人気ブログランキング |

宿根チェイランサス開花

2014.3.9(日)   晴れ
 アブラナ科と言えば、宿根チェイランサスも、イオノプシジュウムも。
e0181373_20492412.jpg
e0181373_20493276.jpg

 植物の分類を気にしている訳ではないのですが、チェイランサスやイオノプシジウムなどのように姿が違う花を見ていて、(あれ、同じ顔をしている!)と思って、調べると同じ科だったりする、ささやかな“発見”は楽しいですよ。
 リナリアもいつの間にやら満開。タマネギの畑を準備する時に、畑に生えていたこぼれ種発芽を移植しておいたのです。
e0181373_2120327.jpg
e0181373_21195690.jpg

 畑の脇には引き残した花がいろいろ。ボーダー花壇になりそう(笑)
e0181373_2120529.jpg
e0181373_2120956.jpg

 今日は I ちゃんとデート。公園のブランコと滑り台で遊んだあと、近くの牧場に牛を見に行って、ランチという前回と同じコース。楽しかった~♪ そうそう、帰りに風雅舎に寄ったのも、同じコース(笑) また買ってしまった~♪ ささやかな楽しみ、です。
 
by kochira703 | 2014-03-09 21:36 | Comments(2)
Commented by small-talk at 2014-03-10 20:43
植物の分類って、外観だけでは分からないですよね。
もっとも、研究が進むと、変わりますので、専門家でも難解なのかもしれません。
僕は、図鑑を見るとついつい分類を見てしまいます。
その昔、桜や梅が「バラ科」だと知って驚いたからです。
Commented by kochira703 at 2014-03-10 21:36
そうですね。
私には分からないことだらけです。
花の育て方と見ていると大抵は科名が書かれていますから、
時々目を止めて、そうなんだ~とか、なるほどね~とか、
思う程度を、軽く楽しんでいます。
<< 北海道ガーデンに行きた~い(笑) 寒アヤメやムスカリや >>