人気ブログランキング |

ルリスズカケソウ

2012.9.12(水)  晴れ
 今日は野の花工房に植木鉢を作りに行ってきました。先日ブルーベリーの落果を持っていった時に、Sさんに教えて欲しいと頼んだのです。Nさんも誘って、個人レッスン。土をヒモ状に丸めたのを積み上げて形を作りました。「植木鉢や思たら、気が楽やわ」「水がもれたら困るの違うからね」「却って水はけがようなる」などと、笑い話。(Sさんは温厚で寛容なお人柄なのです!) 来週それを削ったりする予定。どんなものになるのか、まあとりあえず一つ試してみました。
 昨日はシュウメイギクが白絹病で枯れた所をアップしましたが、今日も同じく、アジュガを取り除いた所。この反対側のスペースで発症し、ホトトギス・タツナミソウ・アジュガ・シラユキゲシ・クレマチスが枯れ死。境を越えて根を伸ばしていたアジュガが、まずダウン。次いでタカアシサイシン。急いで除去しましたが、今は元気なのも持ちこたえられるかどうか。明日も暑いようですから(涙)
e0181373_200583.jpg

 赤紫のはルリスズカケソウ。何年か前に姫路のAさんからいただいたものです。
e0181373_2011662.jpg

 植えて2、3年目のベゴニア。夏を乗りこえたのだから、何とか白絹病の餌食にならないでほしいもの!
e0181373_2012310.jpg

 オルトシフォンも2年目の開花。昨年に初めて植えました。冬に地上部が枯れてがっかりしていたのが、春に茎を伸ばし、清楚な花を咲かせました。サルビアだと思っていたのに、違うのだとか。品種名は本当に難しいです。
e0181373_2013295.jpg
e0181373_2014155.jpg

by kochira703 | 2012-09-12 21:30 | Comments(6)
Commented by 夕菅 at 2012-09-13 00:14 x
毎年シュウメイギクが白絹病で幾株か枯れますが、残る方が多いので特に対策もせず過ごしてきました。
ところが今年は違うのです。
ホトトギス多数・クレマチスの大切な大株が2つ、メランポジウムまでが次々と枯れていきます。
やはりこうなると恐怖ですね。
Commented by small-talk at 2012-09-13 13:18
最後の花、オルトシフォンというのですか。
美しいですね。花が咲いて良かったですね。
Commented by 花咲かばあさん at 2012-09-13 21:06 x
お久しぶりです。美しいお庭の花々を発信していただき、毎日楽しみに
拝見しています。花の種類の多さに驚いています。初めて見る花もたくさんあります。ルリスズカケソウも知らない花でした。
開花の感動を共有させていただいています。
5月にお会いしたときにいただいたアニソドンティアを幾枝かに切り分けて挿したものが5株になり、うちの庭でも咲きだしました。
うれしくてお礼とご報告を。
花にとって過酷なきびしい暑さが続きましたが、秋草も咲きだしました。
これからどんな秋の花を紹介していただけるか楽しみです。
どうぞどうぞお元気で。
Commented by kochira703 at 2012-09-13 21:35
夕菅さんのお宅でも白絹病?!
綺麗な黒い土でしたのに、発生するのですね!大株になった宿根草が枯れてしまうのは辛いですね。
あやしいと思ったら早めに処分すること。菌糸や菌核のある表土は深く埋めるといいそうです。
実にやっかいな、忌わしい白絹病です!
Commented by kochira703 at 2012-09-13 21:38
small-talkさん、オルトシフォンは宿根草なので、順調にいけばここに居ついてくれて嬉しいのですが、事実は白絹病が近くまで忍び寄っているのです。
Commented by kochira703 at 2012-09-13 22:01
花咲かさん、こんにちは。
見ていただいてありがとうございます!
ブログの写真は、何とか見られる花と写す角度とを探して、辛うじてアップしています。娘によれば“詐欺”。私もそう思います(笑)
お店では売っていないような花があるのは、珍しいもの好きの友人がいるから(笑)有り難いことです!
アニソドンティアの挿し木が根付いて花が咲いたんですね。よかったです。大きくなりますよ!
今日も猛暑!温暖化が進むこれからは、ますます苛酷な夏が繰り返されるんでしょうね。
白絹病でホトトギスやシュウメイギクが枯れたのが辛いです。
どんな秋の花が咲いてくれるのやら、いささか心許ない状況ですが、これからもよろしく!

<< リコリス シュウメイギクとシロタエヒマワリ開花 >>