サクララン開花

2017.9.8(金) 晴れ
e0181373_20343848.jpg
 サクラランが二つ同時に開花。赤いジクも綺麗だと、花の裏側から写したら、何だか素敵な写真になりました。なんてね、笑ってやってください。
e0181373_20344845.jpg
 全体を写すとこうなります。花友だちに植えたのをもらって3年目の昨年、6・7・8月と3回花を咲かせました。今年は6・8・9月と3回目ですが、花は増えた訳です。
 でも今ネット検索したら、2、3年で植え替えるべし、適期は生育期の5~7月、生育期には月1で肥料を、と! 植えっぱなし4年目。植え替え時期は既に過ぎ、肥料は全くなし。何と可哀想な(笑)
e0181373_20351233.jpg
 表から写しても、もちろん綺麗です。花も葉も厚みがあって、細工物のよう。サクラランという名ですが、サクラにもランにも縁がなくて、ガガイモ科。アスクレピアスやブルースターの仲間と言われたら、なるほどねと思います。
e0181373_20350064.jpg
 以上のは、新しく伸びた蔓に咲いた花。もう一つは昨年のと同じ所から咲き出たものだと思います。花芽が出る所を切らないことが、花を咲かせるコツだとか。
e0181373_20352297.jpg
e0181373_20353009.jpg
 今日はNさんが来てくれて、冬野菜の種まき。虫の攻撃に耐えられるかなあと心配しながらの作業でした。




# by kochira703 | 2017-09-08 21:48 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

待望の雨とハゼの紅葉(?!)

2017.9.7(木) 曇りのち雨
e0181373_20122756.jpg
 待望の雨が降りました。一昨日の雨は降らなかったに等しく、今日もまた、天気予報では傘マークがあるのに、期待を裏切られたかとがっかりしながら、3時半に予約していた歯医者に車を走らせました。ところが間もなく雷鳴が聞こえ、ほっとしたのでした。夜には上がってしまいましたが、ようやく雨が降ってくれたという感じ。
 昨日は池田の実家に行ってきたのですが、道中びっくりしたことには、南淡路では山のハゼの木が鮮やかに紅葉していたのです。全木が朱や紅に染まっているし、葉が黄色くなった雑木もあるし、9月初めの光景ではありません。朝夕が涼しくなったのに、せっかちな木が反応したのでしょうか?それにしては数が多く、小雨のせいで木が早く葉を落とそうとしているのかもしれない、などと素人考えをしています。
e0181373_20131427.jpg
e0181373_20134561.jpg
 以上、ブルーベリー畑のほったらかし花壇ですが、花の色が見えると嬉しい。
e0181373_20132608.jpg
 黒いのがアガパンサスの種ですね。こちらのアガパンサスは、何の加減か種をよく付けました。種が出来ても意味ないんですけどね。





# by kochira703 | 2017-09-07 20:59 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

夏のシマサルナシ

2017.9.5(火) 曇りのち雨
e0181373_21295322.jpg
 ビフォーアフターです。隣家のナンテンに絡んでいっていたのが、一番に気が引けていたので、これで当分一安心。こちらはシマサルナシの棚の北側。南側のシマサルナシは、アンズの木に這い上っていますが、そのままで冬に剪定を頼みます。
 手前に写っているチユウキンレンカは、葉が通路を半分塞いでいたので、剪定枝を運び出しにくいから、シュロ紐で縛りました。今年は花も咲かないのに邪魔、邪魔(笑)白い袋は先日運んでくれた牛糞堆肥。もみ殻が入っているから、さほど重くはないのですよ。
e0181373_21300576.jpg
 
 そこから振り返ると、カリアンドラ。今日の開花は少なくなったけど、昨日のが残っているから、より華やかです。その横で、ずっと咲いてはいたサルビア。多分栄養失調で、貧相だったから写してもらえなかった、気の毒な花(笑)
e0181373_21301830.jpg
       
e0181373_21303140.jpg
e0181373_21304004.jpg
 ジニアとシロタエヒマワリとを一緒に撮ろうと思うのに、ヒマワリが咲いてくれません。        
e0181373_21305667.jpg
 アスクレピアスも庭のあちこちにこぼれ種で出ているのですが、すぐに黄色いアブラムシがびっしりついて、写すに写せなくなるから今のうちに、と思ったのに、既に蕾の方に!
e0181373_21310606.jpg
 
