人気ブログランキング |

梅、一輪

2月7日(日)

 「梅一輪一輪ほどの暖かさ」の句がぴったりの今日でした。庭の梅が開花しました。
 「春告草・はるつげぐさ」という和名のように、梅は、春の到来を感じさせてくれます。ちなみに「春告鳥」は鶯。「春告魚」はニシンだったり、メバル、イカナゴ、サワラだったりします。
 淡路島の生活実感としては、イカナゴがまず春を告げてくれます。鰆(サワラ)も、文字からすぐに連想します。ニシンは、北国の人には近い存在なのでしょうが、思いも浮かびませんでした。釣り人にはメバルなのでしょうか。

e0181373_2045437.jpg
 両親が金婚式のお祝いにもらった、鉢植えの紅梅を、地植えにして9年。
 華やかな色です。








e0181373_20513295.jpg
ちょっと貧相ですが、白梅も、暖かさにつられ花開きました。
 去年は実が数個しかなりませんでした。寒い時期だから受粉させる方がいいと聞きました。
 梅干し用にもっと数が欲しいので、トライしてみます。

e0181373_20535849.jpg

by kochira703 | 2010-02-07 22:31 | Comments(4)
Commented by Nさん at 2010-02-07 22:46 x
梅の初登場です。春が近づき嬉しいです。
Commented by 703 at 2010-02-08 10:43 x
本当に一輪だけ。全く“春告花”ですね。
昨夜からの疑問・・・・梅が何故に草?
何故“春告花”ではないのでしょうか?
Commented by 加古川 at 2010-02-08 10:58 x
梅の花を、アップで見てこんなに美しく、又たくましくも、感じました。さすがに寒さの中咲く花、ただぼんやり眺めていた。梅の花見直しました。花も色々な感覚で見方が変わることを、実感したひと時でした。春つげ草嬉しくなります。
Commented by 703 at 2010-02-08 20:40 x
梅の花もすばらしさを再認識されたとか、光栄です。
紅梅の横に、小さな白梅があります。(写真のとは別に)。
並んで咲いてくれる日を楽しみにしています
<< 日が傾くまで 春は名のみの >>