人気ブログランキング |

花粉症

4月26日(火)   曇り時々晴れ
 10年余り前に、突然に花粉症になりました。初年度が一番重症で、今の時期ならイネ科が原因かなあと、同僚たちと話したのを覚えています。それからだんだんマシになっていたのですが、今朝からクシャミ連発、鼻水流れ、今季最悪のコンディション。まず思い当たったのが、昨日の片付け。ラグラスの穂を抜いて、種を落としておこうと振ったあと、ドライフラワーにしようと束にしたこと。ラグラスはイネ科。
 ところが庭を見に来た近所の方たちと、ラグラスの話をしていて、種は黒くなると聞き、その時ハッと気づきました。こぼれ種にしておこうと振り落としたのは、花粉ではないか!(何だかいつもアホなことをしています)
花粉症_e0181373_2131659.jpg

 でもラグラスを束ねたと言っても、数十本。それより花粉が多いのはカモミールかもしれないし、ノースポールも花粉が多そうだし。昨日も今日も風が強いから、庭には大量の花粉が飛んでいるでしょう。花粉症の原因植物には名前は載っていないのですが、どちらもキク科です。
 オステオスペルマムもガザニアもキク科。花粉症の原因植物はスギやヒノキなどの風媒花が主ですが、それは一般的な場合。花に顔を近づけていれば、どんな花粉も吸い込んでしまうでしょうし、カモミールの間に入って途端に調子が悪くなった経験も何度かあるし、困ったことです。
花粉症_e0181373_21352382.jpg

花粉症_e0181373_21365394.jpg
花粉症_e0181373_2137216.jpg

花粉症_e0181373_21354196.jpg

 今日はお客が2組4人。「花粉症ごときにはめげません!」と言いながら案内をしたり、昼からは鼻水を拭きながらリナリアを抜いたり、植え替えをしたり。花の季節は、花を愛でるヒマもないくらいに忙しいのです(笑)
by kochira703 | 2011-04-26 22:44 | Comments(0)
<< チユウキンレンカ大往生 余韻にひたって >>