ハクモクレンを四方から

2019.3.18(月) 晴れ
e0181373_21025549.jpg
 ハクモクレンを写すにはやはり青空が必要。最後の麗しい姿を四方から。四方と言っても、180度くらいですが。
e0181373_21031698.jpg
 ブルビネラと一緒に。
e0181373_21033286.jpg
e0181373_21045788.jpg
e0181373_21034974.jpg
 ブルーベリー畑の南の端から。
e0181373_21040650.jpg
e0181373_21052801.jpg
e0181373_21042425.jpg
 東から西へ。ジャノメエリカも一緒に。
e0181373_21043563.jpg
 まだ予定が流動的ですが、もし明日の夜にブログが更新されていなければ、週末までブログを休みます。










  


# by kochira703 | 2019-03-18 21:19 | 花木 | Comments(5)

早春の花木再び

2019.3.17(日) 曇り時々雨
e0181373_21545281.jpg
 朝起きて雨が降っているのにびっくり。おまけに晴れてきているのかと思っていたら、雨が降って雷まで!大した雷ではなかったのですが驚かされました。
 夕方がけての写真なので、色がパッとしませんが、3月も後半に入ったら、いつまでも早春でもなかろうと、木の花を写しました。
 ハクモクレンは最初の花が茶色くなり始めて、落花も目立ってきました。満開を迎えると凋落が始まります。
 こうして写すとハクモクレンはやはり、春の到来が早い「風の通る庭」のシンボルツリーですね。庭は道路から離れて見えないのですが、ハクモクレンだけは人目に付きますから。
 ブルーベリー畑から写すとアンズの花も見えます。手前の赤はギョリュウバイ。
e0181373_21551366.jpg
 カメラを右に振ると、ボケとクサボケが並び、その向こうにピンクのアニソドンティア。これから寒くなるまで咲き続けてくれます。
e0181373_21552650.jpg
e0181373_21573687.jpg
 庭の東端のユキヤナギ。左右のブルーベリーが枯れたので、我が物顔に広がりました。
e0181373_21575592.jpg
 こちらは処分しようと思いつつ実行できなかったユキヤナギ。切り詰めていたのでこぢんまりと咲いています。
e0181373_21581316.jpg
 その奥の方にユスラウメとサンシュユ。
e0181373_22050670.jpg
e0181373_22045801.jpg
 西方向にはアンズ並木、というには短いですが(笑)
e0181373_22051983.jpg
 あと満開なのが、ボケと遅咲きのヤブツバキ。
e0181373_22061788.jpg
e0181373_22261571.jpg


# by kochira703 | 2019-03-17 22:31 | 花木 | Comments(1)

早春の花たち 2

2019.3.16(土)  晴れ
e0181373_21584363.jpg
 昨日タイトルを「早春の花たち」と書いたから、今日はその続きです。まずはプルモナリア。右のは丈が伸びていますが、中央のは咲き始めたばかりだから、伸びるのはこれから。左にはビオラ・ラプラドリカの紫の花が少し。
 こちらはスミレとしては大きくて、近くに差していたラベルを見ると、花は似ているけれど葉が違う。この辺りにスミレを買っては植えるのですが、定着してくれません。
e0181373_21585153.jpg
 目立ちませんが、こぼれ種から大きくなったセリンセがたくさんあります。勝手に生えてきた花を優先して、空いた所に苗を植え込むので、毎年の景色はこぼれ種任せ(笑)
e0181373_21591673.jpg
 茎が伸びたのでようやくムラサキハナナの花が目立ってきました。
e0181373_21590856.jpg
 冬中咲いていたボリジ。
e0181373_21592267.jpg
 この植木鉢は昨年のまま。こぼれ種のワスレナグサとラグラス。
e0181373_21593011.jpg
 ブルーベリー畑のラッパ水仙がさわやかです。
e0181373_22003664.jpg
 ヤブツバキの落花とナデシコ・テルスターの花の赤がマッチして、ここに来るたびに楽しませてもらいました。来年もナデシコが咲いてくれるよう、梅雨前に切り戻すのを忘れないようにしよう!
e0181373_22142830.jpg
 スカビオサ(西洋マツムシソウ)と花ニラとビオラを写そうとしたのに、どれにもピントが合っていません(汗)やっぱり白いスミレはアピール力が強い(笑)
e0181373_22145844.jpg
 ラケナリア・ムタビリスが咲き上がってきました。
e0181373_22150546.jpg
 朝起きて外を見ると雨が降った様子。このところ植えたのも多いので、これで水やりの心配もなくなりました。





