ユーフォルビア

2012.12.4(火)   雨のち曇りのち晴れ
 目覚めた時に降っていた雨もまもなくやんで、10時には日が射してきましたが、木枯らし吹きすさぶ冬の一日となりました。寒さに弱い植物を、先日から少しずつ取り入れていたので、慌てずに済みました。とは言え、隙間風が流れる寒い廊下なので、心配は心配。
 赤い実は花ナスです。水を入れないで花瓶に挿しています。しぼむけど遠目にはOK。
e0181373_19173281.jpg

 奥の背の高いのが、ユーフォルビア・白雪姫。植木鉢が小さ過ぎるから大きいのに植え替えようと、昨年、大きい鉢を買ったまではよかったのですが、結局そのままで3年目を過ごすことに。さすがに根詰まりを起こして、可哀想な状態になっています。
 実はユーフォルビアは、花や葉や茎まで自分で落としていくので、春には枝も3分の2から半分くらいの背丈になります。それに惑わされた横着者は、(まあ、いいか)と手抜きをしたのです。来年はもっと元気に育てなくては!
e0181373_19175015.jpg

 ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストは軒下に置いたのも冬越し出来て、挿し木苗をいっぱい作りました。白い小花が好きです。八重のをこの度もらいました。無事に冬を越して、来秋にアップできればいいなと思っています。
e0181373_19175148.jpg

 クリスマスローズ・ニゲルは鉢植えをプレゼントしてくださる方があって、私が育てたのではないのですが、初花が嬉しくてアップ。白い花は清楚でいいですね。
e0181373_1918635.jpg
 
by kochira703 | 2012-12-04 19:55 | Comments(16)
Commented by kochira703 at 2012-12-05 21:13
広島からの風さん、こんにちは。
みなさんから今時珍しいと言われる薄いガラス戸で、アルミサッシではないので、隙間風が入ります。
台風の時はゴトゴトと木の雨戸をしめるんですよ。
寒いけど、外よりはマシだから、辛抱してもらいましょう!
Commented by 広島からの風 at 2012-12-06 07:41 x
コマーシャルにでもでてきそうな素敵な廊下ですね。
今の家は宅地が狭いので、庭は勿論のこと、廊下もありません。隣家との間もほとんどないので、窓も少なく、しかも小さいのが現状です。カーテンを開け放した窓や廊下越しの陽の光なんて、今では最高の贅沢ですよ。
Commented by kochira703 at 2012-12-06 20:21
戦後まもなくに建ったので、古民家ほどの味わいはないのですが・・・・。
田舎の家ですから間取りにはゆとりがあります。それを贅沢と思えば贅沢ですが、今風の家の快適さと天秤にかけると・・・・ン・・・・?・・・・ですね。夏はいいけど、冬が寒い!
Commented by 広島からの風 at 2012-12-10 19:32 x
多肉植物はなにかふてぶてしい感じがして、あまり好きではなかったのですが、アップの写真を703さんのコメントとともに観察すると、不思議に可愛い気がしてきました。ふてぶてしいと思って見るとそう見えるし、可愛いと思ってみるとそう思えてくるのですね。何でも、先入観なしがいいですね。
Commented by kochira703 at 2012-12-12 21:27
広島からの風さん、こんばんは。
そうですよ。先入観や決めつけは、ない方がいい。
水をやらなくても育つから、間違いなくふてぶてしい逞しさがありますね。私もかわいい花が咲くのを、意外に思いました。
土がむき出しよりマシぐらいのつもりで植えたのが、花まで楽しませてくれて、期待以上のはたらきをしてくれています(笑)
Commented by 広島からの風 at 2012-12-15 09:06 x
こちらでは、タマネギの植え付けはとっくに済んでいます。(我が家のタマネギは、今年は実家の父母の関係で植えることができませんでしたが…。 )
また、庭のドウダンツツジはまだ燃え立つように見事です。やはり、淡路、とりわけ福良は暖かいのですね。年があけると、すぐに水仙が咲き出すのでは?去年見に行った、岬に咲く海の色とマッチした水仙を思い出します。
Commented by kochira703 at 2012-12-15 22:11
今年の水仙はどうなんでしょうか?
一昨年だったか、雨が少なくて生長が遅く花も少ない年がありました。
今年はよく雨が降るから、大丈夫かな?降り過ぎたら葉が伸び過ぎたりするのかな、なんて心配の種が尽きないこと(笑)
ドウダンツツジの色は最高ですね!いいのを植えていますね。
Commented by 広島からの風 at 2012-12-16 08:42 x
「目が覚めるように鮮やか」という直喩は、言葉のあやでなく実感なんだと、あらためて古人の表現力に感心しています。

