<   2017年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ユウスゲ開花

2017.6.30(金) 雨のち曇り
e0181373_21430145.jpg
 花友だちに送っていただいたユウスゲの2年目の花。夕方に咲く一日花だから、必ず目につく場所にしようと、庭の出入り口に植えたのに、気づいたのは今朝。何見てるんだか!でも今日は雨のせいか、ほとんど一日さいていたような。
e0181373_21441247.jpg
 ユウスゲの黄色にちなんで、黄色のへメロカリスとコウホネ。
e0181373_21495438.jpg
e0181373_21503238.jpg
e0181373_21502162.jpg
 へメロカリスとコウホネとの奥に、今日は生まれて間もない野良の子猫が3匹潜んでいるのを見つけ、追いかけたことを書いていた途中で、画面が2回も消えて、実はこれは3回目の記述。いやになったので、子猫騒動はまたいずれ(笑)
 2日前の感動。伸び放題だったヘリクリサムをカットしていて気づいた、アリマノウマノスズクサの実!5㎝弱もあります。実が出来るのかと検索したら、よくなっているそうです。サクソフォンのような花の中に雄しべと雌しべがあって、入っていった小さな虫が受粉させるのだとか。花はたくさん咲いたのに、なった実は一つだけ。効率はよくないようです。
 裂けて種が出た頃にまたアップしますね。
e0181373_21550354.jpg
 アリマノウマノスズクサをくださったのは姫路のAさん。先日はチトセカズラを持ってきてくれました。ついでに検索したら、いくら珍しいモノ好きでも、これは地植えにするのはやめようと思いましたよ(笑)そう言えば、短い蔓で花を咲かせるのがテクニックだとかおっしゃってた!このままにしていたらどうなるか分からない、珍しい花を今のうちにご覧ください(笑)
e0181373_21542116.jpg


by kochira703 | 2017-06-30 23:10 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

フロックス

2017.6.29(木) 雨のち曇り
e0181373_21492679.jpg
 フロックス。アガパンサスの横の花壇に数年植えっぱなし。花壇にはいろいろな植物の根がひしめき合っているし、石ころだらけの固い土なので、なかなか咲き誇れません。でも年に1本ぐらいずつ数を増やしているのが健気。
 アジサイとユリとアガパンサスをアップしたら、めぼしいところがなくなってきたので、こんな花を少しずつ拾い集めなきゃならないなと思っていたら・・・
 2週間前に植えた花苗が落ち着いてきました。フロックスもコリウス・ベゴニア・アゲラタム・ユーフォルビアもみなNaさんからいただいたもの。
e0181373_21493831.jpg
e0181373_21494717.jpg
 手前のユーフォルビアはポット苗を植えたのですが、後ろの草丈のある方はここで宿根しました。だからこの冬は、この辺り全体にビニールのトンネルをしてみようかと思います。越冬すればユーフォルビアの間に、ポピーマロウを立ち上がらせて、と妄想(笑)
e0181373_21495605.jpg
 ギボウシにも花。緑の中にポツポツとでも花の色があると嬉しい。
e0181373_21502651.jpg
 今朝は雨だったので、友だちと会ったり、買い物をしたりしようと三宮に行ったのですが、バスが到着したら、雨なんか降っていません。大きな傘が邪魔になりました。庭仕事出来たかな、なんて心の隅で(笑)



by kochira703 | 2017-06-29 22:27 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

アガパンサス祭り(笑)

2017.6.28(水) 曇り
e0181373_21342097.jpg
 メインガーデンで矮性のアガパンサスが咲いて、大きいのも開花し始めました。もうすぐアガパンサスからウズアジサイへと、青紫の色の流れが出来ます。
e0181373_21343257.jpg
 メインガーデンのアガパンサスは庭が出来てまもなく植えたから、約15年植えっぱなし。先日からしばしばアップしている場所のは、2011年の冬に植えたので、6年目。
 今ここの景色がとても気に入っています。ソラナムやアンズの木陰でほの暗い中から、ブルーベリー畑をバックに水色の花が並んでいるのを見ると、朝のすがすがしさがいや増します。アナベルの白も爽やかさを際立てて、いい感じなのです。
e0181373_21352336.jpg
e0181373_21380491.jpg
e0181373_21353794.jpg

e0181373_21354760.jpg
e0181373_21362304.jpg
 3ヵ所目はブルーベリー畑の南。ヤブツバキの下に、水色と白のルリマツリと一緒に植えています。後から植えた白のルリマツに勢いが出てきたので、来年は剪定を考えてしたら、少しは見られるようになるかなと期待。
e0181373_21373971.jpg
 4ヵ所目は矮性アガパンサス。他のに負けそう(笑)
e0181373_21374988.jpg
 もう1ヵ所、西洋ニンジンボクの横で1つ咲いていますが、写真がボケました。植えっぱなしで、これ以上増えても困るからと肥料もやらないのに、これだけ咲いてくれたら、言うこと無し!


