“小さい春”みつけた!

2012.2.27(月)   曇り
 シマサルナシの剪定を頼んでいたKさんが、残っていた片付け等々に来てくれました。予定が雨などで延び延びになっていたのです。フェイジョアやブルーベリーも切ってもらって、この冬の剪定はこれで終了。
 時おり日差しがあるものの気温の低い一日でした。カメラを持って庭の春を探していたら、見つけました!綺麗な色に嬉しくなりました。
e0181373_1947666.jpg

 正に“小さい春”でしょう?黄色がイエイオン・セロウィアナム、ピンクがヘスペランサ・ヒュミリス。黄色のは南アメリカ原産のユリ科植物。冬に咲くハナニラと札にありました。ピンクのは南アフリカ原産のアヤメ科。どちらも植えっぱなしOKに魅かれて、一昨年に植えたもの。2回目の開花です。こんな色を見ると春が近づいているのを感じます。
e0181373_19471788.jpg
e0181373_19472656.jpg

by kochira703 | 2012-02-27 19:55 | Comments(2)
Commented by keitann at 2012-02-27 23:41 x
こんばんは。

小さな球根植物が咲き始めましたね。
球根植物って種類がとても多くて、栽培が比較的簡単なので、植えておくと、手軽に春が楽しめて良いですね。
我が家もプシュキニアやクロッカスなど、小さな花を咲かせる球根植物がいろいろ植えてあります。
黄色のハナニラって珍しいですね。
Commented by kochira703 at 2012-02-28 22:18
こんばんは。
冷たく固い土を割って緑が顔を出し、花を咲かせてくれるのは、ホント嬉しいものです。ムスカリやローマンヒヤシンスのつぼみが少し見えてきました。クロッカスももうすぐですね。プシュキニアは知りません。御ブログに登場するのを待っています。
keitannさんが珍しいと言うことこそ珍しい(笑)、黄色のハナニラ。増えるのを楽しみにしていきます。
<< 春花壇の様子 再びの淡路ラン展 >>