我が家の水仙は、順調に茎を伸ばしていますよ。もっとも、一般的な日本水仙でなく、以前お話した青水仙なんですが。
Commented by kochira703 at 2012-12-16 21:41
ありきたりの比喩表現も、最初は感動から発せられた言葉だと思いますね。本当に「目の覚めるような」色に感動します。

ごめん!、“青水仙”の話、忘れてる!!(汗)
Commented by 広島からの風 at 2012-12-20 08:00 x
「青水仙」は、文字通り、花色が青い水仙というだけなんだけど、703さんが「見たことない」と言われた気がします……。(多分)

ガーデンシクラメンは寒さに強いので、お墓の傍にも植えています。可愛いですね。
Commented by kochira703 at 2012-12-20 19:57
青い水仙なんて見たことありません!
メールで写真を送って・・・・なんて、自分もできないことを同級生に頼んでも、どうかな?(笑) 珍しいのを育ててらっしゃる!!
お墓にガーデンシクラメンという取り合わせも、珍しい?(笑)
Commented by 広島からの風 at 2012-12-23 13:55 x
多分、写真をメールで送ることはできますよ。
ただ、携帯の機種によって転送できない時があります。
青水仙が咲いたらチャレンジしてみま~す。

お墓の冬バージョンは、ガーデンシクラメン、パンジー、ビオラが定番です。 零下以下に寒くなると、ガーデンシクラメンが凍えてしまうので、寒さ対策をします!
Commented by kochira703 at 2012-12-23 20:57
お墓にガーデンシクラメン・パンジー・ビオラを植えるなんて、素敵な発想ですね。お墓周りが明るくっていいですね。
庭の愛犬のお墓には花を植えていますが、家のは山の中なので、木も鬱蒼として、寂しい感じがします。あまり入りたくない(笑)
それでは、青水仙を楽しみにしてます。よろしく!
Commented by 広島からの風 at 2012-12-25 08:47 x
我が家のお墓も木が鬱そうとして、しかも車で20分くらいかかりました。だから、新しいお墓を作りました。散歩がてら歩いていける距離で、海や住んでいる町並みがよく見える眺めのよい場所です。
お墓は洋風にしました。夏バージョンは、マリーゴールドです。お墓自慢してみました!!(笑い)
Commented by kochira703 at 2012-12-25 20:38
遠くて暗いより、近くて明るい方が、ずっと行きやすいですね。
しかも“洋風のお墓”とは、はて・・・・お墓のことを考えたこともなかったから、最近のお墓のデザインをしりません(汗)
でも花に彩られたお墓なんて、いいですね!
Commented by 広島からの風 at 2012-12-27 07:22 x
リナリアって今時咲く花なのに、濃いピンクなんですね。冬の花のイメージは、木の花は別として、野の草花は白か淡い色でした。洋花は、シクラメンもそうだけど、カラフルですね。ちなみに、我が家では、盛りになりつつある白いワビスケ椿と寒アヤメが一輪、スミレがちらほら咲いています。
<< おかげさまで嬉しい悲鳴! ムラサキシキブ >>