楷(かい)の木の紅葉

2016.11.19(土)  雨のち曇り
e0181373_22102887.jpg

 帝釈峡の次は三段峡に行きましたが、ちょっと庭の紅葉を挿し挟みます。
 今日のお昼前に、庭のトトロを作ってくださった、Nさんの大阪の友人が、淡路に来られるついでに、うちにも寄ってくれました。ご主人が“トトロの庭”を見たいと言われたとか。他にもいくつか陶芸作品を、庭のオブジェに使わせてもらっています。
 来られた頃には、夜来の雨も上がって、色濃い秋の庭景色になりました。
e0181373_22104129.jpg

 今年の楷の木はいつもと違います。“10年に一度”の紅葉の当たり年だった2012年に、全木が真黄色になりました。それまでは「閑谷学校で見て感動して植えたのに、紅葉はしないし、花は咲かんし、大きなるばかりやし」と、散々悪口を言っていたのですが、風向きが変わって、「朱色がよかったけど、うちのは黄色になる種類みたいやわ」と、分かったようなことを言い出しておりました(汗)
 証拠写真(笑)をアップしようと思ったのですが、写真がどこに行ったのか分かりません。興味がおありの方は、すみませんが、ブログの2012.11.25 2015.12.11 をご覧いただけたらと思います。
 今年の色づき具合を見ると、色の違いは、やはり気温の違いなのでしょうね。そう言えば、ツアーに行く時、バスの窓から見た、垂水ジャンクションのフウノキが、例年はもっと明るい柿色から朱色なのに、今年は赤黒いほどの色濃い紅葉でした。今年はそんな年なのでしょうね。
e0181373_22105729.jpg

 楷の木の下の紅葉はヤマボウシ。夫が淡路の山のを挿し木したものです。別の場所に植えた挿し木苗は、大きく育って、それも綺麗に色づきました。青空が見える2枚は、昨日写したからです。
e0181373_22111837.jpg
e0181373_22112896.jpg

 お客がある時だけ片付けるガーデンルーム(笑)で、昼からは慣れない針と糸とを持って悪戦苦闘。明日はHちゃんの七五三。娘のお古の着物を着てくれるので、見よう見まねのサイズ直しです。時々庭に目をやりつつ、はーっ、疲れた~(笑)
e0181373_22113758.jpg

 寒さに弱い植物を、少しずつ中に取り込んでいます。11月も満開だったカリアンドラ。
by kochira703 | 2016-11-19 23:00 | Comments(2)
Commented by ちこ at 2016-11-20 20:11 x
我が家の櫂の木の紅葉もいまいち。ま、我が家の櫂の木は植木鉢ですから いじけているのかもしれません。でも昨年はまあまあでして。
Commented by kochira703 at 2016-11-20 22:29
ちこさん、こんばんは。
楷の木まであるのですか! 盆栽にしているのですか? 
キキョウランと言い、他所では植えていないようなのを持っていますね、お互い(笑)
<< 三段峡 1 帝釈峡 2 >>