奇跡の星の植物館 2

2017.11.7(火) 晴れのち曇り
e0181373_21143351.jpg
 テーマごとにガラリと変わるメイン展示場。目を引いたのが、枯木のオブジェ。曲がりくねった幹や枝先の作られた形・・・どこでどう時を積み重ねて生きてきたのだろう・・・窮屈な場所の庭木だったのか、不出来な盆栽が地植えにされたのか、などと勝手な想像(笑)いずれにしろ枯れた後まで、注目されるオブジェとして、存在感を発揮しているのですから、数奇な運命を辿ったものです。
e0181373_21144642.jpg
e0181373_21150523.jpg
e0181373_21203378.jpg
 和の花はやはり菊。木は松やモミジ。キンメイチクもありました。
e0181373_21154939.jpg
e0181373_21195655.jpg
e0181373_21202464.jpg
e0181373_21194320.jpg
 中央に寄せ植えになっている黄色の花は、サルビア・グルチノーサでしょうか? 花自体は以前に横浜イングリッシュガーデンで見たのと同じだけれど、葉を落としているのかしら? 日本のサルビア、キバナアキギリやシナノアキギリをイメージして使ったのかな。  
e0181373_21204565.jpg
 この季節に来ることがなかったので、いつもと違う展示を興味深く見てきました。




by kochira703 | 2017-11-07 22:19 | 花巡り | Comments(4)
Commented by small-talk at 2017-11-07 23:16
このように、まじまじと花を見ると、よくもまあ、沢山のバリエーションがあるものだな、と思います。
奇跡の星の博物館という名前、何方が考案したのか分かりませんが、奇跡ですよね。
Commented by ちこ at 2017-11-08 17:46 x
紫にピンクが混じったような ダリアがいいな。花が大きいですね。花を見るのは心がやすまりますね。
いろんなところを見せていただくので 楽しいです。
Commented by kochira703 at 2017-11-08 23:27
small-talkさん、こんばんは。
この世に多種多様の花があり、多種多様の生きものが住み、美しい自然があることが「奇跡」なんですよね!
Commented by kochira703 at 2017-11-08 23:33
ちこさん、こんばんは。
紫にピンクが混じったようなダリア?・・・真ん中辺りにある写真に、横並びに写っているのですか?
それだと、ダリアみたいな菊で、2本一緒に植わっているのなら、ダリアです。
菊にもいろいろ品種があるものだと思って見てきました。
<< サルビア・イオダンタ 奇跡の星の植物館 >>