白花の彼岸花も!

2018.9.18(火)  晴れ
e0181373_19533817.jpg
 赤が咲いたら白も、と見に行ったら、ちゃんと咲いていました。4本。少ない気がしてブログを遡れば、昨年は11本。一昨年は3本。いずれも9月18日にアップしていました。偶然3年連続同日。やはりお彼岸に咲く花だということですね。
 ヒガンバナは自然分球で増えるとか。昨年増えた球根はどこへ消えたのか? 今年は忘れずに肥料をやってみよう、球根が小さくて開花に到らなかったのかもしれない、と希望的観測。
 水引草も好きで、あちこちで勝手に咲いていますが、写しにくくて久しぶりのアップです。薄紫のユーパトリウムとヒガンバナと、今が見頃の日陰の小庭です。
e0181373_19534406.jpg
 エクメア・ガモセパラのガクがいい色です。
e0181373_19535027.jpg
 今日の感動がもう一つ。何の葉っぱだろう、雑草ではなさそうだと様子を見ることにしていたら、スズムシバナの初花!
e0181373_19540116.jpg
 親株からは2mくらい離れた花壇。きっと春にこぼれ種の苗を移植したんでしょう。そんな気がします。横のエリシマムはみな枯れたのに、これは元気。頑張って大きくなれますように!
 親株のスズムシバナは、斑入りヤブランと紫の花で合わせています。でもそれだけ。周囲は枯れ枯れ。
e0181373_19540774.jpg
 明日からしばらくブログを休むので、花盛りを写してきました。
e0181373_19542447.jpg
 黄花コスモスが庭中で勝手に育っています。夏枯れだった場所では、猛暑に耐えた花が大きくなり、地面からも発芽がびっしりで、再び緑に覆われてきました。
e0181373_19542959.jpg
 メインガーデンはハナトラノオとユーフォルビア・ダイヤモンドフロストが花盛り。白い小花は小さすぎて見えませんが・・・。
e0181373_19543861.jpg
e0181373_19544362.jpg
 オレンジ色のランタナは厳冬で地上部が消えていた(初めてのことでした)のが、再び元の姿になりました。この辺りは様々な根が、特に楷の木の強烈な根が入り組んでいるせいか、さほど大きくならないのが幸いです。
e0181373_19544884.jpg












# by kochira703 | 2018-09-18 20:44 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

庭のヒガンバナ咲く

2018.9.17(月)  晴れのち曇り
e0181373_20295917.jpg
 昨日車で走っていたら、田んぼの畦にヒガンバナの赤い色が目に付きました。うちのも今日の開花。正確に言うとリコリス・さつま美人。2014年の夏に買い秋には咲いたとあるから、5回目の開花ですが、いつまで経っても貧弱なままです。
 横の赤はガーベラ。白はタマスダレ。タマスダレもヒガンバナの仲間ですね。
e0181373_20300650.jpg
 昨日アップした秋咲きスノーフレークが、他でもさいてきました。(やれやれ、よかった!)1ヵ所は銅葉ヒマの大きな葉に守られて、ひっそりと。
e0181373_20301550.jpg
e0181373_20302130.jpg
 これでは元より目立たない場所(笑)近くに植えた記憶がかすかにあって、わっさわっさした葉をかき分けて、覗きに入ったのです。前面からはメランポジウムに隠れて全く見えません。枯れて倒れた茎を片付けて、記念撮影!
 植えた時にはそれなりの理由があったのでしょうが、今となっては何を考えていたんだか、です。もう1ヵ所はカイヅカイブキの下の花壇。ここはよく見えます。
e0181373_20302548.jpg
e0181373_20303187.jpg
 今日は一日庭仕事。先日買った花苗の残り2つ、植える場所を選び、石を掘り上げて土作りから。以前はポットが埋まるだけしか掘り返さなかった。それでは育つ訳ないと分ったから、時々は丁寧に植えるようになりました。
 リンドウも買っていたので、これは鉢植え。庭が出来た時から地植えで維持できていたリンドウもキキョウも今年は消えてしまいました。
 後はブルーベリー畑や野菜畑をうろちょろ。