by kochira703 | 2017-06-28 22:39 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

アジサイの庭

2017.6.27(火) 曇りのち雨
e0181373_21553983.jpg
 庭のアジサイで一番の古株は、これ。山の畑にあったのを挿し木して、17年。
e0181373_21554829.jpg
 ブルーのウズアジサイ。
e0181373_21561342.jpg
 信じられないほどの花数になったウズアジサイ。
e0181373_21560118.jpg
 ピンクのウズアジサイも。挿し木したのを植えて3年目。アジサイは生長が早くて、すぐに座を占めてくれるのでいいですね。
e0181373_21563926.jpg
 こちらも挿し木苗を植えて3年目。近所の花友だちからいただいて、どんな花が咲くのか楽しみに待っていたら、かわいいピンクでした。
e0181373_21563220.jpg
 こちらは10年以上前には、ほわーっとした淡いピンクだったのが、だんだんと色が濁ってきました。もっと淡くて、澄んだ色だったのに、残念。
e0181373_21570473.jpg
 上のを挿し木して4年目ぐらい。ピンクだけど、こんな色ではなかった。
e0181373_21584539.jpg
 4年ぐらい前に母にプレゼントしたダンスパーティーを、挿し木してもらったもの。昨年ここ、シマサルナシの棚の前に植えました。アジサイを並べてみようかなと思ったりするのですが。
e0181373_21582603.jpg
 というのも、以前はカイヅカイブキの下に収まっていたアジサイが大きくなり過ぎて、イブキも前にせり出してきた結果、不格好にはみ出し、花も咲かなくなってきたからです。アジサイに引っ越してもらおうかなと思ったり。     
e0181373_22524881.jpg
うちの庭にしては異色のアジサイ。
e0181373_21565601.jpg
 今日も配達に来た花好きさんに、「時間ある?綺麗やから見て行って」と、まあかなり強引に誘って、「花だけ見てね。通路のは踏んでいいから」と、今年最後の花盛りの庭を案内しました。








by kochira703 | 2017-06-27 23:09 | 花木 | Comments(4)

掃きだめにユリ

2017.6.26(月) 曇り
e0181373_21402930.jpg
 ニンフという品種のユリが、たくさんの蕾を付けて咲き始めました。15年にはブログにアップされているから、植えっぱなしで3年目の花。ということは、ニンフは丈夫なんですね。
 奥のユリはシルクロード。減っていますが、数年間植えっぱなし。
e0181373_21411499.jpg
 通路側から写したのが上。瓦の小道を中に入って、反対側から写すと汚いのが隠れます(笑)でもタイトルの「掃きだめ」はここではなくて・・・
e0181373_21405704.jpg
 「掃きだめ」は、こちら。5月の花が全然片付いていない中から、綺麗なユリが咲いてきたので、今日はようやく手入れにかかりました。スイセンノウを切ろうとしたら、株元はアリとダンゴムシの巣窟。アリの猛反撃を受けました(涙)
 ここに植えていたカサブランカは完全消滅していました。やっぱり、です。 
e0181373_21401795.jpg
 場所はモナルダの咲いている奥。サポナリアやらスイトピーやらを片付けていたら、花友だちがラグラスの種が欲しいと来られて、ユリとアガパンサスとアジサイが花盛りの、初夏の庭を見ていってもらいました。
e0181373_21412066.jpg
 朱色にスカシユリも丈夫。正面から写すと倒れまくっているのですが、こちらからだとそうは見えません。点在する赤がいい感じでしょう?(笑)
e0181373_21404712.jpg
 イエローウィンは丈夫だと思っていましたが、3年ぐらいで小さくなって、それから消えるような感じです。これは昨年に球根を植えて、2年目の花。
e0181373_21410785.jpg
 ユリは清々しくて、存在感があって、庭には欠かせない花だと思います。球根を植えておけば数年間は楽しめる品種なら、元は取れるってもんです(笑)



by kochira703 | 2017-06-26 22:38 | 宿根草・球根植物 | Comments(7)

