今年最後の花盛り


2017.11.3(金) 晴れ
e0181373_19415510.jpg
 今日も外で動いていれば暑いくらいの、快適な一日でした。サルビアや菊が気持よさそうに咲いています。
 10年以上前に実家からもらってきたサルビア エレガンス。葉を触るといい匂いがするので、パイナップルセージとも言われていますが、元の株は何年か前から白絹病に。長く伸びた茎が青いままかれるのですが、消滅することはなく、また残った根から生長していました。それを避難させたのが、ここ。こちらで大きくなったら、元のは遂にこの夏で消えてしまいました。横にあるエゴノキまで調子が悪いのですが、白絹病は、まさか木まで?
 サルビア・エレガンスの園芸種が、黄金葉のサルビア・ゴールデンデリシャス。昨年に花友だちが送ってくださった苗が、こんなに大きく育ちました。周りの植栽を考えないと、せっかくの美しさがもったいないですね。
 ところでパイナップルとゴールデンデリシャスの違い、確かめてみなくっちゃ(笑)
e0181373_19420523.jpg
 サルビア・アンソニーパーカー。勢いよく広がって、切り戻したのに通路を塞いでしまいました。でもこんな感じが好きなので、問題はないのです。サルビア・レウカンサ(アメジストセージ、メキシカンセージ)も一緒に、花友だちの庭で捨てられていたのを拾って、根が絡まったまま植え込んだら、葉もしおれていたのが復活。捨てるのが分らなくもない丈夫さです。
e0181373_19414451.jpg
 アンソニーパーカーはサルビア・レウカンサとサルビア・エレガンスの自然交配種だそうで、今日は偶然にも親子そろい踏み(笑)
e0181373_19424624.jpg
 昔植えたノジギクの末裔(笑)県の花だと配られたノジギクですが、あまりにも蔓延り、抜くときにブルーベリーなどの根を傷めるから、減らしてきました。これは花が大きいので残している株です。花が通路に倒れかかる風情は好きなのですが、それにも限度がありますよね。
e0181373_19421975.jpg
 こちらはもうお手上げ、オキザリス。可愛いんですがねえ!
e0181373_19422916.jpg
 花ではないですが、コリウスも最盛期。
e0181373_19431166.jpg
 今日もゴソゴソとよく働きました!


by kochira703 | 2017-11-03 20:59 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)
Commented by small-talk at 2017-11-04 05:48
冬になると、流石に花も少なくなるのでしょうが、まだまだ、盛りですね!
サルビア、奇麗ですね。
Commented by ちこ at 2017-11-04 22:29 x
お庭の手入れされるから お若いのでしょうね。お庭もきれいになる 若さも保てる 庭仕事はいいこと尽くめですね。ならば、私もやればいいのにね。明日ちょっとしようかなと言う気がしています。
Commented by kochira703 at 2017-11-04 22:40
small-talkさん、こんばんは。
サルビアとキクは長い期間咲いてくれるので、花が少なくなって寂しい時を救ってくれます。
Commented by kochira703 at 2017-11-04 22:43
ちこさん、こんばんは。
私が若々しいか、庭が綺麗かは別にして、庭仕事は楽しみをくれます。
それも持続的な楽しみ。刹那的な楽しみでないのが、いいですね。
<< 再びサルビアと小菊を ジャスミン・ホワイトプリンセスの壁 >>