ローマンヒヤシンス

2012.3.7(水)   晴れのち曇り
 実家で何十年も咲き継いできた花が、ローマンヒヤシンスだと知ったのは、花友だちHさんのブログを見てでした。早春の小さい紫の花は、健気に咲いている気がして好きなのですが、花の好みが違う母は、これまで球根を捨ててきたそうです。そんな冷遇される所より、うちに引き取った方が幸せです(笑)
e0181373_1929160.jpg

 早春の球根植物はどれもかわいい花を咲かせます。2月末にアップした黄色い花ニラとピンクのヘスペランサは、次の花が咲きました。日が出ると開き、午後遅くに閉じるのを数日繰り返します。ヘスペランサは花柄を除きました。
e0181373_19293616.jpg
e0181373_19294471.jpg

 この花壇では白花が旺盛に。ノースポール、イングリシュデージー、オキザリス・パーシーカラー。白は派手ですね。
e0181373_19295379.jpg

 
by kochira703 | 2012-03-07 19:44 | Comments(2)
Commented by 夕菅 at 2012-03-08 21:48 x
ローマンヒヤシンス、私のところにもありますよ。
自分で買った覚えもなくずーっと前からあるから、やはり母の庭から来たもののようです。
名前もわからず、ミニヒヤシンスとかヒヤシンスの原種?とか勝手に思っていましたが、ブログに載せるとき調べて初めてローマンヒヤシンスだと知りました。
Commented by kochira703 at 2012-03-08 21:59
お宅にも何十年と咲き継いできた、お母さんから受け継いだローマンヒヤシンスがあるのですね!何だか心がほのぼのします。
ぼってりと重く咲くヒヤシンスは好きではないのですが、これは気に入っています。
<< リュウキンカについて訂正します 初蝶と初アニソドンティア >>