哀れメインガーデン

2017.9.20(水) 曇り
e0181373_21172034.jpg
 オカトラノオ(訂正:カクトラノオ)の花に少しは気持ちも和みますが、枯葉や何もない地面を見るのが辛いメインガーデンです。
e0181373_21184111.jpg
 オカトラノオ(訂正:カクトラノオ)はアーチをくぐった辺りにも出てきていて、優しい花色が好き。瓦の小道の突き当たりに、ノボタン・コートダジュールが咲いているのですが、写真では見えませんね。(幹が大きくカーブした木はハマボウで、その向こうがノボタンです)
e0181373_21174416.jpg
 一見ヤマボウシが紅葉し始めたように見えますが、枯葉です。
          
e0181373_21180805.jpg
 左半分を写すと・・・ここにシュウメイギク、斑入り葉のツワブキ、ホトトギスなどがあったのですが、例の・・・(涙) でも端の方で3本ぐらいシュウメイギクの花茎が残ったので、白い花が見られそう。よかった! 来春はここは1年草。今のうちに種をばらまいてでもおこうかな?
e0181373_21182187.jpg
 ここのアガパンサスの花がらは台風でも無事でしたが、後から咲いた方がほとんど折れていたのが、不思議な現象。風当たりは変わらない気がするのに。
e0181373_21185162.jpg
 今日も相変わらず草引きやら夏の片付けやら。こぼれ種発芽もぼちぼち見えてきたので、被さっている雑草や枯葉枯れ枝を取り除いています。
 メインガーデン脇のメダカの鉢が藻でいっぱい。水替えをしたら、メダカが9匹に減っていました。夏に増えるはずが、今年は赤ちゃんメダカを見ていない。



by kochira703 | 2017-09-20 21:46 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)
Commented by デスタントドラムス at 2017-09-20 22:23 x
う~ん・・・・本当に今年はたくさん消えた・・・・
おんなじです。
庭に立つたびショックが大きい。
どうしたものかと。
強いはずのものまで消えていったのですね。

シュウメイギク・・・我が家の庭でも去年のこと思うと
5分の1くらい。この残りも怪しい・・・
ホトトギスも。。。です。同じだなあ・・・

1年層の種まき始めましたが
うまくいくかどうかわかりません。
なるだけローメンテナンスで行きたいですね。
Commented by small-talk at 2017-09-21 08:12
夏と秋の狭間、お庭も衣替え、なのでしょうか。
お彼岸ももうすぐ、これからが楽しみですよね。
Commented by kochira703 at 2017-09-21 22:42
デスタントドラムスさん、こんばんは。
ロ-メンテナンス、私も年とともにそう思うようになってきました。
白絹病はシュウメイギクやホトトギスの地下茎を伝って広がるのですよね。
サクラタデやシオンなども、そう。広い範囲に菌が拡散して、また次々と。
出始めた早い時期に、思い切って薬剤を使う方がいいのかなと思います。
Commented by kochira703 at 2017-09-21 22:47
small-talkさん、こんばんは。
今、花を見るたび、よく猛暑を乗り切ったねと、心の中で声を掛けています。
人間の衣替えより、庭は一足早く衣替えを始めた感じです。


<< ガウラと黄花コスモスと ツルボやヤブランや >>