# by kochira703 | 2018-09-17 21:07 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

秋咲きスノーフレーク

2018.9.16(日) 晴れ
e0181373_20593570.jpg
 秋咲きスノーフレーク。ヒガンバナ科だから花後に葉が出てきます。丸亀からやってきてここで3年目。昨年、球根の一部をどこかに移して、その場所を忘れている!(汗)そのうちどこかから出てきてくれますように!
 儚げな白い花が咲いているのは、全然似つかわしくない、上品な花に失礼なような場所。ゴミ捨て場の近く、立水栓の脇なのです。右の緑のモシャモシャは短く切ったユキヤナギと、その向こうで通路を塞いでいるサルビア・アンソニーパーカー。この辺り、手が付けられなくなっています。
e0181373_20594561.jpg
 チユウキンレンカの上ではサルスベリの花が残っています。久しぶりに見る青空がまぶしくて、晴れやかな天気が嬉しい。
e0181373_20595944.jpg
 サルスベリの花色は2種。綺麗なピンクの方が生長し負けて、赤花の下になっています。花も咲き遅れて、今からが見頃。
e0181373_21000738.jpg
 写真を撮って帰ろうとしたら、カマキリと目が合ってしまいました。先日からこの銅葉ヒマを住処としてバッタを狙っているようです。自分の狙っているバッタを、いつも私がツイと横取りするものだから、このバッタは私を怖がっています(笑)及び腰が分りますか? 前脚を挙げて威嚇してくるカマキリもいるのですが、このカマキリはカメラをほんの少し近づけただけで、慌てて逃げてしまいました。
e0181373_21001795.jpg
 午後からは淡路花祭のオープニングで、金子明人さんの講演会に行って来ました。枯らしてもめげずに植えよう、新しい花にトライしようということでした。







# by kochira703 | 2018-09-16 21:36 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

斑入りイタドリに花

2018.9.15(土) 曇り時々雨
e0181373_20165933.jpg
 斑入り葉のイタドリに花。山野草展で小さな苗を買ってきて、ここに植えて3年目。何でも3年経つとしっかりします。初めての白い花です。草丈は子どもの頃に見たイタドリとは全然違って、まだ3,40㎝ですが、花の感じは一緒。もし種を落として発芽するなら大変なことになりそうだから、写真を撮ってカット。若葉の頃は綺麗な色でした。
 イタドリの花はナツユキカズラと似ていると思ったら、どちらもタデ科で、仲間だったんですね。そう言えば今日、ナツユキカズラの蔓が欲しいという人が来られました。夏に枯らしてしまったので挿してみるそうです。強いからきっと着くでしょうね。
 イタドリの横の赤はエクメア・ガモセパラのガク。花が咲いているみたいです。
e0181373_20170486.jpg
 その上方でフジウツギと西洋ニンジンボクが少しだけ咲いています。
e0181373_20170905.jpg
 今はサルビアの時季。
e0181373_20171565.jpg
 買って来た苗を調べたら、どれも宿根草だけれど、高温多湿はダメとあったので、花壇を掘り下げて大きな石ころを拾って、鹿沼土と腐葉土と苦土石灰を混ぜました。植えるときの当たり前の作業ですが、それをして来なかったので、30㎝くらい掘っただけでも、うちでは上等の花壇となりました(笑)
 暗くなって終了。明日はグロブラリア・プンクタータ、アルケミラ・エリスロポダ、カンパニュラ・ベルフルールを植えます。他にはペンステモン・メルセアイエロー、スタキス・マクランサ。カタカナが並ぶと訳が分らなくなりますね(笑)
 カンパニュラやペンステモンぐらいは知っていますが、知っているのとは葉が違い、どんな花が咲くやら、期待と不安が入り交じります。





# by kochira703 | 2018-09-15 20:58 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

ススムシバナ咲き、鈴虫鳴く

2018.9.14(金) 曇り
e0181373_21300537.jpg
 スズムシバナが今日はよく咲いていました。ここで2年目。定着してくれたようです。廊下では鈴虫が鳴いていますが、鈴虫の鳴く頃に咲くから、スズムシバナだとか。いただきもののW鈴虫で、秋を楽しんでいます。
 オルトシフォンもひっそりという感じで咲いています。
e0181373_21301532.jpg
 タマスダレの花は今日が一番かな。ピントが手前のヒメウツギに合っていますが、タマスダレを写したつもり(笑)
e0181373_21302076.jpg
 大きな甕のメダカはもういません。冬に消えてしまったまま。(アレッ、縁に何か付いている!蜂か何かの巣のよう。明日確かめなくっちゃ)
e0181373_21302419.jpg
 ブルーベリー畑の奥に入って行ったら、シロタエヒマワリが倒れた所から首をもたげて立ち上がり、ひそかに花を咲かせていました。黄色の花は元気をくれます。
e0181373_21303066.jpg
 今日は一日庭仕事。







# by kochira703 | 2018-09-14 21:51 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)