ノジギクの花

2017.11.12(日) 晴れ
e0181373_20150131.jpg
 昨日アップしたフェイジョアの木の下で、何年か前に、植えたような捨てたようなノジギクとムラサキゴテン。勝手にいい雰囲気です(笑)
 先日、アメジストセージとヤマブキが根を広げる競争をしていると書きましたが、肝腎なのを忘れていました。抜いても広がるノジギクです。抜かなければ辺りを席巻するでしょうね。
e0181373_20154123.jpg
 そのノジギクとアメジストセージを遠景に、手前にもノジギク。花の咲いたのも半分は抜いて、アグロステンマの苗を植えました。中程の黄色はドーム菊で、手前の黄色はメランポジウム。メランポジウムは花期が長くて、いいような悪いような。でもみなさんは、疾うの昔に片付けていらっしゃるんでしょうね。 
e0181373_20160270.jpg
 さてノジギクの花のスタンダードはこんなものでしょうか。
e0181373_20171025.jpg
 でも長年のうちに、いろいろ変種が出てきました。筒状花の黄色部分と舌状花の白の部分のバランスや、”舌”状の部分の幅や色合いが違っています。ちょっと変わったのや、綺麗だと思えるのを残して、妙のないのは邪魔になれば抜いているので、特長が際立っていくのですね。
e0181373_20170087.jpg
e0181373_20175508.jpg
e0181373_20171851.jpg
 今日は午前中にルフィアージュで多肉植物の寄せ植え講習。終わってからみんなでランチ。花仲間との楽しい時間を過ごしました。刺激を受けたので、家の多肉を少々植え替え。
 それからNaさん宅に苗をいただきに。今年は10月に雨が多くて生育が悪いとのこと。ビオラ、ストック、ナデシコ(以上各2)、キンギョソウ、リビングストンデージーを育苗箱ごともらって来てました。車に乗りきらないのでプリムラはまた今度です。早速ビオラを植えていたら、キャベツの苗を持って来てくださった方があって、さあ、これから大変です。嬉しい悲鳴です。




# by kochira703 | 2017-11-12 20:58 | 宿根草・球根植物 | Comments(5)

フェイジョアの落果

2017.11.11(土)  曇りのち晴れ
e0181373_21353785.jpg
 昨日の夕暮れ、フェイジョアの実がたくさん落ちているのに気づいて、こんな時季に何故だろうと不思議で、今日は朝から地域の福祉祭りのお手伝いに行ったので、帰って来てすぐに確かめに行きました。見上げたら、枝には全く実が残っていません。
e0181373_21360569.jpg
 一時は時折思いつきで摘果していたほどなのに、周辺の落果の量は少なすぎると、白いフェンスの下をのぞき込んだら、溝にびっくりするほどの落果。フェンスを越えていた枝の実は摘果もしていなかったのです。変色しているのもあるし、だいぶ前から落ちていたようです。いつもは12月に拾っていました。今年は早く寒くなったし、木枯らしも1号2号と吹いたから、早々と実を落としたのでしょうか。
 拾ってきて1つ食べてみましたが、食べられることは食べられます。       
e0181373_21354787.jpg

 六甲高山植物園でNさんが買って来てくれた白花深山らっきょう。調べたら2010年のことでした。2012年にはこの小さな植木鉢に植えているので、6年間植えっぱなしでも元気です。
e0181373_21345654.jpg
e0181373_21351018.jpg
 キヨスミシラヤマギクを好きな、小さな黒い虫がいて、夏に葉を食べてしまいます。素早く飛び立って、駆除できないので、茎だけの哀れな姿になります。それでもこうして清楚な花を咲かせてくれるので、何とも健気。
e0181373_21352405.jpg
e0181373_22375870.jpg


