白絹病対策 2

2011.8.18(木)  曇り時々晴れ一時雨
 先日、白絹病対策に米のとぎ汁に牛乳を混ぜて作った乳酸菌が効くということで、実践中の旨を書きました。1週間にペットボトル3本が順にできてくるので、撒く間隔はどのくらいだったか、もう一度調べようと、「米のとぎ汁 乳酸菌」で検索。そして初めて知りました。放射線対策で「米のとぎ汁乳酸菌」ブーム(?!)なのだと。
 こちらは米のとぎ汁を1週間静置し、それに何やら入れて飲んだり、霧にして吸いこんだりするというもの。乳酸菌によって放射性物質が体外に排出されるのだとか。それに対し専門家は、雑菌が繁殖して危険だと警鐘を鳴らしていると言います。
 私が出合った「米のとぎ汁+牛乳⇒乳酸菌」は、白絹病対策を検索していた時のもの。でもねえ、何だかあやしげなデマに水を差されてしまいましたよ(笑)
 弱った植物の根元をよく見ると、こんな白い菌糸が発生しています。そのままにしておくとまもなく立ち枯れます。引き抜いてゴミとして処分しました。
e0181373_21465296.jpg

 こんな白い細粒は菌核。土壌に生き残り、高温多湿になると再び猛威を振るうのです。未熟な有機物、酸性土壌を好むとか。移植ゴテで土ごと救い、表土で繁殖するので、深い穴に投げ入れました。
e0181373_21401168.jpg

 土づくりと思って有機肥料を入れてきた結果が、土壌病害を引き起こした気がします。もちろんその使い方が悪かったのですが、なかなか難しいものです。せっかく作った乳酸菌なので、花壇に撒きましたが、はてさてどうなるのやら?土づくり名人に弟子入りしたいなあ(笑)
 さて、名人からいただいた熱帯スイレンが早くも咲きました。
e0181373_21402966.jpg
e0181373_21403667.jpg
e0181373_214043100.jpg

by kochira703 | 2011-08-18 22:18 | Comments(0)
<< ユーフォルビア ダイヤモンドフロスト ユーパトリウム >>