シマサルナシの蔓で

2018.2.5(月) 晴れ時々小雪
e0181373_20070327.jpg
 シマサルナシは一夏に数メートルも蔓を伸ばします。それで毎年リースを作ったり、時には籠を編んだりしています。今年は剪定した後すぐに川崎に行ったので、いくらか適当にガーデンルームに放り込んでおきました。帰って来てから時折巻いていたのですが、さすがに蔓も折れやすくなってきたので、今日は最後の作業。
 面白い形に絡み合っているので、私にセンスがあればアートになるのだけれどなあと思いながら、緩く巻いたり、キツく巻いたり。こんなに巻いても使わずに捨てることも多いのですが、風の強い日には好都合の作業場を去りがたく、半日近く籠もっていました。
 「ランプの妖精」は2012年に徳島のTさんにいただいて、その株は立派に育ったのに、鉢を外に出していた2016年の夏にコガネムシの被害で全滅。これは実家から。挿し木苗を持って行っていたら、何株にも増えていたので、バックしてもらったのです。もう花の時季が終わりかけています。
e0181373_20073402.jpg
 戸の隙間からカメラを差し出して。寒そうな色! 時折雪が舞います。
e0181373_20074727.jpg
e0181373_20075374.jpg
 でも日が差すと、春は光からというのが、そこはかとなく感じられます。待ち遠しいですねえ!
e0181373_20080163.jpg


by kochira703 | 2018-02-05 20:45 | シマサルナシ | Comments(4)
Commented by small-talk at 2018-02-05 21:35
暦の上では、立春ですからね。
日も少しずつ長くなり、確実に春が近づいています。
野の花たちか、人間か、どちらが先に春を感じられるか、ですかね。
Commented by ちこ at 2018-02-06 17:58 x
春よ来て! 早く来て!まいに氷点下の最低気温!最高も2度か3度!小雪が舞う! 寒いのです。
Commented by kochira703 at 2018-02-07 12:42
small-talkさん、こんにちは。
そりゃあ確実に人間より花の方が敏感に春を感じ取っているでしょうね!
今日も明るい光がふりそそいでいます。
Commented by kochira703 at 2018-02-07 12:44
ちこさん、こんにちは。
当地も気温3℃、風速8m、体感温度-2℃と出ています。
明日は心持ち和らぐようですね。もう少しの辛抱、辛抱!
<< 多肉たちも耐えています 雪の舞う立春 >>