玉葱畑

2017.12.8(金) 雨
e0181373_20595525.jpg
 右の3畝が昨日植えたタマネギ。左端が11月30日に植えたもの。昨年より1畝減らしました。ベト病でイヤになったのです。でも1000本は植わっているから、病気の兆候を早期発見して抜きまくろうと思っています。
 タマネギの畝の向こうの山は、夏に枯れたコキアの残骸。これまで野良猫対策に活用していたのですが、さすがに邪魔になってきました(笑)
e0181373_21000833.jpg
 反対側から写すと・・・。コキアが全滅状態だとさんざん嘆いていたのが、分かっていただけるでしょう?! 収穫できたのは2割くらいかな?
 奥の黄色がウコンとシマサルナシ。右の白い花がお茶の木。左の緑が大根の葉ですが、その手前まで今年は花畑にしようと、目論んでいます。コキアの残骸は片付けて、晩生のタマネギも少々植えようかな。後はスナックエンドウとジャガイモくらい。
e0181373_21002500.jpg
 上の写真の手前が、サルビア・ゴールデンデリシャスの咲いている花畑。ここはこぼれ種優先(笑い)白い小花のアリッサムは勝手に広がっていきます。こぼれ種で出てきたセリンセ、ボリジ、オルラヤ、オンファロデス等の隙間に、手持ちの苗を植え込んでいるところです。
e0181373_21003606.jpg
 先ほど雨にしては大きな音だと思っていたら、Hちゃんが「アラレ、アラレ」と言いながら走ってきたので、部屋の窓を開けてみました。でも地面が濡れているだけで特段のことは無かったのでした。すると「見に来て、見に来て」と走って行きます。付いていくとテラスと芝生の上が真っ白。アラレが溶けずに光っていました。よほど感動したのか目をキラキラさせたHちゃんでした。
 実は今日は大阪まで行っていました。10時のバスに乗った時には曇り空だったのですが、5時半にバスを下りたら冷たい風が吹き、行きと帰りで天候が全然違うのに驚きました。寒気が南下してきたのですね。寒くなるのが早すぎ!
 大阪の妹夫婦は脱サラしてコーヒーショップをしていましたが、退職年齢はもう疾うに過ぎたからと、年末でお店を閉めることに決めたようで、最後のコーヒーを飲みに出かけたのです。
 お店のカウンターに、ありがとうとメッセージを添えたランの鉢など、お客さんからのプレゼントがいくつも並んでいるのを見たり、時々一人でロールパン(お店で焼いている手作りパン)を買いに来る小学生が「お店を閉めないで」と言いに来たという話を聞いたりすると、35年間いい仕事をしてきたからこそ、いい幕引きができているんだと、しみじみと嬉しい思いで過ごしてきました。



by kochira703 | 2017-12-08 22:15 | Comments(4)
Commented by 夕菅 at 2017-12-09 00:00 x
玉ねぎ千本ですか! 病気が出ないといいですね。
ここは耕運機で耕されるのでしょうか?
とにかくよくなさると感心してしまいます。
店仕舞い、思い出します。私は42年でした。
「やめないで」の声が蘇ります。
初めるより終える方が大変でした。
Commented by ちこ at 2017-12-09 21:46 x
よく働かれますね。 まだお若いからと出来ない自分を慰めています。
お店 寂しいですね。
Commented by kochira703 at 2017-12-09 22:58
夕菅さん、こんばんは。
Nさんと二人、鍬で耕しました。表層に入れたのが山砂なので、土は重くはないのです。
「止めないで」と言ってもらえるのは、いい仕事をして、地域に必要とされていたということで、嬉しい餞の言葉ですね。
Commented by kochira703 at 2017-12-09 23:03
ちこさん、こんばんは。
妹のダンナは私より年上で、キリのいい年齢になったのです。22日閉店ですが、寂しい気持ちはなくて、ほっとしていると言っていました。
<< ノボタンはまだ 花も少なくなりました >>