シマサルナシ栽培の勉強に!

2011.9.26(月)     曇り時々小雨
 シマサルナシの繁茂ぶりに困り果てて、6年前にご縁ができたK大学農学部の栽培状況を見てみたいと、前々から考えていたのですが、思いきってお願いし、今日はK先生を訪ねてきました。一緒に行ったのは、K先生を淡路の山に案内してくれたNaさん、庭のシマサルナシの剪定を手伝ってくれるNさん。
 研究室に通していただき、最新の研究結果などをお聞きしました。そしてキーウィとシマサルナシとからできたキーウィベリーを試食させてもらいました。これが実に美味しい!甘くて香りがあって、さわやかで。シマサルナシよりお洒落な感じ?!さらにいい点は、早くも9月に、実が熟したのから採って、追熟しなくても食べられること。早く市場に出回るといいのに!!
 それから研究農場を案内していただきました。びっくり!!目からウロコの栽培方法でした。これが我が庭のシマサルナシ。
e0181373_2128135.jpg

 大学のシマサルナシは1本の幹に1枝。それでも実がいっぱい。うちのは枝は無数でも実はならない!!
e0181373_21292769.jpg
e0181373_21294177.jpg

 他にも挿し木や種まきから育てている所、各地のシマサルナシの木なども見せていただきました。熱帯果樹の温室ではパパイヤの花の香りが漂ってきました。
e0181373_2135476.jpg

e0181373_21374415.jpg

 アセロラの花も初めて。いろいろ初めて見るものばかり。感動の声で賑やかなオバサン3人組を引き連れて、K先生恥かしかったのではないかしら?!
 いい勉強をしました。大学の空気を吸って、若返った気がします?! K先生に感謝!!
 行く前に志度のインター下りた所の、ベリー農園のカフェでランチ。美味しくてまた行きたい所です。手作りのお菓子やブルーベリー用土なども売っていました。
by kochira703 | 2011-09-26 21:57 | シマサルナシ | Comments(0)
<< すっきりと白と緑で シソ科植物の季節に >>