淡路景観園芸学校

2017.6.25(日) 雨のち曇り
e0181373_21594536.jpg
 23日の写真です。奇跡の星の植物館を出て、花さじきに行く前に、淡路景観園芸学校に寄りました。コースを決めるときには、ちょっと立ち寄ってもいいかというぐらいの気持ちだったのですが、行ってみると、あにはからんや! 
 実はここ数年ほとんど行くこともなくなっていたのは、ガーデンが少々哀れだったからです。それが見たことの無い、お洒落なグラスや花が植えられた、素敵なガーデンに変身していて驚きました。
e0181373_21595287.jpg
e0181373_22000065.jpg
 
 お昼時だったので、坂道を下って食堂へ。     
e0181373_22002578.jpg
e0181373_22003929.jpg
e0181373_22023681.jpg
e0181373_22010035.jpg
 カフェテリア「風の詩」ということで、一般の人も使えるようになっています。ここは好きな景色。北海道の真鍋庭園から来た針葉樹らしいです。
e0181373_22010793.jpg

e0181373_22012470.jpg
 9年前に市民向け講座を受けていた時に、写っている入り口から中に入っていました。壁に沿わせた木に姫リンゴが実を付けていました。何とか言うんですよね、この仕立て方。これも復活。あの頃は下の花壇には雑草(笑)秋の文化祭には久しぶりに来てみようか、いやその前に花をじっくり見るために、友だち誘って再訪してもいいなあ、みんなびっくりするよ、なんて思いながら構内を歩きました。
e0181373_22013431.jpg
 今日は姫路のAさんが庭に来てくれました。ハモを食べてからブルーベリー摘みという、ご家族の年中行事が、うらやましいですねえ! 
 日が照るとガーデンルームには居れたものじゃないのですが、今日は何とか、庭を見ながらのティータイム。楽しくおしゃべりをして、「庭仕事を邪魔して悪かったな」と帰って行かれましたが、庭仕事はこんな日のためにしていること。働いてガーデンを維持しているからこそ、親しい人にも、また見知らぬ人にも来てもらえて、交流が楽しめるのだと実感したこの1週間でした。
 
 



by kochira703 | 2017-06-25 23:04 | 花巡り | Comments(6)

奇跡の星の植物館

2017.6.24(土)
e0181373_22361888.jpg
 昨日一緒に奇跡の星の植物館を見て回ったお客は、広島県の島に移住した若い方。シマサルナシを栽培したいのだとか。伸びて困る枝なので、いくらでも差し上げましょう、栽培状況も見ていってくださいという訳で、花好きの奈良の友人と2人で来島。今朝は直接庭に来られ、花も見てもらって、それから美味しい実のなる枝を選んで切って、持ち帰っていただきました。もちろん雌雄で。
 花菖蒲が粋な和の展示室。
e0181373_22362547.jpg
 トクサにはツクシのような花が咲くんですね!初めて見ました。
e0181373_22384935.jpg
e0181373_22385724.jpg
 パイナップル科の植物。庭のエクメア・ガモセパラやヨウラクツツアナナスがこれだなと見ましたが、こちらは葉の色や模様が美しく、自在の展示がお洒落。
e0181373_22391035.jpg
e0181373_22403179.jpg
e0181373_22404201.jpg
 いつもながら見事なホワイトフラワーショー。
e0181373_22405255.jpg
e0181373_22422655.jpg
e0181373_22432865.jpg
 24日のうちに投稿できるはずだったのが、一瞬にして消えた! 近頃しばしば(涙)これって、疲れますよね。


by kochira703 | 2017-06-25 00:15 | 花巡り | Comments(8)

淡路夢舞台

2017.6.23(金) 晴れ
e0181373_21411247.jpg
 広島からシマサルナシの挿し木枝を採りに来られる方がいて、今日は「淡路夢舞台前」バス停で待ち合わせて、百段苑からプロムナードガーデンを少し歩き、展望テラスから奇跡の星の植物館へと案内しました。
e0181373_21410137.jpg
e0181373_21405004.jpg
e0181373_21394441.jpg
 「淡路夢舞台」というのは、関空の埋め立てに山を削った跡地の、この辺り一帯の総称で、明石海峡公園、温室、ホテル、国際会議場などがあります。何度もここには来ていますが、まだ全部は歩いていません。広いのです。おまけにどこがどうつながっているのか、未だに迷子になります(笑)「人に優しくない空間」だと言ったら、元気な若い方は笑っていました。
 レストランのある建物の屋上。ここまで来ることは滅多にないのが、もったいない気がします。本でも持ってきて読んでいたい、そしてそのままうたた寝したい、贅沢な空間です。
e0181373_21315572.jpg
e0181373_21321505.jpg
e0181373_21322666.jpg
 奇跡の星の植物館へ。この時季に来たのは初めてかもしれません。温室内の木々もさっぱりと剪定されていたり、しつらえも変わっていたりして、新鮮な感じがしました。
e0181373_21415990.jpg
e0181373_21421070.jpg
e0181373_21423908.jpg
e0181373_21424604.jpg
 写真がたくさんあるので、続きはまた明日。
 この後は景観園芸学校、花さじきに行き、観潮船乗り場までお送りしました。庭には明日来られます。
 帰ったら、足が痛い! 案内中はそうも気にならなかったのですが、車から下りた途端に、ア、イタタタ。昨日の山登りのせいですね。明日はもっと痛いことでしょう!(笑)