# by kochira703 | 2017-11-11 22:38 | 花木 | Comments(2)

ブルーベリー畑の幸せ

2017.11.10(金) 晴れ
e0181373_22025541.jpg
 陽光にブルーベリーの紅葉が照り映えて、落ち葉降り敷く様も麗しく、幸せを感じるひととき。
e0181373_22030788.jpg
 庭の南側のフェンスに、座り込んだ背を軽く預けて、ブルーベリー畑を見渡します。ブルーベリーはドウダンツツジのような花も可愛くて、実はもちろん美味しいし、真っ赤に紅葉するという、申し分のない木です。
e0181373_22033518.jpg
e0181373_22034755.jpg
 大きいのは2mぐらい。5本あったうちの1本が、今年突然に、何故だか分らないまま、枯れました。
e0181373_22055044.jpg
 ブルーベリー畑の中の花壇で、ギョリュウバイがだいぶ大きくなりました。以前に背丈ほどに育ったギョリュウバイがあったのですが、庭のリメイクの時に移植して、枯れてしまいました。深紅のいい色の花だったので、同じのが欲しいと思って探していましたが、なかなか見つからず、ようやくこの木に出合いましたが、でもま色が浅い気がする・・失ったものは美しく思えるのかな?!
e0181373_22041174.jpg
 地植えして2年目。以前のサイズになるまで数年かかりそうです。
e0181373_22042679.jpg
 今日もまた地面を這いずり回っていました。



# by kochira703 | 2017-11-10 22:28 | ブルーベリー | Comments(4)

庭の紅葉

2017.11.9(木) 晴れ
e0181373_21011941.jpg
 秋色になった今朝の庭。中央の木がカイ。右隅で黄色が見えるのはハマボウ。奥がブルーベリー畑で、日ごとに紅葉が進んでいます。
 赤い花はランタナ。黄色と白は小菊。ひょろひょろと草丈数10㎝もになって、景色の中に疎らに色が点在しているのは、多分、根が広げられないし、栄養もないから。でもこんなのもいいじゃないかと思えるから、幸せなヒトです(笑)奥の紅葉はヤマボウシ。
e0181373_21014874.jpg
e0181373_21020014.jpg
 肉眼だとノボタン・コートダジュールとシコンノボタンの色の違いも見て取れたのですが・・。
e0181373_21021215.jpg
 ブルーベリー畑の手前のアジサイの横で、ボケが開花。春の満開の時より今の時季の方が、花数が疎らで、かたちがくっきりとシャープなので、好みです。
e0181373_21025983.jpg
 大株になった屋久島ススキの株分けを頑張りました。オルラヤを拾い上げてあちこちに植え広げたり、ガーデンルームに植木鉢を移動したりしているうちに夕暮れて、庭仕事も終わり。


# by kochira703 | 2017-11-09 22:21 | 花木 | Comments(2)

サルビア・イオダンタ

2017.11.8(水) 雨のち曇り
e0181373_21595264.jpg
 朝から雨で、これ幸いと掃除やら外の用事やら。常に庭仕事最優先で動いているので、時々降ってくれると、植物も私も助かるのです(笑)
 3時から庭に出て、オキザリスの球根抜き。そんなつもりはなかったのに、ふと座り込んで、チリアヤメの間に出てきたオキザリスの葉に手を伸ばしたのが始まりで、小一時間も。普段は根気がない質なのに、時折し出すと止まらなくなるのは何故でしょう?(笑)
 4時頃、写真を撮らなきゃと歩き出して、まず目を引いたのが、楷の木の真っ赤な落葉。見上げると先日より少し色づいています。手前の赤茶色はヤマボウシ。
 閑谷学校は見頃だそうですが、全木が真っ赤と柿色とに染まるのを、もう一度見たいもの。
e0181373_22041247.jpg
 先日から見るたびにうれしくなっているのが、サルビア イオダンタ(でしょうか?)昨年、熊本の花友だちがサルビアを5種類送ってくださったのですが、この株だけが冬に枯れてしまったのです。素敵な花色だったから、枯らしてしまったのがショックで、悲しい思いをしていたら、遅い春にその辺りから何やら葉が出てきて、初めはあのサルビアかと心躍らせたものの、まっすぐ上に伸びていく様が、どうもサルビアではなさそうだと、長い間一喜一憂していました。
 花の色を見て、間違いなく枯れたサルビアだと分りました。美しい花色は「シクラメンパープル」と言われているらしいです。アンズの枝の下で不格好になってしまいましたが、来年を期します。(送ってくださったMさん、みんな地植えで育ちました。ありがとうございます!)
e0181373_22070901.jpg
 これから後の写真は昨日写したものです。
e0181373_22080460.jpg
 咲いた途端の寒さがどう堪えるのか、不安ですが、今頃から咲き出したアゲラタムも、十分咲ききれないのではないかと。
e0181373_22111793.jpg
 今年もたくさんキチジョウソウが咲きました。今年も幸せなことがいっぱいあったのだわと、喜ぶことにしています(笑)
e0181373_22123214.jpg


# by kochira703 | 2017-11-08 23:23 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)