イチゴの木

11月23日(月)

 庭の目立たない場所に、地中海原産だというストロベリーツリーがあります。今年咲いた花が、1年かけて熟し、来年は花と実が同時になるという珍しい木です。(ということを、今日調べて初めて知ったのですけど・・・・。)

ストロベリーツリーの花
e0181373_20563472.jpg
 ツツジ科の常緑中高木。
 花はドウダンツツジのような咲き方です。










e0181373_219444.jpg
 既にしぼみかけたのもあるので、閉じていたのが開けば、咲いた状態のようです。
 インターネットでは咲くのは3週間だけとありました。






e0181373_212762.jpg

 写真中央より右寄りに、茶色の、しなった茎が見えます。赤い花が3つぐらい咲いています。これがストロベリーツリーです。シマサルナシが覆いかぶさって、半分隠れています。
 実は昨年も、これくらいの高さがあったのを、私が闇雲に剪定し半分にしたので、今年は実がありません。強剪定はダメだそうですが、1年で元の高さに戻るくらい強い木です。高くなると5~10mにもなるらしいです。
 昨年、花と実、それも黄色から赤までのいろいろな実がついた枝を、花瓶に活けたことを思い出しました。
 実はイチゴのようと言うより、ヤマモモのようです。食べてみましたが、おいしいとは言えません。果実酒やジャムにするようです。
# by kochira703 | 2009-11-23 21:31 | Comments(2)

ツルウメモドキ

11月22日(日)

 ツルウメモドキのかわいい実をお見せしたいと、この間から何度も足を運んでいたのですが、最初の実が弾いてから大分経つのに、思うように赤い実が増えません。
 よくよく見ると、実が食べられて、粉状のフンのようなのが付いています。虫です!あの虫が卵を産んだに違いありません。
e0181373_21302596.jpg

 小奇麗な虫だと思って写真に撮って(10/26)、そのままにしていたら、後日Nさんと見に行った時にもいました。
 去年までは、黄色の皮が弾けて朱がかった赤い実が、ちょうどいい具合になるのを待っていましたが、実が無くなってしまったら困るので、本日紹介。実の横にフンが見えます。
e0181373_21371299.jpg

 一斉に実が弾けると派手になります。生花やリースに使われています。
 オープンガーデンで伺ったお宅で、ツルウメモドキのリースを見ました。切った枝をそのまま巻いて2、3日置くと、綺麗に実が弾けると聞きました。
e0181373_21414236.jpg




 
  全国の山野に自生している木なので、このままの状態で、華やかな姿をお見せしたかったのです。
# by kochira703 | 2009-11-22 21:53 | Comments(0)

ハーブ畑を作る!

11月21日(土)

 ハーブ畑と称している場所の実態を、名前に近づけたいと思います。そこにもブルーベリーが8本植わっていますが、その間でハーブが咲くよう、いろいろ植えつけています。・・・・と、宣言したら頑張れるよね。

レースラベンダー
e0181373_20205561.jpg

 ラベンダーが、イキイキしています。ラベンダーは暑さが苦手です。淡路の夏は大変だったでしょうね。

フェンネル
e0181373_21295788.jpg

 茎を切ったら、また咲きました。春からずっと咲いている気がします。うちのフェンネルは細々としているので、花も線香花火みたいにか弱く咲いています。

 
# by kochira703 | 2009-11-21 21:39 | Comments(0)

日だまり

11月20日(金)

 日だまりが恋しい季節になりました。冬の花が、生い茂っていたキーウィの陰から出てきました。
スイセン
e0181373_21123081.jpg


オキザリス
e0181373_2114461.jpg

オキザリスは、日が照らないと花が開きません。純白の花が一斉に咲くときれいで、庭の困りものでも捨てられないのです。・・・・こんな自分の性格に、困ります。

e0181373_21273100.jpg

e0181373_2128162.jpg
 イチが日だまりで寝ている、のではありません。
 イチは真夏のかんかん照りでも、ここでこうして寝るのです。
 
 この写真を撮るのは、なかなか苦労でした。
 というのも、少しでも音や動きがあると、すぐ起きてしまうのです。写真を撮る気なんか全然ないという風をして、私も縁側でぼーっと座り、イチを油断させたのでした。・・・・呑気なことで、スミマセン!
# by kochira703 | 2009-11-20 21:42 | Comments(6)

ギョリュウバイ等についての訂正

11月19日(木)

 8月10日にギョリュウバイとストレプトカーパスが咲いた、これから次々と咲いてくれると書きました。が、これが間違いで、次々と咲いてはくれず、訂正できるタイミングを図っていました。やっとその時になりました。
 どこの世界にもセッカチはいるもので、あの写真の花たちは、様子見に顔を出しただけでした。夏の間、ひっそりと過ごし、こんどこそ本格的に動き始めました。

ギョリュウバイ
e0181373_2017631.jpg

 御柳梅と書きますが、原産はオーストラリア、ニュージーランド。
 小さな苗を地植えして9年ほど。生長も早いので、高く伸びた枝を切って、大きくなり過ぎるのを押さえています。
 あの時、ここ1か月くらい咲いていないだけで、年中咲いていると書きましたが、毎年見ていながら、記憶が不正確。すみません!7~10月は咲きません!!しかし11月から6月まで、赤い花をいっぱいつけてくれるのは値打があります。

ストレプトカーパス・サクソルム
e0181373_20303596.jpg
 ストレプトカーパスはアフリカ原産で、130種類もあるそうです。
これはサクソルムという種類で、温度管理をすれば周年開花だけれど、夏の暑さ・冬の寒さに弱く、かと言って、日に当たらないと花が咲かない、手のかかる植物だそうです。
 ということが、これを書こうとして、ネットで検索して分かり、勉強になりました。
 枝を挿せば増えるので、絶えることなく数年、手元にありますが、確かに気難しい植物だと思います。
 先日、淡路市の観光地のパルシェとたこせんべいの里で、この花を大きな吊り鉢で天井から下げて、見事に咲かせているのを見ました。
# by kochira703 | 2009-11-19 20:57 | Comments(2)