チロリアンランプ

2016.12.5(月)  晴れ
e0181373_20343496.jpg

 またこのところ赤い蕾をいっぱいにつけてきたアブチロン。チロリアンランプという和名が、それらしくて好きです。でもランプが灯ったのよりも、蕾の形が何とも愛らしいですね。
 地植えで数年。広がります。
e0181373_20344851.jpg

 今日はルフィアージュでノルディック ウォーキングの講習会。10人余りが参加。説明と練習ののち、国分寺から三原川方面へ、タマネギやレタスの畑の間を、背筋を伸ばして顎を上げて、“闊歩”しました。すじ雲が刻一刻に変化する、広い空を見上げての、気持ちいいウォーキングでした。早速にポールを注文。これからウォーキング&ランチの会を時々しようかと。運動しなければと切実な我々なのです(笑)
e0181373_2035045.jpg

 午後はうつむいて下ばかりの作業(笑) でも、タマネギの早生が終わり、いただいた苗も植え終わり、ひとまず落ち着いた気分です。することは山ほどあるけれど、急ぐこともないかと。
by kochira703 | 2016-12-05 21:41 | 花木 | Comments(4)
Commented by ちこ at 2016-12-06 17:45 x
アブチロン 我が家もあります。でもチロリアンランプのほうがいいですねえ。かわいい!白の垣根に .きれい!
我家は雑草の中から チロリと。整理しよっと。
Commented by 夕菅 at 2016-12-06 17:59 x
チロリアンランプ、きれいですね〜。
白いフェンスが赤い花をより目立たせてくれていますね。
うちでは昨年枯れかけましたが、新しい枝が残って絶えずにすみました。
アブチロンもいろいろ植えましたが、これだけが残っています。
Commented by kochira703 at 2016-12-06 21:41
ちこさん、こんばんは。
うちでもあちらこちらと転々としましたが、ようやくここに定着しそうです。
フェンスを有効活用しなきゃ、もったいないですもんね。
Commented by kochira703 at 2016-12-06 21:46
夕菅さん、こんばんは。
アブチロンにはいろいろあるようですね。
これは知り合いの人が、行燈仕立てにした植木鉢ごと、数年前にくれたものです。
去年、葉巻き虫がいっぱい付いて、ばっさり切ったのが功を奏したのか、根があちらこちらに広がっていきました。
うまく誘引していけたらいいなと思います。
<< ストック開花 早生のタマネギ植え付け終了! >>