三段峡 1

2016.11.20(日)   晴れのち曇り
e0181373_21193679.jpg

 帝釈峡からバスで2時間くらい走ったか、三段峡近くの宿泊先に着いたのは6時前でした。翌朝は8時に出発し、2班に分かれて(12人)、それぞれガイドさんに案内されてハイキングです。お天気もよく、先行く人々もおらず、気持ちよく歩きました。
 ハイキングは3時間半ほどの行程でしたが、歩いた順に写真を載せます。
e0181373_21175255.jpg

 対岸の「姉妹滝」。聳える断崖絶壁から川にいくつもの滝が流れ落ちていました。
e0181373_2140573.jpg
e0181373_21412478.jpg
e0181373_2142263.jpg

 川沿いに狭い遊歩道があります。苔蒸した手すりの上に石が載っているのは、ガイドさんの説明では、休憩する場所が無いから、疲れた人が腰かけて、後ろに転落しては危険なので、工事で出てきた石をセメントに埋め込んだのだとか。確かに一石二鳥です(笑)
e0181373_2142344.jpg

 「赤滝」は岩が赤いのではなく、微生物の働きによるものだそうです。
e0181373_2142567.jpg

 ここのトンネルは人が掘ったのだとか。国の特別名勝に指定されていたため、開発の手があまり及んでいないのが、三段峡の魅力です。
e0181373_21431534.jpg
e0181373_21434547.jpg

e0181373_226528.jpg
e0181373_2272173.jpg

 黒淵を渡し舟に乗りました。渡った所に茶店があり、しばし休憩。それにしても絶景ですね! 実は学生時代に、仲間たちと三段峡に来たことがあります。でも具体的なことは、全然覚えていない。それでどんな所だったのか思い出したくて、ツアーに申し込んだのです。
 小さな舟に乗り、こんな絶景を見たとしたら、印象深かっただろうに、ここまで来なかったのだろうか?
e0181373_2294147.jpg

by kochira703 | 2016-11-20 22:25 | 花巡り | Comments(8)
Commented by 夕菅 at 2016-11-21 16:31 x
まさに秘境ですね。
こんなところがあることも知りませんでした。
3時間半のトレッキング、観光客のいない大自然を満喫されたことでしょう!
一緒に楽しませていただきます。
Commented by くい at 2016-11-21 21:23 x
小さな船に乗ったとしたら、そこは猿飛。
切り立つ崖の間を船ですりぬけたら、
そこにあるのは「二段の滝」だけの静かな異空間です。

でも、それも覚えていないとしたら、
もったいないので、乗らなかったんだね。
黒淵は、唯一広い所なので、必ず休憩したと思いますよ。
今は、そこに船なの?
最新情報は、知りませんでした。
Commented at 2016-11-21 21:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちこ at 2016-11-21 22:32 x
三段峡にいらしたのだったですね。私も若いときに行ったきり もう20年はいってないなあ。よく覚えていませんが あまり変わってない気がします。人間の手が入っていないのでしょうね。自然のまま それがいいですよね。
Commented by kochira703 at 2016-11-21 22:55
夕菅さん、こんばんは。
フランスのガイドブックで三ツ星だそうです。
秘境も変わってくるのかもしれませんが、国の特別名勝として、手つかずに近い自然が残されているのを幸いに思います。

Commented by kochira703 at 2016-11-21 23:02
くいさん、こんばんは。
猿飛にも行きましたよ。もちろん小さな舟で。
黒淵の渡し場もそんな広い感じはしなかったけど・・・?
ひょっとしたら吊り橋で黒淵荘という茶店(?)に行ったのかもしれない。
そこは昔からある建物のようで、前が少しだけ広かったよ。
今回、舟は2ヵ所にありました。
また行ってみなきゃいけませんね、広島県人は(笑)

Commented by kochira703 at 2016-11-21 23:05
鍵コメさん、こんばんは。
こちらこそご心配をおかけしました。
また連絡します。
Commented by kochira703 at 2016-11-21 23:09
ちこさん、こんばんは。
三段峡を歩いてみて、全然覚えてないことに愕然としました。
よかったという思いは残っていたので、もう一度行ってみたいと、ツアー参加を決めたのですが・・・。
でもまた行ってもいいなあと思います。
<< 三段峡 2 楷(かい)の木の紅葉 >>