まで咲き続けるから、優れもの。
 ノボタン・コートダジュールは夫が挿し木したものなので、植えて10数年になりますが、寒さには弱く、冬の花は秋に咲くのと違って花の中心が白くなります。そのうちに地上部が枯れると思います。この木も春に芽が出てここまで伸びました。
e0181373_20423343.jpg
e0181373_20424315.jpg

 右の瓦の小道がカーブしている辺りで、ボケの花が咲いています。
e0181373_2042476.jpg

 もう1本のボケの木。
e0181373_20421941.jpg

 メダカの甕の横、コデマリとツルウメモドキとブルーベリーに挟まれて咲く、気の毒なツバキです。あっ、カエデもあります! どれもこれも夫が挿した小さな苗だったので、私がテキトーに植えたから、こんなに密集!(笑) 手前の葉はヤブツバキ。
e0181373_2135268.jpg

e0181373_2134394.jpg

 今日も寒い一日。シマサルナシを収穫しましたが、今年は量は少な目。生らない木は依然として生らないままだし、生る蔓も少ない。剪定の仕方が間違っているのか?古い蔓は切って、新しいのに更新しなければならないと思って、注意して切っているのですが、切り口からは細い、とうてい実の生らない蔓がいっぱい出て、木自体が弱っていくような?
 
by kochira703 | 2016-12-28 21:14 | 花木 | Comments(4)

ラケナリア・ヴィリディフローラ開花

2016.12.27(火)   曇り時々雨
e0181373_20523846.jpg

 昨夜の雨に濡れたラケナリア。透明感のある翡翠色は、珍しい花色ですね。南アフリカ原産の球根植物。寒さに弱いようですが、軒下管理で大丈夫。これは水やりをサボるために、昨夕に軒下から移動。と言っても、右手から左手に持ち替えるだけ(笑) 狭い所です。 
e0181373_20524733.jpg

 スノードロップの第2弾開花。初めに咲いたのには実ができています。
e0181373_20525896.jpg

 ワイルドストロベリーに花が咲いて、実もなって孫たちが時々食べています。
e0181373_205377.jpg

 クリスマスローズ・ニゲルが咲き進んできました。夏に枯れてさびしくなりました。
e0181373_20531552.jpg

 今日も不安定なお天気。午前中の2時間、タマネギ植え。先日もう終わりと決めた晩生のタマネギですが、お隣さんが実家の母にと土曜日に採ってくれた苗が、まだ200本ほどありました。100本を頼んでいたら、500本もくれたので、300本だけ結婚式の時に持って行ったのです。捨ててしまったりしては罰当りだと、ジャガイモ用の畝に植えました。
 聞けば実家の母は、結婚式の翌日に小雨に濡れながら植えたというのです。遅れは取りましたが、88歳に負けてはいけないと、今日やっと(笑)
by kochira703 | 2016-12-27 21:20 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

冬の雨

2016.12.26(月)  雨時々曇り
e0181373_21222292.jpg

 姪の結婚式で、土曜日の昼から出かけ、昨夜帰ってきました。6時過ぎには帰っていたのですが、疲れてほーっとしたままで、ダウン。11時間寝ました。私が何をした訳でも全くなく、お客として座っていただけなのに(笑)
 今日は冷たい雨。昨日は青空の下でのフラワーシャワー。風もなく、天が祝福してくれたような日和で、いい結婚式ができました。
 さて、この白い花。2013年にあった宝塚ガーデンフィールズでの挿し木講習でもらってきたもの。4年経つと大株になりました。もちろんその時は名前も書いたのですが、はてさて? ユーパトリウムの花のように思うのですが、検索するとユーパトリウムは冬季落葉と。うちのは年柄年中葉があるような気がする。それに今頃からまた咲き始めたし・・・・?
e0181373_21224348.jpg

 まあ、名前は何でもいいのです。手入れの特に行き届かないこの場所で、大きく育っているのですから。今日は写真がないので、これは23日に撮ったもの。レモンマリーゴールドもレオノチスも、だいぶ切って人に差し上げました。
e0181373_2123650.jpg
e0181373_21231565.jpg

 よく降って、遅く蒔いた畑の大根も、いつになく大きく育っています。うちは砂地の畑なので問題もないのですが、農家は大弱りのようです。
by kochira703 | 2016-12-26 22:17 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

奇跡の星の植物館 5

2016.12.23(金)  曇り
e0181373_21114263.jpg

 和の展示室に真柏(しんぱく)の盆栽がありました。1つの幹の中に生と死がともにあるというような説明文がついていましたが、本当に生命の迫力と不思議とを感じます。
e0181373_2112430.jpg

 裏から見てもダイナミックなうねり。枯れ枝が白々と骨のようなのに、緑の葉が青々と。
e0181373_21122133.jpg

 こちらも力にあふれた、ダイナミックな壁面。淡路出身の世界的な左官職人、久住(くすみ)さんの作です。可愛い真珠の木があしらわれていました。
e0181373_2127799.jpg
e0181373_212735100.jpg
e0181373_21275419.jpg

 入り口の長いエスカレーターを上がった所の展示は、今回初めて見た、光のアート。彩色した竹に、模様を彫り、中から照明を当てていました。これもまた素敵でした。
e0181373_2144143.jpg
e0181373_2144259.jpg