# by kochira703 | 2019-03-16 22:46 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

早春の花たち

2019.3.15(金) 晴れのち曇り
e0181373_21184497.jpg
 今日は花を大きく写してみます。ラナンキュラス・ラックスとヘリオフィラ。透明感のある黄色とブルーの取り合わせが綺麗です。
 赤いラナンキュラス・ラックスも植えっぱなし2年目。苗を買うときは高いと思ったけれど、植えっぱなしで大丈夫な上に、年ごとに花芽をいっぱい付けて、大株になっていく植物なんて、そうそう無いでしょう?1500円で買ったのが3年持っているから、1年500円と思えば、有りかなと思えます。この先どれくらい持つのかは分りませんが。
e0181373_21185120.jpg
 ラケナリアを地植えにしてみたら、プランターのような徒長がなくて、しっかりしています。梅雨時に球根が腐る心配があるから、その前に掘り上げればいいんですよね。手間さえ惜しまなければ、花壇にも使えそう。
e0181373_21190076.jpg
 Naさんからネメシアの苗をいただいたとばかり思っていたら、ディアスシアというラベルがありました。初めての花です。
e0181373_21190898.jpg
 バージニアストックの草丈が伸びてしまいました。ここにも原種のスイセン。かなり前に姫路のAさんからいただいたもの。
e0181373_21192519.jpg
 数十年前に従姉妹が母の日プレゼントに贈ったという、長生きプリムラ(笑)
e0181373_21200577.jpg
 入り口のマーガレット。爆発的に咲いていたのが、夏に消滅し、一部だけが残りました。今年はこれも枯れるだろうから、早めに挿しておこうと思います。ストックは終盤。替わってキンギョソウが開花しています。
e0181373_21191520.jpg
 花を見て回っていて、突然変異(?)を発見! 鈴蘭スイセンがベル型にならないで、上向きに全開していました!4つさいていましたが、他のも横向きに開いています。何の加減だろう?
e0181373_21194647.jpg
 シラユキゲシの開花が始まりました。
e0181373_21194195.jpg
 今日でようやくいただいた苗を植えました。まだ手入れするべき場所はたくさん残っていますが、ヤレヤレです。




# by kochira703 | 2019-03-15 22:00 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

今日のハクモクレン

2019.3.14(木) 晴れ
e0181373_21243404.jpg
 近くまで来たからとNさんが不意の訪問。今年はハクモクレンが早いな、五分咲きかなと、二人してしばし仰ぎ見ました。
 リナリアとボリジ。
e0181373_21244357.jpg
 リナリアと紫花菜とビオラ。写真中央奥の白は椿。開花が遅い品種です。
e0181373_21245697.jpg
 プリムラ・マラコイデスと奥の赤はフロックス。
e0181373_21250271.jpg
 スズランスイセンとバージニアストック。
e0181373_21250957.jpg
 ラケナリア・ムタビリスとバージニアストック。
e0181373_21251544.jpg
 黄色のブルビネラは昨日の強風で茎が歪んでしまいました。真っ直ぐ伸びてこそ綺麗だのに。
e0181373_21252421.jpg
 ヘリオフィラが見頃。紫のビオラと水色のネモフィラ。赤はラケナリア。
e0181373_21253532.jpg
 植えっぱなし3年目のラナンキュラス・ラックス。ビオラとミニスイセン。
e0181373_21264704.jpg
 ブルーベリーの木の下に植えたラッパスイセンは、ここ以外の場所ではほぼ消えつつあります。右の赤はボケ。左はクサボケ。
 今日は写真の右端につながる場所を掘り返し、蔓延っていたオキザリスの球根を拾い、Tさんにいただいた苗をようやく植えました。どこにしようかと悩んでいたのですが、長年手つかずの場所を少し作り替えました。
e0181373_21270231.jpg
 よう植わっとるわ、あとちょっと片付けたらええぐらいになったなと、Nさんの講評(笑)



