人気ブログランキング |

葉牡丹の最後

3月24日(水)

 葉牡丹の最後の写真を載せようと思って、ネットで調べていたら、意外な記事。それを見て、ちょっとした感動を覚えました。花が咲けば終わりと思いこんでいた葉牡丹が、実は多年草だったのです。
 花茎の先を切ったら芽が出てくるとありますが、キャベツの仲間なので、虫が付きやすく、夏越しも難しそうです。多年草でも、実際には管理が困難で、1年草扱いされるのでしょう。
 でも、ものは試し。鉢植えのを丁寧に移植してみようか、このまま置いておこうか等と、興味をかきたてられています。
葉牡丹の最後_e0181373_20304337.jpg

葉牡丹の最後_e0181373_2031961.jpg
年末に「京の華」という種類だとアップした、この花の最初の色を覚えてはおられないでしょうか?
 クリーム色がかった白の葉の中央に、柔らかいピンク。
 上品な色合いの、牡丹の花のような。
 

葉牡丹の最後_e0181373_20313215.jpg
 それが今、こうなりました。
 今の色合いもすばらしいと、横を通るたびに思います。
 これはNさんが、確か奈良の方で買ってきたものです。




 
 葉牡丹は、江戸時代にオランダから、野菜として入ってきたそうです。日本で品種改良が進み、近年、多様な葉牡丹が出回っています。
 花壇の葉牡丹は、クジャクハボタンという品種でした。黄色い花が咲き始めました。
葉牡丹の最後_e0181373_20454760.jpg

 今日は兵庫県立美術館の小倉遊亀展、香雪美術館の堀文子展に行ってきました。今91歳の堀さん、10年前に105歳で亡くなった小倉さん。長寿の、2人の女性が、生涯かけて描いた画業の迫力に圧倒されました。
 
 淡路島を南から北へ縦断しました。山桜が、既に満開の木もあちこちに。花がまだなのも、枝が赤く染まって、咲くのを待ちかねています。山が桜色に染まるのは、すぐです。
 
 
by kochira703 | 2010-03-24 21:35 | Comments(4)
Commented by Nさん at 2010-03-24 22:00 x
「京の華」の葉牡丹の色の変化は以外です。越年できるか挑戦お願いします。クジャクハボタンの花壇はチューリップ、パンジー、ストック等色とりどりで華やか。雨に濡れたコンクリートの風情もしっとりしていていいものですね。
Commented by りょう吉 at 2010-03-25 19:15 x
え、花ってこんなに劇的に色変わるの?!新発見です。
上から見ると、「葉牡丹」の名前の由来がよく分かるね。

最近立て続けにトラブル発生でげんなりしているので
いつもに増してブログのぞいています。毎日すてきな世界を
提供してくれてありがとー。癒されなきゃやってられん!笑
Commented by 書き忘れ at 2010-03-25 19:18 x
今日はケータイに緊急の連絡がたくさん入るので、
電話はまた後日にします。しばらく着信なくても心配しないでください。
Commented by kochira703 at 2010-03-25 20:16
見事な葉牡丹を創り出したもんですね。
菜種梅雨で、庭もしっとり。
うるおった花たちがどんな表情を見せてくれるか、明日が楽しみです。
<< 実のなる木 2 和の菫 >>