 今日は一転して風が強く寒い一日になりました。気温差についていけない。いつもいつも異常気象のようで、「常」がなくなりそうな不安すら感じます。
 庭の和の花は、水仙と椿。椿は、ブルーベリーとコデマリとツルウメモドキとの間で、肩身狭く育っています。気づかない間に落花が2つも。
e0181373_21562553.jpg

by kochira703 | 2016-12-23 21:09 | 花巡り | Comments(6)

奇跡の星の植物館 4

2016.12.22(木)  雨
e0181373_20561062.jpg

 淡路瓦を使った展示もお洒落です。
 次の写真は上の通路から写したもの。黒塀の裏側には、和のハンギング。
e0181373_2055524.jpg

e0181373_2191571.jpg

 展示室3は「花と緑のある暮らし」。入り口の壁面に多肉植物が植えられているように、伝統的な和の園芸文化に、新しい感覚が生かされた、和モダンな展示が面白いですね。
e0181373_21121034.jpg
e0181373_21124627.jpg
e0181373_2113897.jpg
e0181373_21133032.jpg

e0181373_21221897.jpg

e0181373_212398.jpg
e0181373_21232945.jpg
e0181373_21234850.jpg

 今日は全国的に大荒れの天気。こちらは車の外気温が21℃と、異常なことに。雨は午前中はほとんど降らなくて、タマネギを植え終わりました。
by kochira703 | 2016-12-22 21:29 | 花巡り | Comments(6)

奇跡の星の植物館 3

2016.12.21(水)  晴れ
e0181373_2281423.jpg

 展示室1は「プランツギャラリー」。樹齢200年だったか300年だったかのアロエが、ここの主。多肉植物がオブジェ風で、面白い空間。
e0181373_2282968.jpg
e0181373_2284029.jpg
e0181373_2285542.jpg

 展示室2「トロピカルガーデン」に下りる階段に掛かっていた、宇宙生物みたいなラン(笑)
e0181373_2217012.jpg
e0181373_22172325.jpg

 1月中旬からラン展が始まりますが、南国のここでは常にランが彩りを添えています。
e0181373_2217453.jpg
e0181373_22181899.jpg

e0181373_22252660.jpg

 置かれたベンチや椅子にもたれて、高いヤシ越しに天井を見上げるのが大好き。
e0181373_22253919.jpg

 昨日は暖かかったので突然思い立って、年に1、2度のメダカの鉢の掃除。今日も暖かく冬至とも思えない。Nさんが来てくれたので、畑を耕して、タマネギを植える畝を作りました。
 今年の雨で農家は難儀をしているという話を聞きました。タマネギを植えるのは田んぼなので、雨が降ると水が溜まりやすいのです。畝と畝の間に溜まった水を流して、時には柄杓でかい出して、何度も鋤き直しをしたりと、いつもの10倍は手が掛かっていると、農家の人が言っていたとのこと。雨がよく降るし、雨量も多いし、生育には悪いそうです。おまけに昨年大量発生したベト病対策も念入りにしなければならないとか。
 そんな話をしながら、晩生(おくて)を植えるのは少しだけにしようと決心。1畝分はこぼれ種のカモミールに任せることにします(笑)
by kochira703 | 2016-12-21 22:53 | 花巡り | Comments(7)

奇跡の星の植物館 2 

2016.12.20(火)  曇り
e0181373_21363463.jpg

 クリーム色のポインセチアはよく見るようになりましたが、純白のポインセチアは初めて。その他にもピンクの濃淡も綺麗でした。多種多様になったものです。ここがピンクのコーナー。
e0181373_21365438.jpg

e0181373_21371596.jpg

e0181373_21385010.jpg
e0181373_21391192.jpg

 赤も昔の赤ではありません! 中の花の部分も色とりどりで、作りものかと目を疑い、そーっと触れてみました。ごめんなさい!(笑)
e0181373_21441467.jpg
e0181373_21442375.jpg

e0181373_21495944.jpg
e0181373_21501499.jpg
e0181373_21502782.jpg

 館内あちこちのクリスマスツリーもいろいろな飾り方で、人形を使ったサンタワールドも可愛くて、大いに楽しめました。
by kochira703 | 2016-12-20 21:54 | Comments(4)

奇跡の星の植物館 クリスマスフラワーショー

2016.12.19(月)  晴れ
e0181373_2274782.jpg

 長いエスカレーターを上がって、温室の上部から展示室を見下ろしながら進んで行きます。まずはメインの展示室を上から。ホワイトクリスマスです。
e0181373_2275849.jpg
e0181373_2281016.jpg

 この美しく整えられた芝生は、画面中ほどにしゃがんでいる女性の手になるようです。
e0181373_2282675.jpg

 ランチで忘年会をしようと約束していた日。ひと頃は予約が取れなかったという生パスタのお店に、4人が集まりました。ちょうど開店1周年だった今日は、8種類のパスタを食べられる特別メニューで、ラッキー! そして淡路島の北の方まで来たからには、奇跡の星の植物館にも行かねばと、足を延ばしました。
e0181373_229197.jpg

e0181373_22213234.jpg
e0181373_2221424.jpg

 目を引いたのは純白のポインセチア。これまでポインセチアの白と言えば、実はクリーム色でした。それが真っ白なのです。綺麗でした。気になって、ネットで検索してようやく見つけたのが、サントリーのプリンセチア・クリスタルスノー。まだ稀少品種のようです。
e0181373_2221575.jpg
e0181373_22221289.jpg

 イルミネーションに灯が点る夕刻にかけて来てもよさそうです。
e0181373_22222567.jpg

by kochira703 | 2016-12-19 22:42 | 花巡り | Comments(8)