定番冬の花

2018.1.4(木) 晴れ
e0181373_21273327.jpg
 年末に蕾だったクリスマスローズ・ニゲルが、真っ白い花を咲かせました。先に咲いていたのはピンクに染まっています。丈も少し伸びて、幾分か花らしくなりました。
 冬場の花の無い時、困ったらクリスマスローズとなるのは、「冬の貴婦人」と呼ばれるだけの、華やかさと上品さを持ち合わせているからですが、時とともに姿が大きく変わるからでもあります。
e0181373_21274374.jpg
 秋の山野草展で買った時から、蕾がたくさん見えていたのですが、長いことそのままでした。ようやく小さく花を咲かせました。
e0181373_21275202.jpg
 冬の定番はクリスマスローズとスイセン。今日はNさんと用があって洲本で会ったのですが、彼女の家の新聞に、水仙郷が見頃になっていると出ていたそうです。うちの開花状況からすると・・・今年の開花はやや遅め。花数は多くて、当たり年・・・さて当たっているでしょうか?
 スイセンは庭のあちこちにあるのですが、まだ開花している方が少ないのです。
e0181373_21281370.jpg
e0181373_21282205.jpg
e0181373_21283361.jpg
 黄スイセンと黒いのはアヤメの実。このままドライフラワーとして使えます。
e0181373_21284414.jpg

by kochira703 | 2018-01-04 22:16 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)
Commented by ちこ at 2018-01-05 21:30 x
わあ~きれい! 白のクリスマスローズ!
このような花を見せていただくと 風邪も飛んでいきそうです。
Commented by kochira703 at 2018-01-05 22:31
ちこさん、こんばんは。
クリスマスローズ・ニゲルは際だった純白で、それが寒さでピンクになっていくのもまた綺麗ですよね。
<< 何の花? 寒さの中にも春の花 >>