ブルーベリーの大手術

2018.2.27(火) 晴れ
e0181373_20122439.jpg
 18年前に植えたブルーベリーの木のうち、一番元気で大きくなったのがラビットアイ系の品種。高さも2mを越え、実もよくなって、味に間違いがないので気に入っていたのですが、2,3年前から樹勢が衰えてきていました。この列の5本のうち端っこの1本は既に枯れ、どうしたものかと悩みの種でした。
 こことは別の列で、弱っているブルーベリーに大手術をと、株の周りに大きな穴を掘り、香川県のブルーベリー園で買って来た培養土を入れました。16年の2月のことです。結果は思わしくなく、先日行った時に「植木屋さんに頼んで、教えてもらったようにしたけどダメだった」と、私としては報告のつもりで話をして、培養土と有機肥料とを買ってきました。
 数日してブルーベリー園の方から、責任を感じるから見に行って、研修のつもりで1本でも2本でも手当をしたいと電話があり、今日来ていただくようになりました。ブルーベリー園とは、志度にある「自然の休憩所~Berry's Life」です。ブルーベリーをどうかしなければと思ってネット検索していた数年前に、感じのいいホームページと出合ったのです。それから肥料を買ったり、香川方面に行く時にはカフェでランチしていました。
e0181373_20123550.jpg
 思いがけず専門家のお世話になることになった木。「樹勢強し」とラベルにあったのを記憶していますが、その通りなのに安心して剪定も全くせずに来たら、茎が何本も密集し、枝先は交差しまくっています。それをありえないほど大胆に剪定し(笑)、地面を掘り下げて、太根の方向を確認していきます。
e0181373_20125877.jpg
e0181373_20131150.jpg
 そしてそこにココヤシのチップとファイバーを、合わせて50リットル投入。一般的にブルーベリーにはピートモスと言われますが、ピートモスはすぐにへたってしまってよくないのだとか。土と混ぜ合わせ、上にもココヤシを被せ、後は水やり。
e0181373_20133052.jpg
 2株が超スリムになって、再生を期すことになりました。残りのは私が軽く剪定予定。何しろ花芽があるので、もったいない病の私は、収穫に欲を張るのです(笑)でも今日の見学で、切る勇気を多少はもらった気がします。
e0181373_20134430.jpg
 今日はNさんも来てくれていたので、3人でガーデンルームでコーヒーブレイク。ブルーベリーは畑に植わっているものと思ってやって来たら、花の咲くガーデンで役割を果たしてしていると驚かれて、ブルーベリーの再生に協力しようと言ってくださいました。心強いことです。
e0181373_20140017.jpg
 Nさんが見つけた初開花。寒アヤメ3輪。シラユキゲシの蕾が膨らんでいたりして、春の到来が嬉しい、晴れやかな一日でした。



by kochira703 | 2018-02-27 22:13 | ブルーベリー | Comments(4)
Commented by ちこ at 2018-02-28 22:10 x
コメント うまく送信できなくて。時々こうなります。わたしの扱い方が悪いのだと思います。
ブルーベリー 規模が違いますね。
花も規模が違います。一番の違いは 庭の広さですね。
いや 花たちにかける703さんの情熱!ですね!
うまく送信できるかなあ。

Commented by kochira703 at 2018-03-01 20:56
ちこさん、こんばんは。
パソコンがすっと動いてくれないと困りますよね。
私も自分が悪いに違いないと思ってしまいます。
苦手意識がそう思わせるのかも。
何とか花いっぱいにしたいけれど、もうそろそろお手上げしようかな?!
Commented by 夕菅 at 2018-03-02 17:29 x
ブルーベリーの大手術、before/after すばらしいですね。
こんなに思い切った剪定は素人にはできません。
プロの畑ではこうして毎年収穫するんですね。
でも素人づくりではとびきり美味しいものができることがあります。
あまりたくさん実がならなくてもいいから、頑張りすぎないでくださいね。
Commented by kochira703 at 2018-03-02 21:49
春から夏にかけての様子を見ていって、結果が分るのですが、どうなんでしょうかね?
もう十分に実を採らせてもらったから、枯れていっても、それはそれでいいかとも思っていたのですが、生き返ればそれに越したことはありません。
サッカーだかシュートだかを植えて、株を更新していけばいいのですが、そんなにあってどうするって?!(笑)
<< 花色が増えてきました 早春の花木 >>