ナンバンギセル

2017.10.31(火)  晴れ
e0181373_20403263.jpg
 ナンバンギセルの種をもらって蒔いたら、一昨年に初めて咲いて、昨年もけっこう増えていたのに、今年は何故だか消えてしまったとがっかりしていたのですが、今頃になって、これまでとは離れた場所から顔を出していました。
 ダルマギクの後ろで、ヤハズススキに寄生しています。ダルマギク4輪しか咲いてないと書きましたが、花が3輪増えました。来年頑張ってくれるよう、手入れしなくちゃ。
e0181373_20404661.jpg
 南蛮の煙管(キセル)からの連想で、チロリアンランプを写しました。チロル地方の洋燈(ランプ)というからヨーロッパの植物かと思いきや、ブラジルが原産地のようですね。まあ、確かに強い。蔓が接地したところから根を下ろし、どんどん伸びていきます。
 初めは手前に黒く見えているフェンスに絡めようと、2mくらい中に入った所に植えました。それが横に広がったので、方向を替えて白いフェンスに誘引したら、その方がよく似合います。で、さらにどんどん伸びているのです。もちろん手を貸すのは私(笑)
e0181373_20410071.jpg
e0181373_20411214.jpg
 昨日は実家の池田に。今日は保育園の収穫感謝祭&ハロウィンパーティ。祖父母が招待されて、子どもと一緒に踊りやゲームをして遊び、お昼を一緒に食べさせてもらって、とても楽しいひとときでした。
 午後からはユキヤナギを掘り起こして処分。
 邪魔になってきて、どうしたものかと悩み出してからでも数年経っています。硬い土と張っている根にためらっていたのですが、雨がよく染みこんでいる今がチャンスと意を決し、スコップ、鍬、鋏、ノコギリを代わる代わる使って、根を切りながらスコップを差し込む作業を繰り返しました。庭が出来た当初からの株だから、手強かったです。すぐ脇には、好きなスカシユリの球根があるので、慎重に進めました。長年の懸案が解消し、めでたしめでたし(笑)


by kochira703 | 2017-10-31 20:24 | Comments(6)
Commented by small-talk at 2017-10-31 21:03
チロリアンランプ、という名の花があるのですか。
それにしても、どこまでが萼なのでしょうね。
ハロウィン、今は保育園でもイベントがあるのですか。
この辺り、ジェネレーションギャップが生まれそうです。
Commented by デスタントドラムス at 2017-10-31 22:21 x
ナンバンギセル実物見たことないです。
種から増やせるなんて・・

チロリアンランプ、たくさん花がついてほしいのですが
まばらにしか咲きません。
どうしたらぶらぶら下がってくれるのかしら。

雪柳は種もこぼれるようであちこちに発芽してきます。
最初の株も植えた記憶がなく
育ってきました。
抜きにくい根だったでしょう・・・
Commented by ちこ at 2017-10-31 22:39 x
ナンバンキセル? 我が家もススキに寄生していますが もうとっくに終わって 種が出来ています。この種が飛ぶのでしょうか。とんでもないところで咲きますね。
Commented by kochira703 at 2017-11-01 23:14
small-talkさん、こんばんは。
この頃は大人が楽しんでいるようですが、
もともと子どものお祭りじゃなかったですかねえ?
園児も一緒に作ったという飾り付けが可愛かったです。
Commented by kochira703 at 2017-11-01 23:20
デスタントドラムスさん、こんばんは。
チロリアンランプは育て方に悩むことなく、
今となっては抑制するのに気をつけなければならないほど、順調です。
何故咲かないのかなあ? 蔓を伸ばしていますか?
ユキヤナギは大株だったので大変だったことは大変でしたが、
根が下に伸びないで横に浅く広がっていたのが、まだしも助かりました。
でも肩が痛~い!
Commented by kochira703 at 2017-11-01 23:22
ちこさん、こんばんは。
そうですよね。ナンバンギセルはもっと時季が早いですよね。
諦めていただけに、見つけた時は嬉しかったです。
<< ブルーベリーの紅葉 紅葉始まる >>