ビバーナムティナスの実

2012.12.25(火)  曇り時々雨
 天気予報には雨マークなんかなかったのに、日中にけっこう降りました。それにしてもこの冬はよく降ります。雨に濡れたビバーナムティナスの実。花が咲いた状態で購入したから、その年はメタリックブルーの実がつきました。ところが今年はたったこれだけ!
e0181373_20121193.jpg

 ビバーナムティナスの木は枝を広げているので、来春は花を咲かせてくれるのを期待。実の下のピンクはベゴニア。ハツユキカズラもいい色になっています。
e0181373_2012205.jpg
e0181373_20122982.jpg

 午前中は義母の通院付き添い。午後は義妹宅訪問とT造園との最終打ち合わせ。子守も少々して、暗くて寒い一日が何となく終わりました。
by kochira703 | 2012-12-25 20:34 | 花木 | Comments(2)
Commented by 夕菅 at 2012-12-25 22:55 x
ハツユキカズラはカバープランツとしてほれぼれするほど美しいと思っていると、猛烈な勢いで小灌木に這い上がったり、宿根草を絶やしたりするので注意が要りますね。
Commented by kochira703 at 2012-12-26 19:54
宿根草を根絶やしにするとは、うかうかして居れませんね!
そう言えばこの横にステンレスの物干しがあるのですが、それに這い上っていました。アニソドンティアに隠れているので忘れていましたよ。
コントロールできる範囲にとどめておきます。有難うございました!
<< リナリア レンゲバラ >>