シランとアヤメも!

2016.10.13(木)  晴れ
e0181373_200235.jpg

 白のシュウメイギクが好きなので、何度もアップしています。ホトトギスも咲いて、秋の風情ひとしお。この間、昨夏に枯れて伐採したハマボウの後に、先日加西フラワーセンターで買ってきた西洋テマリシモツケ・サマーワインを植えようと、地面を掘り返したら、植わっているはずのシランやアヤメの根がありません。そう言えば、今年はシマアシが綺麗に茂って、花が少なかったことを思い出しました。おそらくは白絹病で、どうやら昨年から広がっていたのでしょう。
 庭が出来た16年前に、山の畑のアヤメとシランとヨメナを、この場所に植えたのでした。その頃は根が隠れたらいいという植え方でしたが、植えっぱなしでもよく広がって、途中からシマアシも加わって、地面が盛り上がるほど勢いよく根を広げたのでした。ここ数年、確かに陰りは見えていたけれど、全く消えているとは思いも寄らず、びっくりしました。
 午前中2時間の作業。記念写真を写して、友人と近くのお店でランチ。そのあと民生委員の仕事で1時間ほど近隣を走ってから、再び2時間足らずの作業。また同じくらいの量の石を掘り出しました。
e0181373_2002621.jpg

 堆肥と鹿沼土と苦土石灰を混ぜ込んで、新しい苗を植えていきます。ヨメナは別の場所に植えているのが開花中。雑草だけど清楚な花ですよね?
e0181373_20464764.jpg

 昨日写した場所ですが、可愛いサルビア・コクシネアをアップするのを忘れていました。淡いピンクだった花が、今は朱が入って、色濃くなっています。まるで11月頃の色合いですが、この頃の寒さに反応したのでしょうね。いつもより早い気がします。
e0181373_20561748.jpg
e0181373_20562724.jpg

by kochira703 | 2016-10-13 20:57 | Comments(6)
Commented by 夕菅 at 2016-10-13 22:30 x
周りの道具と出てきた石を見ると、作業の困難さがわかります。
昨日の「ゴロゴロしている石」もこうして掘り出したものでしょうか?
シュウメイギクはやはり白がいいですね。
シランやアヤメまで白絹病でしょうか?
Commented by hanamatibito at 2016-10-14 00:09 x
こんばんは^^
アヤメとシランもやられましたか!本当に厄介な病気ですよね
白絹病は丈夫だからと植えっぱなしで放任してしまう植物に多く発生するようです。
うちでもフジバカマとシュウメイギクに多発・・・(´_`。)
フジバカマはほぼ全滅でガックリです。

例のもの、やっと先日掘り上げて、只今養生中です。
もうしばらくお待ちくださいね o(*⌒―⌒*)o♪
Commented by small-talk at 2016-10-14 00:12
庭の手入れは大変ですね。
そういえば、「土木工事」は、元々、土と木ですものね。
Commented by kochira703 at 2016-10-14 22:20
夕菅さん、こんばんは。
ツルハシは重くて時々使用。小さなのが、屋根屋さんの親方にお古をいただいたものだから、しっかりして使いよいので、専らそれ。
昨日の石は夫の残していったもの。掘り出した石は風化して、1、2年で小さく崩れていきます。
アヤメが白絹病になるのは知っていたのですが、今回、シランよ、お前まで!でした。
Commented by kochira703 at 2016-10-14 22:32
hanamatibitoさん、こんばんは。
「植えっぱなしで放任してしまう植物に多く発生する」と、私も実感しています。
シランは想定外でした。でも15、6年間もほったらかしていたのですから、白絹病が原因ではなくて、悪いのは私ですね。
地面の下で根を伝って進行するから、早期発見して手当てして、何とかしのでいこうと思っています。
フジバカマは残念ですね。うちも別の植え広げた場所で発生。1茎だけ残って咲いています。
花は咲いてもアサギマダラの姿は見ません。
「例のもの」ありがとうございます!
Commented by kochira703 at 2016-10-14 22:37
small-talkさん、こんばんは。
ガーデニング趣味も長年になってきて、ようやく土づくりに目が向いてきたのです。
これまで苗のポットが入る穴しか掘ってこなかったツケを払っています(笑)
<< サクラタデ コキアの紅葉 >>