アリマノウマノスズクサに実

2017.7.6(木) 曇り時々晴れ
e0181373_22123634.jpg
 アリマノウマノスズクサの実は先日もアップしましたが、今日2つ目の実を発見!実が若いからか、前のとは形が違います。
 前の実はトレリスの下の方。俵型のが見えています。今日のはその上方に、実の全体が写っていなかったのですが、長い柄が分かると思います。
 アリマノウマノスズクサをくださった姫路のAさんは、まだ実がならないと悔しがっていました。希少植物愛好家のAさんの親分格(?・笑)の方も実物を見たことがないとか。これからどうなっていくのか、注目度が高まりました(笑)
     
e0181373_22124578.jpg
 ブルーベリー畑の草を引き、ジギタリスをカットして、進んでいった先に”発見”したのが、「掃きだめに百合」の2つ目。
 ゴミの中から咲いたユリは、庭のどのユリよりも大きく、色鮮やかに、立派です。前のスイセンノウの間に草丈低く咲いていたのと同じ花に見えますが、これが何故こんな場所にあるのか、一切、思いもつきません(笑)
e0181373_22131584.jpg
e0181373_22130890.jpg
 さらにブルーベリー畑で"発見”するのが、イラガ。今年は発生が多く、まだ小さい今のうちにできるだけ退治しておかないと、先が思いやられます。
e0181373_22132250.jpg
 オープンガーデンの時に枯れているのに気づいてショックを受けたブルーベリーの木。まだ一部残っていますが、やがてダメになっていくような気がします。他にもこんな状態の木が何本か。それらはテッポウムシが原因で、年ごとに弱っています。でもこの木はテッポウムシが入った跡も見えないのです。
 原因が分からなくて突然に枯れたこと、味のいい実がたくさんなること、これが大ショックを受けた理由。
e0181373_22133143.jpg
 九州の豪雨災害のすさまじさに、胸塞がる思いがしています。毎年毎年、甚大な被害が次々と発生して、それに巻き込まれた方々の苦難を思うと、言うべき言葉も見つかりません。


# by kochira703 | 2017-07-06 23:09 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

オープンガーデン研修旅行 2

2017.7.5(水) 雨のち曇り
e0181373_21093861.jpg
 鬱蒼とした木々、古色を帯びた壁、ノウゼンカズラの明るい柿色が際だって、まるでヨーロッパの古い家のよう・・・
e0181373_21100016.jpg
 でも電線に、隣の家は・・・
e0181373_21103160.jpg
 もっと引いて写すと、よく分かります。ここも住宅街の一区画。家とフェンスの前に、写真のような壁を立て、異空間を創り上げていたのです。
e0181373_21104134.jpg
e0181373_21095151.jpg
e0181373_21101767.jpg
e0181373_21101083.jpg
 ベニヤ板にモルタルを塗り、よくは分かりませんが、ペンキも何回も塗り重ねて、削ったり磨いたり、さまざまな方法を駆使して、本物と見紛うばかりの仕上がりです。発泡スチロールでスレートや岩も出来上がります。ただただ感心するばかり。究極のDIYガーデンです。
 道路を挟んで家の前に、工房を開いておられて、そこでギャザリングという寄せ植えの方法を習いました。
 もちろんこのレンガの壁も作り物。
e0181373_21105322.jpg
e0181373_21110489.jpg
 対照的な2つのガーデンを訪問し、どちらにも目を見張り、寄せ植えを習い、満足して帰ってきました。今日はバスで隣り合わせた方が、花苗や挿し穂を取りに来られました。町中の地蔵堂やダム周辺に花を植えておられるというので、協力したくてお誘いしました。こんな交流も研修旅行の目的の一つです。



# by kochira703 | 2017-07-05 22:25 | 花巡り | Comments(8)

台風の前に

2017.7.4(火) 曇りのち雨
e0181373_21101307.jpg
 トウテイランが穂をすっきりと伸ばして咲いています。挿し木苗を冬に植え込んだから伸び過ぎてなくて、ちょうどいい具合です。姫路のAさんからいただいて、もう10年近く。最近アップしていなかったのは、姿が乱れていることが多いから。切り戻しをして形よく育てればいいのですが、ついつい時期を逸して、あちこちでのたうって咲いてしまうのです。 
e0181373_21102278.jpg
 オレンジ色のトリトマと黄色のヘメロカリスは前にもアップしましたが。その向こうで西洋ニンジンボクが咲いてきました。
e0181373_21103020.jpg
 西洋ニンジンボクの下のマユミの下で、エクメア・ガモセパラの開花第2弾。ピンクと紫のが花。赤は前に咲いた花のガクの部分が残っているのです。ガクは真っ赤で色鮮やかな花のようです。
e0181373_21103817.jpg
e0181373_21104606.jpg
     
e0181373_21105477.jpg
 今日の2時から3時頃に雨がよく降って風が少し出て、台風が南の海上を時速55㎞で駆け抜けたようです。確か昨日石垣島と言っていたのに、超特急台風でびっくりしました。風で倒れる前にと、写真を撮ったのですが、そんな心配は全く不必要でした。





# by kochira703 | 2017-07-04 21:39 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

オープンガーデン研修旅行 1

2017.7.3(月) 晴れのち曇り
e0181373_21501041.jpg
 今日はあわじオープンガーデン実行委員会主催の研修旅行で奈良に行ってきました。会員のお一人が以前にこの地に住んでいて、親しくされていたご縁で、訪問させていただいたようです。アナベルの咲く山道を上がって、写真の場所に。
e0181373_21503285.jpg
e0181373_21504315.jpg
 中を1周しましたが、これぞ正しくナチュラルガーデン、でした。すごいなあと思っていると、でもここは第2ガーデンみたいなものだと!
 更に上には、より広々とした、雑木の林に花が点在したガーデンがあるのです。別荘のお庭だそうですが、あまりに素晴らしい空間に、言葉もありませんでした。吉野杉の山林に囲まれたナチュラルガーデンに、暑さを忘れる、清々しい風が吹き渡っていました。     
e0181373_21524119.jpg
e0181373_21510168.jpg
e0181373_21511706.jpg
e0181373_21512897.jpg
e0181373_21525201.jpg
 
 さて次は、昨日写した赤花ネムノキ、カリアンドラ・エマルギナタです。一日花だから、あまり日をずらしては、記録にならないのでアップします。
 以前に満開になったのは6月20日でしたが、今日3日が再びの満開。昨日写した、この赤花に今日の開花が加わって、今朝は見事に赤くなっていました。
e0181373_21533344.jpg
e0181373_21532489.jpg
e0181373_21534144.jpg

# by kochira703 | 2017-07-03 22:42 | 花巡り | Comments(11)

ヤブカンゾウ開花

2017.7.2(日) 晴れ
e0181373_21062901.jpg
 斑入り葉のヤブカンゾウをHaさんにもらって何年か。増えることもなく消えもせず、八重の色濃い花を咲かせました。
e0181373_21063709.jpg
 気に入りのへメロカリス。庭のリメイクとともに移動して、以前の勢いでなくなったのが残念。
e0181373_21065973.jpg
 ヤブカンゾウとヘメロカリスは次の写真の中に。
e0181373_21065098.jpg
 トトロの後方でオレンジ色が見えるのは、トリトマ。
e0181373_21071944.jpg
 トリトマは丈夫で、毎年少しずつ花数が増えています。
e0181373_21071251.jpg


# by kochira703 | 2017-07-02 21:49 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)