by kochira703 | 2017-06-23 22:30 | 花巡り | Comments(4)

諭鶴羽のヤマボウシ

2017.6.22(木) 曇り
e0181373_22040535.jpg
 諭鶴羽山(ユズルハサン)のヤマボウシを見に行きたいと、週に2,3回登っている方に同行させてと頼んでいたのが、私の都合で延び延びになっていました。それが今日ようやく実現。例年なら6月上旬の開花だけれど、今年は花が遅くて、まだ残っていたのがラッキーだとか。
e0181373_22033082.jpg
 中央の木、よく見ればテイカカズラがびっしり巻き付いたヤマボウシです。間からほんの少し、葉と花が見えています。この木はもう枯れ死するのでしょうか?
e0181373_22034177.jpg
 一昨日の風雨はひどかったようで、道がえぐられていたり、葉や花が千切れて落ちていたり。その辺りのを拾い集めたら、花の形にも違いがあって面白い。
 昨年は真っ白になるほど開花していたとか。今年の開花は少なかったそうですが、木が多くて、その時季には見事だろうなと想像しました。     
e0181373_23174645.jpg
 前に友だちと歩いた、神社に続く巨木の森。
e0181373_23120773.jpg
 遙か昔は修験道で栄えた諭鶴羽神社。熊野三山、日光山、羽黒山、彦山と共に、五大修験道の聖地だったそうです。近年また登山客が増えて、神社の芳名録には京都や徳島の名があったり、今日も滋賀ナンバーの車が止まったりしていました。
 私を案内してくれた方は5年前から登山を始めて、今年は既に59回。芳名録に名前と一緒に回数を記入していて、年内に通算300回を達成しようと目標を定めておられました。
 家を出て登頂して帰宅するまでで3時間が目標らしいですが、今日は4時間。6時に出て10時に帰宅でした。1時間分、私が足を引っ張ったのですね。元山ガールだけあって足取りが軽い(ただし下り)と言ってはもらったのですが、帰ってきてからは昼寝をし、夕食後にも仮寝し、かなり疲れております(笑)
e0181373_23121823.jpg
へメロカリス。
e0181373_23141727.jpg
e0181373_23133487.jpg






by kochira703 | 2017-06-23 00:01 | 花巡り | Comments(6)

待望の雨

2017.6.21(水) 雨のち曇り
e0181373_22363069.jpg
 天気予報では夕方から雨だったのに、一向に降る気配なく、がっかりしながら就寝。でも明け方に目覚めたら雨の音で、胸をなで下ろしました。長らく降っていなかったので、恵みの雨になりました。
 モナルダが咲き始めました。5年前にいただいたのを増やしていたのですが、昨年、白絹病で激減。咲いているのはいくらか残った花なのです。
e0181373_22363905.jpg
 こちらのモナルダは、可哀想にアジサイに押し出されています。アジサイの向こう側のはマシなのですが、未開花。
e0181373_22365060.jpg
 アジサイの向こうでブットレアが開花中。
e0181373_22235142.jpg
 アジサイとアガパンサスのこの花壇が、今一番の花盛り。アンズの実が写っています。このところジャム作りで夜更かししていましたが、後1日で終わります。
e0181373_22243091.jpg
e0181373_22241520.jpg
 昨夜は風も強かったようで、コキアが倒れかかっていました。砂地なので、格別に倒れやすいのかもしれません。元に戻して、根元を押さえていきながら、ひたち海浜公園のたくさんのコキアはどうなんだろう、みんな直していくのだろうか、などと思っていました。花を美しい状態に保つのは、やはり大変ですね。
 午後からはバス停に花を植えました。水を運んで行かないといけないので、雨を待っていたのです。花苗も後少しを残すばかりになりました。




by kochira703 | 2017-06-21 23:10 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)