 今日は午後から研修会があったので、コリウスを植えただけ。雨が降ってきたから安心です。


# by kochira703 | 2017-09-05 22:00 | シマサルナシ | Comments(4)

イラガとモンクロシャチホコ大発生

2017.9.4(月) 曇り時々晴れ
e0181373_21252446.jpg
 植木屋さんを依頼したのは、隣家に及ぶシマサルナシの蔓を剪定するのが主な目的。白いフェンスの外側は他所の敷地。寛容な方ばかりなので、許してくれていますが、それをいいことにしては申し訳ないので、切ってもらいました。
 以前だと、それなりに自分で切っていたのですが、あまりに生い茂って、中に分け入るのをひるんでしまいます。草を抜いたり枯れたのを片付けたりして、写真を撮るのに立っている所まで来たら、そこから先を自分でするのは諦めました。
 これが今朝の状態。終わった後の写真は撮る間がありませんでした。今日は、滅多にないことなのですが、孫の迎えと夕食を頼まれたので、それどころじゃなかったのです(笑)
e0181373_21235411.jpg
 小さな花に目がいきました。ツユクサの青はやはりいいですね。
 昨年2、3本の茎しか残らなかったミセバヤに花が咲いて、いつも消えさせてばかりだったので、嬉しくなりました。
e0181373_21244320.jpg
 ヒオウギも最終段階。ずいぶんと花を咲かせたものです。色濃くて綺麗なのを撮ってなかった気がして。もっと薄色のヒオウギもあります。
e0181373_21245620.jpg
e0181373_21275169.jpg
 今日のカリアンドラ・エマルギナタ。
e0181373_21251469.jpg
 庭のあちこちに積み上げていた枯れ枝や枯れ草も処分してもらったので、少し気が楽になりました。アンズの木にイラガとモンクロシャチホコが大量発生しているのを見つけ、枝ごと処分してもらいました。昨年久しぶりに見つけたと思っていたら、やはり今年は増えています。
 数年前には大量発生で、そのころあったヒマラヤ桜からモンクロシャチホコが糸を引いてバラバラ落ちてくる気味悪さ、ブルーベリーの実を採ろうと伸ばした腕に走る、イラガ電流。ヒステリックなイラガちゃんといかつく威張るモンクロ君と名付けるほどに、捕殺が夏の大仕事だったのですが、一昨年までの3年間は全然いなくなって、駆除できたと喜んでいたのです。そんなに甘いものではないと思い知りました。




# by kochira703 | 2017-09-04 22:17 | 小動物 | Comments(4)

花木頼みの庭(笑)

2017.9.3(日) 晴れ
e0181373_21033714.jpg
 見るも無惨な庭でも綺麗に花開いてくれるのが、花木です。今日はカリアンドラ・エマルギナタの開花。1日花ですが、1週間程度は順に咲いて、その後しばらく休み、また次の蕾を形成します。蕾の数からすると明日が盛りかもしれません。先月の15日に満開になったので、これまで1ヶ月に1回と思っていた開花が、半月に1回というハイペースです。猛暑のせいなんでしょうね、きっと。 
e0181373_21035355.jpg
e0181373_21041413.jpg
e0181373_21042805.jpg
 昨日アップしたノボタン・コートダジュールの木が中央に。コートダジュールは2本あって、1本は以前から大きな木になっていました。同じ時の挿し木苗なのに、こちらは一昨年ぐらいまでは小さく収まっていました。それがいつの間にやら背丈を遙かに超え、通路が狭まってきました。(どうしよう?)
 右奥にはシコンノボタンが見えています。
e0181373_21044856.jpg
e0181373_21045969.jpg
 瓦の小道の右側で、フジウツギが開花中。
e0181373_21051937.jpg
 今日は会があって出かけ、庭仕事はお休み。昨日いただいた苗も植えていないのに、今日もまたコリウスを上げると言われたら嬉しくて、いっぱいもらってしまいました。明日は植木屋さんも頼んでいるし、大変大変(笑)

# by kochira703 | 2017-09-03 21:54 | 花木 | Comments(6)