# by kochira703 | 2019-03-14 22:19 | 花木 | Comments(0)

明石海峡公園

2019.3.13(水)  晴れ
e0181373_21182185.jpg
 先日お隣りの I さんが来て、「新聞に明石海峡公園のクリスマスローズが綺麗やと出とったけど、あそこまでは遠いから、よう行かんわ」と言ったのをきっかけに、民生委員の協力員をしてくれているので、もう一人の協力員さんも誘って、打合会名目のランチ&花見会を計画。もちろん若干の連絡協議もしましたよ(笑)
 ここには珍しいクリスマスローズがずらり勢揃い。まず色合いに惹かれたのが、アーグティフォリウス・ブルーナイフ(名札があります)
e0181373_21184111.jpg
 「氷の薔薇 レッド」という名前を、帰って検索して驚きました。ドイツで開催された世界最高峰の園芸展示会「IPM Essen 2017」で、最高賞を受賞した、まだあまり出回っていない品種でした。「ニゲルとガーデンハイブリッドを交配した、次世代のクリスマスローズ」で、夏にも強く、上向きに多くの花を咲かせ、「従来のクリスマスローズとは一線を画する」とか、「革命的様相」だとかあって、もちろん値段も仰天もの。
 何も知らず、(いい色、シベも綺麗やし)と思ったけれど、そうと知ったら、もっと穴の開くほど見てくればよかった(笑)
e0181373_21184684.jpg
       
e0181373_22082113.jpg
 クリスマスローズの植えられた、緩やかな斜面の下の通路沿いには、にぎやかな花壇。もうチューリップが開いて、ラナンキュラス・ラックスもいい色で咲いていました。
e0181373_21200029.jpg
 八重咲きの寒緋桜。台湾の桜だそうで、花の咲き方が違っていました。
e0181373_21185859.jpg
e0181373_21190323.jpg
 早咲きの桜がいろいろあって、風は冷たい日でしたが、花見を楽しめました。
e0181373_21191431.jpg
 チューリップとムスカリとネモフィラの植え込まれた花壇。やがて大地に美しい絵が描き出されます。
       
e0181373_21192706.jpg
 花のない今を楽しんでもらおうと飾られた風車が、強風で吹き飛んで、拾い集めるスタッフもお気の毒。実物は風でクルクル千切れるほど回り、光る素材が煌めいて、それなりに綺麗だったのですが、写真になるとゴミが点在しているようです(笑)
e0181373_21194281.jpg
 展望台の奥にある河津桜も見に行きましたが、もう終わりでした。ミモザや桜を見て、大きな景色と青空を楽しんで歩きました。
       
e0181373_21210915.jpg
 「10連休はみんなここに来てのんびりしたらいいんよね」「ウエスティンに泊まって、お弁当でも買って」「ボケーッと百段苑に座って、海を眺めて」と、10連休には全然関係の無いシニアたち。
 ビオラのフェニックス。その頭の向こうがウェスティンで、右の山の斜面のコンクリートが百段苑です。本当に広々として、ゆったりと過ごせる公園です。
e0181373_21200742.jpg
 こんな風に植えられた、というか飾られたビオラも可哀想なんて思ってしまいます。
e0181373_21201530.jpg






# by kochira703 | 2019-03-13 22:41 | 花巡り | Comments(2)

次々と開花

2019.3.12(火) 晴れ
e0181373_22220651.jpg
 ムスカリがあちこちで咲いてきました。ネモフィラに花数が増えて明るい感じに。プリムラも咲き始めました。ハクモクレンの下から出てきたプリムラ。丈夫な球根はいいですね。   
       
e0181373_22215966.jpg
 長い間ポツポツと咲き続けても、ツーショットを撮る友だちがいなかった寒アヤメです(笑)ようやくミニスイセンと並びました。ミニスイセンも強い。あちらこちらで群生ができています。
e0181373_22222551.jpg
e0181373_22221988.jpg
 スズランスイセンも広がりますが、葉の割に花が少ない気がするのは、うちだけかな?
e0181373_22223203.jpg
 原種のスイセン。ここで咲くのは初めてのような?あと2つ蕾!
e0181373_22223748.jpg
 植えっぱなし2年目のラナンキュラス・ラックス。これも丈夫。
e0181373_22230157.jpg
 奥のクリスマスローズのボリュームに我ながら感心して、写真を撮りました。いろいろな花が咲いてきて、庭は今が第一次花盛りのような気さえします。オープンガーデンはまだ1ヶ月以上先なので、今が花盛りの花は終わります。こうしてブログでご覧いただけて幸いです。
e0181373_22230857.jpg



# by kochira703 | 2019-03-12 22:48 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)